うつ病のサイン|異変に気づいて!

2018年1月4日

うつ病のサインに気づくためのポイントを解説しています。

ため息をつく女性と心配している女性のイラスト

 

うつ病のサインは、大きく分けて、「気分」「行動」「身体」の三つに現れます。

日常、自然に感じる症状と同じものもありますので、家族や職場など周囲の人も自分自身も、なかなか気づきにくいものです。

この記事は、うつ病のサイン=うつ病の症状に気づくためのポイントを、うつ病アドバイザー寺井啓二解説しています。

引用:うつ病アドバイザー資格 | 日本能力開発推進協会 (JADP)

広告

うつ病のサイン=うつ病の主な症状

うつ病のサイン=うつ病の症状は、人であれば、病気でなくても誰でも感じる症状です。

ただ、職場や家族での人間関係でストレスが増大すると、以下の症状が敏感になったり、大きくなって現れます。

まずは、うつ病のサイン=うつ病の主な症状を再確認しましょう。

 

気分に現れるうつ病のサイン

億劫感、面倒くさい、無気力、やる気が出ない、憂うつ感、考えられない、集中できない、自己嫌悪、自分を責める、イライラする、不安が止まらない、人と関わりが負担、孤独感、大きな悲しみ、気分が沈む、楽しめない、絶望感、強い焦り、おしゃれを忘れる、身だしなみを気にしなくなった…など。

(関連:うつ病の三大症状とは?

 

行動に現れるうつ病のサイン

朝起きるのが辛い、夜眠れない、作業の能率が落ちている、食欲がない、食事を味わえない、人と会わなくなった、物忘れがひどい、口数が減る、ため息が多くなる、新聞や本が頭に入らない、お酒の量が増えている、疲れていても夜遊びをしてしまう、一日中家に引きこもる、よく泣くようになった…など。

(関連:うつ病の初期症状|うつ克服カウンセラーの解説

 

身体に現れるうつ病のサイン

頭痛、吐き気、気持ち悪い、めまい、下痢、胸が苦しい、肩こり、首こり、動悸、腰痛、胃の痛み不快感、全身の倦怠感、発汗、息苦しい…など。

(関連:うつの身体症状|うつ病アドバイザーの解説

 

うつ病のサインに自分で気づくには?

うつ病のサインは、普段、良く感じる症状でもあるだけに、区別しずらく、自分ではなかなか気づきづらいものですが、少し工夫してみると、うつ病のサインに自分で気づくことができるチャンスもあります。

以下に、うつ病のサインに自分で気づくための工夫を解説します。

 

周囲の職場の人や家族の助言に耳を傾ける。

うつ病のサインに自分で気づくためには、周囲にいる職場の人や家族の助言にも耳を傾けることが重要です。

うつ病が進行すると、基本的に、周囲の人から離れ、1人で過ごすようになっていきます。

なので、自分1人でストレスを抱え込み、心を閉ざしてしまう前に、周囲にいる職場の人や家族の助言にも耳を傾け、ストレスを緩和したり、うつ病のサインに自分で気づく工夫をしてみるのも、こころのケアには必要です。

(関連:私もOK、あなたもOK=自立共存

 

うつ病の吐き気やめまいは自覚しやすい

頭痛や肩こりですと、案外、我慢できてしまいます。

ですが、吐き気やめまいは、我慢することが難しいため、かえって、うつ病のサインに自分で気づくチャンスとなります。

自分でも身に覚えのない、吐き気やめまいを感じたら、とりあえず病院を受診し、治療を開始することで、うつ病の症状か?否か?に関心を持つことができます。

また、人によっては、胸が苦しい症状や下痢などの症状でも、我慢することなく、内科など、とりあえずでも病院を受診することで、うつ病のサインに自分で気づくチャンスとなります。

(関連:いつも自分をわかってくれる人はそばにいる。

 

身体面の症状=自律神経とストレスの影響

こころの病気と呼ばれるうつ病の症状は、一見、身体面=からだの症状とは関係ないように思えますが、不安やイライラをつかさどる自律神経は、心理面と身体面の連携をつかさどる重要な部分で、こころやストレスと大変密接な関係があります。

気分に現れる症状は、案外、無理をして我慢してしまいがちですが、吐き気やめまいや胸の苦しさや下痢といった身体症状は、我慢にも限界がありますので、嫌な感覚ではありますが、うつ病のサインに自分で気づくための一助ともなります。

(関連:イライラする原因は自律神経の働き

 

家族や職場など周囲の人が知っておきたいうつ病のサイン

うつ病の初期症状や、比較的軽度のうつ症状の場合、本人がうつ病のサインを感じていても、家族や職場など周囲の人に気づかれないように、本人が我慢をして隠してしまう場合があります。

なので、家族や職場などの周囲の人は、「いつもと何か違う…」といった違和感を感じたら、自分の違和感を信じ、しばらく、注意して見守ってあげてください。

以下に、家族や職場など周囲の人への一助として、一般的なうつ病のサインを解説します。

 

一般的なうつ病のサイン

うつ病のサインをわかりやすく表現すると、日が落ちて暗くなっても、電気もつけずに、薄暗い部屋に一人でボーっと座り込んでいる姿を見かけたり、人と会っている姿や人と話している姿を見かけなくなったり、人と関わることをためらう様子や、楽しいはずの外出を拒むような様子などがあげられます。

このような様子を感じ取ったら、うつ病のサインである場合があります。

(関連:わかってほしい!気持ちをわかってあげるには?

 

家族が気づきやすいうつ病のサイン

家族が最もわかりやすいと感じるうつ病のサインは、食事の場面で見られます。

好きなものを食べているのに無表情に感じたり、食事も淡々としていて、表情の変化や会話も少なく感じたり、食事を残したり、食事に手をつけなかったりなどの変化は、いつも一緒に食事をとる家族にとって、比較的気づきやすいうつ病のサインです。

また、リビングなどでテレビを見て和やかに過ごしている時なのに、顔色が悪く感じたり、食欲不振により痩せてくるなどの症状もうつ病のサインである場合があります。

(関連:息子の気持ちをわかってあげられないんです。

 

高齢者に見受けられるうつ病のサイン

高齢者の場合、特徴的なのは、物忘れが激しくなり、同じ話を何度も繰り返したり、ソワソワウロウロして落ち着かない様子が見受けられたり、イライラして怒りっぽくなり、まるで子どもに戻ったかのように、今まで見たことがないくらいに激しい怒りをあらわにしたり、寂しがったり、甘えようとしたりします。

または、休日でも、一日中家に引きこもり、何もしようとしなくなるのも、うつ病のサインのひとつです。

(関連:強がりの心理:内心は怖がりだけど隠している。

 

夜遊びなども意外性のあるうつ病のサイン

夜遊びと聞くと元気で、うつ病のサインとはほど遠いように感じますが、じつは、怖さや不安を紛らわせるために、夜遊びやギャンブルが激しくなる場合があります。

夜遊びやギャンブルは、寂しさや辛さや怖さや不安など、自分のこころと向き合うことに恐れを感じ、あえて元気を振る舞うことで、自分のこころから目を背けつづけている心理状態です。

躁鬱病(そううつびょう)というこころの病気と言われますが、本当は疲れているのに、こころはハイテンションになってしまい、倒れるまで夜遊びに興じてしまったり、延々としゃべり続けたり、このようなアクティブな行動も、意外ですが、うつ病のサインのひとつです。

(関連:気持ち=感情は認めると小さくなり、目を反らすと大きくなる。

 

自分のこころも自分のストレスも自分の持ち物

最も大切なことは、自分が感じているうつ病の症状は、世の中で自分だけが感じている。ということです。

家族や職場など周囲の人は、見た目で注意することはできても、あなたの症状を実感することはできません。

なので、家族や職場など周囲の人に気づいてもらうことよりも、自分の一番そばに居る自分自身が、うつ病のサインに自分で気づこうとすることです。

(関連:うつ克服:自分を自分でカウンセリングする!

 

うつ病のサインをチェックリストで確認!

私=寺井啓二も、かつてはうつ病を患い、うつ病を克服した心理カウンセラーです。

以下は、私自身のうつ病克服経験をもとに作成した、当社監修のうつ病の症状チェックリストです。

うつ病に自分で気づくために一助にして頂けると嬉しいです。

(関連:うつ病の症状チェックリストへ

広告