インナーチャイルドからのメッセージ:親は私を愛してくれていた。でも愛情の届け方がわからなくて私に届けられなかったのかも。

お母さんは私を愛していなかった。。。

私はお母さんに愛されていなかった。。。

ずっと私はそう思い込んていたのかもしれない。。。

確かに寂しかったし苦しかったし辛かったし

そんな自分が情けなく思えていた。。。

そんな情けない自分が嫌いだった。。。

でも本当は。。。

お母さんは私を愛していたのだけれど、私への愛情の届け方がわからなかったのかもしれない。。。

そしておばあちゃんもお母さんへの愛情の届け方がわからなかったのかもしれない。。。

だからおばあちゃんはお母さんへの愛情の届け方がわからなくて。。。

だからお母さんは私への愛情の届け方がわからなくて。。。

だから私もお母さんや恋人や夫や友人やこどもへの愛情の届け方がわからなかったのかも。。。

おばあちゃんはお母さんを愛していたのだけれど、愛情の届け方がわからなくて、悔しくて苦しかったのかもしれない。。

お母さんは私を愛していたのだけれど、愛情の届け方がわからなかくて、悔しくて苦しかったのかもしれない。。。

お母さんは私への愛情をたくさん届けたかったのだけれど、届け方を教えてもらえていなくて、届け方がわからなくて、愛情を届けようとすればするほど、私への愛情が心に渋滞してしまって苦しくて悔しくて、いつもイライラして怒っていたのかもしれない。。。

そして、私もたくさん愛情を持っていたのだけれど、子どもへの愛情の届け方がわからなかくて、悔しくて苦しくてもどかしくて、子どもにイライラ当たってしまっていたのかもしれない。。。

あるクライアントさまと、インナーチャイルドセラピーにて共有させて頂いた過去への新しい解釈です。

過去の出来事は変えられませんが、過去の出来事の印象は何度ても変えられる。

あなたも過去の印象を軽く心地よい方向に捉えなおしてみませんか?

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。