昼食についての説明

2020年6月12日

昼食についての説明を示しているイラスト

このページは、セッション中の昼食について説明しています。

半日セッションの場合

半日セッションをご利用の場合、「前半のカウンセリング」と「後半のセラピー」のあいだに、10分程度の休憩を設けます。

半日セッションはリズムや流れが大切なのですが、休憩時間に昼食をお楽しみいただきますと、セッションへの集中力が途切れてしまう場合があります。

なので、半日セッションをご利用の場合、昼食はセッションが始まる前か、セッションが終わった後にお楽しみいただきたく存じます。

よって、昼食を済ませてからご来訪頂くなど、安心して過ごせるように調整をお願いします。

 

1日セッションの場合

1日セッションをご利用の場合、「前半のカウンセリング」と「後半のセラピー」のあいだに、30分~40分程度の休憩を設けます。

1日セッションは、長丁場とも言えますので、休憩時間に集中力を回復させる必要があります。

よって、1日セッションをご利用の場合、昼食はセッションの合間の休憩時間にお楽しみいただくことができます。

 

昼食の準備

おにぎり、サンドイッチ、お弁当のイラスト

昼食の準備は、ご利用者さまご自身でお願いします。

昼食は、手作りのお弁当などをご自宅でご準備頂き、当方へとお持ちいただいてもOKです。

また、サンドイッチやおにぎりなどの軽食をコンビニなどで事前にお買い求め頂き、当方へとお持ちいただいてもOKです。

あるいは、当方から歩いて数分のところに「ファミリーマート三島長伏店」がございますので、休憩時間にお買い求めいただいてもOKです。

 

送迎時にコンビニに立ち寄ることもできます

コンビに立ち寄れることを説明しているイラスト

当日、JR三島駅など、お車での送迎をご利用の場合、お申し出頂ければ、途中でコンビニに立ち寄ることもできます。

なので、待ち合わせ場所からカウンセリングルームまで、お車で移動する途中にコンビニに立ち寄りお買い求めいただいてもOKです。

お車での送迎」については、以下のページで詳しく説明しています。

 

昼食を楽しむ場所

昼食はカウンセリングルームで食べる必要があることを示しているイラスト

当日は、クライアントさまの安全確保を第一に優先したいと願っております。

同時に、セッションの流れを大切にしたい想いもあるため、基本的に、昼食は当方のカウンセリングルームでお楽しみ頂きます。

休憩中、どうしても外出して昼食を楽しみたい場合は、お互いに相談のうえ、早めにカウンセリングを終了する場合もあります。

また、休憩時間中は、私=寺井も席を外しますので、お1人でホッとひと息つく時間を持つことができます。

カウンセリングルーム」については、以下のページで詳しく説明しています。

 

当方にて準備しているもの

電子レンジ、冷蔵庫、ポットのイラスト

以下のものは、当方に準備がございます。

必要の際は、遠慮なくお申し出ください。

POINT

  • お湯
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • ミネラルウォーター
  • 手洗い場

もし、ほかにも必要なものがございましたら、当日、遠慮なくお申し出ください。

 

関連ページ

本ページに関連するページを以下に紹介します。

以上、「昼食についての説明」についての説明でした。

▼関連情報まとめページ▼

対面カウンセリングの説明


▼他の記事をお探しの方はこちら!▼

ココロの資料館の目次へ移動

▼カウンセリングの説明はこちら!▼

対面カウンセリング説明
オンラインカウンセリング説明


心理カウンセラー紹介

心理カウンセラー寺井啓二の写真とメッセージ

はじめまして、代表:寺井啓二です。うつ、アダルトチルドレンを克服した経験を持つ心理カウンセラーです。自らの克服経験を世の中に役立てたいと考えています。

代表:寺井啓二の紹介


カウンセリングルーム紹介

メンタル心理そらくものカウンセリングルームの紹介イメージ

カウンセリングなどを行うカウンセリングルームです。中学生、高校生、成人男性、成人女性、ご年配の方まで、静岡県内をはじめ、首都圏、関西、九州、東北など、全国から多くの方に来訪頂いています。

カウンセリングルームの紹介


広告

Posted by 寺井 啓二