イライラする原因は自律神経の働き

イライラする原因は自律神経と深い関わりがあります。

イライラの原因を探しているイラスト

 

イライラする原因には自律神経が大きく関わっています。

自律神経は、交感神経と副交感神経にわかれ、それぞれ緊張活動モードとリラックス休息モードにわかれています。

交感神経と副交感神経は自動的に切り替わっており、イライラする原因と密接に関係しています。

 

この記事は、イライラする原因やイライラを感じる意味や心のしくみについて説明していきます。

 

イライラする原因=人の心にはふたつのモードがある。

例えばお仕事も、出勤日とお休みとがあるかと思います。

それと同じように、人の心にも、「緊張活動モード」と「リラックス休息モード」の二つのモードがあります。

 

交感神経と副交感神経のふたつのモードを説明しているイラスト

 

この二つのモードは、自分が置かれている状況に応じて自動的に切り替わっています。

そして、医学や脳科学では、この二つのモードを「交感神経」と「副交感神経」と呼びます。

 

イライラする原因には自律神経が大きく関わっています。

さて、先ほどご説明差し上げた、「交感神経」と「副交感神経」をまとめて「自律神経」と言います。

 

交感神経は、「活動している、緊張している、周囲に注意を振り向けている…」等といった状況で働きます。

副交感神経は、「心身を回復している、集中している、リラックスしている…」等といった状況で働きます。

 

なので、交感神経で過ごしている時は「緊張活動モード」と言えますし、

副交感神経で過ごしている時は「リラックス休息モード」と言えます。

 

このように、自律神経は、周囲の状況に応じて交感神経と副交感神経を自動的に切り替えています。

 

心理学的には、理性と感情、もしくは、意識と無意識などとも言います。

人の心はふたつあり状況に応じて自動的に切り替わっているとも言えます。

 

自律神経失調症の症状を説明しているイラスト

 

そして、不安とイライラは密接に関わっており、なんらかの原因で、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかず、交感神経が敏感になりすぎてしまい、不安やイライラを必要以上に感じすぎてしまう症状を、自律神経失調症とも言います。

 

イライラする原因=副交感神経から交感神経に切り替わったとき

例えば、部屋で静かにすごしている時は、副交感神経(リラックス休息モード)で過ごしています。

そして、部屋で静かに過ごしていたところ、部屋の外からうるさい音が聞こえてきたとします。

 

このとき、部屋で静かにすごしている時間を邪魔されたことになってイライラを感じるでしょう。

 

イライラは警戒を示す不快感であることを説明しているイラスト

 

このように、「うるさい音が聞こえた!」という状況の変化をキャッチすると、自律神経は、副交感神経(リラックス休息モード)から交感神経(緊張活動モード)へと自動的に切り替えます。

 

そして、交感神経(緊張活動モード)へと切り替わったサインとして不安やイライラを感じ始めストレスとなります。

 

よって、イライラは病気ではありません。

周囲への警戒のサインでとても自然な感情です。

 

不安やイライラを感じ始めたことで、周囲の状況を安全確認し、ストレスを軽減して安心したくなり、部屋の外に出るなどの確認活動が始まります。

 

このとき、

 

物音が気になってストレスに感じたり。

ちょっとしたことでイライラを感じたり。

人の声がとても怖く感じたり。

人の発言にすごくイライラを感じたり。

窓の鍵を閉めても安心しづらかったり。

小さな失敗にすごくイライラを感じたり。

 

頭では大したことはないとわかっているのに、心に不安やイライラが募りストレスに感じてしまう場合があります。

 

安心できない状態を説明しているイラスト

 

この状態は、自分が置かれている状況は十分に安心安全なはずなのに、なんらかの原因で交感神経(緊張活動モード)が活発に働きすぎてしまい、心に警戒態勢が続いてしまっている状態=ストレスフルな状態。と言えるわけです。

 

イライラは心のエネルギーを消耗します!

パソコンやスマートホンにもスクリーンセーバーや節電モードなどがあります。

 

操作をしている時には画面が明るく表示されますが、一定時間操作をしていないと自動的に画面を暗くしてくれます。

これは、操作をしていない時間まで画面が明るいと電池の消費が早くなってしまうので、電池を自動的に温存してくれる機能です。

 

人の心にもエネルギーがあり、イライラは周囲を敏感に警戒するぶん、心のエネルギーの消耗が激しいわけです。

なので、四六時中イライラを感じ続けてしまうと、心のエネルギーを大きく消耗してしまい、心のエネルギー不足により、日常の活動そのものが停滞しがちになってしまいます。

 

うつ病などのやる気が出ない心理状態がこれにあたります。

 

うつ病やパニック障害などのストレス反応を説明しているイラスト

 

なので、自律神経は「交感神経」と「副交感神経」を自動的に切り替えることによって心のエネルギーを温存しようとしているわけです。

 

そして、「交感神経」と「副交感神経」の切り替えがうまくいかない症状のことを「自律神経失調症」と言います。

 

また、「交感神経」が活発に働きすぎてしまうことで引き起こされる心の不調を、うつ病やパニック障害や不安神経症…などと言います。

 

イライラは決して悪くない。

けれど、必要以上にイライラを感じすぎてしまうと、心のエネルギー=やる気を消耗してしまい、結果、やる気不足=無気力な状態となってしまいます。

 

イライラと無気力の関連記事

無気力な状態を説明している女性のイラスト

 

だからといって、自分からイライラしようと思ってイライラを感じているわけでもなく、人は無意識にイライラを感じてしまうわけです。

 

そして、イライラする原因を整えて、イライラを感じすぎないように落ち着かせていく工夫のことを心理療法と言い、実際にイライラを解消する方法のこと心理カウンセリング&心理セラピーと呼びます。

 

心理カウンセリング&セラピーでホッと落ち着いたイメージを説明しているイラスト

 

目次へ戻る

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2017年9月3日 | カテゴリー : 心理のコトいろいろ | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 16時10分--