生き辛さをどうしたら解決できるのか?その方法を掴むことができました。-Nさん:兵庫県30代女性の体験談-

-Nさん:兵庫県30代女性-

女性のイラストF

 

※クライアントさんに書いて頂いた体験談を了承を得てそのまま掲載しています。

広告


体験談:生き辛さの解決法を掴みました。

私が寺井先生のホームページにたどり着いた時、正直「自分の人生って一体何?」と相当な重い気持ちでした。

 

簡単に言うと、物心ついた時からずっとなんとなく生き辛く、人との距離感があり、どうしたら楽になるのかがわからず、ただ頑張ること、努力することで乗り切っていたのですが、途中からそれがどんどん空回りすることに気づき、かと言って一体どうしたらいいのかわからない状態でした。

 

学生のころに読んだ「アダルトチルドレン」の本に書かれていた状態ととても似ていて、わたしはこれかな〜と驚いたことがあります。

 

仕事をしているときは失敗の連続、そしてそれをクヨクヨする気持ちから抜け出せないまま、休むこともできずまた仕事に行き失敗の連続、そして孤立感、それが毎日延々と続く地獄の日々でした。

 

また、仕事を辞めて専業主婦になってからも過去の後悔、子育てでも毎日が不安、どうしようもない後悔、孤独感、その他もろもろの苦しい気持ちがつきまとい、子どもも学校に行かないようになってきました。

 

なんとかしなくちゃと、心療内科にも何度か通ったことがありますが、薬を飲んでも一時的なものでしかなく、「治る」という感じはなく、たくさんの本も読みあさりましたが「これが実行できたらきっとすばらしい世界が待ってる!」と思えたものの、実際にやってみると効果が感じられない、方法がわからなくなって行き詰るなどの理由で挫折しました。

 

そんななか、最近「自分が自分を好きでいさえいたらこの世の問題は何もなくなる」という本を何冊か読みなんとなく希望を持てましたが、やってみると私はどうしても自分を好きになれないんだ、どうしよう…と焦って絶望的な気持ちもどこかでありました。

 

それで、私は一体何のために苦しい思いをいつも抱えて生きているんだろう…と相当追い詰められた気持ちを抱えていたとき、寺井先生のホームページとたまたま出会え、先生のプロフィールやブログが温かくて難しい内容が分かりやすく書かれていることから、なんとなくかつすがる思いでメールを送ったんですが、その返信の言葉で「この先生ならもしかすると私の絶望的状況を救ってもらえるかもしれない…」と思い、近隣県の他の心理カウンセラーさんもたくさんいるのですが、プロフィールやブログから同じように思える方が見当たらなかったこともあり、自分でも驚くほどの行動力でセラピーを受けました。

 

結果から言えば、これまでの苦しい人生の理由、子どもが学校に行かなかった本当の理由、そして心のつらさをどうしたら解決できるのか、その方法を掴むことができました。

 

また、私は私でこんな感じで良かった、と自分を嫌いな思い込みをやめて好きになっていけそうです。

 

今までのもうどうしようもないと思っていたことも、同じように少しずつだけど確実に見方が変わってきてこれからも変わっていくという感じです。

 

さらに子どものことは、私自身はっきりと見えてなかった子ども時代からの苦しさと全く同じ苦しさを子どもが持っていたことに気付くことができ、私自身と子どもを一緒に癒し、「お母さんが苦しかったことを教えてくれたんだね、ありがとう!」と言いました。

(関連:インナーチャイルドの癒しの効果

 

今まで宿題や学校を嫌がっていた時と全然違い、「やっと僕のこと分かってくれた」的な感じで宿題をし、学校に行きましたが、これは私自身の変化ではないのでちょっと驚き、とても嬉しいことでした。

 

さて寺井先生の心理カウンセリングとセラピーですが、先生ご自身がウツを経験され、その中で体得され編み出された方法ということでとても説得力があり、利用者の求めるものを分かってくれます。

 

心の仕組みを分かりやすいイラストなどで説明してもらいましたが、そのイラストなどを自分で書いて目のつくところに貼って、折にふれ思い出したり、セルフセラピーなどで役立てています。

 

心の仕組みを知ると自分の中の苦しさの原因や、思い込みが少しずつ取れて心の使い方に選択肢が増えました。

 

心のことを自分でどうにかしようとすると、自分を見るのも自分の心で、落ち込んであがってこられないなんてこともあったな〜と、全体像をより分かっている専門家に教えてもらうことで、怖くて見られなかったような自分の過去や心の傷なども直視して、そのことで新しい見方もできるようになったと今回わかりました。

 

寺井先生は、そらくもさんのイラストのように、シンプルで気取らず、温かくて話しやすい方で、ウツの時には想像を絶する苦しい体験をされたと思うのですが、その中でご自身の状態を客観的に楽しみさえ感じながら観察したり分析された頭脳明晰な方だな〜という印象です。

 

そして辛い経験を世の中に役立てたいという気持ちもとてもいいなと思います。

 

「より経済的に豊かに、より多くの人間関係を持ち、年をとっても若く美しい肉体を持ち・・・」という右肩あがりを追求する価値基準は実は欧米から持ち込まれたものだ、と何かで聞いたことがありますが、それぞれの時代で価値基準は変わっていくものだと思います。

 

みんなが同じ方向を右肩あがりで進んでいこうというのは無理があり、それを当然と思い込んで社会全体が進んでいくと行きづまってしまう日が必ず来ますよね。

 

行き詰ってどうしていいかわからない、心がボロボロなのに治ることができない、そんなの辛すぎます。

 

私はそんな中で寺井先生のそらくもさんに出会えて本当にラッキーだったな、助けてもらってありがとうございまーす!

 

そらくも@寺井談

代表 寺井啓二の顔写真


Nさんは初めてメールをくださってからわずか約1週間で長距離移動を経てセラピーを受けに来てくださり、セラピーを受けてくださってからわずか約1週間でこの体験談を書いてくださいましたね。

 

遠いところから勇気をもってお越しくださったこと、そして快く体験談を書いてくださり誠にありがとうございます。

 

初めてメールをくださった時は、過去にも、今にも、未来にも、ご自分のことにも、お子様のことにも、たくさんの苦しさを感じていたのですよね。

 

でも、Nさんの勇気ある行動があったから2週間でこれだけの大きなプラスの変化を感じることが出来たのですよね。

 

Nさんが短期間で大きなプラスの変化を感じられるようになった原動力は、Nさんの「何とかしたい!というお気持ち=自然治癒力の発動」が一番大きかったのだろうと私も思いますし、もしこの素敵なお気持ちがなければ、ここまで大きなプラスの変化も感じられなかったのかもしれませんね。

 

何とかなるなら何とかし始めたい…

できるならはじめたい…

うまくいくならやってみたい…

 

私もそうですが、人はついついこのような迷いのスパイラルに迷い込みがちなのかもしれません。

 

でも、Nさんは「何とかし始めてみよう!エイヤッ!」って動き始めることで「何とかなっていった」のだと私も思います。

 

人は誰でも結果が保証されるなら動き始めたいと思うことと思います。でも、結果って動き始めなければ確かめられないものでもあるということですね。

 

美味しいって言ってもらえるなら、料理を作りたい…

でも、作り始めてみなければ料理を美味しくすることもできない…

 

そんな素敵なことに改めて気づかせていただきました。

私も素敵な体験をさせていただきました(^^)

 

遠いところからお越しくださり重ねてありがとうございました。

そして、長い時間お付き合い頂きお疲れ様でした。

 

これからもメール&お電話でいろいろお聞かせください。

今後とも、よろしくお願いいたしますね。

 

メンタル心理そらくも 代表 寺井啓二(^^)

 

次の方の体験談も読んでみましょう。

女性のイラストJ

広告


この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2015年12月23日 | カテゴリー : ご利用者さまの体験談 | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 16時28分--