こどもと私, カウンセラーの回想録

子どもの気持ちをわかってあげられないんです。私はクライアントのご家族の方からも相談を頂きます。この記事は、相手の気持ちをわかってあげるとはどういうことなのか?を実際の会話のメモに沿って解説しています。

こどもと私, インナーチャイルド&アダルトチルドレン, カウンセラーの回想録, 心理分析

かわいそうという心理には同情が隠れています。かわいそうと言われると嬉しい人もいれば、かわいそうと言われたくない人もいます。この記事は、かわいそうという言葉の影響について心理学に沿って説明しています。

こどもと私, コミュニケーション

私はどうしたらいいの?と、仕事や恋愛で自分の意思決定を誰かに委ねたくなります。ですが、聞かれた相手も応えようがなく、同じように苦しいものです。私はどうしたらいいの?と聞きたいときについての記事です。

こどもと私, カウンセリング&セラピー, コミュニケーション

悩んでいる人は、「わかってほしい!」と願っています。そして、「わかってほしい!」心理にたいして、確実に「共感」で応じ「安心」を増やす作業を心理カウンセリングと言います。

こどもと私, 心理分析

悲しいときは悲しいよ…悲しいときにたくさん悲しんだとき、ほっと小さな嬉しさが生まれてくるのかもしれません。そして、悲しいときにたくさん悲しんだ人がとても優しくなれるのかもしれません。

こどもと私, コミュニケーション

子供の叱り方って難しいです。心理カウンセラーである私にも小学生の子供がおり叱り方を工夫しています。この記事は私なりの子供の叱り方の工夫を紹介しています。

うつ病, こどもと私, カウンセラーの回想録

ここ最近、うつ病を抱える高校生が当方へとカウンセリングに訪れてくれるケースが多くなってきています。この記事は、高校生Aくんとカウンセリングで接したときの体験談です。

こどもと私

ある日あるとき小学校低学年の長女に送った手紙です。生きていくのに大切にしてほしい目線みたいなものを文章にして伝えてみました。