対人緊張=人の目線がとても気になっていたのが和らいで余裕を感じています。-Kさん:東京都20代男性-

-Kさん:東京都20代男性-

男性のイラストE

 

※クライアントさんからお送りて頂いたアフターフォローメールを了承を得たうえで体験談として掲載しています。

広告


体験談:対人緊張が和らぎました。

その節はありがとうございました。

自分は対人緊張とか対人恐怖症をなんとかしたくて寺井さんのカウンセリングを利用しました。

寺井さんとお会いすることができてとても有意義な時間を過ごせました。

 

人の心のしくみについても大変勉強になり日常に余裕を感じることができているような気がします。

周りの人たちの言動にも多分に本心じゃない部分が混ざっているんだな。

それほど本気にしなくても大丈夫だな。とすこし距離を置いて落ち着いて過ごせています。

 

自分が父親の言動をとてもビクビク気にしていたんだなということがカウンセリングで身に染みてわかりました。

そして寺井さんが解釈を示してくださった通り、父親の言動を気にし続けたままになっていたので、同じ仕組みで会社の人や友人や家族や父親以外の人の言動もずっと気にし続けたままになっていたんだなと身に染みてわかりました。

(関連:アダルトチルドレンの生きづらさ

 

自分の父親は会社のトップで今自分は父親の会社の役員として働いていますが、なにをしようにも周りの反応が気になってしまってビクビクしていたところ、もっとしっかりしろ!と父親にどやされてとても苦しくなり仕事場に行けなくなってしまいました。

そんなおり妻が寺井さんのホームページを見つけてくれてこのたびお会いさせて頂きました。

 

セッションでは自分の心でおこっていることがとても納得いきましたし、セラピーでは3D映画とか体感型のゲームみたいに実際に自分で自分を助けてあげました。

 

小さい頃の自分は父親に萎縮してとてもびくびくしていました。

でも今の自分が若い父親におなじ大人の男性としていろいろと意見を言ったところ、実は当時の父親も内心では不安で怖くて気張っていたんだなということ。

今の自分と若い父親の内心はとてもよく似ていたんだなということに納得がいきました。

(関連:インナーチャイルドセラピーの説明

 

セラピーで父親の内心と触れ合ったことで人は外からは強そうに見えても内心ではびくびくしているものなんだなと納得いったことがとても衝撃的で目からうろこが落ちましたし全身の力がほっと抜けたような気がします。

 

今でも父親は厳しいことをやんやと言っていますが、今ではなんだか可愛く思えたり子供に思えたりして余裕を感じています。

 

なによりカウンセリング以来、小さな自分がいつも自分の味方をしてくれているようで父親がどう言おうと自分には妻と子供と過ごす居場所がちゃんとあるような味方がちゃんといてくれるような気がして余裕を感じて過ごせています。

少なくとも父親以外の妻や子供や友人や同僚は父親ではないので安全なんだよなってだんだんと人の言動にたいする警戒みたいなものが和らいでいることを感じています。

(関連:インナーチャイルドの癒しの効果

 

対人緊張=人の目線がとても気になっていたのが和らいでだいぶに余裕を感じることができているような気がします。

 

これからも自分の内面に関心を振り向けながら自立と自信を育んでいきたいです。

といってもまた寺井さんにセラピーをお願いすることがあるかも知れませんので、そのときはまたよろしくお願い致します。

 

そらくも@寺井談

代表 寺井啓二の顔写真


こちらこそこんにちは。

Kさんが感じてくださっている通り、対人緊張=人の目線がとても気にしてくれていた過去の想いがだいぶ和らいでそのぶん余裕が広がっているようですね。

 

【ヒプノセラピーで父親と触れ合ったことで人は外からは強そうに見えても内心ではびくびくしているものなんだなと納得いったことがとても衝撃的で全身の力がほっと抜けたような気がします。】

【今でも父親は厳しいことをやんやと言っていますが、今ではなんだか可愛く思えたり子供に思えたりして余裕を感じています。】

【なにより、小さな自分がいつも自分の味方をしてくれているようで父親がどう言おうと自分には居場所があるような気がして余裕を感じて過ごせています。少なくとも父親以外の妻や子供や友人や同僚は父親ではないので安全なんだよなってだんだんと人の言動にたいする警戒みたいなものが和らいでいることを感じています。】

 

Kさんが感じ取ってくださりこうして教えてくださっているお気持ちの流れみたいなものが、とても素晴らしい心の癒し&心の成長&心の自由化みたいなもののように私も感じてとても嬉しいです。

 

Kさんの仰る通り、Kさんが生まれて初めてであった人間は「お父さま」だったんですよね。

 

生まれて出会って以来、「お父さま」という人間の本音や内心が良くわからなくて安心しきれなくて、幼い頃からビクビクとソワソワと警戒したりするしかなかったのでしょうね。

 

とはいえ、セラピーであらためて過去の印象をリサーチしてみると、若かりし「お父さま」も、実は大人になったKさんと全く同じ胸のうちだった。

 

人にバカにされてしまうんじゃないか?人に見下されるんじゃないか?って、Kさんと同じように、若かりし「お父さま」もいつもビクビクとソワソワしていたんだなってことにKさんはとても納得がいったんですよね。

 

よくわからかった若かりし「お父さま」の本音や内心が、「じつはKさんと同じようにお父さんも怖くて不安で必死だった」=「カウンセリングを利用しているKさんと若かりしお父さまは同じ気持ちだった」と気づけたとき、遠い昔から大きなプレッシャーとなっていた「お父さまへの印象」=「生まれて初めてであった人間印象」=「人間という生き物のルーツの印象」がほっと(^-^)和らいで、そのぶんお父さまにたいしても奥さまやお友達や同僚さんにたいしても、もう安全なんだ…って人間全体に対する警戒と緊張も和らいでいって、そのぶんKさんは「人の言動にたいする警戒みたいなものが和らいでいることを感じています。」と感じることができているんですよね。

 

KさんがKさんご自身のお悩みの歴史みたいなものに関心を振り向けてあげることで、新しい捉えかたで過去の印象をリサーチして思い込みや誤解を解きほぐしてあげて、そのぶん未来の自分を心地よく過ごせるようにしてあげた…

 

Kさんが感じ取ってくださりこうして教えてくださっているお気持ちの流れみたいなものは、人の心のしくみをとてもよく理解した素晴らしい心の成長の流れだなと私は感じましたし、素晴らしい心の癒し&心の規制緩和&心の自由化みたいなものを感じてとても安心を頂いております。

 

それでは、こちらこそ今後ともよろしくお願いいたしますね。

 

メンタル心理そらくも 代表 寺井啓二(^^)

 

次の方の体験談も読んでみましょう。

女性のイラストR

広告


この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2017年1月10日 | カテゴリー : ご利用者さまの体験談 | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 12時33分--