これからの半分の人生が、これまでより豊かな見方が出来て、自分にも他人にも事柄にももっと柔軟に寛容になれると私は確信します。-Yさん:滋賀県40代女性-

※クライアントさんからお送りて頂いたアフターフォローメールを了承を得たうえで体験談として掲載しています。

おはようございます。
私は3月に、1日カウンセリング&セラピーを受けさせていただいた、滋賀県のYと申します。

その節は、送迎に長時間、本当にありがとうございました。
お疲れ様でございました。

本日はお礼の気持ちを伝えたくて、メール差し上げました。

いやぁ、未だに不思議、です。
あのようなカウンセリング&セラピーで、なぜ、自分の見方が変わるのか、
自分が30%程変わることが出来る方向性に持っていけるのか、本当に不思議です。
自分自身は何一つ、変わってないのに。

自らの苦しみを助長するようなちょっとした自分の見方のクセ、みたいなものを、
セラピーによって修正していただいたんでしょう。

未だに不思議。
でもセラピーを受けてからの自分のほうが、しなやかで、断然に好き、ですね。

自分自身が、自分の味方でいてくれることの安心感、信頼感は、最高です。
私にしたら、こんなに良い女が私の味方だなんて、最強(笑)。

私は、ホームページの情報だけの寺井さんを、何一つ保留をつけることなく信じることにして、申し込みました。
もともとの自分の性格だったら、信じられない、と一蹴したかもしれません。

でも、その時は、藁にもすがりたいくらい苦しかった。
自分の心の磁石の揺れが、あまりにも激しくて、自分を保っていられなかった。

たとえ、騙されたとしても、苦しい今よりは5万円分ましなはず、と信じることにしました(笑)。
そして5万円分払うんだったら、素直に先生の言うこと、やることを受け入れたい、と思いました。

セラピーを受けてから、気付いたことがあります。

私の心の磁石の揺れは、自分が、自分以外の磁石に、振り回されていた、ということ。

針の留め金のところに、自分自身の磁石を置いたら、振り回されにくいことに気がつきました。
自分の磁石が強ければ強いほど、外の要因には、振り回されることが少なくなるのでしょう。

これからでも、苦しいことはあります。誰にでも。

それでも、人生の半分で、自分の見方を変えることが出来たことは、
これからの半分の人生が、これまでより豊かな見方が出来て、
自分にも他人にも事柄にも、もっと柔軟に、寛容になれる、と私は確信します。

先生が、苦しんで、それでも資格をとられて、求める患者(?)さんにやってこられたことは、
確実に、求める患者さんを救ってくれています。
少なくとも私は、先生の技術で、救われました。

先生のおかげ、です。
先生、心からありがとうございました!!

先生からいただいた、30%新しい自分を調和させながら、
これからの苦しい人生を、それなりに楽しみながら、生きて参ります。

長々とお読みいただき、ありがとうございました。

先生の、底辺にある苦しみから生まれたものが、
これからも求める誰かを救う一助となりますように。

先生のますますのご活躍と、先生を見守るご家族さまのご健勝を心からお祈り申し上げます。

うん、最後に・・・信じる者は救われる(笑)!!

そらくも@寺井談

※クライアントさんへご返信差し上げたアフターフォローメールをそのまま掲載しています。

こちらこそこんにちは。

まずはじめに、先日は遠いところからお越しくださり長い時間をお付き合いいただき、こちらこそありがとうございました。そして大変にお疲れさまでございました。

このたびYさんからお聞かせいただけましたメールの内容をひとつひとつしっかりと拝見をさせて頂きました。

Yさんからのメールの内容を拝見させて頂いて、YさんはYさんの胸のうちの想いや考えや気もちや捉え方=Yさんが感じてくださっている感情を、Yさんの言葉でもって嘘偽りなく正直にしなやかに表現してくださっているんだなと私はとても安心を感じさせて頂いております。同時に、私は○○と思います。私は○○と感じています。と、このたびのメールにてお聞かせ下さっておりますYさんのお気持ちは、ひとつひとつまったくもってYさんの仰る通りだなぁ…と私も感じ入っております(^-^)

「本当に不思議です。」
「自分自身は何一つ、変わってないのに。」
「自らの苦しみを助長するようなちょっとした自分の見方のクセ、みたいなものを、セラピーによって修正していただいたんでしょう。」

Yさんがお聞かせ下さっている心理療法に対する感覚と捉え方がとても素晴らしい感じ方だなと私は感じて嬉しいですし、こうして自分の気持ちを正直に表現できていることがなにより素晴らしい心持ちだなとも私は感じて嬉しいです。

不思議なことは不思議だと表現できている、、、自分自身は何一つ変わっていないと正直に認めることができている、、、不思議とは新しいということでしょうし、自分を自分以上に鍛えて変える必要も自分を自分以下に抑えこむ必要もないんだ…ということに気づけた。ということなのでしょうね(^-^)

そして、「自らの苦しみを助長するようなちょっとした自分の見方のクセ、みたいなもの…」と表現してくださっております通り、同時に、「自分の見方を変えることが出来たことは…」と表現してくださっております通り、自分が自分に対して抱いてきた印象をYさんと私の二人で捉えなおしてみることで、YさんがYさんの一番の味方に転じてホッと楽な気持ちが広がり始めたんですよね。

「セラピーを受けてから、気付いたことがあります。私の心の磁石の揺れは、自分が、自分以外の磁石に、振り回されていた、ということ。」

Yさんからもお聞かせいただけております通り、今までは、他人にどう思われるか?という他人軸になりがちだったところ、カウンセリング&セラピー後は、自分はどう思ってみたいか?の自分軸で落ち着きつつある心のご様子を、Yさんからのメールよりひしひしと私も感じさせて頂いております。

「未だに不思議。でもセラピーを受けてからの自分のほうが、しなやかで、断然に好き、ですね。」
「自分自身が、自分の味方でいてくれることの安心感、信頼感は、最高です。」
「私にしたら、こんなに良い女が私の味方だなんて、最強(笑)。」

しなやかで断然に好き、、自分が自分の味方でいてくれることの安心感、、YさんがYさんとのあいだで感じてくださっておりますお気持ちこそが、「自」分と「自」分との「信」頼感=自信という幸せ感なんですよね(^-^)

もともとの自分の性格だったら、信じられない、と一蹴したかもしれません…とご利用前にはいろいろな疑いや慎重さや怖さも感じながらも、でも、その時は、藁にもすがりたいくらい苦しかった…というお気持ちも大切にしてくださり、Yさんは期待も不安も両方とも大切に感じてくださりながら遠方からご来訪くださいましたね。

そして、今&今まで苦しんでいる自分を自分で助けてあげたい!自分が自分の味方になってあげたい!とYさんがカウンセリング&セラピーに真摯に取り組んでくださったからこそ、結果、セラピーを受けてからの自分のほうが、しなやかで、断然に好き、、、自分自身が、自分の味方でいてくれることの安心感、信頼感は、最高です、、、と今現在のYさんが感じることができている。それは、誰も巻き込まず誰にも邪魔されず自分で自分を幸せにしていきたい!=自立&自助&自尊を育む機会である当方のカウンセリング&セラピーにとっても素晴らしい成果となったなと私は大変に嬉しく思っております(^-^)

なのでこれからも、今、Yさんが感じてくださっておりますままに、このたびのメールにてお聞かせいただけておりますままに、穏やかさや落ち着きや嬉しさや心地良さ=(^-^)な気持ち=幸せ感をYさんとYさんとのあいだの心のチームワークでさらにだんだんと育んでいただけますと私も幸いに思います。

このたびは、カウンセリング&セラピーという機会にてYさんが発芽させてくださった自分同志が信頼しあう安心感=自信という幸せの芽を、Yさんが引き続き大切に育んでくださっている素敵な心持ちを、Yさんの言葉でもってこうしてお聞かせいただき誠にありがとうございます。くわえて、私と私の家族にたいしてまでもお心遣いをいただき誠にありがとうございます。

それでは、こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

メンタル心理そらくも 代表 寺井啓二より(^-^)

©2012-メンタル心理そらくも
-- 11時40分--

今はまだ生きてて良いんだな、生きれるんだなと少しづつ思えてきました。-Aさん:神奈川県20代女性の体験談-

※クライアントさんからお送りて頂いたアフターフォローメールを了承を得たうえで体験談として掲載しています。

メールの返信ありがとうございます(^-^)

親や言える友達には今症状がでてるとか、待ってもらったり、親にはこれは困ると言うことが出来ました。

職場も託児所に決まり、また保育士としてやってみようと思い始めました(^-^)ストレスはないこともないですが、子どもと一緒に遊んだり、笑うことが出来る職場なので、良かったです(^-^)

最近新しいことを始める時、最初は頑張ろうと気合いがあり、頑張りすぎてるのに気づかず、最終的にはやる気がなくなったり、憂うつな気分になったり、うまくいかないことがあったらすぐに立て直そうとして、やってることを辞めて、また1から新しいことにすぐ始めたり挑戦したりすることが人とは違うところなのかなと思いました。自分が思ったことをすぐにやってるつもりですが、本当にそれで良いのかと思う時もあり判断するのに考えすぎる時もあります。

今までの積み上げてきたものをゼロに戻してやるみたいな前みたいに辛抱強くなく、だめだったら次みたいな周りの人にももう行ってきたのとかもうやってきたのとか行動的というのか、それが前よりも大きくなってる気がして、たまに心と身体がついていってなくて大丈夫かなと自分でも思います(^-^)

他の人から1から教えてもらったことを結果がでないから、次だと決めてしまうので、教えてもらった方に電話でキャンセルやお断りをする電話をかけられないことが最近分かって、電話でお礼や謝罪を言わなきゃいけないのにどうしても怒られるんじゃないかな。根性ないんだなとか、非常識だなと思われると思ってしまい。メールですませようとしてしまいます。

キャンセルしても良いのに、相手の行為を裏切るんじゃないかと思ってしまいます。本当はありがとうを言葉をいっぱい伝えてやめたいのですが、途中で自分が急に辞めたりするので、続けられなかった悔しさや申し訳なさがあり、電話ではなくメールですませてしまい電話はなぜか苦手でメールですませてしまうので、人との出会いを無駄にしてるのかなとか思います。気まづいのが苦手で、なおしたいと思います。

寺井さんのセラピーを受けてから、心の中の自分は本当に落ち着いてるなと気づき、仕事でもこの状況でよく落ち着いてるなと感じる時があります。自分はすごく焦ってる時に、もう一人の自分はすごくのんびりしてて落ち着いてるみたいな感じで、行動することで、焦る自分と落ち着いてる自分がいて、もう少し自分も落ち着けば良いなと思いました。

セラピーを受けてから前よりこのままの自分で良いんだと思えるようになりました(^-^)

アドラー心理学の本もスラスラ読めるようになり、自分は完璧主義者なんだなとか、無理したり頑張ってる自覚はないけど、すぐ無理して疲れるんだよなとか思いました。

今までずーっと生き急いでいて、先が見えず後何年しかいきられないと思っていたので、今はまだ生きてて良いんだな、生きれるんだなと少しづつ思えてきました(^-^)

段々とありがとうの気持ち、楽しい気持ち、嬉しい気持ち、楽しいこと、やりたいことが感じとれるようになりました(^-^)

自分に足りないところやまだ修正するところなど、まだまだ沢山ありますが、寺井さんのカウンセリング&セラピーに出逢うことが出来て良かったです。

これからも宜しくお願い致します。

そらくも@寺井談

※クライアントさんへご返信差し上げたアフターフォローメールをそのまま掲載しています。

こちらこそこんにちは。

このたびもAさんからお聞かせいただけましたメールの内容をしっかりと拝見をさせて頂きました。

Aさんからのメールを拝見させて頂いて、AさんはAさんの内面にとても関心を振り向けてくださっているんだなぁ…AさんはAさんの胸のうちにとても感じ入ってくださっていろいろな新たな発見やあらたな気づきを広げてくださっているんだなぁ…このように感じて私はとても嬉しく思っております。

「親や言える友達には今症状がでてるとか、待ってもらったり、親にはこれは困ると言うことが出来ました。」とAさんが教えてくれている変化は、とても素晴らしいプラスの変化だなと私も感じて嬉しく思っておりますし、「職場も託児所に決まり、また保育士としてやってみようと思い始めましたストレスはないこともないですが、子どもと一緒に遊んだり、笑うことが出来る職場なので、良かったです」とお聞かせいただけております通り、Aさんの胸のうちに発芽した幸せ感=ありがとう、楽しい、嬉しい、心地よい、○○したいをAさんがAさんのに心に染みわたらせてくださって、そのぶんAさんは安心や余裕が増え、だんだんと周辺にも広げていってくださっているんだなと私は感じて嬉しいです。

また、AさんがAさんに感じる不思議な個性やさらに成長していきたい点を、Aさんお1人でたくさんお気づきになってくださっておりますし、包み隠すことなくAさんご自身が認めてあげることもできていますし、そして、これから○○していきたいと思います。とAさんご自身で未来へのチャンスへと転換してくださっていますね。

Aさんからのメールを拝見させて頂いて、このようなお気持ちの流れみたいなもの=自立&自助&自尊の素晴らしい心の雰囲気をさらに教えて頂けて私はかさねて安心を頂いております。

例えば、冷蔵庫もすでに食材でいっぱいだと空きスペースがありませんし、空きスペースがないと新しい食材をいれられませんね。

それと同じように、人の心も過去のストレスで一杯だと空きスペースがありませんし、心に空きスペースがないといくら頑張って押し込んでもいくら正しいことだと頭ではわかっていても、なかなか心に入っていかないのも自然だったのでしょうね。

そういった意味では、今現在のAさんは、カウンセリング&セラピーにてAさんがAさんの心を癒し過去のストレスをだいぶ減らしてあげたので、そのぶん心に空きスペースを用意することができて、そのぶん、ありがとう、楽しい、嬉しい、心地よい、○○したいという気持ち=幸せ感=(^-^)な気持ちがじわじわと心の空きスペースに新たに広がっているのでしょうね。

「セラピーを受けてから前よりこのままの自分で良いんだと思えるようになりました。」
「段々とありがとうの気持ち、楽しい気持ち、嬉しい気持ち、楽しいこと、やりたいことが感じとれるようになりました。」

Aさんがお聞かせ下さっているお気もちは、Aさんの心の空きスペースに新たに芽生え始めた素晴らしい希望だなと私は感じております。

今までのAさんの苦しさの終わりと新しいAさんさんの始まりがようやくゆっくりと始まった…そんな印象を私は感じています。

なのでこれからも、「自分はすごく焦ってる時に、もう一人の自分はすごくのんびりしてて落ち着いてるみたいな感じで、行動することで、焦る自分と落ち着いてる自分がいて、もう少し自分も落ち着けば良いなと思いました。」という素晴らしいお気持ちのままに、このたびのメールにてお聞かせいただけておりますままに、AさんがAさんの内面に関心を振り向けてくださって、AさんとAさんとのあいだで、ありがとう、楽しい、嬉しい、心地よい、○○したい=(^-^)な気持ち=幸せ感をだんだんと育んでいただけますと私は幸いに思います。

このたびは、AさんがAさんの内面に関心を振り向けてくださっている素敵な心の成長をこうして教えていただきまして誠にありがとうございます。

それでは、こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

メンタル心理そらくも 代表 寺井啓二より(^-^)

©2012-メンタル心理そらくも
-- 19時19分--

世の中、優しい人はたくさんいるし、そんなに怖いことも起こらないからビクビクしなくてもいいのよねと思えてきました。-Yさん:千葉県50代女性の体験談-

※クライアントさんからお送りて頂いたアフターフォローメールを了承を得たうえで体験談として掲載しています。

先日は大変お世話になりました。

メールもありがとうございました。

カウンセリング&セラピーから明日でちょうど1週間です。

この1週間、時間を見つけてはおさらいをしています。

本当にたくさんのことを教えていただきました。

正直言うと、ちょっと疲れてしまって数日間は頭がボーッとしてました。寺井先生のほうがお疲れなのに…ごめんなさい。

私は長女としての責任感や認められたい気持ちから必要以上に頑張っていました。

上手に対処できなくて疲れ果てている自分が情けなくて腹立たしいのに、そんな自分への怒りを認めるのが辛くて怖かったのです。

私が恨みや怒りの感情を手放せない裏には自分への怒りがあったのですね。

寺井先生に「あなたは自分が行きたくて行ったのですよ」と言われてハッとしました。

辛くても今受け止めなければ!まさに「ストンと腑に落ちる」感覚でした。

そして子どもの頃の家庭環境からそうするしかなかった。よく頑張ったよね~私が悪いわけではなかった。

家族を心配する小さな私の優しい気持ちはずっとずっと続いていたのかな~

そう思うと「どうでもいいかなぁ~」という気持ちに変わってきました。

そして両親からの手を替え品を替えの「恩着せ攻撃」(笑)にもしなやかに対処できそうな気がしてきました。

断ることへの罪悪感もなくなった気がしています。

これからは自分で自分を大切にして幸せ感を充電できることを少しずつ増やしていきます。

なんだか楽しみになってきました。

昨日、息子からメールがきました。

「心配かけたけど自分の心に正直に生きてみるよ。見守っててください」とありました。

寺井先生のおっしゃった通りでした。安心しました。

世の中、優しい人はたくさんいるし、そんなに怖いことも起こらないからビクビクしなくてもいいのよねと思えてきました。

セラピールーム素晴らしいですね。爽やかなアロマの香り、ソファーの硬さや壁の色まで…驚きました。

そのほかにも細かいお気遣い本当にありがとうございました。

また伺える日を楽しみにしています(*^^*)

そらくも@寺井談

※クライアントさんへご返信差し上げたアフターフォローメールをそのまま掲載しています。

こちらこそこんにちは。

そして、こちらこそ先日はありがとうございました。ですね。

Yさんからお聞かせいただけましたメールの内容をしっかりと拝見をさせて頂きました。

Yさんからのメールを拝見させて頂いて、カウンセリング&セラピーという機会にてYさんがYさんの心に発芽してくださった幸せの芽を、「この1週間、時間を見つけてはおさらいをしています。」とお聞かせいただけております通り、引き続き、Yさんは大切に育んでくださっているんだなと私は感じてとても嬉しく思っております。

「私は長女としての責任感や認められたい気持ちから必要以上に頑張っていました。」
「上手に対処できなくて疲れ果てている自分が情けなくて腹立たしいのに、そんな自分への怒りを認めるのが辛くて怖かったのです。」
「私が恨みや怒りの感情を手放せない裏には自分への怒りがあったのですね。」
「寺井先生に「あなたは自分が行きたくて行ったのですよ」と言われてハッとしました。」
「辛くても今受け止めなければ!まさに「ストンと腑に落ちる」感覚でした。」
「そして子どもの頃の家庭環境からそうするしかなかった。よく頑張ったよね~私が悪いわけではなかった。」
「家族を心配する小さな私の優しい気持ちはずっとずっと続いていたのかな~」
「そう思うと「どうでもいいかなぁ~」という気持ちに変わってきました。」

YさんがYさんの心に感じ取ってくださって、Yさんの言葉でもって正直にお聞かせ下さっているお気持ちの流れが、まったくもってYさんの仰る通りだなと私もとても安心を感じさせて頂いております(^-^)

今までは、確かに○○と感じていたわたしがいたね…
そして、今までのわたしを新しい角度で捉えなおしてみた時、もしかして△△だったのかもなぁ…と想い始めることができたわたしもいたね…
そうすると、気が付くと、どうでもいいかなぁ~と、自分のなかでの納得と終息が自然と生まれてきていることに気づくことができている私もいるね…

このような、とても平和的な自立&自助&自尊のお気持ちの流れを感じて、私はとても安心を感じさせて頂いております(^-^)

だからこそ、じわじわとさらに自然と広がってきた、「そして両親からの手を替え品を替えの「恩着せ攻撃」(笑)にもしなやかに対処できそうな気がしてきました。」というご両親との平和的な距離の取り方も、「「心配かけたけど自分の心に正直に生きてみるよ。見守っててください」とありました。」という息子さんとの平和的な距離の取り方も、とても素晴らしい心の成長だなと私はかさねて安心を感じさせて頂いております。

Yさんからのメールをひとつひとつ拝見をさせて頂いて、Yさんがお聞かせ下さっております捉え方や感じ方は、とても平和的で素晴らしい心持ちだなと私は感じて嬉しいです。なので、これからもこのたびのメールにてお聞かせいただけておりますままに、「これからは自分で自分を大切にして幸せ感を充電できることを少しずつ増やしていきます。」という素晴らしい心持ちのままに、三歩進んだり二歩下がったりしながら、怖がりながらぼちぼちと歩んでいただけますと私は幸いに思います。

このたびは、カウンセリング&セラピーという機会をきっかけに、YさんがYさんの心に発芽させてくださった幸せの芽を、Yさんが引き続き大切に育んで下さっております素敵な心持ちを、こうしてお聞かせ下さって誠にありがとうございます。

また、「また伺える日を楽しみにしています」とお聞かせいただけております通り、いつの日か、Yさんと再びお会いさせて頂ける日を、Yさんと同じように私も今からの楽しみとさせて頂いております。

それでは、こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。

メンタル心理そらくも 代表 寺井啓二より(^-^)

©2012-メンタル心理そらくも
-- 19時51分--

今日のセラピーで発芽した芽を大切に育んでいきたいと思います。-Yさん:静岡県30代女性の体験談-

※クライアントさんからお送りて頂いたアフターフォローメールを了承を得たうえで体験談として掲載しています。

1回目のご利用後にいただいたメールの内容

本日は貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。

伺う前までの不安が嘘のように、寺井先生を前にして解れていくのを感じました。

幼いときから現在までの辛い思い出を寺井先生の切り口で私に認識させて頂き、目から鱗が落ちた気分です。

また、母に対する気持ちの持ち方をずばり言い当てられて、母も私も笑顔になれる考え方を気づかせて頂き、胸の苦しみの1つが軽くなるのを確かに感じました。

先生のように流暢な文章で語れないのがもどかしいですが、今日は私の人生にとって大きな変化の分岐点だったと思います。

次のセッションを早く受けたい気持ちですが、今日の今日で少し気持ちが定まらないので今だ!!と思える時にもう一度メールを送らせて頂きたいと思います。

多分近日中になると思いますが、その時はよろしくお願いいたします(^-^)

本日は本当にありがとうございました(^_^)

2回目のご利用後にいただいたメールの内容

本日はわたしのために長時間を割いて頂き、本当にありがとうございました。

前回の流れから、自然なかたちでカウンセリングの続きを受けられたこと、またそこからセラピーへと移れたこと、とても貴重な体験をさせて頂きました。

私が長年もやもやとしていた事が今日はスッキリし、また父という存在を自分の心の中に置く事が出来た事もこれまで考えつかない事でした。

イジメっ子たちとも和解することでサヨナラ出来たと感じています。

また、イヤ=ダメではないという事が腑に落ちた事はとても大きな収穫だったと思います。

今日のセラピーで発芽した芽を大切に育んでいきたいと思います。

本日はセッションに加え、送迎までして頂き本当にありがとうございました(^-^)

そらくも@寺井談

※クライアントさんへご返信差し上げたアフターフォローメールをそのまま掲載しています。

こちらこそこんにちは。

Yさんからのメールの内容をひとつひとつしっかりと拝見をさせて頂きました。

Yさんが心に感じてくださったこと。Yさんが心に想ってくれていること。Yさんの大切な胸のうちをYさんの言葉でもってこうして私に教えて頂けて私は大変に嬉しく思っております。

私は○○と想っているんだよ。。。私は○○と感じているんだよ。。。自分だけが感じている自分の想いや気もちや願い=感情を、怖がりながらも嫌がりながらもこうして表現できると嬉しかったり心地よかったりするものなのでしょうね(^-^)

「父という存在を自分の心の中に置く事が出来た事もこれまで考えつかない事でした。」
「イジメっ子たちとも和解することでサヨナラ出来たと感じています。」

Yさんからお聞かせいただけております通り、カウンセリング&セラピーという機会にて、Yさんの苦しい過去の印象をYさんご自身の労わりでもってほっと和らげてあげたことで、【人へのわからなさ&人への怖さ】といった印象をだいぶ安全側に緩めてくださいましたね。

そのぶん、【人という存在】から【自分という存在】を守ろうとしてくれてきた防衛機制=【人という生き物】にたいする警戒心やガードもほっと緩んで、今こうして、Yさんが感じている想いや気もちや願い=Yさんの大切な感情を、怖がりながらも嫌がりながらも恐る恐る安全第一で表現できるようになってきていますね。

Yさんからのメールをひとつひとつ拝見をさせて頂いて、Yさんの正直な想い=そのままの心の模様みたいなものを、Yさんがこうして表現してくださっていること自体がYさんの心のなにより素晴らしい心のプラスの変化だなと私は安心を頂いております。

なのでこれからも、「また、イヤ=ダメではないという事が腑に落ちた事はとても大きな収穫だったと思います。」&「今日のセラピーで発芽した芽を大切に育んでいきたいと思います。」とお聞かせ下さっておりますままに、カウンセリング&セラピーという機会をきっかけに、YさんがYさんの心に育み始めてくださった【幸せの芽】を、楽しみながら嫌がりながら、夢中になりながらときどきは忘れかけながら、三歩進んで二歩下がらりながらぼちぼち育んでいただけますと私も幸いに思います(^-^)

このたびは、カウンセリング&セラピーという機会をきっかけに、YさんがYさんの心に感じ始めてくださっている心の成長の流れ=今までの苦しさの終わりの始まりと新しいYさんの始まりを、Yさんの言葉でもってこうしてお聞かせ下さって誠にありがとうございます。

それでは今後とも、Yさんのチームメイトとして末永くよろしくお願いいたします。

メンタル心理そらくも 代表 寺井啓二より(^-^)

©2012-メンタル心理そらくも
-- 19時34分--

対人緊張=人の目線がとても気になっていたのが和らいでだいぶに余裕を感じることができているような気がします。-Kさん:東京都20代男性の体験談-

※クライアントさんからお送りて頂いたアフターフォローメールを了承を得たうえで体験談として掲載しています。

その節はありがとうございました。

自分は対人緊張とか対人恐怖症をなんとかしたくて寺井さんのカウンセリングを利用しました。
寺井さんとお会いすることができてとても有意義な時間を過ごせました。

人の心のしくみについても大変勉強になり日常に余裕を感じることができているような気がします。周りの人たちの言動にも多分に本心じゃない部分が混ざっているんだな。それほど本気にしなくても大丈夫だな。とすこし距離を置いて落ち着いて過ごせています。

自分が父親の言動をとてもビクビク気にしていたんだなということがカウンセリングで身に染みてわかりました。そして寺井さんが解釈を示してくださった通り父親の言動を気にし続けたままになっていたので、同じ仕組みで会社の人や友人や家族や父親以外の人の言動もずっと気にし続けたままになっていたんだなと身に染みてわかりました。

自分の父親は会社のトップで今自分は父親の会社の役員として働いていますが、なにをしようにも周りの反応が気になってしまってビクビクしていたところ、もっとしっかりしろ!と父親にどやされてとても苦しくなり仕事場に行けなくなってしまいました。そんなおり妻が寺井さんのホームページを見つけてくれてこのたびお会いさせて頂きました。

セッションでは自分の心でおこっていることがとても納得いきましたし、ヒプノセラピーでは3D映画とか体感型のゲームみたいに実際に自分で自分を助けてあげました。小さい頃の自分は父親に萎縮してとてもびくびくしていました。でも今の自分が若い父親におなじ大人の男性としていろいろと意見を言ったところ、実は当時の父親も内心では不安で怖くて気張っていたんだなということ。今の自分と若い父親の内心はとてもよく似ていたんだなということに納得がいきました。

ヒプノセラピーで父親の内心と触れ合ったことで人は外からは強そうに見えても内心ではびくびくしているものなんだなと納得いったことがとても衝撃的で目からうろこが落ちましたし全身の力がほっと抜けたような気がします。

今でも父親は厳しいことをやんやと言っていますが、今ではなんだか可愛く思えたり子供に思えたりして余裕を感じています。

なによりカウンセリング以来、小さな自分がいつも自分の味方をしてくれているようで父親がどう言おうと自分には妻と子供と過ごす居場所がちゃんとあるような味方がちゃんといてくれるような気がして余裕を感じて過ごせています。少なくとも父親以外の妻や子供や友人や同僚は父親ではないので安全なんだよなってだんだんと人の言動にたいする警戒みたいなものが和らいでいることを感じています。

対人緊張=人の目線がとても気になっていたのが和らいでだいぶに余裕を感じることができているような気がします。これからも自分の内面に関心を振り向けながら自立と自信を育んでいきたいです。
といってもまた寺井さんにセラピーをお願いすることがあるかも知れませんので、そのときはまたよろしくお願い致します。

そらくも@寺井談

こちらこそこんにちは。
Kさんからお聞かせいただけておりますメールの内容をひとつひとつしっかりと拝見をさせて頂きました。

Kさんからお聞かせいただけておりますメールの内容を拝見させて頂いた、わたしは○○と感じています。わたしは○○と思っています。=Kさんの本音や本心や気もちや感情をKさんは正直にこうして私に教えてくださっているんだなと私はとても嬉しく感じています。

Kさんが感じてくださっている通り、「対人緊張=人の目線がとても気にしてくれていた過去の想いがだいぶ和らいでそのぶん余裕が広がっているようですね(^-^)

KさんがKさんの内面に関心を振り向けてくださっているご様子やKさんの周りの人の目線よりKさんの内面へと意識を振り向けてくださっているご様子に私はとても安心を感じさせて頂いております(^-^)

【ヒプノセラピーで父親と触れ合ったことで人は外からは強そうに見えても内心ではびくびくしているものなんだなと納得いったことがとても衝撃的で全身の力がほっと抜けたような気がします。】
【今でも父親は厳しいことをやんやと言っていますが、今ではなんだか可愛く思えたり子供に思えたりして余裕を感じています。】
【なにより、小さな自分がいつも自分の味方をしてくれているようで父親がどう言おうと自分には居場所があるような気がして余裕を感じて過ごせています。少なくとも父親以外の妻や子供や友人や同僚は父親ではないので安全なんだよなってだんだんと人の言動にたいする警戒みたいなものが和らいでいることを感じています。】

Kさんが感じ取ってくださりこうして教えてくださっているお気持ちの流れみたいなものが、とても素晴らしい心の癒し&心の成長&心の自由化みたいなもののように私も感じてとても嬉しいです。

Kさんの仰る通り、Kさんが生まれて初めてであった人間は「お父さま」だったんですよね。

生まれて出会って以来、「お父さま」という人間の本音や内心が良くわからなくて安心しきれなくて、幼い頃からビクビクとソワソワと警戒したりするしかなかったのでしょうね。

とはいえ、ヒプノセラピーであらためて過去の印象をリサーチしてみると、若かりし「お父さま」も、実は大人になったKさんと全く同じ胸のうちだった。人にバカにされてしまうんじゃないか?人に見下されるんじゃないか?って、Kさんんと同じように、若かりし「お父さま」もいつもビクビクとソワソワしていたんだなってことにKさんはとても納得がいったんですよね。

よくわからかった若かりし「お父さま」の本音や内心が、「じつはKさんと同じようにお父さんも怖くて不安で必死だった」=「カウンセリングを利用しているKさんと若かりしお父さまは同じ気持ちだった」と気づけたとき、遠い昔から大きなプレッシャーとなっていた「お父さまへの印象」=「生まれて初めてであった人間印象」=「人間という生き物のルーツの印象」がほっと(^-^)和らいで、そのぶんお父さまにたいしても奥さまやお友達や同僚さんにたいしても、もう安全なんだ。。。って人間全体に対する警戒と緊張も和らいでいって、そのぶんKさんは「人の言動にたいする警戒みたいなものが和らいでいることを感じています。」と感じることができているんですよね。

KさんがKさんご自身のお悩みの歴史みたいなものに関心を振り向けてあげることで、新しい捉えかたで過去の印象をリサーチして思い込みや誤解を解きほぐしてあげて、そのぶん未来の自分を心地よく過ごせるようにしてあげた。。。

Kさんが感じ取ってくださりこうして教えてくださっているお気持ちの流れみたいなものは、人の心のしくみをとてもよく理解した素晴らしい心の成長の流れだなと私は感じましたし、素晴らしい心の癒し&心の規制緩和&心の自由化みたいなものを感じてとても安心を頂いております。

このたびはカウンセリング&セラピーという新たな機会をきっかけに、KさんがKさんの心に生み出してくださった素敵なプラスの変化を、Kさんの言葉でもってこうして教えてくださって誠にありがとうございます。

それでは、こちらこそ今後ともよろしくお願いいたしますね。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 12時33分--

二人とも大きな愛情を私に向けてくれていたんだな、ともう一度感じることができました。-Mさん:静岡県40代女性の体験談-

※クライアントさんからお送りて頂いたアフターフォローメールを了承を得たうえで体験談として掲載しています。

寺井先生こんにちは。
先日は、カウンセリング&セラピーのお時間ありがとうございました。
また、メールをいただきまして、ありがとうございます。

いただいたメールを拝見して改めて、私にとってとても重要な時間になったな、と感じています。

カウンセリング&セラピーを決める時、私は「もっと自分を大切にしたい。でも、どうしたらいいのかわからない。」という気持ちでした。どうにかしたくてもがいているような感じでした。

今は、少しずつ自分を大切にしていけそう、と思っています。先生に教えていただいた、「終わりの始まりが始まった」ことを実感できています。前に本か何かでこの言葉とであったのですが、「終わった」との違いがわかりませんでした。でも今は、この言葉が心にストンとはまりました。

幼い私のイメージ=Mちゃんと一緒に家に帰ってから、変化したことがあります。それは、私の印象の中のお父さんお母さんの写真です。

私はお母さんの顔を忘れてしまったと思っていました。現実の写真も、母が映っているものは無くなっていたので。でも、一枚だけ記憶にあるのがお母さんが大きなお腹で、笑っている写真です。とても優しい笑顔で、これから生まれてくる赤ちゃんを楽しみに待っているよう、と言っているようです。お父さんのほうの写真は、生まれたばかりの私を抱っこして、やっぱり照れ臭そうに、カメラもみていないけれど、笑っています。こんな写真を思い出して、二人とも大きな愛情を私に向けてくれていたんだな、ともう一度感じることができました。
セラピーで想い描いたイメージは、こんな風に変わりました。Mちゃんと、「二人とも素直じゃなくて、こまるねー。」と心の中で笑いあいました。

もう一つ、私は私を守るためのバリアみたいなものを、すごく嫌ないけないこと、と捉えていたんだとわかりました。でも、そのおかげで今まで生きてこられたんだと思えるようになりました。しかし、心配しすぎてしまうとお鍋の中が一杯になって窮屈になってしまいます。私の基礎が安定してくれば、少しの雨や少しの風に、ものすごく不安になる必要はなくなります。そこのバランスを、少しずつとれるようになっていけたらいいな、と思っています。

それも、寺井先生が具体的にわかりやすく、心っていうものを教えてくださったからです。そして、優しく、温かく、凛として私の心に語りかけてくださったからです。
本当に本当にありがとうございました。

これからは、幼い私の感情とイメージ=Mちゃんは、私の胸の中で大好きなぞうのぬいぐるみと一緒に安全で安心できる場所にいます。大好きなぞうのぬいぐるみをみると、私はそれだけで自然に(^_^)な気持ちになります。
それでも、心は変化し、環境も変わっていきます。私の心にまた、どうしてだろう?なんで?っていう?が浮かんでくることもあると思います。そんな時には、またお力をかしてください。
これからも、末長くどうぞよろしくお願いいたします。

毎日暑い日が続きます。今日も特に暑くなりました。どうぞ、ご自愛ください。

そらくも@寺井談

こちらこそこんにちは。
そして、こちらこそ先日はありがとうございました。
Mさんからのメールの内容をひとつひとつ拝見させて頂きました。

Mさんがお聞かせ下さっている心の模様を私も感じ取らせて頂いて、Mさんはカウンセリング&セラピーの目的とカウンセリング&セラピーで体感してくださった心の進展をあらためてとてもよく感じ取ってくださっているんだなと私はとても安心を感じております。

本来でしたら、Mさんがお聞かせ下さったお気持ちにたいして、○○とも言えるかも。。と私なりの新しい解釈をお返事差し上げるのがアフターフォローメールの段取りのはずなのですが、わたしからの補足や新しい解釈を届けることがかえってもったいないなぁ。。。と私自身が感じるくらいに、Mさんの心の模様に私はとても安心を感じております(^-^)

【私はお母さんの顔を忘れてしまったと思っていました。現実の写真も、母が映っているものは無くなっていたので。でも、一枚だけ記憶にあるのがお母さんが大きなお腹で、笑っている写真です。とても優しい笑顔で、これから生まれてくる赤ちゃんを楽しみに待っているよう、と言っているようです。お父さんのほうの写真は、生まれたばかりの私を抱っこして、やっぱり照れ臭そうに、カメラもみていないけれど、笑っています。こんな写真を思い出して、二人とも大きな愛情を私に向けてくれていたんだな、ともう一度感じることができました。】

まったくもってMさんの仰る通りだなと私も感じています。

過去の出来事を変えることはできない、でも過去の出来事に対する印象を心地よく変えていくことはできる。。。周りの変化に期待するより自分の内面の変化に期待するとても平和的で素晴らしい心持ちだなと私は感じて嬉しいです。

カウンセリング&セラピーの当日には、本物のお父さんとお母さんがお部屋にいてくれたわけではないけれど、成長したMさんが幼いMちゃんへと新しい考え方や優しさや労わりを届けてあげたことで、胸のうち=心境がだんだんと心地良くやわらかくなり始めたんですよね。

なので、【「終わりの始まりが始まった」ことを実感できています。】とお聞かせいただけておりますMさんの心の印象は、とても誠実で素晴らしいなと私は安心を感じております。
なにより、Mさんの胸のうちの模様を、Mさんの言葉でもって、これだけ豊かに原色のまま表現できていることが、なにより素晴らしい心のプラスの変化だなと私は安心を感じています。

なので、【もう一つ、私は私を守るためのバリアみたいなものを、すごく嫌ないけないこと、と捉えていたんだとわかりました。でも、そのおかげで今まで生きてこられたんだと思えるようになりました。しかし、心配しすぎてしまうとお鍋の中が一杯になって窮屈になってしまいます。私の基礎が安定してくれば、少しの雨や少しの風に、ものすごく不安になる必要はなくなります。そこのバランスを、少しずつとれるようになっていけたらいいな、と思っています。これからは、幼い私の感情とイメージ=Mちゃんは、私の胸の中で大好きなぞうのぬいぐるみと一緒に安全で安心できる場所にいます。大好きなぞうのぬいぐるみをみると、私はそれだけで自然に(^_^)な気持ちになります。】と感じてくださっているままに、MさんとMちゃんとでイマジネーションでのコンビプレーを引き続き楽しんでみることで、MさんがMさんを(^-^)な気持ちにしてあげることも叶って、そんなMさんの素敵な雰囲気を感じたご家族や周囲のみんなも(^-^)な気持ちになっていって、そんな周囲の雰囲気を感じたMさんもかさねて(^-^)な気持ちになっていくのでしょうね。

そして、【それでも、心は変化し、環境も変わっていきます。私の心にまた、どうしてだろう?なんで?っていう?が浮かんでくることもあると思います。そんな時には、またお力をかしてください。】というお気持ち通り、自分をもっと楽にしてあげたい!と感じてくださったときは、例え何週間先であっても、何か月先であっても、何年先であっても、いつまででも私はウェルカムですので、このメールの返信にてその大切なご意思をご連絡をいただけますと私もとても嬉しいです。

このたびは、MさんがMさんの心に感じ入ってくださった、とても豊かな心の模様を、Mさんの言葉でもって原色のままお聞かせいただき誠にありがとうございますね。
くわえて、私の体へのお心遣いまでもいただきましてかさねてありがとうございます。

それでは、こちらこそ今後とも末永くよろしくお願いいたします。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 10時04分--

特に母親が原因で生きづらさを感じていたことがわかったことが大発見でした。-Mさん:神奈川県20代女性の体験談-

※クライアントさんからお送り頂いたアフターフォローメールを了承を得たうえで体験談としてそのまま掲載しています。

寺井先生

こんばんは。

昨日はセラピーのお時間を頂きまして、ありがとうございました。

自分のなかにあったモヤモヤの原因がわかったため、私はとてもスッキリしました。

特に実は母親が原因で生きづらさを感じていたことがわかったことが私のなかでの大発見でした。

本日も、ふと自分の過去や自分の思考を振り返ったときに、母親の問題を自分が引き受けていたことに気がついたため、区別してバリアを張ることができました。

まだまだ時間はかかるとは思いますが、完全に自分の人生を生きていけるようにシフトしていければと思います。

では、心からの感謝を込めて…

そらくも@寺井談

こちらこそ、ご連絡をいただきまして誠にありがとうございます。

Mさんからのメールの内容をひとつひとつしっかりと拝見させて頂きました。

まずはじめに、【自分のなかにあったモヤモヤの原因がわかったため、私はとてもスッキリしました。】と、Mさんがお聞かせ下さっているお気持ちが、とても素晴らしいお気持ちだなと私は感じました。

邪魔に感じてついつい消し去りたくなるモヤモヤな気持ちにも、じつは生まれた大切ないきさつやモヤモヤしている意味がちゃんとあるんですよね。

そして、Mさんはご自分のモヤモヤに込められているメッセージ=遠い昔の自分には言葉にしようもなかったストレスみたいなものに、ゆっくりとしっくりと納得を生み出しながら、私のお部屋で大切に発散してくださったことで、長年のモヤモヤをスッキリとさせてくださったんですよね。

くわえて、【まるおとのお気持ちも、とても素晴らしいお気持ちだなと私はかさねて感じました。

自分の胸のうちに感じていたモヤモヤが、まさか今や遠く離れて暮らすお母さまとの間で遠い昔に生まれた想いだったとは、日常生活のなかで、且つ自分一人ではなかなか気づきづらい方が自然なのだろうなと私は日々感じています。

だからこそ、Mさんは未来のMさんのために、貴重なお時間と費用を投資しカウンセリング&セラピーという機会を用意してあげて、お母さまを巻き込んだりお母さまに惑わされることなく、MさんとMさんのあいだの共感でもって平和的に心をスッキリとしてくださった。

最後に、【本日も、ふと自分の過去や自分の思考を振り返ったときに、母親の問題を自分が引き受けていたことに気がついたため、区別してバリアを張ることができました。】という心のプラスの変化=心の成長もとても素晴らしい心持ちだなとも私は感じました。

例えば、アパートや一戸建てのお家も、壁や垣根やカーテンでとなりのお家と安全な距離を保つからこそ、お互い安心して過ごせるんですよね。

それと同じように、人と人も、安全な距離を保つからこそ、お互い安心して過ごせるんですよね。

例え親子であっても、所詮はそれぞれ個別の生命ですので、自分にはどうしてあげられようもないお母さまの問題にたいして自分のほうから距離を置いてあげることができた=区別してバリアを張ることができました=わたしのお庭はここまでだね。みないな感覚は、人と人との境界線を感じながらお互いの存在を尊重する=知らず知らずの過干渉や思わぬ依存傾向を回避するための大切なガイドラインなわけですね。

なので、このメールでお聞かせ下さったカウンセリング&セラピーという機会でMさんの心に芽生え広がり始めた幸せの芽を、【まだまだ時間はかかるとは思いますが、完全に自分の人生を生きていけるようにシフトしていければと思います。】と、Mさんがお聞かせ下さっているままに、これからもぼちぼち育んでだんだんと心に広げていただけますと私も幸いに思います。

このたびは、Mさんの大切な胸のうちをMさんの言葉で原色のままにお聞かせいただけて私はとても嬉しかったです。

こちらこそ、このたびは誠にありがとうございました。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 19時03分--

先日20年通い続けた心療内科と抗うつ剤を卒業いたしました。-Tさん:福岡県40代女性の体験談-

※クライアントさんからお送りて頂いたアフターフォローメールを了承を得たうえで体験談としてそのまま掲載しています。

ご無沙汰しております。

先日20年通い続けた心療内科と抗うつ剤を卒業いたしました。

心療内科の先生にも太鼓判を押してもらえました。

最初に寺井先生に感謝の気持ちをお伝えしたしようと思いました。

思い返せば先生のホームページにめぐりあったのは今から二年前です。

明日が来るのが怖くて眠れぬ夜に布団をかぶりながら夢中で読みあさったことを覚えています。

それからほんとうによくなるだろうかと自分との葛藤、主人の理解が得られず、先生のところにお伺いするかしないかで苦しいこともありました。

今振り返ると、先生のところに行ってみたいと感じ始めた時がうつ病の終わりのきっかけだっと思います。

意を決して先生にお電話した時、あたふたしている私にとても丁寧に接してくださいました。

その時は予約できませんでごめんなさい。

先生との電話をきっかけに、主人の理解が得られなくてもいいのかもしれないと思えるようになりました。

私が自分から先生のところに行きたいと言ったら、いいよと主人は言いました。

主人に理解してもらわないといけないと思い込んでいたんだと気づきました。

それからの私は自分も驚くくらいに積極的でした。

怖がりであまり遠くに行ったことがない私がはるか遠く離れた先生のところまで行こうとするなんてびっくりでした。

飛行機を予約したり電車を予約したりホテルを予約したりカウンセリングを予約したり三島の観光を調べたり学生時代の旅行気分でとても嬉しかった自分に気づきました。

先生は予約するのに私の希望をいつまでも待ってくれました。

カウンセリングでお会いした時、予約しようとすること自体がお悩みの終わりの始まりになるようにしてあるんですよと先生がおっしゃっていた意味がわかりました。

カウンセリングも夢中で過ごせましたし文字では表せませんが、一杯泣いてすごく納得して長年の突っかかっていたものがすっと溶け始めたようでした。

物心ついたときかわたしはずっと大変だったんだなとはじめて思えて長年ずっとつま先立ちで緊張していたのがやっとかかとをつけた感じです。

自分のことなのにこんなにしらないなんて意外でした。

抗うつ剤をやめようとして苦しんでいる時アフターフォローのお電話させて頂いた時も、抗うつ剤の考え方を丹念にお話してくれて大変参考になりました。

小学生の息子が学校を休みがちだったのも私が落ち着いたせいかほっといても進んで学校にいくようになりました。

主人が気軽に話してくれるようになりました。私も今日あったことを気軽に話せるようになりました。

ときどき不安になることもありますが恐る恐るですが自分に夢中になれていることが幸せです。

心療内科の先生が驚いていたのでそらくも先生のところにいったことをたくさんお話しました。心療内科の先生も喜んくれました。

つぎの診察のとき心療内科の先生もそらくも先生のホームページを見たと言っていました。

とても嬉しかったです。

わたし一人では本やスマホでどれだけ調べても絶対に無理でした。

そらくも先生はひとたび予約がきまるとたくさん準備してまっていてくれます。

1人ではいくら考えてもわからないのでみなさんも是非一度行ってみる価値はたくさんあると思います。

上手く言えませんが本当に感謝の気持ちで一杯です。

このたびは大変ありがとうございました。

そらくも@寺井談

Tさん、素敵なお便りありがとうございます。

Tさんからのメールをひとつひとつ拝見させて頂いて、私から、あえて「ああだ。。こうだ。。」と付け加えるのがもったいないなぁと感じるくらいに、とても素晴らしい心持ちだなと私はとても嬉しく思っています。

このお便りは体験談というより、Tさんの振りかえり=卒業文みたいなメッセージなのでしょうね(^-^)

ある時代の自分が感じたことを、自分の納得のペースで、自分自身の感覚でなぞった時、振り返ると人知れず自分は大きく自由へと成長してしまっている。。。

そんな心理学の根本=誰もがひとしく持ち合わせている財産=人のこころのしくみを感じさせてくださる素晴らしいお便りだなと私は感じています。

これ以上のわたしの言葉は蛇足に感じますので、これからもTさんがTさんに夢中になってあげる時間を楽しんでいただけますと私も幸いに思います。

私は遠く離れたところから見守らせて頂いておりますね。

このたびは、素敵な振り返りをお寄せ頂き誠にありがとうございました。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 11時55分--

人が怖くて萎縮していた自分が不思議なくらい楽しい時間幸せな時間が過ごせています。-Oさん:兵庫県30代女性-

先日は、カウンセリング&セラピーを本当にありがとうございました。

三島は、美味しいものや温泉もあるし、素敵な街ですね(^ ^)。

街中に溶岩や川や緑があって驚きでした。

美味しい鰻も頂いて、温泉も入って癒されて帰りました。

神戸に帰って、家でホッとしてたら、これからは自分の人生が歩めるんだなあ、嬉しいなあと、嬉しくて泣いてる自分がいて、驚きました。

※クライアントさんに書いて頂いた体験談を了承を得てそのまま掲載しています。

そして、数日たち、日を追うごとに、怖いから解き放たれています。

優しい穏やかな時間は自分で創り出せるんだなと実感しています。

(ここから寺井さんのことを先生と書いています…寺井さんのことを先生と呼ぶ方がしっくりくることに気づきました。先生でもいいでしょうか…)

先生のカウンセリング&セラピーを受けるまでは、許せない怖いという気持ちでいっぱいで、人と一緒にいることが苦痛でした。

いつも責められている気がするし、どうして?どうして?…と悲しい気持ちで過ごすことが多かったです。

人に対して優しくできず、知らないうちに言い方がキツイこともあって、人間関係がギクシャクすることもありました。

セラピーでは、先生に助けて頂きながら、自分一人では思い浮かべたりできないことをで何度も繰り返して感じたり言葉にすることで、自分で自分を癒すことができました。

怖い?気持ちを、自分で癒す。

そして周りの人の動機に着目しながら、私の気持ちも伝えつつ、私も周りの人も(^^)になる、そうすることで、自分も自分がいる環境も変えることができることを体感できました。

辛い怖い作業なのかなと思っていましたが、思い返してみると楽しい思い出になっています。

これから怖い気持ちになったとしても、前向きに自分の気持ちと向き合うことができると思います。

そして、安心安全のために全力で働いてくれている自分に、もう大丈夫だよ〜とお知らせしてあげれると思います。

安心して自分と仲良くできると、職場などで、落ち着いていられるし、幸せでいられるんだなあと感じています。

人が怖くて萎縮していた自分が不思議なくらい、(^ ^)といられて、みんなも(^ ^)となって、楽しい時間、幸せな時間が過ごせています。

嫌なことを言われても、セラピーの時のように、相手を傷つけず、自分の気持ちを伝えらるようになってきています。

自分の人生や自分の気持ちを諦めないこと、勇気を出して言葉にしてみること、一歩ずつできたらと思います。

そうやって自分の素直な気持ちに優しくできる時間を増やしていきたいです。

まだ始まったばかりで、これからどんな変化があるのかわかりませんが、これからどんな自分に出会えるのか楽しみです。

何か壁にぶつかったとしても、先生がチームメイトでいて下さるので安心して進んで行くことができる気がしています(^ ^)

今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

そらくも@寺井談

【怖い気持ちを、自分で癒す。】

【そして周りの人の動機に着目しながら、私の気持ちも伝えつつ、私も周りの人も(^^)になる、そうすることで、自分も自分がいる環境も変えることができることを体感できました。】

Oさんがお聞かせ下さっているお気持ちは、まったくもってOさんの仰る通りだなと私も感じて嬉しいです。

自分にしても、周りの人たちにしても、はじめから【苦しい結果だけ欲しい!】と願いつづけることは、かえって難しいのでしょうね。

今目に見えている態度や感じている結果が残念だったとしても、はじめからそう願ってそうしているわけではないのでしょうね。

胸のうちではいろいろ願っているのだけれど、同時に恥ずかしかったり、怖かったり。。。

そんな気持ちも大切なので、いろいろミックスされた結果、表面にに怒ったりイライラした結果=氷山の一角だけが見えているのでしょうね。

そして、とくに幼い頃は、そんな表面の印象をピュアに受け止めてしまいがちですので、【私が怒らせたの?】【私が迷惑かけちゃったの?】【なんで?どうして?】【どうしよう?どうしよう?】【もっとこうしなきゃ!】って、人のリアクションに対して優しい誤解が生まれてしまったりして、それ以来、グルグル&ソワソワとした疑問と心配と焦りが心に続いてしまうのでしょうね。

なので、Oさんはカウンセリング&セラピーという機会で、【人が怖い】って感じ始めたころの幼いoさんの様子をユニークな方法で振りかえって観察しなおしてあげて、【なんだそうだったんだ】って新たな脚色をし直してあげることで、ご自身の過去の印象をリメイクしてほっと和らげてあげたんですよね。

【これからもっと幸せになっていきたい!】と願う大人のOさん=アダルトが、【人が怖い】って感じ始めた幼いOさん=チルドレンを助けてあげること=?怖い?気持ちを自分で癒す=誰も巻き込まず、誰にも邪魔されず、自分と自分の支え合いで自分を(^-^)にしていくことが、心理カウンセリング&心理セラピーなんですよね。

【何をしようとしていたのか?】を動機と言って、【何をしたか?】を結果と言ったりしますね。

そういった意味では、当時のご家族も、【何をしていたか?】=結果は怒ったりイライラしていたんですよね。

でも、当時のご家族の胸のうち=【何をしようとしていたのか?】=動機は、みんな苦しかった。楽になりたかった。そりゃ願わくばみんなで(^-^)でいたかったのでしょうね。

Oさんが生まれて最初に出会った人たち=遠い昔の大切なご家族のそれぞれの胸の内=動機を、【これからもっと幸せになっていきたい!】と願う成長したOさんがゆっくりと紐解いてわかってあげていったとき、当時のご家族の気持ちを納得して尊重できて、【よくわからない。怖い!】が【なんだそうだったんだ。ホッとした!】に和らいで、人への怖さの終りが始まって人への安心が広がり始めたのでしょうね。

怖い=よくわからない。とも言えるのでしょうね。

今までずっとよくわからなくて怖かった人への印象を、【なんだそうだったんだ】ってあらためて確かめて誤解を解いてあげたとき、人への怖さを癒すことができる。。。

生まれて最初に出会った人たち=遠い昔の大切なご家族へのわからなさを解きほぐして、【なんだそうだったんだ】って安心にアップデートしてあげたことで、だんだんとだんだんと職場の人たちなどにも正直な自分の気持ちを安心して表現しやすくなっていくんですよね。

うらを返せば、Oさんの気持ちも、周りの人には等しくわかりずらいものですので、【周りの人の動機に着目しながら=周りの人の気持ちも尊重しながら。。。】【私の気持ちも伝えつつ=自分の気持ちも尊重することで。。。】【私も周りの人も(^^)になる=私の気持ちも周りの気持ちも両方とも責任をもって尊重することで、お互いに平和的に共存できてさらにほっと安心しやすくなっていくんですよね(^-^)】

くわえて、美しい風景を見ることや、美味しい鰻を食べることや、温泉に入ることでも、OさんがOさんを癒してあげることができた素敵なご様子も、こうしてお聞かせ下さってかさねてありがとうございますね。

今回は素敵な体験談をいただきまして私も深く感謝しております。

今まで通り、OさんがOさんと仲良く支いあってくださったら私もとても嬉しいです。

こちらこそ、Oさんのチームメイトとして、今後とも末永くよろしくお願いいたします。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 21時29分--

朝起きた時の憂鬱な気持ちや特に背中の痛みがなくなりました。-Kさん:栃木県30代女性の体験談-

寺井先生 この間は本当にありがとうございました

行くまでは、迷いや不安ばかりが、頭をよぎってしまいましたが、勇気を出して、三島まで行ってみようと行動して本当に良かったって思います(^ー^)

寺井先生は、とても優しくてわかりやすくて、とても丁寧な説明でした

※クライアントさんに書いて頂いた体験談を了承を得てそのまま掲載しています。

セラピーを受ける前までの自分と、なにが一番変わったかと言うと、朝起きた時の憂鬱な気持ちや、特に背中の痛みがなくなったことでした

毎日朝の目覚めが心地よく感じられるのが幸せに感じます

自分と向き合い、長年溜め込んでしまった気持ちに気づいてあげ、自分で自分をなぐさめてあげることが出来ることを、教えていただき、不安になりそうな時は、胸に手に当て、受け入れてあげることを、繰り返して行こうと思います(^ー^)

寺井先生に、出会えたことに感謝します

充実した1日になりました

自分へのご褒美は、たまにしてあげたいです

また、よろしくお願いします

本当にありがとうございました(^ー^)

そらくも@寺井談

Kさんは、カウンセリング&セラピーにお越しくださるまでに、迷ってくれたり不安をたくさん感じてくださっていたのですね。

不安とは心配ということでしょうから、Kさんの心は不安のぶんだけ慎重にご自身を大切にしてくれていた。ということなのでしょうね。

そして、同時に、勇気という想いでもご自身を大切にしてくれていた。ということなのでしょうね。

不安のぶんだけ慎重に自分を大切にできていたし、勇気のぶんだけ前進をもって自分を大切にできていた。。。

Kさんとお会いることができたとき、【不安=慎重なKさんも、勇気を出したいKさんも、みんな一緒に幸せになっていこう!】みたいなKさんの柔らかい心のチームワークを感じて私もとても嬉しかったです。

ある日ある時からKさんが心に感じ続けてくれたソワソワやモヤモヤは、幼いKちゃんが感じてくれた大切なご家族への優しい想い=心配だったのでしょうね。

Kさんのお悩みの正体=ソワソワ&モヤモヤの正体は、【わたしのたいせつなかぞくには、みんな(^-^)でいてもらいたい】という優しく健気な願いであって、その願いがなかなか叶わないことで募った過去の苦しさだったのでしょうね。

そして、カウンセリング&セラピーという機会で、Kさんが幼いKちゃんに協力してあげて、Kさんにとっても幼いKちゃんにとっても大切なご家族の印象をイメージの中で(^-^)にしてあげることができた。

大切なご家族の印象を(^-^)にしてあげたことで、【わたしのたいせつなかぞくには、みんな(^-^)でいてもらいたい】というたいせつな願いがようやくかなって、KさんとKちゃんがより一層仲良くなって、ソワソワやモヤモヤがようやく終わり始めて、募り続けた過去の苦しさからようやくほっと解放されていった。

そんな印象を私は感じて嬉しかったです(^-^)

今、Kさんが、【朝起きた時の憂鬱な気持ちや、特に背中の痛みがなくなったことでした】と感じることができているということは、それだけ幼いKちゃんはご家族のことを大切に想い心配を続けてくれてとても苦しかったのだけれど、Kさんの思いやりを幼いKちゃんに届けることで長年の気がかりをようやくほっと安心して落ち着かせてあげることができた。ということなのでしょうね。

【不安になりそうな時は、胸に手に当て、受け入れてあげることを、繰り返して行こうと思います(^ー^)】

【自分へのご褒美は、たまにしてあげたいです】

Kさんがお聞かせ下さっているお気持ちがとても素敵なお気持ちだなと私も感じて嬉しいです。

お仕事場での役割も、奥さまとしての役割も、お母さまとしての役割も、娘さんとしての役割も、すべて、ひとりの女性=Kさんという大切な土台の安定の上で演じることができるわけなので、Kさんがお聞かせ下さっている通り、KさんがKさんの味方になってKさんがKさんを(^-^)にしてあげることが、Kさんにとっても、周りの人たちにとっても、安心&嬉しい&落ち着き&癒し=幸せにつながっていくんですよね。

不安なKさんも、迷っているKさんも、怖がってくれているKさんも、期待してくれているKさんも、いろいろなKさんたちをKさんがそのままお連れ下さったので、いろいろなKさんたちがほっと安心して仲良くなって、本当のKさんの始まりが始まったのでしょうね(^-^)

今回は素敵な体験談をいただきまして私も深く感謝しております。

今まで通り、KさんがKさんと仲良く支いあってくださったら私もとても嬉しいです。

こちらこそ、Kさんのチームメイトとして、今後とも末永くよろしくお願いいたします。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 21時24分--