うつ(鬱病)をスマホに例えてみよう。

この記事は、とてもわかりづらい『うつ(鬱病)という心の働き』を身近なスマートホンに例えて面白おかしくわかりやすい表現にした記事です。

 

わかりづらいものはウツウツになる。

うつという心の個性はわかりづらいですね。

なぜなら、それは目に見えないからですね。

目に見えない&わかりづらい心の働きを、見える化&わかる化していく工夫を心理学といいます。

うつという心の個性に対して、目に見えない&わかりづらい。。。だからとりあえずこうしていればいい。。。こうしていればいつかよくなるはずだ。。。でもやっぱりダメだった。。。でもしょうがない。。。だからとりあえずこうしていればいい。。。こうしていればいつかよくなるはずだ。。。という思考をグルグルと繰り返すのもひとつのアイデアなのかもしれません。

それに比して、うつという心の個性に対して目に見えない&わかりづらいと感じているのなら、いろいろ工夫して見える化&わかる化してから確実に対応を考えていこう。という思考を心理療法と言います。

なので、今回は目に見えない&わかりづらいうつという心の個性を、例え話=メタファーという心理学を利用し工夫してわかる化してみましょう。

 

うつとは、勝手に動くスマホのアプリのようなもの。

私は、毎日スマートホンを使っています。

この記事を読んでくださっている中にもスマートホンを使っている方が多いのかもしれませんね。

さて、私はスマートホンを使っていると、突然、動きが重くなったり遅くなったり止まってしまたりして困ってしまうことがあります。

なぜそんなことが起きてしまうのか?というと、それは目に見えないところで自動的に動いているアプリがたくさんあるからなんですね。

すでにスマホにダウンロードしているアプリを勝手にアップデートしてしまったり、なにかを自動的に探し続けてしまったり、私の意思と関係なく、グルグル&ガリガリとたくさんのアプリが勝手に動き出してしまいます。

そうすると、クライアントさんにメールを送ろうとしているのに、なんだか操作が重くなったり遅くなったりしてしまいます。

でも、スマホのなかで勝手にアプリが動いているなんて私は気づきようもないので、気づかないままに操作を続けていると、突然、スマホが固まってしまって、せっかくのメールの文章が台無しになってしまったりします。

このようにスマートホンは、自分の意思とは関係ない見えないところ=バックグラウンドで自動的にグルグル&ガリガリと勝手に動いているアプリがあると、人知れず大きな負荷が掛かってしまって、今しようとしていることができなくなったりします。

これと同じように人の心も、自分の意思とは関係ない見えないとことろ=無意識に自動的にグルグル&ガリガリと動いている心の働きがあると、人知れず心に大きな負荷が掛かってしまって、今しようとしていることができなくなったりします。

 

電池不足は故障じゃない。やる気不足も病気じゃない。

このときの自分の意思とは関係ない見えないところ=無意識に自動的にグルグル&ガリガリと動いている心の働きの総称を、うつというのだろうなと私は思っています。

人知れず勝手にとても不安を感じてしまったり、人知れず勝手にとても焦りを感じてしまったり、人知れず勝手にとてもイライラを感じてしまったり。。。。

そのほか、もろもろのいろいろな心の働きが、自分の意思とは関係なく無意識に自動的にグルグル&ガリガリと動いてしまって、人知れず心に大きな負荷が掛かってしまって、今しようとしていることができなくなったりします。

例えばスマートホンも、自動的にグルグル&ガリガリと勝手に動いているアプリがたくさんあると、自分でもわけのわからないままに、電池の容量がぐんぐん減ってしまってびっくりしますね。

それと同じように人の心も、自動的にグルグル&ガリガリと勝手に動いている心の働き=自己否定や強迫観念や確認衝動や依存衝動や不安や焦りといった心理がたくさん動いていると、心的エネルギー=やる気がぐんぐん減ってしまい、自分でもわけのわからないままに無気力になってしまってびっくりしますね。

例えば私のスマートホンも、自分でもわけのわからないままに電池の容量がぐんぐん減ってしまって肝心のときに操作できなければ、このスマートホンは壊れたんじゃないか?このスマートホンはおかしんじゃないか?このスマートホンはダメなんじゃないか?って、私はスマートホンに腹を立て買い替えたくなりますね。

それと同じように私の心も、自分でもわけのわからないままに心的エネルギー=やる気がぐんぐん減ってしまって無気力になってしまい、肝心なときに活動できなければ、心が壊れたんじゃないか?自分はおかしんじゃないか?自分はダメな人間なんじゃないか?って、私は私に腹を立て自分を責めたくなりますね。

 

やる気を充電しやすくしてから充電する。

さて、電池の容量が減りやすい理由を誰かに教えてもらえていれば、私だって自然といろいろ工夫をしているのですが、自動的にグルグル&ガリガリと勝手に動いているアプリがたくさんあるから電池の容量がぐんぐん減ってしまっているっていう理由を知らないままでは、スマホに意地悪されているように感じて、私だってスマホが嫌いになりますね。

それと同じように、やる気が減りやすい理由を誰かに教えてもらえていれば、私だって自然といろいろ工夫をしているのですが、自動的にグルグル&ガリガリと勝手に動いている心の働きがたくさんあるから心的エネルギー=やる気がぐんぐん減ってしまい無気力になってしまっているっていう理由を知らないままでは、私は私に意地悪をされているように感じて、私だって私を嫌いになりますね。

さらに、私のスマホの設定が、グルグル&ガリガリとアプリが勝手に動いてしまう今まで通りの設定のままだと、いくら充電してもすぐに電池が減ってしまって、且つそれを繰り返せば、なんで?どうして?どうすればいんだ?って、私はさらにスマホがわからなくなってしまいます。

それと同じように、私の心の設定が、グルグル&ガリガリとうつという心の個性が勝手に動いてしまう今まで通りの設定のままだと、いくら休んでもすぐにやる気が減ってすぐに無気力がなってしまって、且つそれを繰り返せば、なんで?どうして?どうすればいんだ?って、私はさらに私自身のことがわからなくなってしまいます。

でも、勇気を出して携帯ショップに行って、グルグル&ガリガリとアプリが勝手に動いてしまう今までのスマホの設定を、携帯ショップのお姉さんと一緒に、わたし仕様に最適化すれば、今までより充電が長持ちするようになったり、今までより快適に操作できるようになったり、今までより燃費よくスマホを使って行けるようになって、スマホを労わり充電してあげたくなったり、スマホをもっと使ってあげたくなったり、スマホと心地良く過ごしていけますね。

もし、あなたがこの記事のような心の模様を感じて下さっていて、これからは今より心地よく過ごせるようになっていきたいと願いを感じておられるのなら。。。

私が勇気を出して携帯ショップを訪れたように、これからメンタル心理そらくもを訪れて、グルグル&ガリガリと、うつという心の個性が勝手に動き続けてしまう心の設定を、寺井さんと一緒に、あなたに心地よい仕様に最適化すれば、今までよりやる気が長持ちするようになったり、今までより快適に活動できるようになったり、今までより燃費よく生活して行けるようになって、あなたがあなたを労わってあげたくなったり、あなたはあなたにいろいろな体験をさせてあげたくなったり、あなたがより心地良く過ごせるようになっていくかもしれませんね。

そんな心のわからないことを見える化&わかる化して、あなたの心のコンディションを、あなたと一緒に整えていくことが、私にとってのなによりの喜びです(^-^)

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2016年7月29日 | カテゴリー : うつ(鬱病)いろいろ | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 21時11分--