映画「八日目の蝉」生きづらさの原因インナーチャイルドを感じよう!

先日、映画「八日目の蝉」を見て、奥さんとオイオイ泣いてしまいました。

映画「八日目の蝉」の中にインナーチャイルドがわかりやすく感じ取れました。

 

主人公の井上真央さん&永作博美さん…みなさんの演技が素晴らしかったですね。

 

大人になった主人公「薫」=「恵理菜」=井上真央さんが妊娠を知った時、どうして「産みたくない」という気持ちになったのか?

大人になった主人公「薫」=「恵理菜」=井上真央さんが、日々どうして「憂鬱な表情で楽しみ切れない」生きづらさを感じることになったのか?

その生きづらさの原因をとても良く感じ取れる映画でした。

 

映画「八日目の蝉」とは?そのあらすじ

あるときあるところで、既婚の男性を愛して子供を身ごもった女性=「希和子」=永作博美さんがいました。

 

「希和子」は母となることをとても喜んでいたのですが、でも不倫相手の男性は「希和子」が子どもを産むことを許してくれませんでした。

結局「喜和子」は子供を産むことをあきらめます。

 

そして「希和子」が母になれなかった絶望に包まれる中、同時期に不倫相手の男性の妻が女の子を出産したことを知ります。

「希和子」は絶望感にけじめをつけるために、不倫相手の男性とその妻の赤ちゃん=「薫」=「恵理菜」=井上真央さんを一目見ようと、不倫相手の男性宅に留守を見て忍び込み、ベビーベッドで泣いている赤ちゃんを見つめます。

 

でも赤ちゃんを見た瞬間、「希和子」は思わず赤ちゃんを抱えて家を飛び出してしまいます。

それから「希和子」は逃亡を続けながら必死で赤ちゃんを守り、大きな愛情を注いで懸命に育てていきます。

 

でも同時にこの親子関係は、誘拐犯と被害者という関係でもあるわけです。

 

そして、ついに警察に発見され、親子は離れ離れになってしまいます。

「希和子」は警察に連行され、「薫」=「恵理菜」は無事に産みの親の元に帰れることになるのですが…

 

誘拐された子どもと、誘拐した優しい育てのお母さん

誘拐された子どもは二つの名前を持つことになりました。

 

ひとつは生みの親が名づけてくれた名前「恵理菜」

もうひとつは育ての親が名づけてくれた名前「薫」

そして、育ての親こそ自分を産みの親から誘拐した「希和子」です。

 

ことの始まりは「希和子」の過ちだし、社会的責任という眼鏡をかけて見れば善悪は容易につけられるでしょう。

でも、物事にはいろいろな見方があるので、良いか?悪いか?という観点は今の私にとっては重要じゃありません。

 

大事なのは、ふたつの名前をもった「薫」=「恵理菜」の心です。

私なりにふたつの名前とふたりの親を持つ「薫」=「恵理菜」の心を感じてみましょう。

 

物心ついたとき「薫」は幸せだった…あったかいお母さんがいてくれてずっととても幸せだった。

誘拐犯であり「薫」の育ての親でもある「希和子」=永作博美さんは、動機はどうであれ「薫」を深く愛して育てていきます。

そして、母=「希和子」&子=「薫」のとても暖かい親子関係を築いていきます。

 

でも、同時に逃亡生活でもあるので、周囲に気を配り各地を転々としながら貧しいながらもできる限りの愛情を注いでいきます。

 

いきさつはどうであれ、「希和子」は誘拐された子供=「薫」にとっては、物心つく前からずっと一緒にいてくれる大好きな大好きなお母さんだったんですね。

 

この映画に限らず出来事にはいろいろな見方があります。

この記事ではあえて「薫」=「恵理菜」の心を感じてみたいです。

なので、ここからは「薫」=「恵理菜」の目線で記事を書き進めていきます。

表現もあえて偏った表現にしています。

 

「薫」から「希和子」=大好きなお母さんへ…

お母さんは、いつも一緒にいてくれてとても大好きです。

いろいろ一緒に遊んでくれて、いろいろなことを教えてくれて、いろいろ一緒に過ごしてくれる。

 

いつもニコニコしてくれる。

でもときどき怒ってくれる。

でも怒ってもまたニコニコしてくれる。

泣いたらやさしく包んでくれる。

寂しいと一緒にいてくる。

頑張るとたくさん褒めてくれる。

お母さんといるととても暖かい…

 

「薫」にとっての「希和子」はとても優しいし、時々怖い時もあるけど、いつも自分の存在を大切にしてくれる。

 

色々なことを一緒に楽しんでくれて、色々な時間を一緒に過ごしてくれて、色々なことの意味を一緒に考え教えてくれるかけがいのない存在だったでしょう。

 

とてもとても幸せだったと思います。

 

事情がどうであろうと、周囲がどう思おうと、「薫」自身は「希和子」と過ごす時間がとても幸せだったと思います。

 

いつも頼りになる暖かいお母さん=「希和子」と過ごした時間…

それは「薫」自身にとってはとても幸せな時間だったでしょう。

 

でもある日突然、暖かいお母さん=「希和子」は「薫」の目の前で知らない大人たちにどこかへ連れられて行ってしまいます。

 

「薫」も突然に大好きなお母さんと離れ離れにされて、生みの親と名乗る大人の元に連れて行かれてしまいます。

そして、それ以降「薫」は二度と大好きなお母さんに会えなくなってしまいます。

 

どうして?お母さんと一緒にいられないの?どうして?お母さんは悪い人なの?どうして?私は「薫」じゃいけないの?

大好きなお母さんと幸せに暮らしていたのに突然離れ離れになって、環境が大きく変わってしまった…

 

知らない大人の所に連れて行かれて、名前も「薫」から「恵理菜」に変わってしまった。

そして周りの大人たちに突然こう言われるようになった。

 

「恵理菜ちゃん、悪い人から助けてもらえて良かったね。」

「恵理菜ちゃん、悪い人と一緒にいて怖くなかった?」

 

この時の「薫」のショックは大きかったでしょう…

とてもとても大きな傷を心に負ってしまったと思います。

 

今まで「薫」だと思っていた名前が突然「恵理菜」に変わってしまった。

今まで「大好きだったお母さん」が突然「悪い人」に変わってしまった。

今まで「とても幸せだった時間」が、突然「辛かった時間」に変わってしまった。

 

どうして?お母さんと一緒にいられないの?

どうして?お母さんは悪い人なの?

どうして?大好きなお母さんのことを嫌いにならなきゃいけないの?

どうして?「薫」じゃいけないの?どうして?どうして?

 

「薫」の心にこんな大きな「?」があふれて渦を巻いて巡っていたでしょう。

「薫」はこの時、この「?」を確かめることすら出来なかったでしょう。

そして「薫」はこの時の「?」を心にしまい込み、「恵理菜」として生きていかなくてはならなくなりました。

 

大好きなお母さんを周りの大人たちは悪い人だという…

周りの人が悪い人というお母さんを私は大好きだ…

 

でも、周りの人が悪い人というお母さんを大好きだと思う私も悪い人なのだろうか…

わからない、わからない…

 

私は、お母さん=「希和子」を嫌わなければいけない…

そして、私は「薫」を嫌わなければいけない…

 

いつまでも答えの出ない「?」を抱え続けるのは苦しいことです。

やがて「薫」はこんな妥協をすることで前へ進もうとしたのかもしれません。

 

私は「薫」=自分の過去を嫌わなければいけない…

「恵理菜」として「薫」を抑え込まなければ悪い人になってしまう…

 

こんな自分で自分を嫌ってしまう苦しい心理が根づいてしまったのかもしれません。

 

「薫」は突然のショックを受け入れるために「恵理菜」として「薫」を自己嫌悪することで、なんとか心のバランスをとろうとしたのかもしれませんね。

 

これが「薫」=「恵理菜」の心に残った「過去の傷ついた気持ち=心の縛り=インナーチャイルド」なのかもしれません。

 

暖かい気持ちがするたびに自己嫌悪する。自分を好きになれなきゃ自分の子どもも好きになれない…

時が流れ、「恵理菜」はどこかクールでひょうひょうとした大人に成長していきます。

そして、かつて自分の父がしていたように、妻子持ちの男性と不倫をしています。

 

大人になった「恵理菜」=井上真央さんの表情や言葉から「恵理菜」の心にどんより漂う気持ちや自己嫌悪する苦しさと疲労感のようなものを私は感じ取りました。

 

大人になった「恵理菜」だって喜んだり楽しんだりするのでしょう。

でもそのたびに「薫」を感じて「薫」を嫌悪して「恵理菜」がどんよりする。

そんな苦しい心理を抱えていたのかもしれません。

 

人は幼い頃に暖かい気持ちをたくさん心に染み込ませていきますね。

そして大人になっても暖かい気持ちが力を与えてくれます。

 

「恵理菜」の心にもたくさんの暖かい気持ちが染み込んでいたでしょう。

でも「恵理菜」にとっての暖かい気持ちのルーツは嫌わなければいけない過去=「薫」です。

 

心がフワー!っと暖かく盛り上がりそうになる度に「薫」を感じて⇒嫌悪して⇒ブロックされて⇒ひょうひょうとしてしまう。

こんな苦しい心理的ブロックを抱えていたのかもしれませんね。

 

そして、かつて自分の父と自分の育ての母親がそうであったように、「恵理菜」自身も不倫相手の子どもを妊娠します。

 

「恵理菜」なりに、いろいろな人に触れて確かめた結果「産まない」という結論に「恵理菜」は至ります。

 

「自分のことが好きになれないんだから自分の子どもを育てていく自信を持てる気がしない。」

この時の「恵理菜」の気持ちはこんな感じだったのかもしれませんね。

 

幼い頃に心に染み込ませた「愛」という気持ちを抑え込んで生きてきたのですから無理もないことだと思います。

 

愛し方がわからないということなのかもしれません。

 

でもあることをきっかけに大きく事態が変化していきます。

それは「恵理菜」が抑え込んできたもう1人の自分「薫」の幼馴染み「千草」=小池栄子さんとの出会いです。

 

「恵理菜」にとって「薫」は嫌いな存在、でも「千草」にとって「薫」は暖かい存在だったわけです。

この出会いがきっかけで「恵理菜」の心の整理が始まります。

 

セラピスト役「千草」が寄り添いながら無理なく暖かい気持ちに導かれていく…

やがて「恵理菜」は「千草」に誘われて旅を始めます。

「恵理菜」のルーツを見つめる心を整理する旅=セラピーです。

 

旅が進むにつれて、「恵理菜」の脳裏に今まで抑え込むしかなかったいろいろな記憶が蘇ってきます。

 

今までは幼い記憶=「薫」=嫌わなきゃいけない存在…という単純だけど強力な方程式だったのかもしれません。

 

でもいろいろな記憶が蘇るたびに暖かい気持ちを感じ始めます。

そして、「恵理菜」を苦しめてきた単純で強力な幼い記憶=「薫」=嫌わなきゃいけない存在…という方程式が、過去から蘇る暖かさにゆっくり溶かされていきます。

 

この時のシーンからいろいろな気持ちを感じて、いろいろな過去を感じて、無理なく整理していく…

そんな様子が感じ取れました。

 

この時の「千草」の役割がセラピストの役割なのかもしれません。

そして「恵理菜」は「薫」の終焉=「恵理菜」の始まり=育ての母親「希和子」との別れの記憶に辿りつきます…

 

あぁ…やっぱりあの人を好きでよかったんだ!どうしてだろう?…お腹の子も好きなってる…

人は疑問が解消する直前に、「んっ?待てよ…」こんなモヤっとした気持ちを良く感じるかもしれません。

次にいろいろなことを一瞬でつなぎ合わせて整理して「そうか!そうだったんだ!」と深い納得とスッキリ感を感じるでしょう。

 

旅を続けて蘇るいろいろな気持ちを感じて、「恵理菜」は【「薫」が心にしまい込むしかなかった沢山の「?」の答えがある場所に行けば全て解決する!】と感じたのかもしれません。

その瞬間走りだし、とある写真館に駆け込みます。

 

その写真館は「希和子」と「薫」が離れ離れになる直前に、最初で最後の記念写真を撮影した場所でした。

 

撮影されたきり持ち主の手に届かなかった写真…

幸いにそのときの写真がまだ残っているということを「恵理菜」は知ります。

 

写真館の店主さんも写真に対する思い入れがあるのでしょう、多くを聞かず事情を察して大事に保管し続けた写真を快く「恵理菜」に手渡します。

そして「恵理菜」は写真を見て、突然に離れ離れになって以来、久しぶりに育ての母「希和子」と幼いころの自分「薫」の姿を目にします。

 

その瞬間、優しく暖かい気持ちが蘇り、自分の愛のルーツを思い出して、よくわからなくて抑え続けるしかなかった自分の愛のルーツを取り戻すことができたのかもしれません。

この時「恵理菜」は愛のカタチを自分で承認したんだと思います。

 

「希和子」との間に確かに素晴らしい愛があった!

 

突然に離れ離れになって、環境が変わって、「希和子」との愛を否定しなければならなくなってしまった。

 

子供の頃は1人では生きていけません。

生きていくには周囲の大人に従い「希和子」を否定するしかなかった。

 

でも「恵理菜」は大人になって1人で生きていけるようになった。

そして、これからより幸せに生きていくために勇気をもって自分の愛のルーツを確かめて、やっぱり愛のカタチはこれでよかったんだと深く納得したのでしょう。

 

「希和子」との暖かい時間を承認した瞬間、心にポカンと開いていた穴に愛というピースがしっかり埋まって、心がガッチリとひとつにまとまったんだと思います。

 

最後に、写真館を出て「希和子」と「薫」が離れ離れになった港に辿りつきすべてを思い出します。

 

警察の捜査の手を逃れるため、小豆島から船で旅立つ夜、警察に発見され離れ離れになりながらも、大声で「その子はまだ食事を取っていません!よろしくお願いします!」とギリギリまで「薫」を思いやる優しかった母「希和子」の姿をはっきりと思出だします。

 

やっぱりお母さんは優しかった!

「薫」にとってはお母さんは悪い人じゃなかった!

やっぱり「薫」は幸せだった!

 

お母さんは「薫」を愛していた!「薫」もお母さんを愛していた!

私=「恵理菜」もお母さんを好きでいていいんだ!

お母さんが私を愛してくれたように私は私を愛していいんだ!

お母さんが私を愛してくれたように私はおなかの子を愛せばいいんだ!

 

そして「恵理菜」は新しく宿したお腹の子に「希和子」が感じさせてくれた暖かい気持ちを感じます。

 

「どうしてだろう?まだ生まれていないのにお腹の子が愛おしくてたまらない。」

 

こんな素晴らしい言葉と喜びに包まれて物語は終わっていきます(^^)

 

「薫」=「恵理菜」にとっては、物心付いた時から側にいてくれた大人=「希和子」を親だと思って当然ですよね。

 

映画「おまえ、うまそうだな」という映画でも草食恐竜に育てられた肉食恐竜の話が描かれていますね。

 

血のつながりもある意味固定概念なんかもしれません。

 

血のつながりも大事ですが、やっぱり自分が弱く誰かに頼らなければ生きていけない時期に助けてくれた大人は、その後も大きく影響するということですね。

 

それを常識とか思い込みで周囲の大人から自分の気持ちと全く正反対の解釈を一方的にたくさん突然見たり聞いたりしなければならかったのは、「薫」=「恵理菜」にとってはとてもショッキングなことだったと思います。

 

「恵理菜」の生きづらさの原因は、幼い頃に傷ついた「薫」=インナーチャイルドの存在だと私は思います。

 

「恵理菜」は幼い頃に傷ついた「薫」を嫌い続けるしかなく、「薫」を嫌い続けることは自分で自分を嫌い続けるわけですから、生きづらくて当然ですね。

 

「恵理菜」は大人になって、「薫」を受容したんですね。

そして「薫」=インナーチャイルドに居場所ができて劇的に心が晴れやかになったのでしょう。

 

子供は1人では生きていけない…

 

だからやむを得ず心に誤解を抱えてしまうこともあります。

でも大人になれば1人でも生きていけるでしょう。

 

そうしたら「恵理菜」のように心の誤解を解けばいいんですね。

そのお手伝いをするのがメンタル心理そらくものセラピーです(^^)

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。