自分自身をいたわり安心と自信と幸せを作っていきます。-Kさん:静岡県三島市40代男性の体験談-

-Kさん:静岡県三島市40代男性-

男性のイラストD

 

※クライアントさんに書いて頂いた体験談を了承を得てそのまま掲載しています。

 

体験談:自信と幸せを作っていこうと思います。

40代男性妻子があり、前職10年程続けてきました。

2年程前から突然職場の人間関係がうまくいかなくなってしまいました。

自分に対してかなりキツイ当たりで、ものすごい孤独感と不安感で全てに自信がなくなってしまいました。

 

それでも家族のため頑張ってきましたが、体調が悪化して仕事が出来なくなってしまい退職することになってしまいました。

この先の自分や家族が不安で、怖くて、苦しくて…どうしようもない沈んだ気持ちでホームページを見かけ「メンタル心理そらくも」さんに相談しよう。聞いてもらう。と思いました。

 

インテーク面談でじっくりと自分が今悩んでいることの確認をして、寺井さんのやわらかい人柄にひかれ、もしかしたら前に進めるかもしれないと思い、セラピーを決めました。

インテーク面談〜セラピーで、寺井さんの安心させてくれる様な言葉にホッとしながら、ホロっとしながら自分を見つめ直せたと思います。

おかげで、不眠だった毎晩が安心して眠ることができるようになれました。

(関連:インナーチャイルドの癒しの効果

 

今までの自分は、ずっと人との付き合い方に不安を抱えて生きてきました。

その不安を押しつぶし、我慢し、無理矢理周りの人達の為にひたすら頑張り、周りの人達の幸せが自分の幸せだと、知らないうちにそう思い込んでしまっていた様です。

(関連:アダルトチルドレンの生きづらさ

 

自分の幸せは、自分にしか作れない。」ですよね。

強い心を作るのではない!苦しいことを受け入れられる、やわらかい心を作る!」ですよね。

 

これからは、自分のツライ気持ちを無視せず、優しく「そうだよな〜。」「心配になって当然だよ。」「怖いよね〜。」って感じで自分自身をいたわってあげ、不安を受け入れることで安心と自信と幸せを作っていこうと思います。

 

明日から、いよいよ新しい会社での仕事の出発です。

 

正直、心配、不安はあります。

 

でも今までと違い、ドキドキ感に押しつぶされる様な感じより、「やってみるか〜。」って感じで心がなんとなく軽い感じがあります。

 

この先、たくさんのイヤなこと、ツライこと、心配なことがあると思いますが、そんなことがあったら、胸に手をあて、自分の気持ちを聞いてあげて安心させてあげようと思います。

 

将来、自分が幸せだと感じられ、周りの人達も幸せだと感じ、全ての人達で幸せを感じあえる日がくることを楽しみにして、ゆっくりと優しく進んでいきたいです。

 

寺井さんのおかげで、そんな気持ちに気付かせてもらえ、本当に感謝してます。

ありがとうございました。

 

アフターフォローで、近況報告やどうしても大きな壁に当たることがあったら、またご相談させて頂きたいと思います。

 

これからも末長くよろしくお願いします。

 

そらくも@寺井談

代表 寺井啓二の顔写真


Kさんの場合、【強い心】というのがとても大切なキーワードだったんですよね。

 

過去のいろいろな体験から、ある日ある時から、KさんはKさんを強く見せる&強くさせることで幸せを感じようとしてくださっていた。と私は感じていました。

 

強くあれば、頑張っていれば、我慢していれば、

いつか誰かにわかってもらえて幸せになれるんじゃないか?

 

いつの日か、このように思い込まざるを得なかった過去のKさんが居てくれて、それ以来、強くあれば、頑張っていれば、我慢していれば、いつか幸せになれる…という幸せのレシピに基づいて、Kさんは懸命に生きてきてくださったのですよね。

 

とはいえ、強くあれば、頑張っていれば、我慢していれば、いつか幸せになれる…という幸せのレシピは、うらをかえすと、

弱い自分を隠していれば、不安を押し込め続けていれば、怖さから目を背けつづけていれば、いつかきっと幸せになれる…とも置き換えられるのかもしれませんね。

 

なので、強い心を作る=自分自身が自分自身を選り好みしてしまうことは、自分で自分を窮屈にしてしまうでしょうし、自分が自分に不満を感じ、自分が自分に怯えてしまうことにもなりますね。

 

不安な自分も大切なのに、なぜか?不安はいけない!となっていたとしたら、ふと不安を感じたとき、不安な自分=いけない自分と出会ってしまうことになって、不安に不満も驚きも悔しさもかさなり、どんどん不安が膨らんでしまって、Kさんはとても苦しい想いをしてこられたんですよね。

 

そして、インテーク面談でいろいろな新しい発見に触れて、セラピーという機会で、不安な自分も、怖がる自分も、全部OKだったんだよな。って心理的に納得できたことで幸せのレシピを上書きしてあげることも叶って、KさんはKさんに寛大でいてもOKになって、KさんがKさんを労わってあげてもOKになって、KさんがKさんに安心させてもらえるようになって、KさんがKさんに安心してもらえるようにもなったんですよね。

 

今回、Kさんが生み出してくださった、KさんとKさんの信頼関係による安心感=自分と自分の信頼関係による安心感のことを、【自信】というのだろうなと私は思います。

 

そして、Kさんの仰る通り、Kさん同志の間で(^-^)な気持ちを増やしてあげることで、Kさんオリジナルの素敵な(^-^)な気持ちに触れた周囲の方たちも、安心して(^-^)な気持ちになっていくのだろうなと私もせつに感じています。

 

自分を選り好みする=強い心から、自分が自分の受け入れ先になってあげる=寛大でやわらかい心へと、KさんはKさんの心のモードを優しくシフトしてあげることが叶ったんですよね。

 

くわえて、Kさんが、メールのやりとり⇒インテーク面談⇒カウンセリング&セラピーと、ひとつひとつ幸せへの道筋をご自身で確かめてご自身で歩んでくださったことが、Kさんのエスコート役でありチームメイトである私にとっても大きな手助けとなりました。

 

素敵な体験談をいただきまして深く感謝しております。

Kさんとお会いできて、私もとても嬉しかったです(^-^)

それでは、今後とも末永くよろしくお願いいたしますね。

 

メンタル心理そらくも  代表 寺井啓二(^^)

 

次の方の体験談も読んでみましょう。

女性のイラストB

 

目次へ戻る

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。