静岡県三島市【スカイウォーク】-新しい目線であらためて富士山を眺めてみる-

静岡県三島市のスカイウォークを紹介します。

下に掲載させて頂いた写真を見てもおわかりいただけるように、スカイウォークは富士山を眺めながらわたることができる吊り橋です。

そして吊り橋を中心としたドライブインのような施設になっていて、無料の駐車場、レストラン、カフェ、お土産物屋さんなどもあります。

施設そのものへはドライブインのように入場&駐車とも無料ですが、吊り橋を渡るのは有料です。

スカイウォークからの風景

最近、三島市にあらたに登場した観光スポットです。

吊り橋は歩行者専用です(^-^)なので自動車では渡れません。

でも歩行者専用の吊り橋としては全長400mで日本一長いんだそうです。

生活のための吊り橋というより観光のための吊り橋ですので、渡っている最中には富士山を眺めることもできますし、足元はグレーチング=細かい網目構造になっていたり、サイドもワイヤー構造ですので、足元やサイドや目線より下の見通しもよく、風通しもよい開放感を感じる心地よい吊り橋です。

なんでもかなりの強風=65m/sにも耐えられるような設計になっているそうです。

上記を読んでいただいてもおわかりいただけるように、強風に対してガチッ!と力と力の勝負で耐える構造ではなく、しなやかにゆらゆら受け流してやり過ごす構造なわけですね。

人も力任せに頑張りすぎたり我慢しすぎると、いつか限界がきて一気に倒れてしまうように、建物や橋も強さや固さでガチガチに固めて耐えてしまうと、いつか限界がきて一気に壊れてしまうわけですね。

なので台風のときの木々のようにゆらゆらと揺れながら強風をやり過ごすスカイウォークの構造は、なんだかとても安心感を感じました。

とはいえ、うらを返せば歩いている最中によく揺れる。ということなわけですね。

私も渡っている最中に時々、「ドキッ!」「ヒヤッ!」と感じることが何度かありました。

渡っている最中は、吊り橋の真下の小川や林も全部見下ろせますので、高いところが苦手な方はちょっと大変かもしれませんね(^-^)

近くにはもう一つのあらたな観光名所であるフルーツパークもありますし、箱根の旧街道沿い=国道1号線沿いですので少し箱根方面に上れば山中城跡公園もあります。

自動車での移動でしたらトイレ休憩やお昼休憩がてら寄ってみたり、電車でのご移動でしたらバスで寄り道して日頃なかなか味わえない景色と感覚で気分転換してみるのにも楽しい場所ですね。

メンタル心理そらくもからは、車で20分程度です。

近隣の山中城跡公園とあわせて、新しい目線=高い目線から富士山&駿河湾を眺めてみるのもいいですね。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 19時22分--

静岡県三島市【三島大社】-源頼朝の出発点…身近な森パワースポット-

静岡県三島市の三島大社を紹介します。

入場無料で緑に囲まれた伝統ある社を散策…今回は家族で初詣に行ってきました。

源頼朝が旗揚げ&必勝祈願したパワースポットですね。

初詣…花見…夏祭り…紅葉…四季折々の楽しみがある場所です。

併設の有料駐車場あり!

三島の中心街なのでコインパーキングが点在しています。

三嶋大社本殿大社の雰囲気屋台の写真

静岡県三島市の三島大社に行ってきました。

お正月に家族で静岡県三島市の三島大社に初詣に行ってきました。

三島大社は三島の中心となっている社です。

お正月には初詣、春には桜の花見、夏には夏祭り、秋には紅葉…

森の中に広がる人々が集う由緒ある社です。

そのたびに、露店が立ち並び盛り上がりにぎわっています。

有名なところでは、源頼朝が平家打倒の挙兵をし必勝祈願をした社です。

伊豆へ島流しにあった頼朝が妻となる北条政子と対面した対面石も残っています。

初詣をはじめ、七五三や、お宮参り、合格祈願、厄除け、など、三島市民の精神的なよりどころとして愛されています。

今回は家族で初詣に行ってきました。

交通安全や商売繁盛などのお守りや熊手など、皆さんはどのように扱っていますか?

私は一年ごとに買い替えています。

そのため去年お世話になったお守りたちを丁重に供養する必要がありますね。

年頭に三島大社に行く目的のひとつにお守りの世代交代があります。

三島大社では古くなったお守りを集めて丁重に供養してくださるので、昨年お世話になったお守りをもって供養をお願いするのも大事なことです。

小さいころからよく言われたことがあります。

初詣は感謝の機会であって祈願の機会ではないよって聞かされてきました。

祈願はそれ相応の準備が必要だよって聞かされてきました。

絵馬などに整理して、絞って、書き記し、神馬さんに祈願するもの…

初詣は土地の神様に新年を迎えられた報告と感謝をする機会と思ってます。

お守りとおみくじを買って敷地内を一通り散策しました。

神鹿と呼ばれる鹿さんたちに食べ物をあげたり、厄除けの儀式を見物したり、露店を見て歩いたり、露店で食べ物を買ったり、コイにエサあげたり…

一周ぐるりと散策して今度は桜を見に来たいなぁ…

と思いながら三島大社を後にしました。

三島大社はメンタル心理そらくもから車で20分程度です。

源頼朝が勝利へのパワーを蓄えた三島の地…

源頼朝が勝利を祈願したパワースポット三島大社を散策してみるのもいいですね

©2012-メンタル心理そらくも
-- 11時30分--

静岡県伊東市伊豆高原【伊豆ガラスと工芸美術館】-雨の日はモノづくり!-

静岡県伊東市伊豆高原の伊豆ガラスと工芸美術館さんを紹介します。

入場料にプラスすればオリジナルアクセサリが作れます!

いろいろな電気スタンドアクセサリーを製作中私がつくったガラスの小物入れ

家族で静岡県伊豆稲取温泉に旅行に行ってきました。

温泉旅館への一泊旅行です。

伊豆稲取への道中で何か楽しんでいきたいですよね。

当初は

伊豆高原シャボテン高原…

伊東市グランパル公園…

伊豆高原大室山でリフト&アーチェリー…

伊豆稲取でアスレチック…

などなどを計画して楽しみにしていたんです。

でも…残念ながら

当日はあいにくの雨になってしまいました…

旅行に行く!→その日の雨が降る…

この展開で気持ちが晴れやかになる方がどれくらいいますでしょうか?

ついつい、えーっ…ってなってしまいますよね。

まぁ、雨が降っただけで、何か損をしてしまった気持ちになってテンションが下がってしまうのも無理はありません。

大事なのは、私が心に描いていた今回の旅行のイメージが晴れのイメージが強かっただけです。

晴れることを期待しすぎてたってことだけですね。

雨を願っていれば、喜んでいたわけで…

雨そのものが悪いわけではありませんね。

急きょ、雨を楽しむべく調査を開始しました。

静岡県三島市から静岡県伊豆稲取までの道中は、いくつかルートがありますが、なんとなく伊豆高原を通ることにしました。

静岡県伊東市伊豆高原には個性的な博物館がいくつもあります。

例えば、

怪しい少年少女博物館…ろう人形博物館…ねこの博物館…

私個人的には怪しい少年少女博物館…ろう人形博物館…に行ってみたかったんですが、奥さんと子供に却下されました…

ねこの博物館は、全員一致で行きたかったんですが、先日行ってきたばかりでもあり保留です。

雨の日に何をしたら楽しいかな?

そこで、ふと浮かんだのが、何かオリジナルのモノを作りたいって気持ちです。

そして、静岡県伊東市伊豆高原の伊豆ガラスと工芸美術館さんを発見!

家族で訪れることにしました。

奥さんと子供たちは、オリジナルのネックレスを…

私は、オリジナルの小物入れを作りました。

ものつくりに、わくわくしたり、充実感を感じるのも人の心理=心のカラクリのひとつです。

時間にして1時間くらいかな?

気が付けば、結構な時間を集中していました。

途中、台風並みの大雨になって、周囲のお客さんがざわざわしていたみたいですが、まったく気が付かなかったほどです。

家族全員みな大満足でした。

雨が降ると憂鬱になるとか…

雨が降ると自分が悪いような気がする…

このような〜が起こって気持ちを感じる…

これを心理って言います。

そして、心理=心のカラクリは過去の経験が大きく影響しています。

それに、心理=心のカラクリは修正することができるのです。

これを認知療法とも言います。

今までは雨が降ると憂鬱になっていた。

雨が私を憂鬱にさせていた。

だから世の中から雨がなくならない限りこれからも雨が降るたびに憂鬱になるだろう。

それを思うとより憂鬱になる。

これが雨に対する今までの認知です。

それを、

今までは雨がふると憂鬱になっていた。

でも雨を喜ぶ人もいる…

自分も雨が降って助かった時もある。

だから必ずしも雨が私を憂鬱にさせているわけじゃない。

これからは雨が降ったら喜べること楽しめることを探してみよう。

それを思うとずっと憂鬱なわけじゃない。

自分がある気持ちを感じたた時どうしてその気持ちを感じることになったか?

その理由を認知と言います。

そして、その認知は過去の経験が大きく影響している…

つまり自分のノウハウなわけです。

そのノウハウは、今までは役に立っていたこともあったわけです。

でも今は役に立つような気がしない。

だったら今ここでその認知というノウハウを修正しよう!というわけです。

今までは、雨に感じる憂鬱感=雨による直接的な憂鬱感+憂鬱感が続くことへの憂鬱感の
二つが合わさって感じられているのかもしれません。

そこで、その感じ方=心理=心のカラクリ=認知=今までのノウハウを自分にとっていい方向に修正することで、憂鬱感が続くことへの憂鬱感を軽減して、心を軽くするわけです。

人が怖い…死にたい…話せない…などの辛いお気持ちも

どうして?その気持ちを感じるのか?を見つめることでだいぶ軽くなっていくわけです。

静岡県伊東市伊豆高原の伊豆ガラスと工芸美術館さんは、メンタル心理そらくもから車で2時間程度です。

静岡県伊東市伊東温泉のすぐ近くなので、お近くにご旅行の際は旅の記念に訪れてみてもいいですね。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 19時44分--

静岡県伊東市【奥野ダム松川湖】-春夏秋冬…私のパワースポット-

静岡県伊東市の奥野ダム松川湖を紹介します。

幼児でも安心して遊べる芝生広場&水深10cmほどの水遊び小川…

小学生の水遊びに最適の渓流…大人も楽しみる花景観…家族で散策ウォーキング…

本格的なトラウトフィッシング…トイレも無料駐車場も有って安心…

1人で家族で仲間で…春夏秋冬…何度訪れたろう…私のパワースポットです。

松川湖と吊り橋ダム側からの風景ニジマスの写真

私は、困ったとき…何か行き詰ったとき…

大体この静岡県伊東市の奥野ダム松川湖を訪れます。

春に一人で桜を見ながら、サマーベッドで一日読書をしたり…

夏に家族でピクニック&渓流で水遊びをしたり…

秋に家族で湖&周辺&ダムを散策ウォーキングしたり…

冬に一人で本格的にトラウトフィッシング(鱒釣り)をしたり…

あなたには、何かついつい行きたくなる場所ってありませんか?

サラリーマンの方なら隠れ家的な飲み屋さん…

学生さんなら洋服屋さん…ファーストフード店…

そんな感じで、気軽に行けて、人も少なく、一日楽しめる場所です。

私はとても疲れた時は、大体早朝から日暮れまで松川湖で一日トラウトフィッシングをします。

松川湖はボートでの釣りが禁止なのとエサ釣りが禁止です。

なので比較的岸のすぐ近くで大きなニジマスが釣れたりします。

芦ノ湖などと違って、人も少なく…自然の中で湖にたった一人釣りをする…

なんてこともよくあります。

人は、狩人としての本能を持っているといわれています。

イチゴ狩りやブドウ狩りがわくわくして、普段よりたくさんたべられるのも、なんとなくうなずけますね。

何か獲物を獲る…ということは、人間の本能を刺激して、心をわくわくさせる心理が働きます。

加えて、自然の風景、音、肌の感覚で、心に癒しの心理も働きますね。

家族で遊びに出かけても、とてもよく整備されていますし、川の水もきれいで小さな生き物もよく見られて、大きな吊り橋や雄大なダムを見るのも子どもの心の刺激になりますし、私も良い気分転換になります。

人は、花、緑、雪、水、風、波、海、せせらぎ、雨音、小鳥の声…

いろいろな色彩、風景、音、感覚に心を和らげる心理を持ち合わせています。

お薬も大事ですが、人間の本能として持ち合わせている【癒しの心理】を刺激しに、自然の中に出かけるのもいいですね。

メンタル心理そらくもからは、車で1時間30分程度です。

修善寺→伊東へと続く、通称【中伊豆バイパス】付近にあります。

中伊豆ワイナリーさんから車で20分程度です

中伊豆ワイナリーさんと合わせれば一日楽しめるかもしれませんね。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 19時20分--

静岡県伊豆市中伊豆【中伊豆ワイナリー】-ワイン工場&チャペル&ブドウ畑-

静岡県伊豆市中伊豆 中伊豆ワイナリーさんを紹介します。

入場無料でワイン工場&ワインセラー&チャペル&ブドウ畑を散策できます。

結婚式場としても有名で日帰り温泉もあります。

少し離れたところに宿泊施設もあります。

予約をすれば、素晴らしい景色の中でバーベキューを楽しめて、お楽しみはワインとブドウジュースが試飲できますよ(^_^)

無料駐車場あり!

中伊豆ワイナリーの全体イメージワイン倉庫ーの雰囲気
チャペル周辺教会の屋上からの風景

家族で静岡県伊豆市中伊豆の中伊豆ワイナリーさんに行ってきました。

入場料は無料です(^_^)

ワイナリー…つまりワインの製造工場です。

ブドウ畑があって、ワイン工場があって、ワインセラーがあって、お土産屋さんがあって…

ワインの試飲が自由ですので、結構いい気分の方たちがいらっしゃったりしますよ(^_^)

わたしは車の運転がありましたのでブドウジュースを頂きました(^_^)

美味しかったです!

普段あまりジュースを飲まれない方でも【う〜ん】と目を丸くするでしょう。

奥さんはワインを頂いていました…

ブドウ畑を散策してなんか優雅な気分でしたよ。

ブドウ畑のベンチに座って眺める富士山もいい眺めでした。

建物の地下にはワイン工場とワインセラーがありました。

しばらく歩けば子供たちの好奇心をそそるものがたくさんありますね。

【アイス食べたい】【のどかわいた】【おなかすいた】【抱っこして】

そんなとき薄暗いワインセラーへの階段を下りていきます。

するとさっきまでのブーブーがピタッと止まります。

薄暗い→警戒→ブーブー言ってられない…と。。。

勝手にピリッとする心理が働いてくれるわけです(^_^)

心が悶々としているときは、知らないところや初めての場所を訪れて、あえて少しだけ冒険心を刺激すると心がスッキリするのも心のカラクリですね。

今までうまくいっていないのなら、これからうまくいかなそうな感じがするなら、あえて少しだけ今までと何かを変えてみるのも心にはとてもいいことです。

地下のワインセラーには、何十年前?百何十年前?のワインが…

温泉有り、レストランあり、スポーツ施設もあり、宿泊施設ありなので、ゆっくり楽しむのもいいですね。

そして有名な結婚式場でもあります。

チャペルもガラス張りなのでそとから見れますよ。

一日一組しか結婚式を行わないことでも有名です。

なにを隠そう…

私は中伊豆ワイナリーさんで結婚式を挙げたのです。

子どもたちを連れて自分の結婚式場に行って…

結構楽しい一日でした。

最後に、家族で建物最上階の鐘をならして最上階からの富士山を眺めてきました。

三島から見る富士山と違ってまたいいものですね。

1〜3時間のんびり過ごすにはとても良いところですね。

メンタル心理そらくもからは車で1時間程度です。

修善寺→伊東へと続く、通称【中伊豆バイパス】付近にあります。

私はワインはまるで分らないのですが、結構有名なオリジナルワインみたいです。

ドライブイン感覚で寄り道してもいいですね。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 18時43分--

静岡県函南町【酪農王国オラッチェ】-無料で動物と触れ合おう!-

静岡県田方郡函南町の酪農王国オラッチェさんを紹介します。

入場無料で動物と触れ合うことができます。

無料駐車場あり!

オラッシェの全体イメージ富士山と内部のイメージオラッチェの動物たち

家族で、静岡県函南町の酪農王国オラッチェさんに行ってきました。

酪農王国というくらいですから、乳製品の販売所でもあります。

ウシ、ロバ、ヒツジ、ヤギ、ウサギなどの動物に触れ合ってきました。

入場料は無料です。

結構、立派な遊具もありますし、お土産販売所にはいろいろな乳製品が売っています。

ベンチも用意されていますし、レストランもありますので日除け雨除けも大丈夫です。

子供から年配の方まで気軽に立ち寄れるところです。

日光を浴びるだけでセロトニンが増え、心が穏やかになりますね(^_^)

ちなみに手作りバターを作ってきましたよ(^_^)

1〜3時間、のんびり過ごすにはとても良いところですね。

メンタル心理そらくもからは車で20分程度です。

三島→函南町→熱海へと続く、通称【熱函道路】より少し外れた丹那(たんな)盆地にあります。

静岡県東部では学校給食で飲まれている【丹那牛乳】さんの工場&施設です。

動物と触れえるドライブイン感覚で、寄り道してもいいですね。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 17時42分--

静岡県三島市【上岩崎公園】-滝が間近に見える公園-

静岡県三島市の上岩崎公園を紹介します。

入場無料で大場川のほとりを散策…子供は遊具で芝生で…

目前に滝を見ることもでき、バーベキューも可です。

無料駐車場あり!

滝全体のイメージ公園を流れる大場川アスレチックの写真

下の子と静岡県三島市の上岩崎公園に行ってきました。

この日、奥さんと上の子は遠くへ外出です。

家族4人、ときどき離れてみるのもいいことです。

兄弟の下の子は、生まれた時から兄姉というライバルがいます。

ときどき、親の愛情を独占させてあげるのもいいですね。

下の子といろいろ買い物して歩き回り、昼過ぎに静岡県三島市の上岩崎公園を訪れました。

三島市の清流のひとつ大場川のほとりの公園です。

芝生でスポーツを楽しむ人…川のほとりでバーベキューをする人…

遊具で楽しく遊ぶ子供たち…浅い水路で水遊びをする子ども…

大場川のコイにエサをあげる人たち…橋から清流と滝を眺める人たち…

下の子とたくさん遊具で遊んで…滝を見ながら一緒にジュースを飲んで

大場川のコイを探して…水遊びをして…木陰で休憩して…

二人きりでたくさん楽しい時間を過ごしました。

公園内にトイレもベンチもあり、樹木も多く、木陰もあるので夏の水遊びにも最適ですね。

三島駅からも車で10分程度の清流の滝を目前に見られる公園です。

メンタル心理そらくもからは、車で20分程度です。

大人だけでも清流の滝のマイナスイオンを補給に行ってみてもいいですね。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 17時31分--

静岡県三島市【山中城跡】-山城で秀吉の凄さを感じる-

静岡県三島市の山中城跡を紹介します。

入場無料でちょっとした遠足気分の散策ができます。

無料駐車場あり!

山中城本丸跡空堀と説明看板堀切の写真
中腹の池箱根街道の石畳空堀の全体イメージ

家族で静岡県三島市の山中城跡に行ってきました。

小田原城の支城の跡です。

つまり小田原城を守るための出張所のようなお城です。

城と言っても白い壁でそびえたつ建物はありません。

それは天守閣(天主閣)といって、山中城が陥落した後に主流になったもの。

だから城と言っても自然の地形を利用して最低限の建造物を付け足した程度のものなんですが…

山中城は東海道(=箱根街道)を遮断する形で存在します。

東海道(=箱根街道)は箱根の山麓を越えて、小田原→東京と続いていきます。

なので、東海道(=箱根街道)を小田原→東京へと進みたい人は必ず、山中城を超えていかなければならないわけです。

その人が箱根の向こう側の人々(小田原側の人々)に味方する人でしたらすんなり通してもらえます。

でも、箱根の向こう側の人々(小田原側の人々)に敵対する人だったら容赦なく邪魔される(攻撃される)わけです。

そして、豊臣秀吉が箱根の三島側から箱根を超えて小田原まで進もうとしたため、山中城は豊臣秀吉の大軍を迎え撃つ重要な舞台になったのです。

迎え撃つのは、小田原北条氏…豊臣秀吉と敵対していたわけです。

私は小学校の社会の授業で山中城のことを知ったとき、山中城は山の上の城だったのでお堀に水を入れられず、その代わりに簡単な溝(空堀)を掘って急づくろいで対応したためいとも簡単に落城してしまった。

こう認識していました。

でも実は違うんです…

この溝(空堀)は、豊臣秀吉が責めてくる前からもともと山中城にあったし、簡単に越えられる代物ではなかったんです。

自分で山中城を散策してみてわかりました。

結構な急坂です…坂というより…穴…壁です…

戦国時代の兵隊さんは鎧(具足)をつけていました。

その鎧(具足)は数十キロの重さがあったわけで、わたしが子ども二人を抱えて登って行くのと同じ負荷なわけです。

それだけの負荷を抱えて、地滑りしやすい急斜面を登って行くのは相当な体力必要ですし、その上、弓矢や鉄砲で攻撃されるわけですからたまったものではありません。

山中城を守ったのは数百人、豊臣秀吉は数万人と言われています。

そんな数の大きな違いも相まって、私は溝(空堀)がチープなものだ…

だから簡単に山中城は落城してしまった…と完全に先入観により誤解していたわけです。

そもそも東海道(箱根街道)の道幅は2〜3mしかありません。

相手がいかに数万人とは言っても2〜3mの道幅なら横並びに数人しか並べません。

あとの数万人は後ろで順番待ちするわけです。

大軍ゆえに動きづらくなるわけですね。

それでも豊臣秀吉が数時間で山中城を落城させたのは、この戦いのずっと以前から周到な準備をしていたことが大きいと思います。

豊臣秀吉は、映画のぼうの城でも水攻めによって城を無力化するという常識を超えたアイデアを展開していますが、根本的な考えは、戦いは最後の一手に過ぎない、勝敗は準備の段階で決まっているというわけです。

自分で体感して、歴史に対するご認知を修正できてよかったです。

山中城はゆっくり歩いて1〜2時間です。

石畳の旧箱根街道も見ることができます。

頂上まで行けば、雄大な富士山を眺めることができます。

メンタル心理そらくもからは車で20分程度です。

国道1号線の脇にある古城の散策はいかがですか?

©2012-メンタル心理そらくも
-- 17時17分--

静岡県駿東郡清水町【柿田川湧水公園】-真夏でも100%涼しくなれる-

静岡県駿東郡清水町の柿田川湧水公園を紹介します。

入場無料で東洋一の湧水に触れることができます。

有料駐車場あり!

柿田川の印象抜群の透明度古井戸の溜まり

メンタル心理そらくもから車で10分程度のところに静岡県三島市の柿田川湧水公園があります。

とにかく、わきみずが素晴らしいところです!

これは、一度見て触れて損はないところだと思いますよ(^_^)

写真は湧水の1つを撮影したものですが、 水深が3m以上はあるのに、水深がわからないくらいの透明度です。

国道1号線沿いにあるので、東名沼津インターにもほど近く観光客さんが多く訪れるところでもあります。

公園としても、芝生が広がる広場…その広場内に引かれた水遊び用の水路…

2つの大きな湧水群と、きれいな水と空気の中をあるく遊歩道がります。

遊歩道を歩きながら、小規模の湧水を見つけることができます。

芝生が広がる広場から、駐車場に向かう途中に、もうひとつ整備された水遊び場があります。

水がきれいなのは言うまでもありませんが、その冷たさは格別です(^_^)

真夏にどうにも暑い時には、この水遊び場に足をつけただけで体温が急激に下げられるような気がします。

夏の海もいですが、とても暑い時の木陰&清流の冷たさもいいですね。

ざわざわした真夏の雰囲気が、一気にクールダウンするような感覚です。

国道1号線を挟んで反対側には、静岡県東部有数のショッピングモール サントムーン柿田川があります。

大小様々な専門店があります。

洋服…アクセサリ…くつ…などファッション全般

食料品…ゲームセンター…映画館…カフェ…ボウリング場…フードコート…

DIY…キャンプ用品…電化製品…釣り具…本屋…ペットなど

1回りするだけでも、とても目の刺激になりますね。

ウィンドウショッピングは心のモードを切り替えるのにとても良いですね。

お仕事などで昂ぶった気持ちを違う方向へ方向転換してくれます。

ストレス発散とか気分転換とか…なにも方法がない。

という方は、デパート、本屋、レンタルビデオ店などを ひとしきり見て回るだけでも気分が勝手に切り替わるかもしれませんね。

楽しげな…かわいい…不思議な…何だろう…

こんな刺激が心の方向転換に一役買ってくれるかもしれません。

疲れているけど、おもむろに街を歩いてみるのも良いかもしれませんね。

柿田川湧水公園&サントムーン柿田川は、メンタル心理そらくもより車で10分ほどです。

伊豆方面のご旅行&ドライブの途中に立ち寄ってみてはいかがですか?

©2012-メンタル心理そらくも
-- 17時01分--

静岡県三島市【楽寿園】-子供とゆる~く遊ぶということ-

静岡県三島市の楽寿園さんを紹介します。

お子様向けには、適度な乗り物…動物…

大人の方には、自然豊かな湧水の森の散策ができます。

入場&駐車場は有料です。

白滝公園の写真小さな機関車楽寿園のポニー
レトロな乗り物楽寿園のワラビーカビパラの入浴

私が子どものころからあるとても伝統ある公園です。

公園なのかな?動物も見れて…乗り物もあって…

でも、遊園地と呼ぶにはちょっとね…

でも、そんな感じが小さな子供にはちょうどいいですね。

ちょっとした乗り物でも、楽寿園に来るとなんだかとても楽しげです。

高価な遊園地もいいですが、レトロな感じのゆるい楽寿園も大好きです。

しぶい食堂もとても魅力的ですね。

自分の姿が痩せたり…太ったり…背が伸びたり見える鏡やSLが展示されていて中に入れたりもします。

少し前に、静岡県三島市で【噛みつきザル】がニュースになったのを覚えていませんか?

その後に保護された【噛みつきザル】は【ラッキー】と名付けられ、ここ楽寿園の人気者になりました。

ワラビー…鳥…カビパラ…アライグマ…テナガザル…リスザル…

ウサギ…オウム…リスザル…ヤギ…カメ…などと触れ合えます。

そうそう、ポニーもいて、子どもなら無料で乗せてくれますよ。

5歳以上なら乗れたかな?

公園としても景観の素晴らしいところです。

公園内に溶岩石が多くみられます。

岩の表面がぽつぽつ穴が開いている岩ですね。

数百年前の富士山の噴火の爪痕です。

そのおかげで湧水も湧いています。

三島駅のすぐそばにある…レトロな遊園地…とプチ動物園…と素晴らしい自然公園が融合した静岡県三島市楽寿園です。

静岡県三島市出身の私はとても大好きなところです。

メンタル心理そらくもからは、車で10分程度です。

三島駅周辺にお越しの際は、源兵衛川と合わせて散策してみてもいいですね。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 16時47分--