静岡県三島市【山中城跡】-山城で秀吉の凄さを感じる-

静岡県三島市の山中城跡を紹介します。

入場無料でちょっとした遠足気分の散策ができます。

無料駐車場あり!

 

山中城本丸跡空堀と説明看板堀切の写真
中腹の池箱根街道の石畳空堀の全体イメージ

広告


戦国時代が終わった場所=山中城を散策

家族で静岡県三島市の山中城跡に行ってきました。

小田原城の支城の跡です。

つまり小田原城を守るための出張所のようなお城です。

 

城と言っても白い壁でそびえたつ建物はありません。

それは天守閣(天主閣)といって、山中城が陥落した後に主流になったもの。

だから城と言っても自然の地形を利用して最低限の建造物を付け足した程度のものなんですが…

 

山中城は東海道(=箱根街道)を遮断する形で存在します。

東海道(=箱根街道)は箱根の山麓を越えて、小田原→東京と続いていきます。

なので、東海道(=箱根街道)を小田原→東京へと進みたい人は必ず、山中城を超えていかなければならないわけです。

その人が箱根の向こう側の人々(小田原側の人々)に味方する人でしたらすんなり通してもらえます。

でも、箱根の向こう側の人々(小田原側の人々)に敵対する人だったら容赦なく邪魔される(攻撃される)わけです。

そして、豊臣秀吉が箱根の三島側から箱根を超えて小田原まで進もうとしたため、山中城は豊臣秀吉の大軍を迎え撃つ重要な舞台になったのです。

 

迎え撃つのは、小田原北条氏…豊臣秀吉と敵対していたわけです。

私は小学校の社会の授業で山中城のことを知ったとき、山中城は山の上の城だったのでお堀に水を入れられず、その代わりに簡単な溝(空堀)を掘って急づくろいで対応したためいとも簡単に落城してしまった。

こう認識していました。

でも実は違うんです…

この溝(空堀)は、豊臣秀吉が責めてくる前からもともと山中城にあったし、簡単に越えられる代物ではなかったんです。

 

百聞は一見にしかず

自分で山中城を散策してみてわかりました。

結構な急坂です…坂というより…穴…壁です…

戦国時代の兵隊さんは鎧(具足)をつけていました。

その鎧(具足)は数十キロの重さがあったわけで、わたしが子ども二人を抱えて登って行くのと同じ負荷なわけです。

それだけの負荷を抱えて、地滑りしやすい急斜面を登って行くのは相当な体力必要ですし、その上、弓矢や鉄砲で攻撃されるわけですからたまったものではありません。

 

山中城を守ったのは数百人、豊臣秀吉は数万人と言われています。

そんな数の大きな違いも相まって、私は溝(空堀)がチープなものだ…

だから簡単に山中城は落城してしまった…と完全に先入観により誤解していたわけです。

 

そもそも東海道(箱根街道)の道幅は2〜3mしかありません。

相手がいかに数万人とは言っても2〜3mの道幅なら横並びに数人しか並べません。

あとの数万人は後ろで順番待ちするわけです。

大軍ゆえに動きづらくなるわけですね。

それでも豊臣秀吉が数時間で山中城を落城させたのは、この戦いのずっと以前から周到な準備をしていたことが大きいと思います。

 

まとめ

豊臣秀吉は、映画のぼうの城でも水攻めによって城を無力化するという常識を超えたアイデアを展開していますが、根本的な考えは、戦いは最後の一手に過ぎない、勝敗は準備の段階で決まっているというわけです。

自分で体感して、歴史に対する誤認知を修正できてよかったです。

山中城はゆっくり歩いて1〜2時間です。

石畳の旧箱根街道も見ることができます。

頂上まで行けば、雄大な富士山を眺めることができます。

 

メンタル心理そらくもからは車で20分程度です。

国道1号線の脇にある古城の散策はいかがですか?

 

広告


この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。