アダルトチルドレンの解説と症例

アダルトチルドレン(AC)について

アダルトチルドレン解説ページのアイキャッチ画像

 

アダルトチルドレンは生まれつきの個性ではなく、永久に続くものでもありません。

遺伝的な個性ではないので、これから終息していくことも可能です。

 

この記事は、アダルトチルドレンについて、当方メンタル心理そらくもなりの考え方を説明しております。

また、アダルトチルドレンチェックを無料で行うことができます。

 

アダルトチルドレン(AC)とは?

アダルトチルドレンの由来

アダルトチルドレンという言葉は、1970年代、アメリカで生まれた言葉で、心の問題に携わるケースワーカーなど社会福祉の現場の人たちが、彼らの知識と経験から作り出した言葉でした。

 

アダルトチルドレンの由来、ケースワーカのイラスト

 

アダルトチルドレンの元々の意味は、アルコール依存症の親がいる家庭環境で育ったことが原因で、考え方や感じ方に偏りが生じ、大人になっても生き辛さを抱えている人のことを指していました。

 

その後、さらなる研究が進み、現在では、単にアルコール依存症の親元で育った子供に限らず、幼少期の家庭環境の問題や親の養育の問題(虐待や愛情不足)が原因で、大人になっても生き辛さ抱え続けている人は、考え方や感じ方、感情表現に特徴を持つとされ、そのような人たち全般のこともアダルトチルドレンと呼ぶようになりました。

 

アダルトチルドレンは子供のような大人じゃない

よって、アダルトチルドレンは、子供のような大人のことではありません。

また、診断名や病名ではなく、正式な診断基準すらありません。

 

アダルトチルドレンとは、幼少期の家庭環境の問題、親の養育の問題によって辛い子供時代を過ごし、大人になっても生き辛さを抱え続けている人たちの呼び方のひとつです。

 

アダルトチルドレンの男女のイラスト

 

ただ、アダルトチルドレン自体は病気や疾患ではありませんが、偏った感じ方で心が敏感に反応しがちであり、その生き辛さが原因で不安や焦りを感じすぎてしまい、うつ病や依存症やパニック障害などの心の問題を抱えやすくなります。

 

また、以下のような生き辛さを感じやすい場合があります。

 

アダルトチルドレン関連記事のご紹介

アダルトチルドレンについてわかりやすく説明している記事です。
もっと理解を深めてみませんか?

アダルトチルドレン症状で困っている男性のイラスト

 

そして、アダルトチルドレンの誕生には、幼少期の家庭環境と親の養育の問題=機能不全家族の問題が大きく関わっています。

 

目次へ戻る

 

機能不全家族とは?

機能していない家族

機能不全家族とは、本来、家族に求められている機能を果たせていない家族のことを言います。

 

家族には、子供にとっての安心安全な居場所という重要な機能が求められます。

ですが、さまざまな理由で、子供が安心して過ごせない家庭を機能不全家族と言います。

 

アダルトチルドレンと機能不全家族のイラスト

 

機能不全家族とは、親の不安定さが原因で、親子間の境界と距離感が不自然になっている状態とも言えます。

 

機能不全家族のタイプとしては、

 

機能不全家族のタイプ
  • 愛情の無い家庭(温かさに欠け子供が愛情をうけられない家庭)
  • 世間体重視(世間体を気にするあまり子供への関心が疎かになっている家庭)
  • 過保護・過干渉(過度の愛情と心配で親が子供の自由を制限している家庭)
  • 否定・抑圧(否定やバカにされることで自尊心や成功体験が身に付かない家庭)
  • 暴力・虐待(大声、喧嘩、過度の躾など暴力や虐待のある家庭)
  • 親の不在・孤独(片親であったり両親が不在がちで子供が孤独を感じがちな家庭)

 

機能不全家族の原因と影響

機能不全家族に至る原因としては、世代間連鎖、つまり親自身も機能不全家族で育ったアダルトチルドレンで子育てに自信がなかったりなど、さまざまな原因が考えられます。

 

父もアダルトチルドレンであることを説明しているイラスト

 

重要なのは、機能が果たせていない家族のなかで、子供がなにを感じ、なにを考え、どのように生き抜こうとしたか。です。

 

そして、機能不全家族を生き抜こうと身に付けた敏感な感じ方や偏った考え方が、大人になっても影響し続け、生き辛さの原因となっている場合があります。

 

母もアダルトチルドレンであることを説明しているイラスト

 

そして、自分が過ごした機能不全家族のタイプに応じて、アダルトチルドレンの特徴もいくつかのタイプに分類することができます。

 

目次へ戻る

 

アダルトチルドレンのタイプ

 

アダルトチルドレンの傷ついたハート

 

アダルトチルドレンは、以下のようにいくつかのタイプに分類することができます。

また、そのタイプと分類も書籍によってさまざまあり、以下の特徴が複雑に混ざり合っている方が自然です。

以下の説明は、専門知識に沿った見解に加え、アダルトチルドレンの改善実績に基づく当方メンタル心理そらくもなりの考え方も交えて説明しています。

 

1.ヒーロー(英雄)
  • 家族の期待を背負っている。責任感が強く、学校や職場でも周りのまとめ役になることが多い。
  • 学業やスポーツやビジネスでもいい成績を取ろうと頑張り、世間の評判を気にしたり、「しっかりしている!」と褒められるように努力します。
  • 息抜きが苦手な部分があり、ミスや失敗を極端に恐れ、他人のミスも自分のミスのように感じがちです。
  • 完璧主義のように、もっと○○しなきゃ!もっと○○しなきゃ!と、ついつい自分を追い込んでしまいがちです。
  • 自分の頑張りによって家族の結束を維持しようとする一面があります。

 

2.スケープゴート(犠牲の山羊)
  • スケープゴートはヒーローの真逆の位置取りで、家族における一番の落ちこぼれとして、あえて厄介者を演じます。
  • 自分が厄介者を演じることで、この子さえいなければ…という懸念を家族に抱かせ、家族に共通の心配ごとを振りまくことで、逆に家族の結束を維持しようとする一面があります。
  • ヒーロはプラスの評価で期待を膨らませ家族の結束を維持しようとするのに比べ、スケープゴートは非行行為や迷惑行為などマイナスの評価で心配を煽り家族の結束を維持しようとします。

 

3.ロストチャイルド(いない子)
  • 家庭内ではあまり目立たないようにし、いるかいないかわからない。という印象を演じる子どもです。
  • ヒーローやスケープゴートのように、プラスの意味でもマイナスの意味でも家族の関心を集めることはせず、病気や苦境も隠して家族に負担や刺激を与えることを避けます。
  • 褒めたり怒られたり心が揺れ動くこと自体が苦しいため、家族ともあえて安全距離を置き、自分の心が傷つくことを防いで、引きこもりなど、苦しいながらも家族に負担を掛けないようなんとか生き抜こうとします。

 

4.プラケーター(慰め役)
  • プラケーターは、心配そうで自信がなさそうな母親を懸命に支えようとします。
  • つまり、プラケーターが慰める相手は、ほとんどの場合、母親であることが特徴です。
  • とくに、父親の暴力・ギャンブル・飲酒・浮気・仕事依存のことで母親が悩んでいると、優しく問いかけて愚痴を聞いてあげます。
  • 母親の愚痴を聞いてあげる小さなカウンセラー、それがプラケーターの優しい個性です。末っ子であることが多いと言われます。

 

5.ピエロ(おどけ役)
  • おどけていて子どもっぽく、人との争いや人と比べられることを恐れます。
  • 例えば、スポーツチームなどに所属してもレギュラーを目指さなかったり、ゲームなどでも実力を出さずわざと負けてしまったりします。
  • あるいは褒められたり評価されて昇進や中心人物になることを極端に拒否したりします。
  • 沈黙や静けさなど気まずい雰囲気になると大きな不安を感じるため、気まずい雰囲気を恐れ、いつも明るく振る舞うように努力しています。
  • 落ち着きがないと言われるほどの明るさを持っているのですが、その明るい仮面の下の本当の自分を誰もわかってくれないと懸命に耐えています。

 

6.イネイブラー(支え役)
  • 自分のことよりも他人のことを優先して常に動き回っていることが多いです。
  • 父親代わり。。。母親代わり。。。といったように、年の離れた兄弟の一番年長の子供がこのタイプになることが多いです。
  • 両親に頼りなさを感じると、母親代わりになって幼い弟妹たちの面倒をみたり、ダメな父親の代わりになって母親と弟妹を父親から守ろうとします。
  • 自分が支えてきた父親あるいは母親あるいは兄弟が十分に幸せになるまで自分の幸せを後回しにする傾向があります。
  • 男の子が父親代わりとなって母親を支え続け、女の子が母親代わりになって父親を支え続けると、それぞれ恋人や夫婦のように近しい関係となり、周囲からは理解しずらい親子関係に映る場合があります。また、娘と母親のペアでも友人のように近しい関係となり、娘の結婚や出産など人生の進展が遅れてしまう場合もあります。

 

追記:家族を支えるために演じた役割

上記に説明させて頂いたように、アダルトチルドレンはいろいろなタイプを演じて家族を支えようとします。

 

自分が生まれ落ちた家族がたまたま機能不全家族であったため、上記の役割りを演じることで家族の不完全な部分を補おうとする優しい想いが、アダルトチルドレンの原点だと私は考えています。

 

そして、幼少期に演じた上記の役割りを、大人になっても心に残し続けている場合があり、家族ではない友人や恋人や職場の人たちにまで上記の役割りを演じ続けてしまい、うつ病やパニック障害などの心の問題を引き起こしてしまう場合があります。

 

目次へ戻る

 

アダルトチルドレンの症状チェック

 

アダルトチルドレンの症状を説明しているイラスト

 

本チェックリストは、アダルトチルドレンの症状改善を目的に当方へと来訪してくださったクライアントさまたちが、改善前に訴えてくださっていたアダルトチルドレンの症状=生きた声を参考に作成しています。

 

本チェックリストは、単なる問題提起のみを行うチェックリストではなく、専門書籍などの表現に加え、実際に以下の症状に苦しみ、当方へ来訪くださり、そして今は改善と回復を実感してくださっている皆さまの生きた表現を大切にした解決志向のチェックリストです。

 

以下の症状は、当方にて改善の実績が多くあり、当方にて十分に改善の見込める症状を意味しておりますので、全40項目と多いですが、あなたさまの納得のペースで取り組んでいただけますと幸いです。

 

Q1

MUST思考=「○○しなきゃ!」「○○すべき!」「○○したほうがいい!」を多く感じる。

Q2

「白か黒か」「いいか悪いか」で考えがちで、曖昧なグレーゾーンではソワソワ落ち着かない。

Q3

心配しすぎだ!と周りに言われることがある。気がつくと、現実にあり得ないことまで空想し心配しすぎている。

Q4

相手が無愛想な態度だと、すごく馬鹿にされたと感じて、怒りがカッと湧きあがることがある。

Q5

相手が無愛想な態度だと、自分が全部悪いような気がして、気分が大きく落ち込むことがある。

Q6

どうせ自分なんてと、自信がなく、自分には価値が無いと感じやすい。

Q7

小さなことを一つ注意されただけで、自分は嫌われた!もうダメだ!と、心が動揺し罪悪感を大きく感じてしまう。

Q8

自分はつまらない人間だから、きっと自分は嫌われている。きっと自分は好かれない。と感じてしまう。

Q9

相手に否定されたり、からかわれたり、馬鹿にされることを、ビクビクとすごく恐れてモヤモヤとすごく嫌がっている。と感じる。

Q10

嫌われるのが怖い。見放されるのが怖い。見捨てられるのが怖い。と強い焦りと不安を感じやすい。

Q11

1人ぼっちになりたくない!仲間外れは嫌だ!寂しいのはもうたくさんだ!と強い焦りと不安を感じる。

Q12

人の態度や言葉や顔色をすごく勘ぐって様子を伺っててしまう。

Q13

イライラしている人や無愛想な人がいると、すごくソワソワして落ち着かない。

Q14

理想が高い!考えすぎだ!と周りからよく言われる。

Q15

「わたしは○○したい!」「ほんとは○○と思ってる!」=自分の気持ちがよくわからない&言えない。

Q16

休日が楽しめなかったり、休日でもソワソワ落ち着かない。

Q17

自分が嫌い。自分を消したいと感じる。

Q18

自分がわからない。自分が自分じゃないように感じる。

Q19

自分に対しても周りの人に対しても、どうにも疑いが止まらないときがある。

Q20

アルコール、買い物、セックス、ギャンブル、ゲーム、薬等に依存してしまう。

Q21

疲れていても休めない。お仕事や家事を限界まで頑張ってしまう。

Q22

会社やご近所、保護者同士の集まりなど、人の集まりや集団が苦手だと感じる。

Q23

気がつくといつも暴力的な人と恋人関係になっていたり依存的な恋愛を繰り返している。

Q24

恋人やパートナーに選ぶ相手は「自分が居なきゃこの人はダメになる!この人のことは自分が何とかしてあげなきゃ!」と感じる相手が多い。

Q25

最後までやりきらないと安心できない。完ぺき主義な気がする。

Q26

トラブルが起きると、ゆっくりと考えてから行動するというより、とえも慌ててしまい『どうしよう?どうしよう?もうこうするしかない!』と狭い視野で思い込みやすい。

Q27

友人や恋人・夫婦など、対等でOKなはずの関係でも、なぜか自分が劣っているような引け目を感じてしまい、いつも上下の関係になってしまう。

Q28

ある程度の年齢まで、「いい子」でいるために誰かに褒めてもらおう!認めてもらう!と頑張ってきた、又は今も頑張り続けている。

Q29

進学や就職や結婚相手など、自分の希望より周囲にどう思われるか?を優先してしまう。

Q30

誰かになにかを無理に押し付けられたり窮屈な想いをすると、とても怖く苦しいのだけれど、なぜか何も言い返せなくなってしまう。

Q31

人がいくら褒めてくれても安心できない。むしろ人に褒められるのが嫌だと感じる。

Q32

いろいろなことを世の中や他人のせいにしてしまうようなクセを感じる。

Q33

逆に、どんなことも自分のせいだと感じて常に自分を責めてしまうようなクセを感じる。

Q34

今でもときどき甦るいじめや不登校の苦しい記憶がある。

Q35

何をやるにも、どうせ意味がないと無気力に感じ行動に移せないクセがある。

Q36

無理です。嫌です。わかりません。助けてください。が言えない。

Q37

他人の言動に敏感にオーバーに反応してしまうことがある。

Q38

気がつくと自分のことより周りのことを優先してしまっている。

Q39

大きな音がとても怖かったり、ひそひそ話がとても嫌に感じる。

Q40

1人のとき、胸のうちではいろいろな気持ちを感じているのだけれど、いざ言葉で話そうとするとよくわからなくなってしまう。

 

チェックの実行

お疲れ様でした。最後に、下のチェック実行ボタンを押して下さい。

 

アダルトチルドレンとは、心に感じる不思議さや苦しさ=生きづらさをわかりやすく捉えるためのひとつの呼び方です。

 

アダルトチルドレンチェックのイメージ画像

 

アダルトチルドレンとは、診断や病名といった結果ではなく、自分で自分を助けていこうと工夫している方たちの呼び名でもあります。

 

かつては上記の症状に苦しんでいたものの、当方のカウンセリング&セラピーを利用し、インナーチャイルドセラピーなどの手法で、今は改善と回復を実感してくださっている皆さまがたくさんいらっしゃいます。

 

いつの日か、あなたの手助けをさせて頂ける機会を与えて頂ける日を、私は今からの楽しみとさせて頂いております。

 

 

目次へ戻る

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。