うつを克服した心理カウンセラーの紹介

2018年1月6日

メンタル心理そらくも 代表 寺井啓二の写真

 

メンタル心理そらくも 代表 寺井 啓二の紹介です。

うつ病やアダルトチルドレンの克服経験を持つカウンセラーです。

うつ病のカウンセリング、アダルトチルドレンのカウンセリング、インナーチャイルドのカウンセリングを専門とし得意としています。

広告

うつ克服、アダルトチルドレン、インナーチャイルドの専門家です。

心理カウンセラー寺井啓二の写真

 

はじめまして、代表の寺井啓二です。

私は、うつ克服のカウンセリングの専門家であり、アダルトチルドレン、インナーチャイルドの専門家でもあります。

まずはじめに、私自身が、かつてはうつ病患者であり、アダルトチルドレンであり、傷ついたインナーチャイルドを抱えていましたし、心理カウンセリングの利用者でした。

そして、心理カウンセリングとの出会いでうつを克服することができました。

だからこそ、誰よりも、うつ治療の苦しさ、うつ克服方法の難しさ、うつ克服のカウンセリングの素晴らしさを知っているつもりですし、うつ克服のために、真摯にうつ向き合う日々を重ねてきました。

そして、自分自身のうつ克服経験を世の中に役立てたい!と願い、今は、うつ克服専門の心理カウンセラー&心理セラピストとして日々を過ごしています。

 

うつ克服経験をカウンセリングに活かし世の中に役立てたい!

誠実な真摯なカウンセラーのイメージ

 

私は長年、うつに苦しんできました。

ある時までは、心理療法など全く知る由もなく、ただただ心療内科に通い、短い診察と抗うつ剤の服用を繰り返すのみでした。

そして、いつしか、自分自身のうつと向き合うことを避け、うつを忌み嫌い、うつである自分を否定していたのだと思います。

なので、実は、うつに苦しめられていたのではなくて、うつを抱える自分を嫌い続けることで、自分で自分を苦しめていたんですね。

 

そして、ようやく、私は大きな心の誤解に気づきました。

それは、”うつは、私を邪魔しようとしているのではなく、私を守ろうとしてくれている”ということでした。

 

その瞬間、ずっと続いていた、つま先立ちし続けているような感覚が、すっと楽になったんです。

その気づきを与えてくれたのが、NLP心理カウンセリングインナーチャイルドセラピー(退行催眠)催眠療法(ヒプノセラピー)EFT(感情解放テクニック)をはじめとする心理テクニックです。

そして、自分がアダルトチルドレンであったと気づき認めることで、いろいろなことに納得がいき、いつのまにか、うつを克服し、アダルトチルドレンも克服していたのです。

 

今では、うつを患ったことを心から感謝しています。

なぜなら、心理カウンセラー心理セラピストとして、こうして皆さんと接する機会を得ることができたのですから…

そして、私自身のうつ克服経験を世の中のために役立てたい!と願い、私自身おうつ克服経験を活かしたカウンセリング&セラピーを日々行っております。

 

メンタル心理そらくもは、皆さんと同じ苦しみ=うつを克服したカウンセラー=寺井啓二が運営しています。

このホームページには、心理&心理学のこと、うつ(鬱病)のこと、心理カウンセリングのこと、心理セラピーのこと、いろいろなことを面白おかしい記事にしています。

 

まずはホームページをいろいろ探索してみてください。

そして、いつの日か、あなたさまの納得のタイミングにてお会いさせて頂ける機会を与えて頂けますと、私はとても嬉しいです(^^)

(関連:うつ克服カウンセリングへの情熱

 

心理カウンセリング保有資格

内閣府認証NPO法人JADP認定資格

上級心理カウンセラー

内閣府認証NPO法人JADP認定 上級心理カウンセラー

 

メンタル心理カウンセラー

内閣府認証NPO法人JADP認定 メンタル心理カウンセラー

 

うつアドバイザー

内閣府認証NPO法人JADP認定 うつアドバイザー

チャイルドカウンセラー

内閣府認証NPO法人JADP認定 チャイルドカウンセラー

家族療法カウンセラー

内閣府認証NPO法人JADP認定 家族療法カウンセラー

 

心のスペシャリスト養成大学認定資格

セルフ・アクセプタンスカウンセラー

セルフ・アクセプタンスカウンセラー

 

EFT-Japan認定資格

EFT-Japan Level 1

EFT-Japan Level 1

 

EFT-Japan プラクティショナー

EFT-Japan プラクティショナー

 

うつ克服経験…皆さまとの接点

皆さまとの接点

 

うつ克服経験を活かし、心理カウンセラー&心理セラピストになりました。

・うつ抱えて、20年間のサラリーマン経験があります。

・うつを患いながら、リストラにあった経験があります。

・うつと付合い、共働き家庭の結婚生活、2人の娘の父です。

・うつ患者として、心療内科に10年、心理カウンセリングに5年通いました。

・サラリーマンとして、うつによる休職経験があります。

うつによる退職、無職、専業主夫の経験があります。

 

うつ克服カウンセリングのスペシャリスト

さて、じつは、私の所には、いわゆる心療内科医さんや精神科医さんや心理カウンセラーさんなど、うつ病に携わる専門家さんも来訪してくださいます。

もちろん、心療内科医さんも精神科医さんも心理カウンセラーさんも、ひとりの人間として苦しみを和らげようと来訪してくださいます。

 

うつ克服カウンセリングにはお医者さまも来ています。

 

みなさんは意外に感じるかもしれませんが、表面的には立派に見える立場の方でも、意外と、患者さんやクライアントさんと同じく、うつ病などの苦しみを抱えている方が多いのです。

なので、つまり私からしてみれば、とかくプライドに疎外されて苦しみを我慢しがちな同業の方に、こうして安心してご利用頂ける。ということは、心理カウンセラーとしてなにより嬉しいことです。

 

私自身も同じ立場にありますから、力不足でクライアントさまの力になりきれなかったとき、随分と思い悩んだ時期があります。

なので、同業の方の苦しさもわかるつもりですので、みなさんにもとても安心を頂いているようです。

 

そんな感じで、同業の方にもご利用頂いておりましたら、いつしか、うつ克服カンセリングのスペシャリストなどと呼ばれるようになりました。

うつ克服カンセリングは、うつのしくみをよく知り、うつの生まれた歴史をよく知る必要があります。

うつのしくみもうつの生まれた歴史も、ひとりひとりお会いしてからお話を伺い、イラストも交えて、面白おかしくホワイトボードに見える化&わかる化していくのが、メンタル心理そらくものうつ克服カンセリングの流れです。

 

うつ克服カウンセリングは、今までのように感じていたうつ病という心の個性にも、実は、メッセージや大切な願いが込められている。ということに気づいていく作業です。

同時に、うつ克服カウンセリングは、うつはウィルスのようにやっつけるものではなく、うつは傷のように癒すものだ…と気づいていく作業でもあります。

 

よく知ると敵ではないというイメージ

 

そして、うつ克服カウンセリングを大切に過ごしていくと、今までは忘れかけていたある日の自分の心の傷=インナーチャイルドにふと感じ入る瞬間があります。

体の傷は、とくになにもしなくても自然治癒が始まりますが、心の傷は、自分が傷ついていることに気づかない限り、ずっと傷ついたままなのです。

 

今までは、「自分が劣っている&自分が悪い」のではなく、「自分は傷ついている&自分は苦しんでいる」ということに、たくさん迷いながらも納得を深めていくことが、うつ克服カウンセリングのポイントです。

くわえて、「うつは治してもらうものではなく、うつは自分で治していくものなのだ!」と感じ入るのも、うつ克服カウンセリングの大切なチェックポイントです。

そして、「うつで苦しんでいる自分を自分で癒してあげたい!」という気持ちまでた叶ったとき、その大切な自立自助の想いを、早速にご自身へと浸透させていく機会が、催眠療法(ヒプノセラピー)やインナーチャイルドセラピー(退行催眠)などの当方の心理カウンセリング&セラピーです。

 

そんな繊細な作業=うつ克服カウンセリングをエスコートするのが私=寺井啓二の役割で、ご利用頂いた、心療内科医さんや精神科医さんや心理カウンセラーさんからは、一応、うつ克服カウンセリングのスペシャリストなどと絶賛されたりしています。

なので、みなさんも、自分が嫌いならば嫌いなまま、自分がわからないのならばわからないまま、カウンセリングが怖いなら怖いと感じたまま、その日そのときのあなたさまが、包み隠さずそのままお越しいただけることが、うつ克服カウンセリングのなにより素晴らしい始まりとなります。

いつの日か、あなたさまとお会いさせて頂き、あなたさまの心をホッと解きほぐしていくお手伝いをさせて頂けることを、今からの楽しみとさせて頂いております。

 

メンタル心理そらくも 代表 寺井啓二(^^)

 

うつ克服カウンセリング体験談

当方メンタル心理そらくものうつ克服カウンセリングを利用することで、多くの方がうつを克服し幸せに暮らしています。

うつ克服カウンセリングを利用し、長年のうつを克服したTさんの体験談を紹介します。

 

うつを克服したTさんの体験談のご紹介

女性のイラストS

カウンセリング&セラピー説明TOPへ戻る

広告

Posted by 寺井 啓二