生きづらさ

心が傷つく体験をしても、心の傷は目に見えません。もしかしたら自分はダメではなく傷ついたままかもしれません。この記事は、心の傷を守り続ける防衛機制について当方なりの想いを綴った記事です。

生きづらさ

人より劣っている!と感じるのは、人より劣っているのではなく、ずっと傷ついたままの状態なのかもしれません。この記事は、「人より劣っている!」と感じる心理を心理学に沿って解説しています。

うつ病, 生きづらさ

不安が止まらない…不安でしかたがない…花火大会のように次々と連鎖する不安を感じるのもうつ症状のひとつです。この記事は、不安が止まらない…という心理状態を心理カウンセラーがユニークに解説をしています。

子育て, 生きづらさ

かわいそうという心理には同情が隠れています。かわいそうと言われると嬉しい人もいれば、かわいそうと言われたくない人もいます。この記事は、かわいそうという言葉の影響について心理学に沿って説明しています。

生きづらさ

誰もわかってくれないという心理は、過去、親が自分の気持ちをわかってくれない経験があり、諦めに近いような苦しい心理です。この記事は、誰もわかってくれないという心理について心理学に沿って説明しています。

生きづらさ

強がりな女性、強がりな男性、なぜ?人は強がってしまうのでしょうか?この記事は、強がりの心理の内面や強がる理由について、実際のカウンセリングに沿った回想録で説明しています。

生きづらさ

悪いところを治す。と聞くと、なんだかはじめから気が重いです。心の問題の解決を望むのなら「悪いところを治す」と捉えるより「傷ついているところを癒し」と捉えたほうが前進できると思います。

カウンセリング&セラピー, 生きづらさ

言葉が出てこないんです!あるクライアントさまの悲痛な訴えです。この記事は、言葉以外の方法で感情解放をすることで、言葉が詰まる心理状態を緩和したカウンセリング&セラピーを振り返った回想録です。

生きづらさ

あなたが悪い!と言われて私は心が傷つきます。でも私自身があなたが悪い!と言ってしまいます。あなたが悪い!という表現はストレスの押し付け合いです。自分のストレスは自分で清算することが平和的です。

カウンセリング&セラピー, 生きづらさ

炎恐怖症とは、炎に傷つけられるのことへの恐怖。過去の体験に基づき、炎への警戒心が続いたままになっていることが炎恐怖症の正体です。この記事は、炎恐怖症を克服したカウンセリング&セラピーの回想録です。