うつ病の高校生と接して感じた体験談です。

うつ病を抱える高校生とのカウンセリングで感じたことです。

うつ病の高校生のメッセージ

 

ここ最近、うつ病を抱える高校生がカウンセリングに訪れてくれるケースが多くなってきています。

この記事は、うつ病を抱える高校生と接してきた私の感想を私の言葉で表しています。

 

思春期はうつうつとする時期

高校生や中学生は、人の成長過程に照らし合わせると、思春期と呼ばれる時期です。

 

思春期とは、11~18歳頃まで続く、心身ともに不安定な時期をさします。

不安定というのは決してマイナスではなく、それだけ成長し変化し躍動している時期ということです。

 

思春期には、身体は一気に大人へと成長していくのですが、心理面は恐る恐る慎重に成長をしていくので、心身のバランスの変化に戸惑いを感じ不安定になり、不安やイライラを感じやすい時期でもあります。

 

大人であっても、全く新しい環境に引っ越したりすれば、心理的に慣れるまで時間が掛かるように、思春期の子どもたちも、自分自身の変化に、11~18歳頃まで、時間を掛けて慣れていきます。

その間は、迷ったり、苦しんだり、背伸びをしたり、泣いたり、笑ったり、いろいろな感情を豊かに感じて表現し、初夏の草木のようにエネルギッシュに成長していきます。

 

高校生も人間関係が大変なイメージ

 

うつ病の高校生A君

さて、先日、私のところにお越しくださった高校生A君は、不登校=つまり学校への登校が困難になり、お家の自室に閉じこもりがちになって、心療内科さんを受診したそうです。

そして、高校生A君は、うつ病と診断されたそうです。

 

うつ病とはどういった心理状態かというと、心という鍋の中に感情というスープがパンパンにたまってしまっている状態です。

このとき、鍋の中にたまってしまっている感情というスープをストレスと呼びます。

 

うつ病とは、日々自然に豊かに生まれてくる感情を、何かの理由で自由に表現したり発散できなくなってしまったため、自分自身の心に溜め込みがちとなり感情の循環が滞ってしまい、心が渋滞して重くなってしまっている状態です。

 

うつ病の高校生A君は、学校でも家庭でも、日頃の感情を表になかなか表現できず、1人でたくさん抱え込んで苦しんでいたのです。

なので、眠れなかったりやる気が出なかったり集中できなかったり不安が止まらなかったり自己嫌悪無気力自己否定など、さまざまな苦しい症状を感じて限界だったと思います。

とても苦しかったことだろうなと私は思いましたし、よくお越しくださったなぁ…と、私はとてもありがたかったです。

 

高校生はストレスをたくさん抱えている。

さて、うつ病の高校生A君はなにを気にして自分の感情=ストレスを抱え込んでしまったのでしょうか?

それは、ほとんどの場合、周囲の人たちの反応です。

 

自分が感じたことを言葉や表情や動きで表現したのに、周囲の人たちにバカにされたり無視をされれば、ショックを受けて心が傷ついてしまいます。

一度、心が傷ついてしまった以上、同じ想いは二度としたくないので、感情表現を躊躇するようになります。(専門用語で防衛機制と言います。

 

高校生がいじめでうつ病に

 

思春期は、ただでさえ豊かに感情を感じる時期です。

湧水のように豊かにあふれ出る感情を、豊かに表現して心を循環させることでイキイキと成長していきます。

 

ですが、自分の置かれている環境や周囲の人たちの反応によっては、

湧水のように豊かにあふれ出る感情を我慢して抑えなければならなかったり、傷つくことを恐れ心に抱え込んでしまう場合があります。

そして、ひとたび我慢や抱え込んでしまうようになると、日がすぎるたびに心にストレスがたまっていき、心が重くなって動けなくなってしまいます。

 

つまり目には見えませんが、思春期=高校生も、お父さんやお母さんと同じくらいに、重い荷物=ストレスをたくさん抱えているわけです。

 

うつ病の高校生A君はなにを気にしていたのでしょうか?

さて、先ほどもお話をさせて頂きましたが、

うつ病の高校生A君が苦しい想いを抱えることになってしまった流れは、

 

  • そもそも思春期の高校生はたくさんの感情を豊かに感じます
  • 豊かに感じる感情をスムーズに発散できなかったため心がストレスで満杯になってしまった。
  • 心がストレスで満杯だと心に空きスペースがないため、新しい行動や感情が生まれにくくなってしまった。
  • その状態をお医者さまは、高校生A君をうつ病と診断をした。

 

という流れでしたね。

 

高校生がうつ病になったいきさつ

 

ポイントは、高校生A君がスムーズに感情を発散できていれば、心にストレスを溜めることもなかったということです。

 

では、なぜ?高校生A君は感情をスムーズに発散できなかったのでしょうか?

 

それは、家族や友人など、周囲の人たちの反応がイマイチであったため、高校生A君は感情を表現しずらくストレスを溜めこんでしまった…という場合がほとんどです。

 

友人から無視をされたり、からかわれたり、粗略に扱われたり、意地悪をされれば、心が傷つき、次からはグッと我慢して現状を維持せざるをえなくなります。

くわえて、親からは、ああしなさい!こうしなさい!とプレッシャーを掛けられてしまったり、親がお仕事などで不在がちのため、家庭でも機会を失い八方塞がりとなり、心がストレスで満杯になり、高校生A君はうつ病を抱えることになってしまったわけです。

 

うつ病の高校生…それは平和を願っている。

さて、みなさんは、うつ病という言葉を聞いてなにを感じますか?

怠け者?弱虫?おかしい?恥ずかしい?

 

確かに、人の心は、自分自身が体験したことがないことを「おかしい」と感じるようにできています。

ですが、高校生がうつ病を抱えるということは、それだけ周囲の甘えを受けとめて耐えてくれている。ともいえるのかもしれません。

 

友人の振り回しに付き合ってあげたり…

親や家族の期待の押し付けに応えてあげたり…

 

自分の感情を、周りのだれかに平気で八つ当たりして無責任に発散できていれば、ストレスを溜めることなく、うつ病の高校生とはならなかったわけです。

でも、それでは心が痛む優しさがあるからこそ、A君はぐっと堪えてくれた…

 

周りから自分がされて嫌だったことを、自分は周りにしたくはない…

うつ病の高校生A君は、このように周囲との穏やかな関係を築こうとしていたのかもしれません。

 

だとしたら、自分の気持ちを相手に押し付けたり八つ当たりするのを避けるために、A君はぐっと堪えてくれたわけですから、うつ病の高校生A君は、苦しさのぶんだけ平和を願っているのだと私は感じました。

 

うつ病の高校生との接し方

さて、うつ病の高校生との接し方について、わたしなりの雰囲気を書き留めていきます。

先ほども申し上げました通り、思春期=高校生は、ひとりの大人として自立をしている最中です。

なので、上から目線で

 

話しを聞いてあげるよ…なんでも話してごらん…

という態度では、高校生はかえって心を閉ざすでしょう。

 

あくまで、相手の意思を尊重し

 

教えてもらえると嬉しいな…教えてくれてありがとう…

という態度で接することで、高校生は自分の意思でいろいろと教えてくれます。

 

クライアントを信じて見守っている

 

親から見れば、思春期とは、何とかしてあげる子育てから信じて見守る子育てへの転換期です。

もしかしたら、親がいろいろしてあげてしまうことが、かえって高校生の自尊心を傷つけてしまっているのかもしれません。

 

「親に助けて甘えさせてほしい!」という雰囲気から「親にそっと見守っておいてほしい!」という雰囲気への転換期が思春期なのですよね。

 

苦しんでいる我が子をそっと見守ることは、我が子を見捨てることにはなりません。

その子のことはその子に任せ信じて見守る…

そうやって、親に信じてもらえると子どもは嬉しくて自信がつくのかもしれません。

 

なので、私はカウンセラーとしても、高校生A君を信じてふわふわと見守らせて頂きました。

そして、高校生自身の意思と納得でもって、たくさん溜めこんだストレスの感情表現をゆっくりと始めてくれました。

結果、心のなかが空っぽになるくらいスッキリして、軽くなった心とともに軽やかになっていきました。

 

オンラインカウンセリングのご紹介

引きこもり、不登校、遠方の方、お試ししたい…

当方は、インターネット回線を介しカメラとマイクを利用したオンラインカウンセリングを行っています。

是非、ご活用ください。

オンラインカウンセリングロゴ

 

目次へ戻る

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。