カエルになれなくなりそうだったおたまじゃくし…インナーチャイルドの例え話

七月の終わり、ある田んぼに一匹のおたまじゃくしがいました。

うしろ足は全部出ていて、前足は少しだけ出ていました。

おたまじゃくしは、このままで間違いなくカエルになって幸せになっていくはずだったのに…

おたまじゃくしのところにみどりのカエルがやってきました。

みどりの親カエルはおたじゃくしにこう言いました。

「もう七月の終わりだというのに、おまえはまだ前足も出ていないのか!」

「それじゃ、一生カエルにはなれねぇな!!」

みどりの親カエルはそう言い残すとどこかへ行ってしまいました。

おたまじゃくしは呆然としていました。

とてもショックだったしとても不安になりました。

「そっか、ぼくは一生おたまじゃくしにはなれないんだ」

「カエルがそういうんだからそうなんだな」

「でも、何とか、カエルにならなきゃいけない」

そう思ったおたまじゃくしは、後ろ足で前足を力一杯引っ張って伸ばそうとしました。

早く前足を伸ばしてカエルになりたかったからです。

でも、後ろ足で力一杯引っ張っても前足は伸びませんでした。

伸ばせば伸ばそうとするほどとても辛くなっていきました。

おたまじゃくしは思いました。

「引っ張っても引っ張っても前足が伸びない」

「他に前足を伸ばす方法はない」

「もう、絶対にカエルにはなれない」

「生きていても仕方がない」

おたまじゃくしは、田んぼのそとの激流に身を投げようとしました。

そこに、きいろのカエルがやってきました。

黄色のカエルはおたまじゃくしにこう言いました。

「まだ七月の終わりだというのに、おまえはもう後足が出ているのか!」

「それじゃ、じきに前足も出てそのうちカエルになってしまうな!」

きいろのカエルはそう言い残すとどこかへ行ってしまいました。

おたまじゃくしは呆然としていました。

とてもポカンとあっけにとられていました。

「あれ、ぼくは今まで何をしていたんだろう?」

「じきに前足が出てきてカエルになってしまうのか」

「だったら今のうちに後ろ足だけの泳ぎを楽しんでおこう!」

おたまじゃくしはニコニコ泳ぎ始めました。

きっと、自然にカエルになってしまい幸せにもなってしまうでしょう。

そらくも@寺井談

みどりの親カエルときいろのカエルが言ったことを暗示とも言います。

特に、子どもはまだまだ周囲からの情報を理性でカード出来ないため暗示にかかりやすいんですね。

子どもはいい意味でも悪い意味でも暗示に忠実になっていきます。

なので制限するような暗示よりそのままが良いという暗示の方が親にとっても遥かに有益だと思います。

あなたはお子さんがらっしゃいますか?

どんな暗示をかけていると思いますか?

大丈夫そうですか?

あなたは子どものころダメだ!ダメだ!と言われていてストレスを堪えてきませんでしたか?

今もダメだ!と言われるのが、とても怖くてソワソワ焦っていませんか?

あなたは子どものころよく怒鳴られて、お子荒れたくなくて、話すことを我慢していませんでしたか?

今もなぜか悪く言い返されそうで、周囲の顔色をうかがって話しをするのに抵抗を感じていませんか?

あなたが苦しんでいるのならどんな暗示をかけられていると思いますか?

大丈夫(^_^)

知らないうちに暗示をかけてしまっても、知らないうちに暗示をかけられてしまっても、古い暗示を解いて、あなたがより良い暗示をかけなおせば良いだけです。

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。