ココロの資料館

心理学、心理カウンセリング、心理セラピー、心のしくみなど、当方のカウンセリングサービスに関連する事柄をいろいろな視点で様々な記事に表現しています。

あなたのペースでいろいろな記事を読んでメンタル心理そらくもへの期待感を育んでください。

いろいろな読み方

以下の読み方ができます。お好みの読み方をお選びください。

1.全記事を投稿順に流し読みしたい。

  • このまま画面下へとスクロールしてください。
  • 画面下の『« 古い記事』を押すと続けて読めます。

2.全記事を目次形式で一覧表示したい。

  • 下の画像を押して下さい。
  • ココロの資料館 目次
  • 目次からお好みの記事を選んでください。

3.カテゴリ-(種類)ごと流し読みしたい。

©2012-メンタル心理そらくも
-- 14時11分--

ココロの資料館

ヒーローの特徴:アダルトチルドレンとは?

機能不全家族のヒーローは、家族が憧れる英雄であり、頼れるリーダー

アダルトチルドレンのヒーロタイプのイメージ

 

機能不全家族で育ったアダルトチルドレンは、親や家族に心配を感じ、自分の居場所である家族をなんとか救い支えようと願っています。

機能不全家族を支える役割=アダルトチルドレンの中でヒーロータイプの特徴は、家族や周囲の期待になんとしても応えようとする意志の強さです。

アダルトチルドレンのヒーロータイプとは、まさしく、機能不全家族のヒーロー(英雄)で、頑張りと功績によって家族に希望をもたらし家族を支えようとします。

この記事は、アダルトチルドレンのヒーロータイプの特徴についてまとめています。

広告


ヒーロー(英雄)とは?

ヒーローとは、「英雄」という意味で、家族や周囲の期待に応えるために懸命に頑張っている存在であり、別の呼び方では、「小さな大人」「スーパーチャイルド」「小さな保護者」など、子どもでありながら、大人のように頼りにされる存在という意味が込められています。

 

アダルトチルドレンのヒーロータイプの印象は、完璧主義という言葉がとても当てはまります。

ヒーローは、機能不全家族で育ったことで、親から示された期待と理想を、絶対の使命として受け取り、周囲の期待になんとしても応えようと努力を重ねます。

よって、周りから見るヒーローの性格は、「頼りがいがある人」「優等生、エリート」「できる人「欠点がない人、完璧な人」「頑張り屋、努力家」などの印象に映ります。

ですが、ヒーロー本人の内面には、周囲の期待に応えなければならない強いプレッシャーが続いており、重い責任感に押しつぶさそうになりながら懸命に頑張り続けています。

 

機能不全家族チェック

アダルトチルドレンに関心を向けることは、今まで解決不能と思われていた心の悩みに新しい希望をもたらします。

まずは、アダルトチルドレンと密接な関係にある機能不全家族について、機能不全家族チェックを行い理解を深めてみましょう。

機能不全家族チェック|タイプと特徴と影響

 

ヒーローの特徴

アダルトチルドレンは、ヒーロー(英雄)の他に、ロストワン(いない子)ケアテイカー(世話役)イネイブラー(支え役)プラケータ(慰め役)など、いくつかのタイプにわかれ、それぞれが干渉し合わないように、役割り分担をして機能不全家族を支えます。

アダルトチルドレンのタイプについて興味を感じる方は、アダルトチルドレンへの理解を深める意味でも、acタイプ診断をチェックしてみましょう。

(関連:acタイプ診断

 

機能不全家族のヒーローであるべき!

アダルトチルドレンのタイプの中でヒーロ-タイプは、「自分に対し、常に自分以上であることを求め続ける!」かのように頑張りに頑張りを重ねます。

常に成功し続けなければならない!」「周囲の期待を裏切ってはならない!」「負けてはならない!」と思い込んでいるため、諦めてしまう人や甘えてしまう人に対して激しい敵意を抱いたり、自分にも周りにも諦めや失敗を許さない厳しくも強い一面がある反面、挫折や失敗をとても恐れているのもヒーローの特徴です。

 

このように、内面の怖さ、寂しさ、苦しさ、恐れを、優等生という姿で懸命に隠しているのがヒーローの特徴です。

そして、ヒーロータイプの性格形成に大きな影響を与えているのは、幼少期の育ての親の躾け=禁止令とドライバーです。

ただ、アダルトチルドレンのヒーロータイプのすべてが親に強要されたわけではなく、両親の様子や家庭の様子に不安を感じた子どもが、両親や家庭に笑顔をもたらしたいと願い、自らの意思によって、自発的に機能不全家族のヒーローになろうと努力を始める場合もあります。

(関連:アダルトチルドレンの特徴

 

本当は全然平気じゃない。

ヒーロータイプの方は、「無理です!」「わかりません!」「助けてください!」の三つが言えないのが特徴です。

また、「寂しい…怖い…苦しい…心配…」などの気持ちも言いづらいかもしれません。

上記の気持ちを言えないだけで、言えない気持ち=我慢した気持ちはすべて自分のストレスとなりますので、リズムが崩れ始めると、雪だるま式に苦しさが増大してしまいます。

この生きづらさの原因は、機能不全家族で育ったことにより、子どもの頃の家庭環境が、上記のような弱音を言える環境ではなかったことが原因です。

(関連:孤独と寂しさを素直に認められない理由

 

止まったり休むことが怖い。

今まで、休むことなく懸命に走り続けてくれたヒーロータイプさんは、そのぶん、休んだり止まったりすることがとても苦手だったり怖かったりします。

車に例えたら、「停車している車なんて価値がない!」「ずっと走り続ける車こそ価値があるんだ!」「止まるなどあり得ない!休んでいたら置いてかれる!」と、このようなヒーロ―タイプさんの気持ちが聞こえてきそうですね。

ヒーロータイプさんが感じている苦しさとは、苦しさのぶんだけ家族を想う優しさであり、自分のことよりも大切な家族を優先し支えてくれたこの優しさこそがアダルトチルドレンの本当の意味です。

(関連:強がりの心理:内心は怖がりだけど隠してる。

 

ヒーローの性格とロストワンの性格

さて、アダルトチルドレンのタイプの中でも、ヒーローは正統派と言える役割りで、家族や周囲の期待を一身に引き受け、期待に応えるよう全身全霊で努力を重ねていきます。

そして、アダルトチルドレンのタイプの中で、このような活動的なヒーロー(英雄)の正反対の役割が、ロストワン(いない子)です。

 

ロストワンの性格は、ヒーローとは全くの正反対で、目に見える行動は、「あえて何もしない」ことで家族への負担を増やさないように努力します。

目に見える行動で家族を支えようとするヒーロの性格に対し、ロストワンの性格は、自分の存在を消し、自分の気持ちを押し隠すことで家族への負担を減らし支えようとします。

 

このように、ヒーローの性格とロストワンの性格は、一見、交わることが無いように見えますが、案外、ひとつの機能不全家族の中に共存している場合があります。

例えば、兄や姉がヒーロータイプで親や世間の期待に懸命に応えていると、弟や妹はあえてロストワンの性格となり、兄の邪魔をすることを避けることで、家族全体のバランスを整え支えようとします。

野球に例えると、ヒーローがピッチャーでロストワンがキャッチャーのように、「陰と陽」、「動と静」の関係でお互いに役割りを分担し、表裏一体で機能不全家族を支えている場合があります。

(関連:ロストワンの性格:アダルトチルドレンとは?

 

ヒーロ-とインナーチルドレン

さて、アダルトチルドレンのヒーロタイプとは、あくまで、外側から見た姿で鎧のようなものです。

ヒーロー=優等生という鎧の内側には、寂しくて、怖くて、苦しくて、怯えた本当の自分が助けを待ち続けているのかもしれません。

 

心理学のなかに、インナーチルドレン(インナーチャイルド)という言葉があります。

機能不全家族を支えるために、ヒーロー=優等生を演じ始めたころの幼い自分の姿…

家族には笑顔を振りまいているけれど、内心では、「寂しくて、怖くて、苦しくて、ほんとは全然平気じゃないんだよ…」と訴えている…

一見、頼もしく見えるヒーロータイプの内側には、常にプレッシャーにさらされ、でも逃げ出せなくて、寂しくて苦しいままの小さなインナーチルドレン(インナーチャイルド)が助けを求め続けているのかもしれません。

(関連:インナーチルドレン&インナーチャイルドとは?

 

ヒーロータイプが直面する問題

アダルトチルドレンのヒーロータイプは、子どもの頃、家族や兄弟や親戚と言った周囲の人たちの期待という生きがいがありました。

周囲の期待を背負い、期待に応え続けることは、とても苦しいことではありますが、生きがいでもあります。

ですが、進学、就職と進み、家族や兄弟や親戚と言った周囲の人たちから離れ自立すると、自分への期待=生きがいが感じられなくなり、その生きがいを会社内での出世や恋愛に転嫁するようになります。

 

ヒーローと仕事

アダルトチルドレンのヒーロータイプは、責任感が強く、リーダーシップにも優れ、強い意志を持ち合わせているので、ほとんどの場合、スポーツチームや職場の中心人物として活躍します。

ただ、強いて言える特徴としては、ヒーロータイプは、プライベートを軽視してでも仕事の功績を求めがちです。

なので、自分1人で好きなペースで進められる仕事は得意なのですが、会社などのチームワークになると、周囲の人たちのリズムに合わせられず、複数人でのチームワークをとてもストレスに感じ、人間関係にトラブルが生じたり、失敗できないプレッシャーに追い立てられ休めなくなり、心理的に燃え尽きてしまう場合があります。

そして、恐れていた失敗や挫折を経験すると、心に張りつめていた緊張感が一気に崩れてしまい、自分自身の存在が許せなくなったり、自分自身に絶望感を感じて、ひとつの失敗で人生のすべてが終わってしまったかのような大きなショックを感じる場合があります。

 

ヒーローと恋愛

アダルトチルドレンのヒーロータイプの恋愛は、ケアテイカー(イネイブラー&プラケーター)に似ている部分もあり、誰かに期待をしてもらいたいし、誰かの期待に応えていたので、恋愛においては、「自分よりもか弱く、自分が居なければ生きていけないよいうな相手」を選びがちです。

そして、ヒーローの恋愛は、自分の活躍を頼みにしてくれたり褒めてくれる相手とは安定していますが、自分への感謝が足りないと感じたり、少しでも反対意見をさし挟まれると、烈火のごとく怒りだしたり、急に愛想を突かすような態度をとる場合があります。

イメージとしては、亭主関白という言葉が近いのかもしれません。

このように、ヒーローの恋愛は、対等な自立共存というより、共依存状態になりがちです。

そして、依存傾向の女性がヒーロの男性に依存をしてしまうと、当初はとても頼りになり安定した関係が続きますが、ヒーローへの感謝や褒めることを怠るなど、ヒーロとの間に気持ちの擦れ違いが生まれ、ヒーローから癇癪や激しい暴力=DVを受けてしまったり、離れようとしても束縛や監視を受けてしまう場合があります。

 

ヒーローの克服

アダルトチルドレンのヒーロータイプは、「誰かに認めてもらうことで存在価値を感じる。」という特徴があります。

なので、ある意味、「常に努力し続けていないと見捨てられてしまう…」という強い焦りと不安を感じている場合が多いです。

そして、私=寺井自身も、かつてはアダルトチルドレンであり、アダルトチルドレンを克服した心理カウンセラーです。

 

ここからは、当方メンタル心理そらくもが考える、ヒーロ型のアダルトチルドレン克服のポイントを説明していきます。

 

もう十分頑張ってきたことを認めてあげよう。

私自身も、自分の性格にアダルトチルドレンのヒーロタイプの個性を感じていました。

仕事を休むこと、手伝ってもらうこと、任せること、相談することが怖く、全部を一人でやり切らなければ気が済まず、ずっと仕事をしていなければ安心できず、ついには、うつを患った経験があります。

 

でも、外側にはヒーロー=優等生という鎧を見せているものの、そのなかでずっと寂しくて苦しいままだった自分のインナーチャイルドに気づいていきました。

そして、今までずっと一人ぼっちだった幼い頃の心の傷を、親に代わって成長した私自身が癒し安心させていくことで、頑張っている自分もOKだし、頑張っていない自分もどちらもOKだなぁ…と、気楽に思えるようになりました。

 

今では、うつを克服した心理カウンセラーとして、たくさんの方たちのインナーチャイルドを癒しのお手伝いをさせて頂き、アダルトチルドレンの克服をお手伝いさせて頂いております。

(関連:自己嫌悪し自分を責める理由は、もう十分頑張ってるから!

 

ヒーローさんの功績をヒーローとして称えましょう。

このように、自分同志が期待し合い=心理的自立を始め、自分同志の信頼=自信を育み始めるセラピーを、インナーチャイルドセラピーといいます。

なので、幼いときから、自分以外の人のためにずっと頑張ってきたヒーローさん=自分のインナーチャイルドを、そろそろ助けて安心させて、ヒーロの役割を感謝で終わりにしてあげることで、頑張っても頑張っていなくても、穏やかに安心して過ごせるようになるでしょう…。

 

ヒーロータイプのインナーチャイルドを癒すイメージ

 

誰も巻き込まず、誰にも邪魔されず、自分で自分を助けていく機会が、当方メンタル心理そらくものカウンセリング&セラピーです。

長年のヒーローさんの苦労と功績を、当方のカウンセリング&セラピーにて労い、今は穏やかに暮らしている方はたくさんいらっしゃいます。

(関連:皆さまの体験談

いつの日か、家族や周りの期待に応えつづけてくれてきた、『ヒーロさんの活躍と功績に、労わりと感謝を届けてあげて、ヒーロさんをヒーローとして称え、新しい人生へと誘ってあげる』お手伝いをさせて頂けると私はとても嬉しいです。

 

アダルトチルドレン関連のTOPへ戻る

 

▼こちらもチェック!▼

ご予約についてカウンセリング説明

皆さまの体験談全ての記事一覧表示

心理カウンセラー寺井啓二のプロフィール

▼カウンセラーの紹介!▼

うつを克服したカウンセラー

アダルトチルドレンを克服したカウンセラー

 

広告


©2012-メンタル心理そらくも
-- 22時02分--

うつ病の身体症状|うつ病アドバイザーの解説

だるい&疲れやすいという症状は、うつ病の身体症状かもしれません。

寝起きで辛そうな男性と女性のイラスト

 

うつ病の身体症状は、風邪や偏頭痛などの症状とよく似ており、自分1人だと、見分けがつきにくい症状です。

なので、いくら症状を訴えても、血液検査やレントゲンなど、見える証拠を掴みずらいため、周囲になかなかわかってもらえない場合があります。

この記事は、うつ病の身体症状について、うつ病アドバイザー寺井啓二が解説しています。

引用:うつ病アドバイザー資格 | 日本能力開発推進協会 (JADP)

広告


うつ病による症状の特徴

うつ病の症状は、精神症状身体症状の二つに分けられます。

 

精神症状の特徴

うつ病による精神症状は、以下の三つの症状が特徴です。

億劫感」「憂うつ感」「不安・焦燥感

一般的には、「面倒くさい、やる気がでない、気分が落ち込む、落ち着かない…」などの症状で現れます。

うつ病の三大症状と呼ばれます。

 

身体症状の特徴

うつ病による身体症状は、以下の四つの症状が特徴です。

全身倦怠感」「睡眠障害」「頭痛」「胃の不快感

一般的には、「だるい動けない、眠れない、集中できない、食欲がない…」などの症状で現れます。

 

うつ病の身体症状の解説

うつ病による症状は、主に、億劫感や憂うつ感といった精神症状がクローズアップされますが、身体症状も現れます。

精神症状に比べて、身体症状はあまり知られておらず、本当はうつ病による症状なのに、なかなか気づけない場合があります。

以下に、うつ病によって現れる身体症状を詳しく解説します。

 

だるい&疲れやすい(全身倦怠感)

うつ病による身体症状の中で、最も多く訴えられるのが、全身倦怠感と言われる症状です。

一般的には、疲れやすい、だるい、動けない、と言う症状を指します。

全身倦怠感という症状は、風邪でも訴えられる症状なので、うつ病による倦怠感と風邪による倦怠感とは区別がつきにくいのが特徴です。

 

うつ症状の場合、特に体を動かしていなくても、全身がだるく動けないと感じ、疲れやすいと感じます。

また、いくら静かに休息しても回復せず、朝から午前中がひどく、午後から夕方に軽くなる、日内変動を伴う場合があります。

 

眠れない&朝が辛い(睡眠障害)

うつ病の身体症状の中で、全身倦怠感の次に訴えが多いのが、睡眠障害と言われる症状です。

うつによる睡眠障害は、夜眠れないこともありますし、眠れてもすぐに目が覚めてしまったり、不眠の症状が多いです。

 

また、目覚めたときにも、なんとも表現のできない心の重さ=嫌な憂うつ感を感じます。

眠っても眠り足りないと感じ、昼間もすっきりしないことが多く、集中力を欠き、精神症状のさらなる悪化に繋がってしまいます。

特に、夜中から明け方に目が覚めてしまう早朝覚醒と言われる症状が特徴的です。

 

頭が痛い&頭が重い(頭痛)

うつ病による身体症状の中で、もっとも誤解が多い症状が、頭痛です。

うつ症状による頭痛は、おもに自律神経のバランスの崩れによる症状なのですが、頭(脳)の病気を疑って、頭部の検査をするほど、頭痛という症状は、認識に誤解が多い症状です。

じつは、私=寺井啓二もうつ患者のとき、焦りのあまり、頭のCTスキャンと取りに行った覚えがあります(^^)

 

偏頭痛や睡眠不足による頭痛、疲労や風邪が原因の頭痛は、一時的な症状なので、自然回復しますが、うつ症状による頭痛は、一時的な症状と異なり、朝から一日中を通りしてずっと続きます

頭が痛い=頭痛という表現より、頭が重い=頭重感という症状を訴える場合があり、頭に帯が巻かれたような症状を感じる場合があります。

また、頭部の不快感が長く続くため、肩こりや首こり、めまいや吐き気といった症状を訴える人もいます。

 

食欲がない&胃が痛い(胃の不快感)

うつ病の身体症状として、次によく耳にするのが、食欲がない、体重減少です。

ですが、根本的には、胃の不快感によって食欲が減退し、体重が減少しているというのが正確な症状です。

胃は内臓のなかで、ストレスの影響をもっとも大きく受ける臓器ですので、胃が痛い、胃が重いという症状を感じ、結果、食欲の減退に繋がります。

 

食事をしても味覚が鈍くなり、何を食べても美味しくない、味そのものを感じない、などの症状があり、食べること自体を義務に感じ、酷くなると食べることを苦痛に感じ、拒食という症状に繋がってしまう場合があります。

うつ病の身体症状としての胃の不快感は、例えレントゲンや胃カメラで検査をしても、大きな異常が見られるものではなく、せいぜい軽い胃炎が見つかる程度のものです。

 

このように、本来、実態や正体はそれほどのことではないのに、感覚的にオーバーに感じすぎてしまう部分が、うつ症状の特徴です。

精神症状でも、ちょっとしたことでイライラしすぎたり、少しの失敗で落ち込みすぎたり、些細なことで不安を感じすぎたり、と、身体症状と同じように、大きく感じすぎてまう同じ特徴があり、精神症状でも身体症状でも、敏感に大きく感じすぎてしまうという部分が、うつ症状の最大の特徴です

 

だるくて動けないのは心のエネルギー不足

ときどき、「だるさを解消するにはどうしたらいいですか?」という質問を頂きます。

そんなとき、私は、「だるい時こそ、静かに過ごして心のエネルギーを充電することで、だるさを解消できるでしょう。」と、真摯にお応えします。

ややこしい応えですが、だるさとは、心のエネルギー不足のサインですので、だるさを解消するには、心のエネルギーを充電する必要があります。

 

心のエネルギーのことを、セロトニンと呼び、うつ病とは、セロトニン不足の状態です。

なので、セロトニン不足=心のエネルギー不足によって引き起こる症状=うつ症状は、セロトニンを増やす=心のエネルギー充電することで解消できます。

「うつ克服体験」セロトニンを増やす人間らしい生活がイイ!

セロトニンとは?抗うつ剤は副作用も効果もややこしい!

 

自動車もガソリンが無ければ走れないように、人の心も心のエネルギー不足ではだるくて動けないほうが当然なのかもしれません。

うつでだるい動けないと感じるのは、心がガス欠状態のサインですので、むしろ、無理をせず心の充電を促す、自分の生命を守ろうとしている症状なのです。

良かったら、以下の関連記事を読んでください。

うつで無気力な理由:本当は静かにしてたい!

無気力とは心のエネルギー不足!

無気力の原因は、防衛機制=心の省エネモード?

うつはあなたを守ってる!

 

うつ症状は嫌ですが敵ではありません。

私=寺井啓二は、以前、うつを患い、うつを克服した心理カウンセラーです。

うつ病の症状は、どれも苦しく嫌な症状ですが、けっして敵ではありません。

うつ症状を乱暴に消し去ろうとすると、かえって燃え上がるでしょう。

 

以下は、そんな私のうつ克服経験も活かした、うつ病の初期症状の詳しい説明、うつ症状チェックリストです。

あなたお1人で難しいと感じるなら、いつの日か、うつ症状の根本終息のお手伝いをさせて頂けると嬉しいです。

うつ病の初期症状|うつ克服カウンセラーの解説

うつ病の症状チェックリストへ

 

▼こちらもチェック!▼

ご予約についてカウンセリング説明

皆さまの体験談全ての記事一覧表示

心理カウンセラー寺井啓二のプロフィール

▼カウンセラーの紹介!▼

うつを克服したカウンセラー

アダルトチルドレンを克服したカウンセラー

 

広告


©2012-メンタル心理そらくも
-- 22時43分--

うつ病の初期症状|うつ克服カウンセラーの解説

うつ病の初期症状をチェックして軽度のうちに発見しよう!

落ち込んでいる女性と見守っている男性のイラスト

 

うつ病の初期症状は、自分1人だと、ついつい我慢してしまったり、見落としがちな症状です。

同時に、うつ病の症状は、確かに、嫌な症状ではありますが、所詮は、自分自身の感情ですので、自分にとって存在する意味のある症状でもあります。

この記事は、当方メンタル心理そらくものうつ病の根本解決の実績に基づき、うつ病の初期症状をチェックできるように、うつ病アドバイザー寺井啓二がわかりやすく解説しています。

引用:うつ病アドバイザー資格 | 日本能力開発推進協会 (JADP)

広告


うつ病の三大症状をチェック!

うつ病の症状は、「おっくうな気分」「憂うつな気分」「焦り&不安」の三つが代表的で、うつ病の三大症状と言います。

おっくな気分も憂うつな気分も焦り&不安も、人であれば、普段の生活のなかで、誰もが感じる症状ですが、ストレスの抱えすぎなどの原因で、症状が大きくなりすぎてしまったり、長く続いたままになり、うつ病の初期症状として現れます。

まずは、大まかに、うつ病の三大症状をチェックしましょう。

さらに詳しい説明⇒うつ病の三大症状とは?

 

うつ病の身体症状をチェック!

うつ病の身体症状としてよく見られるのは、「全身の倦怠感」「睡眠障害」「頭痛」「胃の不快感」の四つの症状です。

人の心理面と身体面の連携には、自律神経が深くかかわっており、心理面の乱れによって自律神経が乱れ、自律神経の乱れが原因で、うつ病の身体症状が現れます。

気分のチェックに加えて、うつ病の身体症状もチェックしましょう。

さらに詳しい説明⇒うつの身体症状|うつ病アドバイザーの解説

 

うつ病のサイン=周りの人の異変をチェック

うつ病の初期症状は、周囲の人のチェックにより異変に気づくことで、早期発見早期治療に繋がります。

周りの人がもっともわかりやすいうつ病の初期症状=うつ病のサインは、食事の場面で見られますのでチェックしてみましょう。

好きなものを食べているのにもかかわらず、美味しそうな顔しなかったり、表情の変化が乏しい、食欲がないなどの変化は、いつも一緒に食事をとる家族や仕事仲間やクラスメイトにとって比較的気づきやすサインです。

生活のリズムが変わって見えたり、気分の落ち込みが見受けられるなど、普段の印象に比べ、違和感を感じた場合は、しばらく、様子をチェックしてあげるのもひとつです。

さらに詳しい説明⇒うつ病のサイン|異変に気づいて!

 

うつ病の初期症状をチェック:『10』のポイント

さて、ここからは、うつ病の初期症状を10の症状にわけてチェックしていきます。

以下のうつ病の初期症状は、すべて、当方メンタル心理そらくものカウンセリング&セラピーで改善実績のある症状です。

また、私=寺井啓二自身も、かつてはうつ病を患い、うつ病を克服した心理カウンセラーです。

なので、自分自身のうつ克服経験、カウンセリング&セラピーでの改善実績などに基づき、関連記事も交え、うつ病の初期症状をひとつひとつ丁寧にチェックしていきましょう。

 

無気力、やる気がでない、食欲がない

今までの生活では楽しめていた休日も外出が億劫になったり、お仕事や勉強もやる気が起きなかったり食欲もなくなり、私生活もお仕事も活動範囲が狭まり、家に引きこもりがちになったり、仕事に行くことが苦痛に感じます。原因は、心のエネルギー不足の可能性があります。

自分の心を分析:うつでやる気がでない理由

無気力とは心のエネルギー不足

 

考えられない、集中できない

段取りやスケジュールといった順序立てて考えることや計画的に仕事を進めることが難しくなり、人との会話もまとまりずらく、口数が減ります。計算や読解など、1つの作業に集中することも難しくなり、仕事のミスも増えます。うつ病の初期段階で感じる症状です。

何も考えられない理由は、今は考えようがない!

うつ病の症状:集中できないのは○○煩いを感じているから。

 

朝、起きるのが辛い

朝の起床=仕事や学校や家事への動きはじめが辛くなり、静かにしていたい自分と動かなければならない自分が激しく葛藤し、布団から出ることや外出することに多くのエネルギーを消費します。うつ病の初期症状で仕事を持つ人が感じやすい症状です。

うつ病の症状:無気力な理由:本当は静かにしてたい!

朝の鬱病(うつ)フラッシュバック克服

 

自己嫌悪、自分を責める

うつ病の初期症状を我慢していると、ミスを起こすようになり、ちょっとしたミスに対して自分を責めたり、自分は価値がないと自己嫌悪を感じるようになります。仕事のストレスなどが原因で、上記のうつの初期症状が始まり、それでも我慢を続けている段階で感じ始める症状です。

自己嫌悪し自分を責める理由は、もう十分頑張ってるから!

自分を責める心理の目的をカウンセラーが解説

 

夜、眠れなくなる

夜、床についてもソワソワモヤモヤと考えが巡ってしまい、眠れなくなり、少し眠れても、夜中から早朝に目が覚めてしまい、次の朝の訪れをすごく嫌に感じたり、後悔や先々の不安が悶々と続きます。自分自身や周囲の人への不信感や警戒心が強まり始めている段階です。

うつ病の症状:不眠=不安で眠れないってどいうこと?

予期不安を解消するには?予期不安の意味とは?

 

イライラしやすい、不安が止まらない

気が立っている&敏感になっている状態で、ストレスを感じやすく、少しのことでも気になってしまい、イライラが止まらなくなったり、不安が止まらなくなってしまいます。自分の怒りや恐怖を抑えられないことが原因で人とのトラブルを起こしやすい段階です。

イライラする原因は自律神経の働き

うつ病の症状:不安が止まらないのはどうして?

 

人目が気になる、人が怖い

心に募ったストレスが原因でイライラや不安が抑えられなくなると、周囲の人への警戒心が強くなり、人目がとても気になったり、人の言動にビクビクと怖さを感じるようになってしまいます。人づきあいや人との会話も少なくなる段階で、人へのガードを固めてストレスを抱えて閉じこもるようになります。

人目が気になる原因は、人から身を守っている。

うつ病の症状:人が怖いと感じる=対人緊張ということ。

 

人への警戒&焦り&孤独が強い

人とも距離を置き、現状維持をするしかなく、1日の生活をなんとか乗り切るような苦しい段階です。心に余裕がないため、周りの人の言動に過敏に反応してしまい、人を疑いすぎてしまったり、自分のことを人に知られることにとても焦りを感じたり、1人で孤独感を強く感じるようになります。

誰もわかってくれないと感じる心理の原因と説明

また心が傷つくんじゃないか?は今も続いてる。

 

自己否定、自分がダメ、自分が悪い

上記の症状が続くと、自分が悪い!自分が原因だ!と、自分の存在自体がいけない!という誤解=自己否定に繋がってしまいます。自己否定は、イライラや怒りといった、本来、人にぶつけても良いストレスまでも自分にぶつけてしまうとても苦しい状態です。

自己否定する理由は、必要のない努力に気づいてほしいから!

自己否定の原因はいつか誰かに言われた言葉

 

死にたい、消えたい

自己否定感が長く続くと、自分からの攻撃に耐えきれなくなり、だんだんと楽な気分を感じたいと願うようになります。自分が自分に攻撃されて生まれている苦しさから逃れたい!楽になりたい!解放されたい!と考えるようになってしまいます。かなり苦しく危険も帯びた状態です。

死にたい理由は、生まれ変わりたいから!

疲れた死にたい理由は、いい加減ホっとしたい!

 

うつ病の初期症状チェックリスト

上記は、わかりやすい表現にまとめておりますので、実際には、いろいろなうつ病の症状を複雑に混ざり合って感じるのが自然です。

このように、うつ病の初期症状をリスト化してチェックすることで、自分自身や家族の症状を推し量るひとつの目安となります。

自分1人では原因不明に感じるうつ病の症状でも、生まれてきた理由が必ずあり、ひとつひとつ真摯に向き合いうことで、うつ病の症状は平和的に終わっていきます。

いつか、うつ病の症状の根本終息のお手伝いをさせて頂けると嬉しいです。

また、さらに詳しいうつ病の症状のチェックは、当社監修の以下のチェックリストで行うことができます。

うつ病の初期段階での発見にお役立ていただけますと幸いです。

うつ病の初期症状チェックリストへ

 

▼こちらもチェック!▼

ご予約についてカウンセリング説明

皆さまの体験談全ての記事一覧表示

心理カウンセラー寺井啓二のプロフィール

▼カウンセラーの紹介!▼

うつを克服したカウンセラー

アダルトチルドレンを克服したカウンセラー

 

広告


©2012-メンタル心理そらくも
-- 12時44分--

うつ病の症状チェックリスト

うつ病の症状チェックリストです。無料でチェックを行えます。

男女の高校生と男女の先生が並ぶクレイアート

 

本うつ病の症状チェックリストは、自分の心の状態をチェック=うつ病の症状チェックを無料で行うことができます。

このうつ病の症状チェックリストは、うつ病の症状を感じながらお仕事や家事をしてくださっている大人の方に加えて、うつ病の症状を感じている中学生、うつ病の症状に苦しんでいる高校生にもわかりやすいように、表現を工夫しています。

 

また、私=寺井啓二も、かつてはうつ病と診断され、うつ病という病気を克服した経験を持つ心理カウンセラーです。

よって、本「うつ病の診断・症状チェックリスト」は、自分自身が持つうつ病アドバイザーとしての専門的な知識、自分自身のうつ病克服体験、当方への来訪でうつ病の症状改善をしてくださったクライアントさまたちのうつ症状の訴え=生きた声も参考にし、うつ病アドバイザー寺井啓二の監修で、わかりやすい表現で作成しています。

引用:うつ病アドバイザー資格 | 日本能力開発推進協会 (JADP)

広告


うつ病の症状、初期段階のポイント

うつ病の症状は、初期の段階ですと、「おっくうな気分」「憂うつな気分」「不安・焦燥感」の三つが特徴的で、うつ病の三大症状と言います。

また、うつ病の初期症状は、身体症状としても現れ、「全身の倦怠感」「睡眠障害」「頭痛」「胃の不快感」の四つが、うつ病の身体症状として現れます。

(関連:うつ病の初期症状|うつ克服カウンセラーの解説

 

上記のような症状を感じていませんか?

もし思い当たることがあれば、以下のチェックリストでうつ病の症状チェックをしてみましょう。

このチェックシートは、自分自身の心の状態をチェックすることに加え、ご家族や友人、身近の大切な方々の病気の可能性もチェックできるようになっています。

 

うつ病の高校生も中学生も沢山います。

最近、うつ病の症状に苦しむ高校生や中学生も、たくさん当方へと来てくれます。

高校生や中学生でうつ症状を感じても何もおかしいことではありません。

自分の心の状態が気になるようでしたら、ときどき目を閉じたりしながらゆっくりとチェックリストに取り組んでみてください。

(関連:うつ病の高校生と接して感じた体験談

 

うつ病の症状チェックリスト

以下の症状は、当方にて多くの改善実績があり、当方にて十分に改善の見込める症状を意味しております。全16項目です。あなたさまの納得のペースで取り組んでいただけますと幸いです。

 

Q1

小さなことで不安やイライラを感じやすくなり、不安もイライラもなかなか止まらないと感じる。

Q2

夜、いろいろな考えがグルグルと巡ってしまい眠れなくなった、深夜から早朝に掛けて目が覚めてしまい、焦りや不安や寂しさを強く感じる。

Q3

座っていたり横になったり、体を静かに休めていても、全身にだるさを感じ疲れやすいと感じる。

Q4

気分が落ち込みやすく、理由もなく、モヤモヤと憂うつな気分が続いている。

Q5

食欲が無くなっている気がする、食事中はボーっとして味わうことを忘れたり、美味しさなどを感じずらい、食事を食べ忘れてしまったり体重が著しく減っている。

Q6

順序立てて考えようとしたり、人の話を理解しようとしても、頭がボーっとして考えがまとまらず、集中できなくなった。

Q7

朝はベッドや布団から出ることがとても億劫で心が非常に重く感じ、午後から夕方になるにつれて気分が楽になっていくように感じる。

Q8

物事を悲観的に捉えがちになり、疑いや警戒が強まっていると感じる。

Q9

何をしても楽しくなく、なにもしないでいたいと感じ、周りへの興味や関心がなくなった。

Q10

何かしようとしても、とても億劫に感じ動きずらい、意欲がわきにくく、やる気が長続きしないように感じる。

Q11

ちょっとしたことで、ひどく自分を責めてしまうようになったと感じる。

Q12

生きていることがとても辛く感じ、絶望感を感じたり、いっそ死んでしまいたいと感じることがある。

Q13

特に病気ではないのに、肩こり、頭痛、腰痛、腹痛、下痢などの症状が悪化したと感じる。

Q14

ふと、急に寂しくなったり悲しくなり、孤独感を感じたり情けなく感じ、泣きたくなったり涙が流れたりする。

Q15

今までスムーズにこなしていた仕事や勉強や家事といった作業がとても負担に感じたり、できなくなってしまったと感じる。

Q16

今まで楽しめていた趣味や人づきあいが、面倒に感じたり億劫に感じる。

 

チェックの実行

お疲れ様でした。

最後に、下のチェック実行ボタンを押して下さい。

 

地球から植物の芽が発芽しているクレイアート

 

上記のうつ症状は、当方にて多くの改善実績があり、当方にて十分に改善の見込める症状を意味しております。

私=寺井啓二自身も、かつては、うつ病の症状に苦しんだ経験があり、今は、うつ病の克服経験を世の中のために役立てたい!と願っております。

お困りの際は、是非、当方のカウンセリングサービスをご利用ください。

 

▼こちらもチェック!▼

ご予約についてカウンセリング説明

皆さまの体験談全ての記事一覧表示

心理カウンセラー寺井啓二のプロフィール

▼カウンセラーの紹介!▼

うつを克服したカウンセラー

アダルトチルドレンを克服したカウンセラー

 

広告


©2012-メンタル心理そらくも
-- 10時03分--

アダルトチルドレンとの接し方

アダルトチルドレンとの接し方は、自分と相手の信頼関係が大切です。

怒っている女性と不思議そうな女性のイラスト

 

アダルトチルドレンは、心が傷ついたままである分、心に余裕がありません。

なので、はからずも敏感に反応しすぎてしまったり、オーバーに考えすぎてしまいます。

相手を尊重するとは、相手との距離感を大切にすることですので、アダルトチルドレンとの接し方は、お互いの安全距離を保つことがカギとなります。

この記事は、アダルトチルドレンとの接し方について解説をしています。

広告


アダルトチルドレンとの接し方

アダルトチルドレンは、機能不全家族という厳しい家庭で育ったため、親に心を傷つけられてしまったことが、人との信頼関係や人間関係が難しくなる原因です。

心の傷が生きづらい原因となり、自分の心が見ずらくなってしまったり、相手の心もわかりずらくなってしまったり、慌ててしまったり、敏感に反応してしまったりしてしまうものです。

(関連:アダルトチルドレンの特徴

アダルトチルドレンは、「また心を傷つけられてしまうのではないか?」という敏感な警戒心を感じているので、そっと見守ってあげることが大切で、大きく分けて以下の5つがあります。

 

信頼関係をつくる

アダルトチルドレンの方に限らず、自分が安心して人間関係を過ごす方法は、周囲との信頼関係を作ることがカギとなります。

信頼関係を作るとは、「自分は敵ではない」ということを相手にみせてあげることです。

無理に相手の味方になろうとすることは、相手の領域に入りすぎてしまい、かえって信頼関係を損ねる原因となります。

とくに、アダルトチルドレンの方は余裕がなく、警戒心が募ってしまっているので、こちらか無理に接近すると、かえって警戒心を刺激してしまう原因となります。

なので、少し離れた距離感で相手の邪魔さえしなければ、自然と、「敵ではない安心」=「信頼」が広がり、人間関係も好転します。

具体的には、毎日顔を合わせる家族であってもそうでなくても、「お願いします…」「ありがとう…」といった、相手を尊重し感謝する言葉が信頼関係を育んでいきます。

(関連:私もOK、あなたもOK=自立共存

 

相手を否定しない

アダルトチルドレンの方は、親や兄弟など、人に傷つけられてきたぶん、人への警戒心が敏感になってしまっています。

なので、敏感な反応を示したり、オーバな考え方をするかもしれません。

だからといって、それを「おかしい!変だ!まちがっている!」と否定すると、アダルトチルドレンの方を窮地に追い込んでしまいます。

アダルトチルドレンの方は、否定され続けた経験があるので、自分を肯定してくれる人を無意識に求めています。

とはいえ、アダルトチルドレンの方を肯定しようとすると、逆に、依存されてしまったり、逆なでしてしまう原因にもなるので、あくまで、「否定はしない!」に程度の距離感に留め、安全な距離を置き、そっと見守ってあげる姿勢が平和的な方法です。

具体的には、「そっか‥そっか‥」「うん…うん…」といった、相槌やうなずきなどのニュートラルなリアクションをしてあげるとお互い平和的な距離が保て信頼関係を構築できます。

(関連:誰もわかってくれないと感じる心理の原因と説明

 

自分も相手もありのまま

アダルトチルドレンの方も、感情が敏感に反応しすぎてしまうことに、その方ご自身なりに苦しさを感じているのです。

頭ではわかっていても心は思い通りにいかないからこそ、人は悩み苦しいわけです。

アダルトチルドレンの方もあなたも同じ人間です。

なので、アダルトチルドレンの方がなにか敏感に反応しすぎてしまったり、オーバーな発言をしてしまったとしても、決して悪気があってしていることではありません。

そして、あなたが驚いたり動揺してしまったとしても、決してアダルトチルドレンの方を否定したわけではありません

アダルトチルドレンの方に敵意はなく、あなたを驚かせようと思っているわけではないことをわかってあげると、お互いに落ち着くのかもしれません。

具体的には、自分も相手もどちらも悪気はないので、特別、何かする必要はなく、謝る必要も詮索する必要もなく、お互いそのままありのままでOKです。

(関連:「あるがまま」と「ありのまま」の違いは?

 

かわいそうだね…は、トラブルの原因

アダルトチルドレンの方は、長年、愛情や優しさが枯渇しており、とても苦しい思いをしています。

そこで、生半可な気持ちで優しく接すると、アダルトチルドレンの方を愚弄することになります。

アダルトチルドレンの方に対して、もっとも失礼な接し方は、「かわいそうだね…」と同情することです。

もし、生半可な気持ちで同情すると、アダルトチルドレンの方が全力で依存してくる原因となるでしょう。

面倒見がいい人は、安易に人に同情し手助けをしてしまいますが、その手助けが未来永劫、最優先で永遠に提供できるなら、アダルトチルドレンの方の依存を、全力で引き受けるのも自由です。

でも、もし、生半可な気持ちで依存を引き受けると、相手との共依存状態となり、離れるに離れられず、共倒れになる危険性があります。

具体的には、たとえ自分のお子さまであっても、「かわいそうだね…代わりにやってあげるよ…」と同情してしまうより、「見守っているから自分でやってごらん…」と、相手のことは相手に任せて信じ、自立を促し、自信をつけさせてあげることがお互いの平和に繋がる方法です。

(関連:かわいそうという心理を心理学で解説

 

確実な方法は、専門家に任せること。

アダルトチルドレンの方が抱えている苦しさは、親やいろいろな人との間で傷ついた過去の満たされない感情です。

感情とは生命にも関わる繊細なものです。

そして、いくら何とかしてあげたいと願っても、相手をよく知らない立場では、いつまでも満たしてあげられません。

アダルトチルドレンの方を助けてあげることは、残念ながら、痛みどめにはなっても根本解決の方法にはなりません

つまり、アダルトチルドレンの方を救うことができるのは、ご本人のみなのです。

そして、アダルトチルドレンの方が、自分自身を救おうとするお手伝いをさせて頂くのが、私=心理セラピスト寺井啓二の役割りで、分自身もかつてはアダルトチルドレンであり、アダルトチルドレンを克服した心理カウンセラーです。

なので、アダルトチルドレン克服の専門家である私=寺井啓二といたしましては、ぜひぜひ、当方へとご来訪頂き、わたしと二人のチームワークで、アダルトチルドレン症状を平和的に解決していくことをお勧めします。

そのために、当方は、ホームページにてたくさんの記事を公開しています。

具体的には、アダルトチルドレンの方を刺激しすぎないように、「こんなホームページを見つけたよ…」と、そっと教えてあげて、あとは、安全距離を置いて、相手のことは相手に任せて信じて見守ってあげるのが、お互いにとってもっとも平和的な接し方です。

 

アダルトチルドレンの本当の意味

アダルトチルドレンの方は、過去の苦しい体験により、警戒心が強く働いたままであり、そのぶん生きづらさを感じています。

反対に、過去の苦しい体験による生きづらさを感じながらも、真摯に生きておられる人が、アダルトチルドレンの本当の意味なのだと私は思います。

自分がお望めば、アダルトチルドレンは十分に終息できる症状です。

アダルトチルドレンの根本終息は、是非、メンタル心理そらくものカウンセリング&セラピーにてお手伝いをさせて頂きたいです。

 

アダルトチルドレン関連のTOPへ

 

▼こちらもチェック!▼

ご予約についてカウンセリング説明

皆さまの体験談全ての記事一覧表示

心理カウンセラー寺井啓二のプロフィール

▼カウンセラーの紹介!▼

うつを克服したカウンセラー

アダルトチルドレンを克服したカウンセラー

 

広告


©2012-メンタル心理そらくも
-- 21時08分--