どうしたいか?を満たすために、どうすればいいか?があるんじゃない?

アドバイスを求める時、「私はどうすればいいか?」って尋ねたくなりますね。
 
私もよく皆さんから「私はどうすればいいか?」って尋ねられますが、そのときだいたい「Aさんはどうしたいのかな?」って聞きかえします。
 
なぜなら「どうしたいか?」がわからなければ、「どうすればいいか?」も見えてこないからです。
 
「どうすればいいか?」は、あくまで「どうしたいか?」を満たすアイデアでしかないからですね。
 
料理に例えたら、「どうしたいか?」という気持ちが材料で、「どうすればいいか?」というアイデアが調理方法なんですね。
 
なので、「どうしたいか?」=気持ち=感情=本能=欲求=がわかると「どうすればいいか?」も見えやすくなりますね。
 
「お腹すいた!どうすればいい?」⇒お腹すいているんだね。ご飯を食べればいいね。
 
「疲れた!どうすればいい?」⇒疲れているんだね。少し休むのもいいね。
 
こんなふうに「自分がどうしたいか?」=気持ちを見えてくると、「どうすればいいか?」というアイデアやアドバイスも浮かんできやすくなりますね。
 
ついつい恥ずかしがって「どうする?どうする?」って、自分の気持ちが言いだしづらくもあるけど、「私はこうしたい!」って自分の気持ちを言ってみれば、それだけ話もスムーズになるでしょうね。
 
なので、私は相手に「あなたはどうする?」って聞きたいとき、「あなたはどうしたい?」って言い換えて聞いたりもします。
 
そうすると、相手の方も「私はこうしたい」って多少は言いやすくなりますね。
 
「こうしたい!」という気持ちがあって、つぎに「どうすればいいか?」って言う考えが初めて動き出すのでしょうね。
 
なので、やっぱり充実した日々を送るのには、「どうしたいか?」を表現していく=感情を開示してみることがスタートボタンなんですね。
 
でも、心に「こうしたい!」って感じたとき、過去の辛い体験がもとで、「こうしたいって言わないほうがいいかも?」「でも何か言わなきゃ!」って不安や焦りを同時に感じてしまう方もいらっしゃるでしょうね。
 
そういった苦しい心理をお持ちの方は、「何もできない」「何も言えない」「どうしたりいかわからない」ってよく教えてくれますね。
 
でも、もしかしたら…
 
「何もできないという状況」の中には「静かにしていたい!」という気持ちが隠されているんじゃないかな?
 
もしそうだったら「今までは何もできないように思えていたけど、もしかしたら自分は静かにしていたいのかもしれない」って言葉にしてみるのも素敵ですね。
 
「何も言えないという状況」の中には「何も言わないでいたい!」って気持ちが隠されているんじゃないかな?
 
もしそうだったら、「何も言えないように思えていたけど、もしかしたら自分は何も言わないでいたいのかもしれない」って言葉にしてみるのも素敵ですね。
 
少し心に注目してあげれば、必ずプラスの気持ちが隠されているだろうなと私は思っています。
 
言いにくかったら「黙るという表現」も素敵ですが、「言いにくい」って気持ちを言葉で表現できるともっと素敵ですね。
 
言えないくらい苦しかったら「うつむくという表現」も素敵ですが、「苦しいくらい言いにくい」って気持ちを言葉で表現できると、もっと素敵ですね。
 
そうすることも嫌だったら「そうすることも嫌だ」って気持ちを言葉で表現できるともっと素敵ですね。
 
そうしてみるたびに、いろいろなスタートボタンを押すことができて、いろいろな新しい展開が動き出すかもしれないね。
 
そして、心の中の「どうしたいか?」を見つけてから、それを満たすために「どうすればいいか?」って捉えてみると、案外色々スムーズになっていくかもしれませんね。

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2015年12月26日 | カテゴリー : コミュニケーション向上 | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 17時56分--