自分の心を分析:うつでやる気がでない理由

うつでやる気がでない理由は、やる気を出せる状態じゃないからです。

やる気が出ない状態を説明しているイラスト

 

やる気がでない!

うつでなくてもときどき感じる感情ですが、あまり役に立たなそうな感情のようにも感じます。

でも存在している以上は何か意味があるはずです。

この記事は、うつ(鬱病)の特徴である『やる気が出ない!』という心理状態について、心の専門家である当方メンタル心理そらくもなりの捉え方を綴った記事です。

広告


うつに見え隠れする個性

うつ(鬱病)とは、前に進みたい自分の意思と現状維持していたい自分の意思とが引っ張りあったり押しあって相殺し合っている心理状態です。

例えるなら、自動車のアクセルとブレーキを同時に目一杯踏み込んでいる状態に近いのかもしれません。

 

アクセルとブレーキを同時に目一杯踏み込むと、進みたいパワーと静止していたいパワーが相殺し合います。

この場合、ガソリンがなくなるまでエネルギーを消費してたとしても、結果、自動車は1mも進みません。

 

うつは要休養のサインを表しているイラスト

 

このように前向きな意思と後ろ向きな意思が引っ張りあったり押しあったりしているうちに、心のガソリン=やる気がなくなってしまった状態を、うつでやる気がでない心理状態と言うのではないかな?と私は捉えています。

(関連:無気力状態について知ってみる。

 

でもなぜ?うつはわざわざ邪魔をするのでしょうか?

 

私は自分の心を分析し、うつに対する捉え方についての自分自身の誤解に気づいていきました。

それは、うつは、「私を邪魔をしている」のではなく「私を守ろうとしてくれているのではないか?」という新しい気づきでした。

 

うつの目的とは?それは生命力の回復に専念させることでした。

動物は生命に関わる傷を負ったとき、傷が癒えるまでただじっとしています。

何もしようとせず、深い眠りにも落ちず、食事も取らず、静かに回復に専念します。それはまるで何かに強く命令されているかのようです。

きっと生命力の回復に専念せよと本能か何かが強く訴えてるからではないでしょうか。

 

私は、うつの症状に襲われるたび、「きっとこの苦しい症状にも何か役割があるんじゃないか?」そんな視点でうつ(鬱病)の症状を分析しました。

 

頑張って動き回ると動悸を感じたり、頑張って新聞やニュースを読もうとすると頭に入ってこなかったり。

そして、自分の心にまず生命力の回復に専念させようとする防衛の意図を感じました。

(関連記事:うつで無気力な理由について

 

人間の欲求には段階があります!

少し話がそれますが、ここでは人の行動を邪魔したり機制したりする心の働きについて少しだけ説明させて頂きます。

 

人間の欲求には段階があり、ひとつひとつ順々にしか満たせない。

 

あまたある心理学の中に、マズローの欲求段階説という考え方があります。

人間の欲求は、ピラミッド型の段階状になっていて、下から順々に満たされていく。

人間は気になっている気がかりをあえて無視して先に進むことが難しい生きもので、小説なら第1章→第2章と順序立てて読み進めるからこそストーリを把握できるように、目下の欲求が満たされないと次の欲求は満たせない。という考え方です。

 

マズローの欲求段階説を解説しているイラスト

 

その段階とは、

  • 5段目:自分を更に価値ある存在に高めたい。(自己実現欲求)
  • 4段目:誰かに認められたい。(自我の欲求)
  • 3段目:集団に所属したい愛されたい。(所属欲求)
  • 2段目:安心を確保したい。(安全の欲求)
  • 1段目:生命を維持したい。(生理的欲求)

となっています。

 

うつは愛のムチ!

さて、うつを患うことは心にとって一大事です。

心は混乱し体も疲れ切っています。

だから心(潜在意識=本能)は、まず生命の安全を確保することを第一優先します。

そのため、あえて行動や思考を窮屈に制限することで新たな危険を回避しようとします。

これは非常に強力な指令、緊急事態宣言です。(専門用語で防衛機制とも言います。

 

例えば、地震が起きたとき、机の下に身を隠したりする行動も防衛機制にあたります。

窮屈な机の下に身を隠し行動を制限することで安全を確保し危険を回避します。

 

地震の場合、揺れが収まったり周囲の安全が確保できない限り安心して行動しずらいように、うつも、心身のコンディションを回復させ安心を確保したいという第1段目の欲求が満たされない限り、2段目以降の欲求=「会社に行かなければ!誰かに認められたい!いい仕事をしたい!」という欲求は却下され後回しとなってしまいます。

心身のコンディションを回復させるという第一段目の欲求が満たされない限り、いくら気合で頑張っても空回りとなってしまい、かえって心身のコンディションを悪化してしまいます。

 

建物も基礎部分が完成しない限り、柱や壁といった構造物を建設しようがありません。うつでやる気がでない状態の回復にも必要な順序と段取りがあるわけです。

火事の中を逃げ惑っている最中の人は、生命の安全が確保できるまで会社の出世の事は考えようもないでしょう。

うつでやる気がでない状態もそれと同じです。

なので、うつでやる気が出ない状態は、傷ついている心身の回復に専念させるため、うつが自分を防衛機制しているわけです。

 

よって、焦る自分を、「まだはやい!今は危険だ!」と叱咤する愛のムチがうつの役割りなのかもしれません。

なので、急がば回れのことわざ通り、うつを無理にやっつけようとするより、やる気の回復をじっと待つのが得策のように私は感じました。

 

焦りやイライラは自然にわいてきますので焦りを感じること自体はOKです。

焦りを感じながらも深呼吸などを混ぜて1秒でも静の時間を設けようとすることが、うつ(鬱病)回復の第一歩のように私は感じました。

 

うつでやる気がでない理由:アダルトチルドレンという捉え方

アダルトチルドレンという言葉を知っていますか?

アダルトチルドレンとは、「幼少期に親から受けた影響を成人しても生き辛さとして感じ続けている。」という考え方です。

(関連:インナーチャイルドという考え方

 

モヤモヤと感じる生きづらさがいつの頃からかずっと続いているような気がする…

こんなお気持ちを感じている様でしたらアダルトチルドレンの症状なのかもしれません。

 

アダルトチルドレンの関連記事

チェックリストのイラスト

広告


この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2015年12月19日 | カテゴリー : うつ(鬱病)いろいろ | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 20時35分--