ヒプノセラピー(催眠療法)の効果と説明

ヒプノセラピーの効果は、大きくわけて3つあります。

ヒプノセラピー、エリクソン催眠療法のイメージイラスト

 

この記事は、当方メンタル心理そらくもが大切にしている心理療法のひとつ『エリクソン催眠療法(ヒプノセラピー)の効果』についての当方なりの考え方を説明しています。

広告


ヒプノセラピーの効果

まずはじめに、ヒプノセラピーの効果について、少し硬くなりますが、学術的に説明していきます。

専門的に捉えると、ヒプノセラピーの効果には3つの側面があります。

ひとつ目は、リラックス効果、ふたつ目は、暗示効果、みっつ目は、ネガティブ感情の解放効果です。

ひとつひとつ学術的に説明していきます。

 

トランス状態で感じるリラックス効果

トランスとは、とても集中している状態のことです。

 

「なにかに集中していたらいつの間か時間が経っていた…」

みなさんもこのような経験があるかもしれません。

 

お仕事や勉強やゲームやおしゃべりなど、ひとつのことに集中しているととても心地よいものです。

このとき、なにか一点に集中している状態がトランス状態で、集中しているときに感じる心地よさが、トランス状態で感じるリラックス効果です。

 

たとえば、ヨガや座禅などでも瞑想がありますが、この瞑想状態に入っていくのと催眠状態は同じ感覚です。

瞑想は、目を閉じることで外部情報を遮断し、意識=理性を落ち着かせ、呼吸に意識を向けることでリズム感を感じ、周辺に散っていた意識を内面へ内面へと一点集中していきます。

 

このように、瞑想は、トランス状態へと自分1人で入っていきますが、ヒプノセラピーの場合は、ヒプノセラピストの引導に従って2人で取り組んでいきます。

瞑想は、トランス状態でリラックスを感じること自体が目的ですが、ヒプノセラピーの場合は、トランス状態のリラックス状態をベースに、暗示退行といった、目を開けていては到底到達し得ない感情に近づいていくので、引導役としてセラピストがエスコートしていきます。

 

当方メンタル心理そらくもでヒプノセラピーを体験したクライアントさまの殆どは、「あっという間に時間が過ぎました!こんなに時間が経っていたのですね!」という感想を聞かせてくださいます。

目を開けていると、ついつい自分の本音から目を背けてしまったり、誤魔化してしまいますが、ヒプノセラピーのトランス状態で過ごすことで、自分の本音から目を背けることがなくなり、スムーズに感情解放が進んでいきます。

このように、目を開けている通常のカウンセリングより、数十倍も効率的に心をリフレッシュできるのが、ヒプノセラピーのひとつ目の効果です。

 

暗示効果

前述のトランス状態で時間を過ごしていると、クリティカル・ファカルティー(現実と空想を区別しようとするフィルター)が弱まって、自分の言葉や周囲の言葉を受け入れやすくなっていきます。

この状態を被暗示性が高まったといいます。

 

みなさんも機嫌がいいときは、ついつい甘くなって、周りの人のわがままを聞き入れてしまったりしませんか?

 

このように、クリティカル・ファカルティーというバリアが和らぐと、自分の言葉も周囲の言葉も素直に受け止めやすくなり、被暗示性が高まります。

 

クリティカル・ファカルティーとは、いわばクールさや疑いや恥ずかしさといった部分なので、そのバリアが和らぐと、夢中で感情を解放できたり、自分の言葉や周囲の言葉を信用しやすくなります。

この状態で、過去の苦しい体験を振り返ると、嫌いだった自分を信用しなおすことができたり、警戒していた周囲の人を信用しやすくなっていきます。

このように、辛く苦しい過去の記憶をホッとリフレッシュし、心の負担を軽くしていくための新しい捉え方や考え方を受け入れやすくすくなるのが、ヒプノセラピーのふたつ目の効果です。

 

退行によるネガティブ感情の解放

退行によるネガティブ感情の解放とは、通称、インナーチャイルドセラピーと呼ばれています。

ヒプノセラピーにより、前日のトランス状態及び暗示効果を最大限に活用しながら、辛く苦しい過去の記憶を当時の幼い自分の姿=インナーチャイルドに置き換えて、インナーチャイルドの姿や胸のうちや行動にトランスしていくことで、長年、ずっと心にしまいこんでいた否定的な感情や苦しい思い込みを安全に解放していくことができます。

自分でも気づかないうちに心に抱え込んでいたネガティブ感情は、うつ病や依存症やパニック障害などの心の問題を引き起こします。

つまり、うつ病や依存症やパニック障害などの心の問題の根本的な原因である、遠い昔のネガティブ感情を安全に解放することができるのが、ヒプノセラピーのみっつ目の効果です。

 

ヒプノセラピーをもっと知ってください。

ここからは、ヒプノセラピーについて、少しでも理解を深めていただきたく、いくつかのお話をまとめてご紹介します。

私なりに読みやすく工夫していますので、是非、お読みください。

 

催眠術や心を操るものではありません。

ヒプノセラピーってどんなイメージがしますか?

 

まず、ほとんどの方が、こんなことを感じませんでしたか?

ゆったりと座れる椅子に楽に腰かけて、催眠術を掛けてもらって、気が付いたら魔法にかかったみたいに悩みが取り除かれている…

 

残念ですが…

ヒプノセラピーは魔法的なものとは全く違います。

当方メンタル心理そらくもが用いるヒプノセラピーは、エリクソン催眠療法です。

 

基本的に、催眠状態になっても、催眠暗示(私の言葉)は、あなたが望んでいなければ、あなたは無視したり拒否したりできます。

それは、催眠状態が深くなればなるほどそうなっていきます。

 

つまり、ヒプノセラピー=エリクソン催眠療法とは、効果が深まれば深まるほど、あなたは素直になっていって、催眠暗示(私の言葉)が嫌だと感じれば、よりハッキリと拒否したり無視したりすできるようになります。

 

カエルのイラスト

 

だから、私があなたをカエルにしようとしてもワンちゃんにしようとしても、

あなたは【イヤです!】と普段よりキッパリ言い切れるわけです。

 

ヒプノセラピーは魔法でも心を操ったりするものではありません。

ちゃんと手順を踏んで、気づいたり感じたり、許したり納得したり…

 

怖さや寂しさなど、頭ではわかっていたも今までなぜかなかなか認めずらかった気持ちを、抵抗感少なく素直に認めやすくなっていきます。

 

そして、今までは強がって我慢し続けるしかなかった悲しい、寂しい、悔しい、怖い、辛い…といった気持ちを、我慢しなくてもいいかなぁ…と、素直に認めて心の外に出してあげられるようになり心の負担を減らしていけるわけです。

 

催眠状態は、皆さん毎日経験されています。

じつは、催眠状態とは、それほど特別な状態ではなく、皆さん毎日経験されている感覚でもあります。

 

例えば、冬のこたつでうたた寝してる時…お風呂でウトウトしてる時…

大事な人と喧嘩しても、薄暗い部屋、薄暗いバー、薄暗いレストラン等の場所だと、なぜか?素直になれたりしませんか?

幼いころ子守唄を歌ってもらったときに感じたような…「なぜだか?気持ちよく素直になりやすい」心理状態が催眠状態です。

 

トランス状態何て言い方もしますが、つまり催眠状態とは、周囲への警戒が和らぎとても集中できている。ってことですね。

なので、スマホのゲームやインターネットの記事や本やテレビや映画など、周囲より目の前のことに集中できている心持ちを催眠状態って言うわけですね。

 

素直になれるということ。

特に、催眠状態になると心がとても素直になります。

なので、自分が受け入れたくない言葉などは、かえって周りの状況や顔色に惑わされず拒否したり無視したりしやすくなります。

 

寝起きで寝ぼけている人、うたた寝している人に、懸命に話をしても聞いてもらえなかった経験がありませんか?

それは、寝起きで寝ぼけている人、うたた寝している人が、まずその時にしたいこと【眠りたい】を第一優先したいので、あなたの話が届かないわけです。

 

その時の自分にとって一番に望んでいることを最優先に選びやすくしてくれる心理状態を催眠状態と言います。

 

ヒプノセラピーは、防衛機制を休ませる。

つまりヒプノセラピー単体では、ただリラックス状態を味わうだけとも言えます。

それだけでも十分効果はありますが、大事なのは、ヒプノセラピーを用いて、何を感じ何を整理していこうとするかです。

 

今まで、

いい加減解決したい!忘れたい!

でも解決しようにもよくわからない…

気が付くと目をそらしてしまう…

 

頭ではわかっているのに気持ちがどうにもならない状態。

なぜ、困難だったのでしょう?

 

それは、あなたの心に備わった冷静な視線=防衛機制の存在が影響しているかもしれません。

 

こんなことしてていいの?

解決しなかったらどうするの?

わたしは本当に悩んでいるの?

弱いだけじゃない?

やめといたほうがいいんじゃない?

本当に大丈夫?

 

こういった、あなたの心に備わったソワソワ&モヤモヤ=防衛機制が、あなたが悩みすぎないようにあなたの悩みの根本から意識を反らしてしまい、自分でも自分の気持ちがよくわかりづらくなっていたわけです。

今までは、この防衛機制が、ごまかしごまかし、現状維持をして守り続けてくれていたわけです。

 

でも本格に根本処置をするには、この防衛機制に一旦、休息してもらわなければなりません。

そこで、ヒプノセラピーを用いることで、恥ずかしさやごまかしなどの防衛機制を一旦弱めて、今までなかなかわかりづらかったお悩みの根本に、安全に集中してアクセスできるようになるわけです。

 

防衛機制に惑わされているイメージ

 

とくに、アダルトチルドレンインナーチャイルドといった、遠い昔の感情に集中するためには、目を空けていると、防衛機制によって意識を反らされ惑わされてしまいます。

 

なので、ヒプノセラピーとは、目を閉じてゆったりとすることで、霧のようなソワソワ&モヤモヤした防衛機制という取り巻きを和らげ、取り巻きの中にある、あなたの本心をクリアにキャッチしやすくする。ということが目的です。

 

そして、心=脳のしくみを理解し、ヒプノセラピーにて煩悩やプレッシャー=防衛機制を和らげつつ、インナーチャイルドセラピーEFT(感情解放テクニック)もあわせて、長年、心の負担となっていたずっと昔の感情を、夢中になって発散し心を癒してみることで、魔法のような劇的な効果が生まれるかもしれません。

 

体験談を読んでみましょう!

女性のイラストC

広告


この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。