インナーチャイルドセラピーの解説

2019年9月5日インナーチャイルド, インナーチャイルドセラピー, カウンセリング&セラピー

インナーチャイルドセラピーは、自分で自分を癒し人生を心地よくしていく方法です。

インナーチャイルドセラピーのやり方を説明しているイラスト

 

インナーチャイルドセラピーとは、催眠療法(ヒプノセラピー)をベースに、潜在意識の奥深くにある傷ついた感情を解放していく心理療法です。

インナーチャイルドとは、子供時代の寂しさや傷ついた感情の象徴であり、アダルトチルドレンとは、傷ついたままのインナーチャイルドを抱えていることにより大人になっても生きづらさを感じ続けている人です。

そして、アダルトチルドレンが抱える生きづらさは、子供時代から傷ついたままの自分のインナーチャイルドを自分で癒すことで回復します。

よって、インナーチャイルドセラピーは、子供時代から傷ついたままのインナーチャイルドを癒すことで、アダルトチルドレンからの回復することを目的とした心理療法です。

この記事は、アダルトチルドレンからの回復を自分自身で生み出していく心理セラピー、インナーチャイルドセラピーについて解説しています。

心理学でのインナーチャイルドとは?

両親の不仲によってインナーチャイルドが傷ついているイラスト

 

心理学でのインナーチャイルドとは、子供の頃、自由な感情表現ができなかったことで傷ついた子供のことを指します。

ただ、虐待などの際立った状況に限らず、両親の不仲、過干渉、過保護などの影響で、子供がいい子を演じたり、頑張りすぎたり我慢しすぎたり、安心できない家庭環境で育った子供のことも、心理学ではインナーチャイルドと考えます。

そして、子供の頃、自由な感情表現ができずに傷ついたインナーチャイルドを大人になっても抱え続けている人を、心理カウンセリングの現場ではアダルトチルドレンと呼びます。

よって、心理学でのインナーチャイルドとは、アダルトチルドレン症状から回復をするために、催眠療法(ヒプノセラピー)などを用いて空想する、傷ついた子供時代の自分のイメージで、心理カウンセリングの現場では、「傷ついたインナーチャイルドを癒すことでアダルトチルドレンからの回復が可能になる…」と考えます。

そして、インナーチャイルドを癒すことでアダルトチルドレンからの回復を目指すセラピーのことを、インナーチャイルドセラピーと呼びます。

▼詳しくはこちら▼

心理学でのインナーチャイルドとは?

 

インナーチャイルドチェック

傷ついたインナーチャイルドをいい子を演じて隠している子供のイラスト

 

心理カウンセリングの現場では、インナーチャイルドチェックを行うことで、自分のインナーチャイルドの状態に関心を向けていきます。

インナーチャイルドチェックは、自分のインナーチャイルドが傷ついていないか?をチェックすることができます。

そして、傷ついたインナーチャイルドを抱えているということは、アダルトチルドレンの症状を抱えていると考えます。

よって、心理カウンセリングの現場では、以下のアダルトチルドレン症状チェックリストを実行することで、インナーチャイルドの状態をチェックしていきます。

▼詳しくはこちら▼

アダルトチルドレン症状チェックリスト

広告

 

インナーチャイルドセラピーのやり方

インナーチャイルドセラピーのやり方を説明しているイラスト

 

インナーチャイルドセラピーのやり方は、催眠療法(ヒプノセラピー)をベースに、インナーチャイルドセラピストの誘導によって行っていきます。

また、インナーチャイルドセラピーのやり方には、心理面においても安全面においても様々な注意点があり、前半と後半にわけて行う必要があります

 

  • 前半:目をあけてインナーチャイルドを見つける作業
  • 後半:目を閉じてインナーチャイルドと対話する作業

 

ここでは、インナーチャイルドセラピーのやり方を、大きく3つにわけて説明しています。

 

インナーチャイルドの癒し方:基本の流れと注意点

インナーチャイルドセラピーのやり方で重要なポイントは、「過去」⇒「現在」⇒「未来」にバランスよく注目し、「過去の未完」を見つけ「未完の完結」を果たしていくことです。

また、「嘆きの作業」⇒「癒しの作業」⇒「人間関係の再構築」の3つの作業を一連で行う必要があると、心理カウンセリングの現場では考えています。

インナーチャイルドの癒し方は、以下の記事で詳しく説明しています。

▼詳しくはこちら▼

インナーチャイルドの癒し方:基本の流れと注意点

 

インナーチャイルドの見つけ方

インナーチャイルドセラピーを行うには、まず、インナーチャイルドを見つける必要があります。

そして、インナーチャイルドを見つけるには、いきなり目を閉じたりするのではなく、目をあけた状態で心理カウンセリングを行い、インナーチャイルドを刺激しないようにしつつ、防衛機制を和らげて行きます。

インナーチャイルドを見つける作業は、インナーチャイルドセラピーの前半の作業にあたります。

▼詳しくはこちら▼

インナーチャイルドの見つけ方

 

インナーチャイルドとの対話方法

インナーチャイルドが見つかると、後半の作業として、インナーチャイルドとの対話を行っていきます。

後半は、前半の心理カウンセリングの雰囲気から一変し、催眠療法(ヒプノセラピー)を用いて、目を閉じながら、空想や瞑想といった雰囲気の中、意識を集中し、インナーチャイルドセラピストの誘導のもと、自分の感情を解放していきます。

インナーチャイルドとの対話方法は、インナーチャイルドセラピーの後半の作業に当たります。

▼詳しくはこちら▼

インナーチャイルドとの対話方法

 

インナーチャイルドセラピーの効果

インナーチャイルドセラピーの効果を説明しているイラスト

 

インナーチャイルドセラピーの効果は、自己肯定感の向上、人間関係の円滑化など、自分の人生に大きなプラスの影響をもたらします。

子供時代の感情が傷ついたままだと、大人になって、心理面で不安定さを感じたり、自信がなかったり、感情表現がうまくできなかったり…さまざまな生きづらさの原因となります。

当社メンタル心理そらくものインナーチャイルドセラピスト、私=寺井啓二は、過去、1000回近くにおよぶインナーチャイルドセラピーの臨床経験があります。

以下は、当社メンタル心理そらくもにて、インナーチャイルドセラピーの効果を実感してくださった、神奈川県のJ子さん30代女性の体験談です。

▼詳しくはこちら▼

インナーチャイルドセラピーの効果

 

インナーチャイルドセラピーの好転反応

インナーチャイルドセラピーの好転反応を説明しているイラスト

 

インナーチャイルドセラピーを体験すると、一時的に、眠気、倦怠感、疲労感、口が渇く、頭痛など、好転反応を感じる場合があります。

場合によっては、楽しいことをしてゲラゲラと笑っているのに、なぜか?ボロボロと涙が流れてくるなどと言った好転反応もあります。

好転反応とは、「物事が大きく好転しつつあるときに一時的に感じる望ましくない感覚…」という意味で、専門家の間では、「固まっていた心が動きだし感情が流れ始めたサイン…」「潜在意識の浄化が始まった…」などと表現もします。

好転反応とは、例えるなら、「長らく雪に閉ざされていた心に春の雪解けが訪れたサイン」と言えるでしょう…

 

好転反応は自然に終わります…

例えば、筋肉痛も体に起きる好転反応の一種です。

運動不足の人が久しぶりに運動をすると、体が健康的な方向に好転します。

ただ、久しぶりに運動をしたことにより体が刺激を受け、結果、望ましくない感覚=筋肉痛を感じます。

なので、インナーチャイルドセラピーによる好転反応も、確かに、感覚的には嫌な感覚ですが、それは心に変化が始まった好転のサインであると、心理カウンセリングの現場では考えます。

長年、硬化しがちだった心が、インナーチャイルドセラピーという運動によって刺激を受け、望ましい変化が始まったサインが好転反応であり、あなたが本当の自分を取り戻す過程で感じる、一時的、且つ、自然な現象です。

ただ、強い好転反応を感じた場合は、体を労わるのと同じように、自分の心を労わるつもりで安静に過ごすことをお勧めします。

 

インナーチャイルドを癒すことで生まれる変化

インナーチャイルドセラピーによる好転反応は、一時的に、眠気、倦怠感、疲労感、口が渇く、頭痛などを感じた後、徐々に、プラスの変化を感じ始めます。

このように、インナーチャイルドを癒した後に感じる変化は、自然治癒とも言い、時間を掛けてジワジワと広がっていきます。

以下は、当社メンタル心理そらくものインナーチャイルドセラピーを利用し、インナーチャイルドを癒した後の好転反応を体感してくださった、Rさん40代女性の体験談です。

▼詳しくはこちら▼

インナーチャイルドを癒すことで生まれる変化

広告

 

インナーチャイルドセラピーを自分で続ける…

インナーチャイルドセラピーを自分で続けているイラスト

 

インナーチャイルドを癒す作業は、インナーチャイルドセラピストと会っている間に加え、帰宅後も、自分なりに続けてみることも大切です。

例えば、野球やテニスのスイングも、実際にボールを打たない素振りというイメージトレーニングをするからこそ、実戦でボールが打てるようになります。

同じように、自分の人生も、イメージトレーニング=インナーチャイルドセラピーを自分で続けるからこそ、実生活で幸せ感を感じるようになります。

当社メンタル心理そらくものインナーチャイルドセラピーは、帰宅後も、クライアントさまが自分で続けられるように工夫しています。

このように、当社メンタル心理そらくもが考えるインナーチャイルドセラピーは、インナーチャイルドとの最初の一歩は、お会いすることで確実にサポートし、帰宅後は、電話とメールの無料のアフターフォローで見守っていくスタイルです。

ライフワークとして、インナーチャイルドセラピーを自分でできるようになりたい方は、是非、お手伝いをさせて頂けると幸いです。

▼詳しくはこちら▼

アダルトチルドレンの心理カウンセリングのポイント

 

インナーチャイルドセラピーの体験談

インナーチャイルドを癒す効果を説明しているイラスト

 

インナーチャイルドセラピーは、あなたと私の二人で行う共同作業ですので、誰も巻き込まずに、誰にも邪魔されずに、自分で自分を癒す平和的な方法です。

当社メンタル心理そらくものインナーチャイルドセラピーは、過去、1000回近くの臨床実績があります。

以下に、当社メンタル心理そらくもにて、インナーチャイルドセラピーを体験してくださった、Eさん20代女性の体験談を紹介します。

▼詳しくはこちら▼

インナーチャイルドを癒す効果:Eさん20代女性の体験談