うつ克服:自分を自分でカウンセリングする!

自分で自分をカウンセリングしているイラスト

 

自分のことがよくわからなくなると、周囲に相談し、かえって余計に混乱する場合もあります。

だったら、自分の相談を自分で受ければいいと考えました。

困っている自分のために自分でカウンセリングを学び、自分が自分専用のプロ心理カウンセラーになればいいと考えました。

そして、困っている自分を自分でカウンセリングしよう!と感じるようになりました。

広告


自分を自分でカウンセリングすることを、自立&自助と言います。

心理カウンセリング技法は、自分も知らない本当の気持ちに気づくためのノウハウです。

自分を自分でカウンセリングできるようになることは、きっといろいろなプラス要素となるなと私は感じました。

そして私は、本格的に心理カウンセリング技法に興味を持ち始めました。

(関連:心理カウンセリングの種類と違い

 

はじめは職業としてはなく、困っている自分を自分でカウンセリングしたい!=自分の心を分析するために必要だったんです。

困っている自分を助けるために自分が学び活路を見出したい。

自分のために自分でカウンセリングを学び始めたとき、自分同志の助け合い=自立&自助&自己肯定の心地良さを感じはじめました。

 

自分のインナーチャイルドを自分でカウンセリングしました。

うつ(鬱病)の原因が、インナーチャイルドにあることはわかっていました。

でも、インナーチャイルドがなかなか気持ちを話してくれなかったんです。

(関連:アダルトチルドレンの解説

(関連:アダルトチルドレンチェックへ

 

「何で?何にも話さないの?お願いだから話してくれ!

焦りからついつい問い詰めてしまいました。

 

私は、困っていました。

何か良い方法は、ないだろうか?

そこで、あることを思い出しました。

 

「そういえば、とても辛い状態でカウンセリング行ったとき、何も話せなかったよなぁ」

「ずっと黙ってたけど、カウンセラーの先生は、ニコニコうなずいてたなぁ?」

「そのうち、不思議と少しづつ話せるようになっていたなぁ?きっと何か特殊な技があるんだな。」

「よし!心理カウンセラーのノウハウを学んで資格を取ってしまおう!」

 

そして、自分を自分でカウンセリングするために勉強をし、心理カウンセラーの資格をいくつか取りました。

独学で学んだ、心理学と心理療法も学びを深めることができました。

もっとも大きい収穫は、「傾聴する。」という考え方に触れ納得がいったことです。

 

「おぉ!これだ!これだ!なるほど!傾聴という技法だったのか!これなら行ける!」

カール・ロジャースが、来談者中心療法で重視する「傾聴」のノウハウと考え方に触れ私は感動しました!

 

自分を自分でカウンセリングできるようになって、心に余裕と自信が生まれました。

人の知らないことを知っているというのは、優越感と余裕を感じるものです。

私は、心理学と心理カウンセリングを学んで心に余裕が生まれました。

聴いて待つ姿勢によって余裕が持てて、より深く自分の心を分析できるようになりました。

それ以来、インナーチャイルドの気持ちを自分でカウンセリングし傾聴してあげられるようになったのです。

(関連:インナーチャイルドの癒しの効果

 

例え自分であっても、話をゆっくりと聴いてもらえる=傾聴してもらえるのは嬉しいもので、傷ついた自分を自分でカウンセリングすることによって、私は私の心を癒していきました。

周囲の人がわかってくれない!と嘆くなら、 自分がわかってあげればいいんだなぁ…と考えられるようになり、さらに心に余裕と安心が広がっていきました。

(関連:自分で自分を癒すカウンセリング&セラピーの説明

広告


この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2015年12月20日 | カテゴリー : うつ(鬱病)いろいろ | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 16時08分--