“うつ”は必ず治るが自分で治す!お医者様は頼れるサポート!

うつ(鬱病)を克服するということは、うつ(鬱病)を消し去るのではなく浄化するということでした。

火事に例えると、水で消火するのではなく自然に燃え尽きるのを待つということでした。

そして、早く燃え尽きる方法を教えてくれるのが心理療法です。

うつ(鬱病)患者時代に感じた【不満】が私を救った。

私はうつ(鬱病)患者として怯えながらうつ(鬱病)治療をしている時、お医者様がうつ(鬱病)治してくれると思い込んでいました。

とはいえ、いろいろな不満も抱いていました。

ですが、結局頼らざるを得ないのが現実でした。

でも診察に行って聞いてくれるのは、“どうですか?変わりありませんか?またお薬出しておきますね。”

こんなコメントばかりでした。

診察は5分程度です。

その後、あることがきっかけでお医者様に失望してしまいました。

そして、もうたくさんだ、自分でうつ(鬱病)を克服しよう!と決意しました。

私はよくうつ(鬱病)は“薬で治るのか?”を質問されます。

答えはYESとNO両方だと思います。

大事なのは、“薬を飲みながら、どのように感じて過ごすか?”が重要です。

また、感じ方過ごし方によっては薬は重要じゃないかもしれません。

でも、ほとんどの方がうつ(鬱病)治療の最初に病院を訪れるでしょう。

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2015年12月22日 | カテゴリー : うつ(鬱病)いろいろ | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 11時34分--