ネガティブ感情はマイナスだ!って言う大きな誤算

最近ネガティブって言葉をよく耳にしますね。
 
私がネガティブだからいけないんです。
 
ネガティブな考えばかりしているからうまく行かないんです。
 
最近、あたかも、ネガティブな感情を感じていること自体がマイナスだって大きな誤算をしてしまっている方と接する機会が多かったりします。
 
もしそうだとしたら、その方は、ますます苦しくなってしまうでしょうね。
 
だって、自分がどんな感情を感じるか?なんて選べないので、ネガティブな感情を感じてしまうこと自体に一喜一憂することになって、とても疲れてしまうでしょうから。。。
 
ネガティブな感情を感じていること自体がマイナスだってことにしていると、自分で作ったマイナスに自分が不安を感じて不安を膨らます。ってことになってしまうかもしれませんね。
 
ただでさえ不安を感じて苦しんでいるあなたなのに。。。
 
不安を感じているあなたにたいして、一番近くにいるあなたまでもが不安を上乗せすることになってしまって、あなたの不安はますます膨らんでしまうかもしれませんね。
 
イライラを感じているあなたにたいして、一番近くにいるあなたまでもがイライラを上乗せすることになってしまって、あなたのイライラはますます膨らんでしまうかもしれませんね。
 
それじゃ、ただでさえ苦しい自分にたいして、自分までもが苦しさを上乗せしてしてしまうわけですね。
 
そして、だいたい苦しさを感じている自分自体がいけない!ってことになってしまって、グルグルと遭難してしまうのかもしれません。
 
さて、ネガティブ感情って本当にマイナスなのかな?
 
不安はマイナスなのか?と問われたら、私ならこうお応えますね。
 
不安を感じていることは嫌だけど、不安の役割そのものはプラスだね。
 
つまり、私であっても不安を感じている最中は嫌なものです。
 
とはいえ、不安という役割があるからこそプラスもあるんですよね。
 
では、不安という役割があるからこそのプラスってなんですか?ってことになりますが。。。。
 
例えば、不安を感じることがゼロだったら、交通事故は頻発するし、オレオレ詐欺にもかかりまくってしまうし、そもそも身の危険をキャッチするセンサーがないことになりますので、いつまで命が持つのだろうか?ってことになって、それこそ不安を感じ続けることになりますね。
 
不安の役割とは、身の安全を守るためのサインなので、不安=大切な役割をゼロにしようとか、不安=大切な役割を消そうとすること自体が、かえって不安を膨らませてしまうわけですね。
 
つまり不安の役割とは、【今以上にマイナスを増やさない】というプラスなんですよね。
 
家計に例えれば、支出を減らすことでも、収入を増やすことも、収支に影響を与えることができますね。
 
そう考えると、支出を減らす=【今以上にマイナスを増やさない】というプラスより、収入を増やす=【今以上にプラスを増やす】というプラスのほうがわかりやすいので、ついつい、もっと!もっと!って前のめりに追い求めてしまい、はからずもかえって苦しくなってしまうのかもしれませんね。
 
たしかに、不安を感じている最中は嫌な感覚だけど、不安という役割そのものは必要なわけですので、不安という役割をゼロにすることを目指したり、不安という役割を消そうとすることを目指し続けると、残念ながらあり得ないゴールを目指すことになって、はからずもグルグルと遭難してしまうのかもしれません。
 
良薬は口に苦しということわざがありますが、苦いという感覚を感じている最中は私も嫌な感覚ですが、苦いという感覚によって生まれる良薬の役割はプラスなんですよね。
 
嫌な感覚だからと言って、自分にとってマイナスなわけではない。ということですね。
 
とはいえ、とても大きな不安をこれから我慢し続けてください。というわけではないのでご安心くださいね(^-^)
 
もし、今、あなたがとても大きな不安を感じているのだとしましたら、とても嫌な感覚だろうなと私も思います。
 
そして、今、あなたが感じているとても大きな不安の大きさが「100」だとしたら、「100」の不安を永遠に感じ続けるんじゃないか?って新たな不安が生まれてきてくれることも自然なことだと私は思います。
 
では、メンタル心理そらくも的には、どうしていくのですか?という問いにお応えさせて頂くと。。。。
 
今、あなたが感じているとても大きな不安の大きさが「100」だとしたら、「100」⇒「1」を目指していくのがメンタル心理そらくものカウンセリング&セラピーってことになりますね。
 
はっ?ん?って感じましたか?
 
つまり、必要な感情=不安を「0」ゼロにしようとすると、必要なものを「0」ゼロにはできないので、かえって「100」⇒「200」⇒「300」と膨らんでしまうわけですね。
 
あなたが不安を消そうとすればするほど、不安を消されては生きていけない!という不安が同時に生まれてくれて、こころが生きるかどうかの戦争みたいになって、かえって「100」⇒「200」⇒「300」と不安が膨らんでしまうわけですね。
 
でも、あなたが不安を和らげようとすれば、不安は必要だと認めてあげることができるので、「100」⇒「50」⇒「10」⇒「1」と和らげてあげることが叶っていくわけですね。
 
もともと「100」あった不安が「1」に和らぐということは、あなたにとっては、不安は嫌だけどまぁいいか。となるわけですね。
 
感情はそのそも必要なので、それを「0」ゼロにしようとすると延々にグルグル遭難してしまう。。。。
 
感情はそもそも必要なので、存在は認めたうえで、「100⇒1」=どうでもいいレベルまで和らげて行く。。。。
 
存在を認めてあげなければ、なにをどうこうすることすら始められませんね。
 
存在を認めてあげるからこそ、次のステップとして和らげることを始められるのですよね。
 
戦争やテロがそうであるように、相手の存在を否定しようとすればするほど、かえって不安を和らげることすら始めなれらくて、はからずもグルグルと遭難してしまうのかもしれませんね。
 
あなたが嫌だと感じる感情があるのでしたら、その感情の存在は保証してあげたうえで、どうでもいいというレベルまで和らげてあげていく。。。
 
嫌な感情をやっつけるとか取り除くとか消し去るというより、嫌な感情に敬意を払った上で、どうでもいいというレベルまで和らいでいってもらう。。。
 
メンタル心理そらくもは、そんな平和的なカウンセリング&セラピーをお届けしているわけですね。

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。