寺井さんのカウンセリングを受けるかどうか迷っている方へ、どういうカウンセリングなのかを知ってもらうため体験談という形で記したいと思います。-Tさん:東京都30代男性の体験談-

-Tさん:東京都30代男性の体験談-

男性のイラストC

 

ここを読んでくれる皆さまへ

私は寺井さんのカウンセリングを受けた者です。

ネガティブな体験談も欲しいとおっしゃっていたので、自分なりに体験談を書いてみました。

 

寺井さんのカウンセリングを受けるかどうか迷っている方へ、どういうカウンセリングなのかを知ってもらうため体験談という形で記したいと思います。

あくまでも私個人の感想なので、実際あなたが受けるときの感想とは違うと思いますが、ひとつの例として受け止めていただければ幸いです。

 

※クライアントさんの了承を得た内容をそのまま掲載しています。

広告


電話予約

ホームページに書いてある時間帯に電話をしました。

時間ちょうどにかけないとつながらないという経験があったので、ジャストの時間でかけました。

「声の印象」

とても優しい感じです。高くもなく低くもない。穏やかな感じです。

私は生きづらさの原因は親にあると感じていたので、その話をしました。

 

寺井さんはひとつひとつの言葉に丁寧に対応してくださり、いざカウンセリングの予約という運びとなりました。

 

寺井さんは、カウンセリングを受ける本人からの予約でないと受け付けてはくれません。

それはカウンセリングを受けるという意思を自分で宣言する、というところからカウンセリングが始まっているからです。

親に言われたから受ける。パートナーに言われたから受ける。のではなく、自分で自分を治したいという意思表示がなければ、何も始まらないからです。

 

そして、カウンセリングを受ける時間についてもそれは同じです。

半日セッションなのか、1日セッションなのか。

それもすべて自分で決めなければなりません。

 

私は、1日セッションを選択しました。

 

自分には1日が必要だと感じたし、寺井さんが、もし当日カウンセリングを受けて体調が悪くなったら半日セッションに切り替えても構いません。という言葉に安心し、1日セッションを希望しました。

 

メール応対

「メールの印象」

とても丁寧で、誠実さがにじみ出ています。

自分のことを大事にしてくれている。そういった感じがありました。

 

また、カウンセリングを受けるまで、どのように過ごしたらいいかという相談に対しては、相談にのってくれませんでした。

それは、メールという誤解を受けやすいものではかえって私にとって悪い影響を与えてしまうかもしれないから、とのことでした。

私はそれについても誠実さを感じました。

 

カウンセリング当日

私は東京からだったので、新幹線に乗って三島まで行きました。

「お会いしての印象」

ホームページよりは少し歳をとったような印象です。

(寺井さん、そろそろホームページの写真変えてもいいんじゃないでしょうか笑)

誠実な印象はありました。

 

「車での送迎」

とても心地よい車内でした。

ジブリのオルゴールが流れていました。

緊張していましたが、少し安心があったという感じです。

 

「カウンセリングルーム」

ホームページのままの印象です。

部屋の温度、湿度を体に適したものにしてくれています。

足元にはホットカーペットがありました。

また、お水や飴もありました。

 

「カウンセリング」

まずは、簡単なカウンセリングシートを書きました。

自分のことをどう呼んでほしいか、今日何を話したいか、等です。

それを元に、カウンセリングが始まり、自分が何で悩んでいるのか、何に生きづらさを感じているのか、今日どんなことをしていきたいか、等を話しました。

 

「お昼休憩」

近くに喫茶店とコンビニがあります。

私はコンビニで昼ごはんを買い、カウンセリングルームでひとり昼食を取りました。

 

「セラピー1」

催眠療法を行いました。

寺井さんの穏やかなお話から、自分の感情を開放していく感じです。

セラピー自体は、自分の悩みの原因に深く焦点を当て、(私の場合は親からの自立でした)それを治していく、といった感じです。

 

「セラピー2」

イスを使ったポジションチェンジという方法を使い、自分の中での《理性》と《感情》の2役を演じ、どんな自分がいてもOKという体験をすることができました。

 

「今日1日の総括」

1日を通して、どんな気づきがあったか、これからどうしていきたいか、等を総括します。

この時の私は、正直疲れすぎていて、内容をよく覚えていませんでした。

※カウンセリングやセラピーは、ホワイトボードを使いながら行います。

 

各セッションの最後にはホワイトボードを写真に撮ることができます。

これにより、家に帰った時、振り返りをすることができます。

 

私の様にその時は疲れすぎていて分からなかったものも、後からホワイトボードを眺めながら思い出すことで、様々な気づきがあり、理解を深めることができました。

その後は、三島駅までまた車で送ってもらって、1日の終了です。

 

「終了後のメール」

カウンセリングとセラピーを受けた後、寺井さんから1日を振り返ってのメールが届きます。

ここでもまたその日のことを思い出し、理解をさらに深めることができました。

 

その後

「プライバシーポリシー」

私の場合は、カウンセリングを受けた後、パートナーや親が寺井さんに電話をしていました。

それでも寺井さんは私の状況や、どんな内容だったかということを決して彼らに教えませんでした。

確認をしましたが、本当に教えていない様です。

そこでも誠実さを感じました。

 

「アフターフォローのメール」

カウンセリングを受けてから数ヶ月、私は今度、自分の焦りを何とかしたい、という悩みに突き当たりました。

そこで寺井さんにメールをしました。

メールでの回答は、ヒントとなることもありましたが、それでも私は悩みが解決できなかったので、またカウンセリングを受けることにしました。

 

まとめ

そんなこんなで、私は合計4回、カウンセリングとセラピーを受けました。

今後も受けるかどうかは分かりませんが、今のところはもう受けなくても大丈夫かな?といった感じです。

4回受けて思うのは、今まで受けたカウンセリングよりも寺井さんが最も良かったということです。

 

これまでに5回ほど受けたことがありますが、どうもしっくり来ませんでした。

持論を展開する人、時間が来れば次の予約を促す人、金儲けなのかと疑ってしまい、信頼して話せていなかったのだと思います。

 

寺井さんは、電話でもメールでもカウンセリングでもセラピーでもアフターフォローでも一貫して信頼できる人だと感じました。

だから安心していろいろと話すことができました。

 

また、寺井さんは例えが上手で、話題が豊富で、引き出しをとても多く持っている方です。

でも、理解してほしいという思いが強いあまりに、話のスピードが速く、理解するのに時間がかかってしまいました。

私にとってどの例えがフィットするのか分からないからこそ、たくさんの例えを出してくださるのですが、ひとつひとつを理解しようとすると疲れてしまい、最後にはガス欠してしまう。という感じでした。

思えば最初のカウンセリングの時に話のスピードについて聞かれたことがあり、もう少しゆっくりがいいと答えておけば良かったかなと思います。

 

それでも総じて、寺井さんはコスト面でもパフォーマンス面でも、本当に良心的な方だったと思います。

あくまでもクライアントのペースを大事にしてくださる方です。

私にとってはとても素敵なカウンセラーでした。

 

最後に

ここまで読んでくださって、ありがとうございました。

今は本当にいろいろな悩みがあって辛いと思います。

ダメで元々、一度お電話してみてはいかがでしょうか。

 

私はサクラでも寺井さんの応援団でもありません。

ただ一人のクライアントです。

 

私のように悩んでいる方に、少しでも楽になってほしいなと思い体験談として記しました。

寺井さん、本当にありがとうございました。

 

ネガティブな意見も含めて正直にいろいろ書いてみました。

 

これからは、《理性》と《感情》を仲良くさせて=自立して、どんな自分にもOKをあげる。

そして、相手のことも尊重する。

そんな生き方をしていきたいと思います。

本当にありがとうございました。

 

そらくも@寺井談

代表 寺井啓二の顔写真


今回はTさんが胸の内に感じてくださったいろいろな想いをこうしてお聞かせいただき誠にありがとうございます。

 

今回の体験談でTさんが感じてくださったTさんの感情=【自分はこう思っている…】【自分はこう感じている…】【自分はこうしてみたい…】を、TさんがTさんのご意思でもってこうして原色のままお聞かせ下さっている内容は、とても貴重な体験談だなと私もあらためて感じています。

 

感情とは、なにか周囲の変化に応じて勝手に何かを感じ何かを伝えようとしていること。なんですよね。

 

うらをかえせば、人の感情とははからずも目に見えませんので、ついつい誤解が生じて苦しさを招いてしまったり、ついつい誤解を感じたまま思い込んでしまったりしてしまうものですね。

 

私もTさんからの体験談を頂くまでは、きっとTさんはこう感じてくださっているのではないかな?という私なりの誤解や思い込みがあったことにあらためて気づくことができました。

 

カウンセリング&セラピーという貴重な時間を体験してくださっている最中に、TさんがTさんの胸の内に感じてくださった目に見えない感情&本音&想い&願いを、Tさんがこうして体験談という見えるカタチでお聞かせ下さったことで、Tさんの大切な感情をあらためて共有させて頂くことが叶って私にとっても貴重な財産とさせて頂くことが叶いました。

 

TさんがTさんのことを大切に想ってくださるからこそ、いろいろと感じてくださったことを原色のままこうしてお聞かせいただけていることは、これからカウンセリング&セラピーを利用したい!と感じてくださっている方へのなによりの真摯なエッセンスとなるのではないかな?と私も大変感謝を感じております。

 

私が提供させて頂いているカウンセリング&セラピーにたいして、私自身が感じる印象についてはホームページなどで私自身の言葉で表現することも叶うのですが、それはあくまで私=寺井の寺井への印象=寺井の勝手な思い込みにすぎないんですよね。

 

私が提供させて頂いているカウンセリング&セラピーにたいして、クライアントさまが感じる印象をクライアントさま自身の言葉で表現していただくことは、残念ながら私には叶わず、唯一クライアントさまご本人さまにのみ叶うことなんですよね。

 

そういった意味では、今回のTさんから頂くことが叶った体験談は、メンタル心理そらくものカウンセリング&セラピーにたいして、クライアントさま=Tさんが感じてくださったTさんオリジナルの印象を、クライアントさま=Tさんご自身の言葉で原色のまま表現してくださっている…これはとても貴重な体験だなと、私もあらためて感じて嬉しく思っています。

 

こちらこそ、今回は貴重な体験談をいただきまして誠にありがとうございますね。

 

メンタル心理そらくも  代表 寺井啓二(^^)

 

次の方の体験談も読んでみましょう。

男性のイラストA

広告


この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2015年12月22日 | カテゴリー : ご利用者さまの体験談 | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 15時17分--