うつ(鬱病)の目的って何だろう?隠れた好意を見つけよう!

人間には、本来自然な成長能力がある。

カール・ロジャースの言葉です。

人間は、本来勝手に幸せに向かっていくはず。

でもなぜ?うつ(鬱病)は、私の邪魔をするのか?私は、自分の心を分析し、心の誤解に気づきました。

それは、うつ(鬱病)は“私を邪魔をしている”のではなく“私を守ろうとしてくれている”ということでした。

心理療法で自分の心を分析する。うつ(鬱病)の目的を探る。

私は、心の負担に苦しむ方々の真の協力者を目指しています。

心理学を学んで、ある著書のある言葉に感銘を受けました。

それは、精神分析家ベッテルハイムの「フロイトと人間の魂」という著書にあります。

“精神分析の一番の根本は自分を知るということ。自分を分析して知ること。”

“自分のことは放っておいて、人の分析ばかりをしているのは、おかしい。”

私は、心理学と心理療法を学ぶにあたり、理論だけに頼ることはしない。

自分の心を分析して、自分の心で理論を確かめ納得しようと決めました。

自分の心で確かめ納得した理論だけを、世の中に役立てようと決めました。

そして、うつ(鬱病)を患う自分の心を分析して、うつ(鬱病)の目的を探りました。

うつ(鬱病)の目的とは?それは、生命力の回復に専念させることでした。

動物は、生命に関わる傷を負ったとき、傷が癒えるまで、ただじっとしています。

何もしようとせず、深い眠りにも落ちず、食事も取らず、静かに回復に専念します。

それは、まるで何かに強く命令されているかのようです。

きっと、生命力の回復に専念せよと、何かが強く訴えてるからではないでしょうか。

私は、うつ(鬱病)の症状に襲われるたび、“きっとこの苦しい症状にも、何か役割があるんじゃないか?”

そんな視点で、うつ(鬱病)の症状を分析しました。

そして、自分の心に、まず生命力の回復に専念させようとする意図を感じました。

心理療法を用いて、うつ(鬱病)の症状を分析したレポートを公開しています。

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2015年12月20日 | カテゴリー : うつ(鬱病)いろいろ | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 14時39分--