アダルトチルドレンとは?

アダルトチルドレン(AC)について

アダルトチルドレン解説ページのアイキャッチ画像

 

アダルトチルドレンは生まれつきの個性ではなく、永久に続くものでもありません。

遺伝的な個性ではないので、これから終息していくことも可能です。

この記事は、アダルトチルドレンについて、当方メンタル心理そらくもなりの考え方を説明しております。

また、アダルトチルドレンチェックへはこちらからジャンプできます。

広告


アダルトチルドレン(AC)とは?

アダルトチルドレンの由来

アダルトチルドレンという言葉は、1970年代、アメリカで生まれた言葉で、心の問題に携わるケースワーカーなど社会福祉の現場の人たちが、彼らの知識と経験から作り出した言葉でした。

 

アダルトチルドレンの由来、ケースワーカのイラスト

 

アダルトチルドレンの元々の意味は、アルコール依存症の親がいる家庭環境で育ったことが原因で、考え方や感じ方に偏りが生じ、大人になっても生き辛さを抱えている人のことを指していました。

 

その後、さらなる研究が進み、現在では、単にアルコール依存症の親元で育った子供に限らず、幼少期の家庭環境の問題や親の養育の問題(虐待や愛情不足)が原因で、大人になっても生き辛さ抱え続けている人は、考え方や感じ方、感情表現に特徴を持つとされ、そのような人たち全般のこともアダルトチルドレンと呼ぶようになりました。

 

アダルトチルドレンは子供のような大人じゃない

よって、アダルトチルドレンは、子供のような大人のことではありません。

また、診断名や病名ではなく、正式な診断基準すらありません。

アダルトチルドレンとは、幼少期の家庭環境の問題、親の養育の問題によって辛い子供時代を過ごし、大人になっても生き辛さを抱え続けている人たちの呼び方のひとつです。

 

アダルトチルドレンの男女のイラスト

 

ただ、アダルトチルドレン自体は病気や疾患ではありませんが、偏った感じ方で心が敏感に反応しがちであり、その生き辛さが原因で不安や焦りを感じすぎてしまい、うつ病や依存症やパニック障害などの心の問題を抱えやすくなります。

そして、アダルトチルドレンの誕生には、幼少期の家庭環境と親の養育の問題=機能不全家族の問題が大きく関わっています。

 

機能不全家族とは?

機能していない家族

機能不全家族とは、本来、家族に求められている機能を果たせていない家族のことを言います。

家族には、子供にとっての安心安全な居場所という重要な機能が求められます。

ですが、さまざまな理由で、子供が安心して過ごせない家庭を機能不全家族と言います。

 

アダルトチルドレンと機能不全家族のイラスト

 

機能不全家族とは、親の不安定さが原因で、親子間の境界と距離感が不自然になっている状態とも言えます。

また、機能不全家族とはアダルトチルドレンを生み出す家族とも言えます。

 

機能不全家族のタイプ

機能不全家族とひと言で言っても様々なタイプがあります。

また、どんな家族であっても完璧な機能を果たす家族のほうが少なく、なにかしら機能を果たしきれていない箇所がある家族が大半です。

その機能不全の部分を補おうとする心の働きがアダルトチルドレンの原点です。

以下は、機能不全家族の代表的なタイプです。

 

機能不全家族の主なタイプ
  • 愛情の無い家庭…温かさに欠け子供が愛情をうけられない家庭
  • 世間体重視…世間体を気にするあまり子供への関心が疎かになっている家庭
  • 過保護・過干渉…過度の愛情と心配で親が子供の自由を制限している家庭
  • 否定・抑圧…否定やバカにされることで自尊心や成功体験が身に付かない家庭
  • 暴力・虐待…大声、喧嘩、過度の躾など暴力や虐待のある家庭
  • 親の不在・孤独…片親であったり両親が不在がちで子供が孤独を感じがちな家庭

さらに詳しい説明⇒機能不全家族チェック|タイプと特徴と影響

 

機能不全家族の原因と影響

機能不全家族に至る原因としては、世代間連鎖、つまり親自身も機能不全家族で育ったアダルトチルドレンで子育てに自信がなかったりなど、さまざまな原因が考えられます。

 

父もアダルトチルドレンであることを説明しているイラスト

 

重要なのは、機能が果たせていない家族のなかで、子供がなにを感じ、なにを考え、どのように生き抜こうとしたか。です。

そして、機能不全家族を生き抜こうと身に付けた敏感な感じ方や偏った考え方が、大人になっても影響し続け、生きづらい原因=アダルトチルドレンに繋がっている場合があります。

 

母もアダルトチルドレンであることを説明しているイラスト

 

そして、自分が過ごした機能不全家族のタイプに応じて、アダルトチルドレンの特徴もいくつかのタイプに分類することができます。

 

アダルトチルドレン(AC)タイプ診断

 

アダルトチルドレンの傷ついたハート

 

アダルトチルドレンは、以下のようにいくつかのタイプに分類することができます。

また、ACタイプと分類も書籍によってさまざまあり、以下の特徴が複雑に混ざり合っている方が自然です。

以下のACタイプ診断は、専門知識に沿った見解に加え、アダルトチルドレンの改善実績に基づく当方メンタル心理そらくもなりの考え方も交えて説明しています。

 

ヒーロー(英雄)

  • 家族の期待を背負っている。責任感が強く、学校や職場でも周りのまとめ役になることが多い。
  • 学業やスポーツやビジネスでもいい成績を取ろうと頑張り、世間の評判を気にしたり、「しっかりしている!」と褒められるように努力します。
  • 息抜きが苦手な部分があり、ミスや失敗を極端に恐れ、他人のミスも自分のミスのように感じがちです。
  • 完璧主義のように、もっと○○しなきゃ!もっと○○しなきゃ!と、ついつい自分を追い込んでしまいがちです。
  • 自分の頑張りによって家族の結束を維持しようとする一面があります。

 

スケープゴート(犠牲の山羊)

  • スケープゴートはヒーローの真逆の位置取りで、家族における一番の落ちこぼれとして、あえて厄介者を演じます。
  • 自分が厄介者を演じることで、この子さえいなければ…という懸念を家族に抱かせ、家族に共通の心配ごとを振りまくことで、逆に家族の結束を維持しようとする一面があります。
  • ヒーロはプラスの評価で期待を膨らませ家族の結束を維持しようとするのに比べ、スケープゴートは非行行為や迷惑行為などマイナスの評価で心配を煽り家族の結束を維持しようとします。

 

ロストワン(いない子)

  • 家庭内ではあまり目立たないようにし、いるかいないかわからない。という印象を演じる子どもです。
  • ヒーローやスケープゴートのように、プラスの意味でもマイナスの意味でも家族の関心を集めることはせず、病気や苦境も隠して家族に負担や刺激を与えることを避けます。
  • 褒めたり怒られたり心が揺れ動くこと自体が苦しいため、家族ともあえて安全距離を置き、自分の心が傷つくことを防いで、引きこもりなど、苦しいながらも家族に負担を掛けないようなんとか生き抜こうとします。

さらに詳しい説明⇒ロストワンの性格とは?

 

ピエロ(おどけ役)

  • おどけていて子どもっぽく、人との争いや人と比べられることを恐れます。
  • 例えば、スポーツチームなどに所属してもレギュラーを目指さなかったり、ゲームなどでも実力を出さずわざと負けてしまったりします。
  • あるいは褒められたり評価されて昇進や中心人物になることを極端に拒否したりします。
  • 沈黙や静けさなど気まずい雰囲気になると大きな不安を感じるため、気まずい雰囲気を恐れ、いつも明るく振る舞うように努力しています。
  • 落ち着きがないと言われるほどの明るさを持っているのですが、その明るい仮面の下の本当の自分を誰もわかってくれないと懸命に耐えています。

 

ケアテイカー(世話役)

  • 「優しい子」「思いやりのある子」と言われるよう努めてきたところがあり、周囲の役に立つことが一番の指標です。
  • 自分勝手にならないように、常に自分の希望を我慢しています。
  • 困っている人がいると放っておけない優しさがあります。
  • 自分の都合より他人の都合を優先しがちで、自分の都合を優先することはとてもわがままなことだと感じてしまいます。
  • 相手の気持ちや望みを敏感に感じ取ることができます。
  • その反面、自分がどうしたいのか?自分がどう感じているのか?がわかりずらくなることがあります。

さらに詳しい説明⇒ケアテイカーの特徴とは?

 

イネイブラー(支え役)

  • 自分のことよりも他人のことを優先して常に動き回っていることが多いです。
  • 父親代わり…母親代わり…といったように、年の離れた兄弟の一番年長の子供がこのタイプになることが多いです。
  • 両親に頼りなさを感じると、母親代わりになって幼い弟妹たちの面倒をみたり、ダメな父親の代わりになって母親と弟妹を父親から守ろうとします。
  • 自分が支えてきた父親あるいは母親あるいは兄弟が十分に幸せになるまで自分の幸せを後回しにする傾向があります。
  • 男の子が父親代わりとなって母親を支え続け、女の子が母親代わりになって父親を支え続けると、それぞれ恋人や夫婦のように近しい関係となり、周囲からは理解しずらい親子関係に映る場合があります。また、娘と母親のペアでも友人のように近しい関係となり、娘の結婚や出産など人生の進展が遅れてしまう場合もあります。

さらに詳しい説明⇒イネイブラーの特徴とは?

 

プラケーター(慰め役)

  • プラケーターは、心配そうで自信がなさそうな母親を懸命に支えようとします。
  • つまり、プラケーターが慰める相手は、ほとんどの場合、母親であることが特徴です。
  • とくに、父親の暴力・ギャンブル・飲酒・浮気・仕事依存のことで母親が悩んでいると、優しく問いかけて愚痴を聞いてあげます。
  • 母親の愚痴を聞いてあげる小さなカウンセラー、それがプラケーターの優しい個性です。末っ子であることが多いと言われます。

さらに詳しい説明⇒プラケーターの特徴とは?

 

家族を支えるために演じた役割

上記に説明させて頂いたように、アダルトチルドレンはいろいろなタイプを演じて家族を支えようとします。

自分が生まれ落ちた家族がたまたま機能不全家族であったため、上記の役割りを演じることで家族の不完全な部分を補おうとする優しい想いが、アダルトチルドレンの原点だと私は考えています。

そして、幼少期に演じた上記の役割りを、大人になっても心に残し続けている場合があり、家族ではない友人や恋人や職場の人たちにまで上記の役割りを演じ続けてしまい、うつ病やパニック障害などの心の問題を引き起こしてしまう場合があります。

 

アダルトチルドレンとインナーチャイルドのイラスト

(関連:アダルトチルドレンの本当の意味

(関連:インナーチルドレン=インナーチャイルドとは?

 

アダルトチルドレンの方との接し方

さて、この記事をお読みくださっている方のなかには、自分というより、周りの人に対して、アダルトチルドレンではないか?と感じている方もいらっしゃるかもしれません。

あなたが感じるアダルトチルドレンの方の印象は、怒りすぎ、イライラしすぎ、怖がりすぎ、心配しすぎ、寂しがりすぎ、落ち込みすぎ、焦りすぎ、頑張りすぎ…と、このように感じるかもしれません。

このように、アダルトチルドレンの方は、○○しすぎてしまうのが特徴です。

 

アダルトチルドレンの方との接し方

 

アダルトチルドレンの方は、ある意味、とてもたくさんの荷物を抱えている人だと思ってみてください。

たくさんの荷物を抱えていると余裕がありませんので、周囲の動きや人の言動に警戒を感じすぎてしまい、敏感に反応しすぎてしまったり、オーバーに考えすぎてしまうものです。

こちらは、「大丈夫だろう…」と思って接していても、アダルトチルドレンの方にとって危険な領域まで、知らず知らずに入りこんでしまっている場合があります。

なので、基本的な接し方は、「見ざる言わざる聞かざる…」で、安全な距離を置き、そっと見守ってあげることです。

とはいえ、ご家庭や職場の環境によっては、安全距離を置きずらい場合もございますので、アダルトチルドレンの方との接し方について大切な基本事項をいくつか説明します。

 

信頼関係をつくる

アダルトチルドレンの方に限らず、自分が安心して人間関係を過ごすには、周囲との信頼関係を作る必要があります。

信頼関係を作るとは、「自分は敵ではない」ということを相手にみせてあげることです。

無理に相手の味方になろうとすることは、相手の領域に入りすぎてしまい、かえって信頼関係を損ねかねません。

とくに、アダルトチルドレンの方は余裕がなく、警戒心が募ってしまっているので、こちらか無理に接近すると、かえって警戒心を刺激してしまいかねません。

なので、少し離れた距離感で相手の邪魔さえしなければ、自然と、「敵ではない安心」=「信頼」が広がっていきます。

具体的には、毎日顔を合わせる家族であってもそうでなくても、「お願いします…」「ありがとう…」といった、相手を尊重し感謝する言葉が信頼関係を育んでいきます。

 

相手を否定しない

アダルトチルドレンの方は、人に傷つけられてきたぶん、人への警戒心が敏感になってしまっています。

なので、敏感な反応を示したり、オーバな考え方をするかもしれません。

だからといって、それを「おかしい!変だ!まちがっている!」と否定すると、アダルトチルドレンの方を窮地に追い込んでしまいます。

アダルトチルドレンの方は、否定され続けた経験があるので、自分を肯定してくれる人を無意識に求めています。

とはいえ、アダルトチルドレンの方を肯定しようとすると、逆に、依存されてしまったり、逆なでしてしまう危険もあるので、あくまで、「否定はしない!」に程度の距離感に留め、安全な距離を置き、そっと見守ってあげる姿勢が平和的です。

具体的には、「そっか‥そっか‥」「うん…うん…」といった、相槌やうなずきなどのニュートラルなリアクションをしてあげるとお互い平和的な距離が保てます。

 

自分も相手もありのまま

アダルトチルドレンの方も、感情が敏感に反応しすぎてしまうことに、その方ご自身なりに苦しさを感じているのです。

頭ではわかっていても気持ちは思い通りにいかないからこそ、人は悩み苦しいわけです。

アダルトチルドレンの方もあなたも同じ人間です。

なので、アダルトチルドレンの方が、なにか敏感に反応しすぎてしまったり、オーバーな発言をしてしまったとしても、決して悪気があってしていることではありません。

そして、あなたが驚いたり動揺してしまったとしても、決してアダルトチルドレンの方を否定したわけではありません

アダルトチルドレンの方に敵意はなく、あなたを驚かせようと思っているわけではないことを、あなたがわかってあげると、お互いに落ち着くのかもしれません。

具体的には、自分も相手もどちらも悪気はないので、特別何かする必要はなく、謝る必要も詮索する必要もなく、お互いそのままありのままでOKです。

 

かわいそうだね…は厳禁!

アダルトチルドレンの方は、長年、愛情や優しさが枯渇しており、とても苦しい思いをしています。

そこで、生半可な気持ちで優しく接すると、アダルトチルドレンの方を愚弄することになります。

アダルトチルドレンの方に対して、もっとも失礼な接し方は、「かわいそうだね…」と同情することです。

もし、生半可な気持ちで同情すると、アダルトチルドレンの方は、あなたの求めに応じ、全力であなたに依存してくるでしょう。

面倒見がいい人は、安易に人に同情し手助けをしてしまいますが、その手助けが未来永劫、最優先で永遠に提供できるなら、アダルトチルドレンの方の依存を、全力で引き受けるのもあなたの自由です。

でも、もし、生半可な気持ちで依存を引き受けると、あなたも相手との共依存状態となり、離れるに離れられず、共倒れになる危険性があります。

具体的には、たとえ自分のお子さまであっても、「かわいそうだね…代わりにやってあげるよ…」と同情してしまうより、「見守っているから自分でやってごらん…」と、相手のことは相手に任せて信じ、自立を促し、自信をつけさせてあげることがお互いの平和に繋がります。

 

専門家に任せる

アダルトチルドレンの方が抱えている荷物は、過去の満たされない感情です。

感情とは生命にも関わる繊細なものです。

そして、いくら何とかしてあげたいと願っても、相手をよく知らない立場では、いつまでも満たしてあげられません。

アダルトチルドレンの方を助けてあげることは、残念ながら、痛みどめにはなっても根本解決にはなりません

つまり、アダルトチルドレンの方を救うことができるのは、ご本人のみなのです。

そして、アダルトチルドレンの方が、自分自身を救おうとするお手伝いをさせて頂くのが、私=心理セラピスト寺井啓二の役割りです。

なので、アダルトチルドレン克服の専門家である私=寺井啓二といたしましては、ぜひぜひ、当方へとご来訪頂き、わたしと二人のチームワークで、アダルトチルドレン症状を平和的に解決していくことをお勧めします。

そのために、当方は、ホームページにてたくさんの記事を公開しています。

具体的には、アダルトチルドレンの方を刺激しすぎないように、「こんなホームページを見つけたよ…」と、そっと教えてあげて、あとは、安全距離を置いて、相手のことは相手に任せて信じて見守ってあげるのが、お互いにとってもっとも平和的な接し方です。

 

アダルトチルドレンチェック

 

アダルトチルドレンの症状を説明しているイラスト

 

アダルトチルドレンの症状は、生きづらさとも表現されます。

以下は、アダルトチルドレンの代表的な症状例です。

以下の症状は、当方にて多くの改善実績があり、当方にて十分に改善の見込める症状を意味しております。

(関連:皆さまの体験談

 

アダルトチルドレンの主な症状

チェックリストのイラスト

 

▼さらに詳しい▼

アダルトチルドレンチェックリストはこちら!

 

来訪をお待ちしています!というイラスト
上記の症状は、当方にて多くの改善実績があり、当方にて十分に改善の見込める症状を意味しております。
是非、当方のカウンセリングサービスをご利用ください。

広告


この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。