恐怖症の克服をお手伝いしたよ。

今日のクライアントさんは、恐怖症の克服(フォビアの克服)が主訴でした。

 

EFT(感情解放テクニック)と、NLPスイッシュパターン、NLPフォビア治療、ポジションチェンジ、以上の心理テクニックを柔軟に組み合わせてセラピーを行いました。

 

結果は2時間で完全克服という素晴らしいものでした。

ほんと良かったです(^^)

 

ガスコンロの炎が怖いという恐怖症

今回のクライアントさんは二十歳後半の女性です。

もうじき結婚を控えておられるので幸せの絶頂のはずなのですが、助けてください!とセラピーの依頼を頂きました。

 

料理を作る時にガスコンロの炎を見るとひざが崩れ落ちるくらいに震えだしてしまう。。。というお悩みでした。

 

なんでもない方から見れば、怖くないよ!何で怖いの?こんな声が聞こえてきそうですが、ご本人だって頭では十分にわかっているです。

 

ご本人も炎なんて怖くないよ!何で怖いの?と頭=理性ではそう思っているのに、心=潜在意識は炎=とても恐ろしいもの!と錯覚しているから苦しいわけですね。

加えて、周囲にIHにすればいいじゃん、こんなものがなんで?怖いの?いい加減しっかりしろ!と散々に言われて余計に苦しんでしまったわけですね。

 

悩みに大きい小さい重い軽いなんてありませんよ。

 

たとえプチトマトひとつ食べれないことでも、クライアントさんが苦しんでおられるのならそれは私にとっても大切なお悩みなんです。

 

じつは炎が怖いわけじゃない!

今回のクライアントさんの主訴はガスコンロの炎が怖いということでした。

 

でもじつは炎が怖いわけじゃないんですね。

何が怖いかというと、炎が自分に及ぼす影響が怖いわけです。

 

つまり、心=潜在意識は炎が飛び掛ってくるのではないか?と、とても厳重に警戒してくれているというわけです。

 

今回のクライアントさんの恐怖のほとんどは、炎が自分に及ぼすかもしれない影響に対する予期不安というわけです。

なので、基本路線は大丈夫だよ。だって、炎は飛び掛ってはこないでしょ。という安心感を、心=潜在意識に感じさせてあげることです。

 

ああすればいい。こうすればいい。と頭=理性に語りかけても、空振りどころか逆に苦しめてしまいますからね。

 

怖さも不安もあえて膨らますと小さくなるよ。

まずは恐怖症克服の準備です。

心に余裕を持たせてあげることが肝心です。

なので、まず炎に対する怖さと不安を和らげます。

 

心は風船と一緒です。

なので、怖さや不安がどんどん膨らむことはあっても破裂することはないんです。

 

怖さや不安を和らげるには逆に膨らませてあげるといいんです。

あえて、オーバーに怖さと不安を煽っていって、限界までいくと、怖がることがばかばかしくなるんです。

 

そして、ばかばかしくなって、はじめて、ん!?まぁそんなに怖がることもないね…って、心にぽっと余裕が生まれてくるわけですね。

 

今回はEFT(感情解放テクニック)で炎に対する怖さと不安をあえて膨らませて、結果、和らげました。

 

大丈夫、炎はじっとしているよ。飛び掛ってきたりしないよ。

クライアントさんだって、炎が飛び掛ってくるわけがないなんてことは頭=理性では重々わかっているわけです。

 

でも、心=潜在意識は炎が飛び掛ってくるんじゃないか!?と誤解しているわけです。

 

このギャップが矛盾であり葛藤でありストレスなわけです。

なので、いくら対話のみで頭=理性に働きかけても、矛盾と葛藤が刺激されて苦しむばかりなんです。

 

クライアントさんの心=潜在意識は、炎が何かしてくるのではないか?ということに過剰なまでに警戒しています。

ということは、飛び掛ってくるわけでもない炎にそこまで警戒することになった元の体験があるわけですね。

 

その体験は数分のカウンセリングですぐにわかりました。

 

小さい頃、お家のガスコンロがとても古かったそうです。

あるとき、なんの疑いもなくガスコンロのハンドルをカチッ!カチッ!回したら、ボッボッ!と突然大きな炎が広がってとても怖い体験をしたわけです。

 

その体験から、心=潜在意識は学んだわけです。

炎=飛び掛ってくるかもしれないとても怖いものだ!と、心=潜在意識は強く認識したんですね。

それから心=潜在意識は、学習した通り炎に対して最大限の警戒をするようになったわけですね。

 

心=潜在意識は、ただただ同じ危険を体験しないように過去の怖さを蘇らせて注意を促し必死に守ろうとしてくれているわけです。

なので、まず炎=飛び掛ってはこないよ!ということを心=潜在意識に教えてあげることが必要になります。

 

炎=飛び掛ってくるかもしれない!という心=潜在意識の誤解を解いてあげるわけですね。

そうするのには、NLPスイッシュパターン、NLPフォビア治療、ポジションチェンジなどを併用していきます。

 

心=潜在意識は現実と空想を区別できない!という特性を利用しながら、心=潜在意識のイメージ力を最大限に活用して、新たな角度から炎を観察したり炎のイメージを良いように変えて心=潜在意識に染み込ませていけば良いだけです。

 

そうしていくと、心=潜在意識の炎への警戒が徐々に和らいでいきます。

 

炎は飛び掛ってくるかもしれない!⇒炎が飛び掛ってこなければ大丈夫!⇒炎は飛び掛ってこないので大丈夫!⇒炎なんて飛び掛ってこないから大丈夫!⇒炎が飛び掛ってくるわけがない!⇒炎なんてたいしたことはない!と、心=潜在意識の炎への警戒が、徐々に和らいでいきます。

 

結果、恐怖心も和らいでいって、不安も落ち着いてくれて、そのぶん安心が膨らんでいきます。

 

恐怖症の崩壊のはじめりですね。

崩壊は始まれば崩壊しきるまで自動的に続きます。

なので、この時点で恐怖症の克服は確実になったということです。

 

完全克服してさらに終止符を打ちましょう。

それでも、あえて私のほうからセラピーを終わりにはしません。

クライアントさんからある言葉が出てくるまで何度も繰り返していきます。

そのある言葉とは…

 

【もう、飽きたので、終わりにしてくれませんか?】

この言葉が出てきたらOKです。

克服終了というわけですね。

 

通常のセラピーならここで終了ですし充分です。

でも今回は、私のアイデアでこのあと更にあるものを見ていただき、ある言葉を掛けていきました。

(あるものとある言葉は秘密にしておきます(^^))

 

そうするとクライアントさんが 。。。

【あーーーそーーーかーーー!】と大声を上げて深く納得しました。

 

20数年間、誤解で凝り固まっていたものが崩れ去った瞬間ですね。

そして、二人で数分間大笑いして、長い間の恐怖が笑いに変わってセラピーは無事に終了です。

 

頭=理性だけで見れば解決困難な課題も、心と脳の特性を理解して心=潜在意識の問題のルーツをケアすれば改善は充分可能です。

加えて、心=潜在意識の問題のルーツは誤解や錯覚がほとんどで、順序を守れば短期間で修正できます。

 

一般の対話のみの心理カウンセリングでは、頭=理性で頭=理性に語るのみ、心の表面=顕在意識を漂うのみの事が多いようです。

 

大事なのは、頭=理性という心の硬い表面の奥にある潜在意識という柔らかい領域にアクセスすることなんです。

 

潜在意識はとても柔軟なので、順序を立てて語りかければ、スマホのアプリのようにすぐにアップデートして応じてくれます。

なので短期解決も可能なんですね。

 

メンタル心理そらくもでは、そんな悩みの急所をしっかりとケアしていく、短期解決を前提にした集中セラピーを行っています。

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。