いつも近くにいてくれる大事な人がわからない!と感じてしまう方たちへ

人間同士の距離感は大切だというイメージ

広告


はじめに

いつも近くにいてくれる人に

うるさいな…

それぐらいわかってよ…

言わなくてもわかるでしょ…

って思ってしまうことってありませんか?

 

私はぼちぼち有りますよ(^^)

そんな時、いつもこう思えたらいいなって感じます。

良かったら読んでください。

 

いつも近くにいてくれる大事な人がわからない!と感じてしまう方たちへ

いつも近くにいてくれる人に

「うるさいな…」

「それぐらいわかってよ…」

「言わなくてもわかるでしょ…」

って思ってしまうことってありませんか?

 

あの人のことがよくわからない!

と感じてしまうことがありませんか?

 

私はぼちぼち有りますよ。

奥さんにも子供達にも感じてしまうことが有りますよ。

 

そんな時、

私はいつもこう思えたらいいなぁって感じます。

それは、こんな感じです。

 

いつも近くにいてくれる人は、

いつも近くにある「冬のストーブ」や「暗闇の照明

のような存在なのかもしれませんね。

 

そばにいてくれることが当たり前になりすぎていて、

自分に工夫を求めるより、

ついつい相手に努力を求めてしまうのかもしれません。

 

ストーブもすぐ目の前にあっては暑すぎてしまいます。

かといって、ストーブを倉庫にしまい込んでは寒すぎますね。

 

照明もすぐ目の前にあっては眩しすぎてしまいます。

かといって、照明を倉庫にしまい込んでは暗くて何も見えません。

 

ストーブも照明もとても大事なものですし何も変わっていません。

そして、何も悪いことはしていません。

ただ、 懸命に火を燃やして、ただ 懸命に光を灯してくれています。

 

ても、それぞれの中身はなにもかわっていないのに、お互いの距離感によっては、暖かさが暑さに、明るさが眩しさに、心地よさが苦しさに変わってしまうんでしょうね。

 

だったら、相手を自分好みに変えようとするより、自分が動いて相手との距離感を変えてみる事で、暑いのが暖かくなってくれて、眩しいのが明るくなってくれて、苦しさが心地よさになるのかもしれませんね。

 

人との距離感が近すぎてわからなくなってしまったら、

少しだけ距離を感じ直せたらいいですね。

 

そらくもより(^^)

 

体験談のご紹介

 

体験談を読んでみましょう!

女性のイラストQ

広告


この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2015年12月19日 | カテゴリー : コミュニケーション向上 | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 20時08分--