プライバシーポリシー(守秘義務)&コンプライアンス(当社既定)

プライバシーポリシー&コンプライアンスとは、ご利用者さまの心の安全と心の成長を第一に優先したい。という当メンタル心理そらくも(以下当方)の願いに沿って、当方が当方のサービスに自ら定めた決まり事=法律のようなものです。

当方は、以下に示すように、ご利用者さまの心の安全と心の成長を第一に優先したい。という願い=プライバシーポリシー&コンプライアンスを遵守した範囲内でサービスの提供を行います。

 

プライバシーポリシー(守秘義務)

プライバシーポリシー(守秘義務)とは、当方が提供するサービスにて知り得たご利用さまの個人情報(ご相談内容も含む)の取り扱いについての規定です。

個人情報の定義

当方が提供するサービスをご利用いただくにあたり、ご利用者さまの個人情報の開示を当方からお願いする場合があります。

ここでいう個人情報とは以下と定義します。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 性別
  • 職業
  • 電話番号(携帯電話も含む)
  • 電子メールアドレス
  • 電子メール&電話&面談にてご開示頂いた具体的なご相談内容=お悩みやプライベートの情報

これらすべての個人情報について、当方は下記の利用目的に従い正当に取り扱いを致します。

個人情報の利用目的

  • カウンセリング&セラピー=面談によるメンタルケアを行うため。
  • 電子メールおよび電話にてのアフターフォローサービス。
  • ご予約の確定&キャンセルの確認の連絡。
  • サービスの改善と向上。(体験談など)

個人情報の第三者(家族・知人も含む)への開示について

当方は、ご利用者ご本人さまからの直接の意思表示をいただくことなく、ご利用者さまの個人情報を第三者に開示致しません。

第三者とはご利用者さま以外のすべての方を示します。

よって、ご家族・友人・知人であっても第三者とみなし、ご利用者さまからの直接の意思表示をいただくことなく、個人情報を第三者=ご利用者さま以外(家族・知人も含む)に開示することは致しません。

ただし、下記に該当する場合は除くものとします。

  • ご利用者ご本人さまとの直接の意思確認が頂けている場合。
  • 法的理由により個人情報の開示が求めらていれる場合。
  • ご利用者さまの生命の安全確保など健康面や財産の保護のために著しい必要性があると当方が断した場合。
  • ご利用者さま又は当メンタル心理そらくもの権利を確保するために必要であると判断した場合。

個人情報の管理

当方は、ご利用者さまの個人情報に関して、漏洩・紛失・不正アクセス等を防止するため合理的な安全対策を行います。

個人情報取扱事業者としての責任

当方は、個人情報に関して適用される法令・規範を遵守いたします。

ご相談内容の取扱いについて

個人情報には具体的なご相談内容=お悩みやプライベートの会話情報も含みます。

よって、電子メール&電話&面談にてご開示頂いたご相談内容、具体的なお悩み、プライベート情報などを、ご利用者さまからの直接の意思表示をいただくことなく、第三者=ご利用者さま以外(家族・知人も含む)に開示することは致しません。

プライバシーポリシーに関して-以上-

 

コンプライアンス(当社既定)

コンプライアンスとは、ご利用さまの心の安全と心の成長を第一に優先したい当方の願いによって、当方が提供するサービスに当方自身が定めた規定です。(サービス提供に関する自主的なガイドラインです。)

提供するカウンセリング&セラピー方式

当方が提供するカウンセリングサービス=カウンセリング&セラピー方式は、1人(ご利用者さま)対1人(寺井)の面談方式のみと致します。

よって、以下のカウンセリングサービスの提供は許されておりません。

  • グループカウンセリング=複数人対1人の面談方式は行えません。
  • 電話方式によるにカウンセリングサービスは行えません。
  • 電子メールによるカウンセリングサービスは行えません。

ご予約頂ける方

当方が提供するカウンセリングサービスは、ご利用者さまご本人にのみご利用いただけるものとし、ご利用者さまご本人さまとの直接の意思確認を必要と致します。

よって、第三者(ご家族・友人・知人)の同席や、第三者(ご家族・友人・知人)による代理のご予約は許可いたしません。

  • ご予約はご利用者さまご本人の意思を当方が直接確認できた場合のみ承ります。
  • 小学生・中学生・高校生など、その他いかなるご利用者さまも、ご本人さま以外の意思=ご家族・友人・知人など第三者の意思によるご予約を承ることは致しません。
  • ご利用者さまご本人の意思を直接確認したいと当方が判断した場合は、インテーク面談=お会いして直接確認させて頂くことを前提といたします。

ご予約の確定

ご予約は、当方とご利用者ご本人さまとのあいだで、以下の4点について明確な合意が成立した時に確定します。

  • ご利用のお日にち
  • ご利用開始時刻
  • ご利用セッション
  • 当方への来訪手段&JR三島駅への送迎の要否

ご予約確定の手段

ご予約の確定手段は、以下の3つの方法といたします。

  • 電子メール(当社既定送信フォームよりの受付が必須)
  • お電話
  • 直接お会いして(インテーク面談及びカウンセリング&セラピー終了時)

電子メールでのご予約確定

電子メールでのご予約確定は、当社規定のホームページ送信フォームより、ご予約の明確な意思表示と各同意事項に同意いただけたうえで受付をして下さった場合のみメールでのご予約確定作業を行います。

メールでのご予約確定とは、下記の4点について、5往復以内にお互い合意し確定していくことです。

  • ご利用のお日にち
  • ご利用開始時刻
  • ご利用セッション
  • 当方への来訪手段&JR三島駅への送迎の要否

電子メールやり取りの規定

お会いする以前のご利用者さまと、当方が電子メールにてやり取りすることが許されていますのは、ご予約確定に向けた上記4点の確定作業のみと規定します。

電子メールでのご予約確定作業のやりとりのなかで、カウンセリング&セラピーのご予約の決心が十分ではないと当方が判断した場合、またはカウンセリング&セラピーにて取り扱うべき具体的な相談内容と当方が判断した内容については、ご利用者さまの心の安全を第一に優先するため、メールでのお返事をあえて保留させて頂きます。

お電話でのご予約確定

お電話でのご予約確定とは、下記の4点について、お電話にてお互い合意し確定していくことです。

  • ご利用のお日にち
  • ご利用開始時刻
  • ご利用セッション
  • 当方への来訪手段&JR三島駅への送迎の要否

お電話でのやり取り規定

お会いする以前のご利用者さまと、当方がお電話にてやり取りすることが許されていますのは、ご予約確定に向けた上記4点の確定作業のみと規定します。

お電話でのご予約確定作業のやりとりのなかで、カウンセリング&セラピーのご予約の決心が十分ではないと当方が判断した場合、またはカウンセリング&セラピーにて取り扱うべき具体的な相談内容と当方が判断した内容については、ご利用者さまの心の安全を第一に優先するため、お電話でのお話をあえて遮らせて頂きます。

お会いしてのご予約確定(インテーク面談)

お会いしてのご予約確定=インテーク面談とは、下記の4点について、ご利用者さまと直接お会いして合意し確定していくことです。

  • ご利用のお日にち
  • ご利用開始時刻
  • ご利用セッション
  • 方への来訪手段&JR三島駅への送迎の要否

インテーク面談は、ご利用者さまご本人にのみご利用いただけるものといたします。

インテーク面談の設定は、ご利用者さまご本人さまからの直接の意思確認を必要といたします。

ただし、ご利用者さまご本人さまとの直接の意思確認が成り、且つ当方が必要だと判断した場合は、第三者(ご家族・友人・知人)のインテーク面談への同席を当方より依頼致します。

お会いしてのご予約確定=インテーク面談の意義

お会いしてのご予約確定=インテーク面談の意義は、幼稚園生、小学生、中学生、高校生、要介護の方など、経済的な自由と移動手段の自由が、ご利用者さまご本人のみでは確立しえないご利用者さまのために用意する特別なご予約確定の機会と意義づけします。

お会いしてのご予約確定=インテーク面談のやりとりのなかで、カウンセリング&セラピーのご予約の決心が十分ではないと当方が判断した場合、またはカウンセリング&セラピーにて取り扱うべき具体的な相談内容と当方が判断した内容については、ご利用者さまの心の安全を第一に優先するため、お話をあえて遮らせて頂きます。

キャンセル規定

カウンセリング&セラピーのご予約確定後、ご本人さまから直接の意思表示を頂けないまま当日キャンセルとなった場合のみ当方から100%のキャンセル料を請求させていただきます。

カウンセリング&セラピーご利用後のアフターフォローサービス

カウンセリング&セラピーご利用後、ご利用者さまはご本人の意思によってアフタフォローサービスをご利用いただくことができます。

アフターフォローサービスは、以下の2つの方法にて提供いたします。

  • 電子メール
  • お電話

アフターフォローサービスの定義

アフターフォローサービスは、直接お会いした機会=カウンセリング&セラピーでお互い共有した収穫を、ご利用者さまがご利用者さま本人の意思で発展向上していく作業を、安全を確保したうえで見守る機会と定義します。

よって、下記の例のごとく、カウンセリング&セラピーのアフターフォローの定義外=アフターフォローサービスではご利用者さまの安全確保が難しいと当方が判断した場合は、カウンセリング&セラピーの再度のご利用を当方から提案したり、あえてメールのお返事を保留させて頂いたり、お電話でのお話しを遮らせて頂きます。

  • ご利用者さまが当方への直接的な援助と意思決定を求めている=依存傾向と当方が判断した場合。
  • ご利用者さまの生命の安全確保など健康面や財産の保護のために著しい損失を招きかねないと当方が断した場合。
  • ご利用者さま以外への心理的な影響があり得ると当方が判断した場合。
  • アフタフォローとして取り扱うよりカウンセリング&セラピーにて取り扱うことでご利用者さまの心の安全と心の成長をより確保&期待できると当方が断した場合。

当方からのご連絡についての規定

ご利用者さまから開示頂いたご連絡先(固定電話、携帯電話、メールアドレス)へと、当方から能動的なご連絡を差し上げることは致しません。

あくまで、ご利用者さまご本人の意思表示を受け取ったのち、その意思表示に応ずる形でのみご開示頂いたご連絡先へと当方から受動的なご連絡を差し上げます。

ただし、下記に該当する場合は除くものとします。

  • 災害、交通機関の乱れなど、周辺状況の悪化により至急の連絡が必要と当方が判断した場合。
  • 当方の急な体調不良、当方の急な事情の悪化など、ご利用者さまに至急の連絡が必要と当方が判断した場合。
  • ご予約状況の平等化をはかるために、ご予約検討中の方への至急の意思確認が必要と当方が判断した場合。
  • ご予約状況の変化によって、ご予約検討中の方への至急の連絡が必要と当方が判断した場合。

コンプライアンスに関して-以上-

 

先頭へ戻る

ココロの資料館 目次

電話での予約

メールでの予約


©2012-メンタル心理そらくも
-- 14時11分--