こどもと私:娘のアドバイス(^-^)

お家のリビングに家族の予定を書いているカレンダーがあります。そのカレンダーに私のお仕事の予定も書いてあるのですが、今年の1月はいろいろと事情がかさねって、例年よりもお客さまの来訪が少なめになっています。

そんな、例年よりお客さまが少なめ、という今年の1月の状況を娘は敏感にキャッチしたようです。

娘がアドバイスしているイラスト

そして今朝、私が起床してリビングに降りていくと娘が私にこう言いました。
「父ちゃん、お客さんが少ないね!」
「心配なら恵方巻きでお願いするといいよ!」

起床間もないこともあり、わたしは少しキョトンとしましたが。。。
「そうだね。。アドバイスしてくれてありがとう。。」
と、娘に感謝を返しました。

思えば、初詣というのは神さまになにかをお願いをする機会ではなく、今までの無事を神さまに感謝する機会なんですよね。
もしお願いするのであれば、絵馬や祈祷といった礼儀と段取りが必要になったりますね。

それと同じように、次に来る節分も無条件でお願いができるわけではなくて、【夜、その年の恵方に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら恵方巻きを丸かじりする。】というミッションをこなして始めてお願いごとができることになりますね。

ですが、私が恵方巻きを食べながらお願いをしている間、おそらく私は娘たちにからかわれたり邪魔されてしまって、結局は、恵方巻きミッションを達成できないような気もしています(^-^)

ありがたい娘のアドバイスを実行しようとする私は娘に邪魔される。。。そんな感じかもしれませんね(-.-)

ともあれ、娘なりにいろいろと感じて娘なりにいろいろとしようとしてくれている気持ちが、私はとても嬉しかったです(^-^)

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2017年1月31日 | カテゴリー : こどもと私 | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 11時27分--