アダルトチルドレン(AC)ピエロ(おどけ役)の「女性」の恋愛思考パターン

2024年1月4日アダルトチルドレンアダルトチルドレンタイプ,ピエロ(おどけ役),アダルトチルドレンの恋愛傾向,恋愛・結婚

アダルトチルドレン_ピエロタイプの女性の恋愛思考パターンを表すイラスト

POINTピエロタイプ(おどけ役)の「女性」の恋愛思考パターンの特徴は、①自分は幸せになれないと感じる、②男性に対する警戒感を持つ、③恋人との喧嘩や不和を極端に恐れる、などがあげられます。

心理カウンセラーの寺井です。

恋愛をはじめとする「人間関係の築き方」には人それぞれの特徴があり、心理学では「愛着スタイル」と言います。

とくに「恋愛関係の築き方の特徴」は「恋愛思考パターン」とも呼ばれ、子どもの頃の「両親との関係性」が大きく影響していると考えられています。

「愛着スタイル」とは、恋愛を含む人間関係において、人とどんな結びつきを持ちたいのか、どのような関係が心地よく感じるのかを表す傾向を指します。…(中略)…この傾向は、幼少期の保護者との関係が大きく影響している。

引用元:愛の心理学―4つの愛着スタイルと愛着障害

なお、「アダルトチルドレン:ピエロ(おどけ役)の女性」の場合、以下のような「影響」が考えられます。

POINT

  • 「母親との関係性」は「女性としての自信」に大きな影響を与えている
  • 「父親との関係性」は「男性への信頼感・警戒感」に大きな影響を与えている
  • 「両親との関係性(家庭環境)」は「人格形成」に大きな影響を与えている

ちなみに、この記事は「アダルトチルドレン:ピエロ(おどけ役)の『女性』の恋愛思考パターン」についての解説です。

なお、「アダルトチルドレン:ピエロ(おどけ役)の『男性』の恋愛思考パターン」については、以下の記事で詳しく解説しています。

また、「アダルトチルドレン:ピエロ(おどけ役)の『恋愛における具体的な特徴』」については、以下の記事で詳しく解説しています。

それでは、アダルトチルドレン:ピエロ(おどけ役)の「女性」の恋愛思考パターンについて解説していきます。

広告

ピエロタイプ(おどけ役)の「女性」の恋愛思考パターン

アダルトチルドレン_ピエロタイプの女性の恋愛思考パターンは両親との関係性の影響を受けている様子を表すイラスト

「女性」にとって「母親」は、生まれてはじめて接した「年上の同性」であり、子どもの頃の「母親との関係性」は、その後の「女性としての自信」に大きな影響を与えていると考えられています。

また、「女性」にとって「父親」は、生まれてはじめて接した「年上の異性」であり、子どもの頃の「父親との関係性」は、その後の「男性への信頼感・警戒感」に大きな影響を与えていると考えられています。

そして、「子ども」にとって「家庭」とは、生まれてはじめて「自分以外の人間と関わる(人間関係を築く)場所」であり、家庭でやすらぎ、家庭で学ぶことは、その後の「人格形成」に大きな影響を与えていると考えられています。

以上のことから、子どもの頃の「母親との関係性」「父親との関係性」「家庭環境(両親の関係性)」は、「ピエロタイプの女性の恋愛思考パターン」に大きな影響を与えていると考えられます。

なお、「ピエロタイプの女性の恋愛思考パターン」は、主に以下の「具体例」があげられます。

POINT

  1. 母親との関係性の影響
    「夫婦関係・親子関係(家事・育児)のストレスに押し潰され、精神的に余裕がない」という母親との関係性から「虚無感・孤独感・自己否定感」を感じるようになり、大人になって「自分は幸せになれない」と感じやすくなる
  2. 父親との関係性の影響
    母親に対して「暴言・暴力を繰り返す父親」あるいは「子育てに無関心な父親」との関係性から「父親に対する嫌悪感」を抱くようになり、大人になって「男性に対する警戒感」を持つようになる
  3. 両親との関係性の影響
    「殺伐とした両親の関係性」や「冷め切った両親の関係性」によって負った「トラウマ(見捨てられ不安)」の影響により、大人になって「恋人との喧嘩や不和」を極端に恐れるようになる

それでは、以下に詳しく解説しています。

 

①「母親との関係性」の影響

「ピエロタイプの女性」にとって、「母親」は生まれてはじめて接した「年上の同性」にあたります。

子どもに限らず、ファッション・ヘアスタイル・メイク・料理など「女性らしさ」に関わることは、「自分より経験豊富な人」に教えてもらうことで「自信」を持つができるように、子ども(女の子)は「年上の同性」である「母親」と一緒に「楽しさ・嬉しさ・可愛さ・美味しさ」などの「平和で穏やかな時間」を共有することで「女性としての自信」を持つことができると考えられています。

以上のことから、子どもの頃の「母親との関係性」は「ピエロタイプの女性の恋愛思考パターン」に大きな影響を与えていると考えることができます。

ですが、「ピエロタイプの母親」とは、「父親(夫)との喧嘩や不和が多い母親」であったり「一人で家事・育児を行う母親」である場合が多く、「夫婦関係・親子関係(家事・育児)のストレスに押し潰されている」場合が多いと考えられています。

なお、「ピエロタイプの女性と母親との関係性」とは、主に以下の「具体例」があげられます。

POIT

  • 家事・育児のストレスから来るイライラを、母親に八つ当たりされることがあった
  • 母親が家事・育児に忙しかったため、母親からの愛情を感じなかった
  • 母親が家事・育児に忙しかったため、母親に悩みを相談できなかった
  • 父親への恨み・陰口・愚痴を、母親から聞かされることが多かった

このように、「ピエロタイプの母親」とは、父親から「モラハラ・DV」を受けたり、父親が子育てに協力せず「ワンオペ育児」であったり、父親に「浮気」をされるなど、「夫婦関係・親子関係(家事・育児)のストレスに押し潰されている」場合が多く、「精神的に余裕がない母親」である場合が多いと言えます。

そして、母親から「愛情」を十分に受けられなかった場合、子どもは母親との間で「愛着の形成」がうまく行かず、大人になって「自分は誰にも必要とされていない…」「自分なんていないほうがいい…」という「虚無感・孤独感」を感じやすくなり、「自分に自信が持てない大人」になりやすいと考えられています。

愛情を受けられない家庭で育った人は、親が自分を否定してきたため、自分自身に対する自信や信頼が低くなりがちです。…(中略)…また、親から充分な愛情を受けてこなかった経験から、自分は良いことをしても愛されないという思い込みが強く植え付けられています。

引用元:愛情不足で育った大人の特徴をチェックする

あるいは、母親から「愛情」を十分に受けられなかった場合、子どもは母親との間で「愛着の形成」がうまく行かず、大人になって「自分は幸せになれるわけない…」という「自己否定感」を感じやすくなり、「自分が幸せになることを恐れる大人」になりやすいと考えられています。

また、「ピエロタイプの女性」のように、「幸せになるのが怖い」という恐れや、「幸せになってはいけない」という「罪悪感」を感じることを「幸せ恐怖症」と呼ぶ場合があります。

幸せ恐怖症は一般的に「幸せに対する、もしくは幸せになることに対する不合理な強い恐怖感」と言われているよ。たとえば「自分は幸せになる資格はない」とか「幸せは不幸の前触れのように感じる」など想像してしまい、幸せになる状況を回避しようとする状態を指すんだ

引用元:「幸せ恐怖症」の原因と特徴、幸せと仲直りする方法

なお、「ピエロタイプの女性」が「母親との関係性」から身に付ける「恋愛思考パターン」とは、以下のように考えられます。

POINT

  • 「自分は必要のない人間だから母親に愛されなかったんだ、母親にすら愛されなかった自分が誰かに愛されるわけがない」
  • 「自分はいないほうがいい人間だから母親に愛されなかったんだ、いないほうがいい自分が幸せになれるわけがない」

このように「ピエロタイプの女性」は、子どもの頃に「母親に十分に愛情を注いでもらえなかった」という「体験」を積んだことにより、「自分は必要のない人間なんだ、自分はいないほうがいい人間なんだ」という「思い込み」をするようになり、その後も「母親との関係性」において「母親にすら愛されなかったのだから、自分は誰かに愛されることはないだろう、自分は幸せになれるわけがないだろう」という思考パターンを繰り返すようになり、結果、「自分が傷つかないためには、誰かに愛されようとしない方がよい、幸せになろうとしない方がいい」という「恋愛思考パターン」を身に付けていくと考えられています。

 

「ピエロタイプ(おどけ役)」と「プラケーター(慰め役)」の違い

ちなみに、アダルトチルドレンタイプの中で「ピエロタイプ(おどけ役)」は「プラケーター(慰め役)」の「派生形」と言われる場合があります。

理由は、「ピエロタイプ(おどけ役)の母親」も「プラケーター(慰め役)の母親」も、どちらも「夫婦関係・親子関係(家事・育児)のストレスに押し潰されている」場合が多く、「精神的に余裕がない母親」である場合が多いという共通の特徴を持つためです。

なお、「ピエロタイプ(おどけ役)」と「プラケーター(慰め役)」の「違い」は、主に以下のようになります。

POINT

  • ピエロタイプ(おどけ役)
    「精神的に余裕がない母親」を楽しませたり笑わせるなど、「ムードメーカー(おどけ役)」となって母親を和ませる
  • プラケーター(慰め役)
    「精神的に余裕がない母親」に寄り添い愚痴を聞くなど、「母親のカウンセラー(慰め役)」となって母親を慰める

また、「プラケーター(慰め役)」については以下の記事で詳しく解説していますので、必要な方は参考にしてください。

 

②「父親との関係性」の影響

「ピエロタイプの女性」にとって、「父親」は生まれてはじめて接した「年上の異性」であり、子どもの頃の「異性の親(父親)との関係性」は「ピエロタイプの女性の恋愛思考パターン」に大きな影響を与えていると考えられています。

異性の親との関係は、恋愛に影響する…(中略)…基本的に男性なら母親、女性なら父親が、生まれて初めて接する年上の異性になります。その時に受けた、包容力、安心感、信頼感が、成長したのちの異性に求めるものと一致するようです。健全な関係を築けているのなら…(中略)…女の子は「パパのお嫁さんになる!」と言ったりしますね。ただ、もし健全な関係を築けていないとすると…(中略)…女性なら男性をとても怖がってしまったりします。

引用元:異性の親との関係は、恋愛に影響する

このように、子どもの頃に「異性の親と健全な関係性」を築けている場合、女の子は大人になって「父親に似た男性に惹かれる」ようになり、子どもの頃に「異性の親と健全な関係性」を築けていない場合、女の子は大人になって「男性を怖がる」ようになると考えられています。

以上のことから、「子どもの頃の異性の親との関係性が恋愛思考パターンに与える影響」とは、主に以下の「2つ」が考えられます。

POINT

  • 子どもの頃、父親に「情緒的な支持」をしてもらえた「女性」は、大人になって父親のような男性に惹かれる
  • 子どもの頃、父親に「情緒的な支持」をしてもらえなかった「女性」は、大人になって父親のような男性との付き合いを避ける

そして、「ピエロタイプの父親」とは、「母親(妻)との喧嘩や不和が多い父親」であったり、「育児に無関心な父親」である場合が多く、「夫婦関係・親子関係(家庭・育児)から逃げる」場合が多いと考えられています。

なお、「ピエロタイプの女性と父親との関係性」とは、主に以下の「具体例」があげられます。

POINT

  • 父親に大声で怒鳴られたり、父親から暴力を受けることがあった
  • 父親が家庭に不在がちであったため、父親からの愛情を感じなかった
  • 父親が育児に無関心であったため、父親からの愛情を感じなかった
  • 父親が浮気などのトラブルを起こすことがあり、父親を尊敬・信頼できなかった

このように「ピエロタイプの女性」は、父親から「暴言・暴力・放置」などを受けて育ったことになり、子どもの頃、父親から「情緒的な支持(愛着の形成)をしてもらえなかった」ことになります。

ですので、子どもの頃、父親から「情緒的な支持(愛着の形成)」をしてもらえなかった「ピエロタイプの女性」は、大人になって「男性に対する警戒感」を持つようになると考えられています。

なお、「ピエロタイプの女性」が「父親との関係性」から身に付ける「恋愛思考パターン」とは、以下のように考えられます。

POINT

  • 「生まれて初めて接した男性(父親)に怖い思いをさせられた」
  • 「男性(父親)と一緒にいても、心を傷つけられるばかりだった」
  • 「父親ですら自分を傷つけてくるのだから、父親以外の男性も自分を傷つけてくる可能性が高い」
  • 「男性に傷つけられないためには、男性をあまり信用しない方がよい」

このように「ピエロタイプの女性」は、子どもの頃に「生まれて初めて接した男性(父親)に怖い思いをさせられた」という「体験」を積んだことにより、「男性(父親)と一緒にいても、心を傷つけられるばかりだ」という「失敗予測」をするようになり、その後も「父親との関係性」において「父親ですら自分を傷つけてくるのだから、父親以外の男性も自分を傷つけてくる可能性が高い」という思考パターンを繰り返すようになり、結果、「男性に傷つけられないためには、男性をあまり信用しない方がよい」という「恋愛思考パターン」を身に付けていくと考えられています。

広告

③「両親との関係性」

そもそも、ピエロタイプが「おどけ役」を始める理由は、「機能不全家族」で育ったことにより、子どもの頃に「トラウマ(心の傷)」を負ったことが根本的な原因です。

なお、家庭において以下の「根本的な願い」が満たされなかったとき、子どもは「トラウマ」を負うと考えられています。

POINT

  • だれかの期待にこたえるためではなく、ありのままの自分として大切にされる
  • 親の欠損を埋め合わせるための存在ではなく、その子自身として慈しまれる
  • 安全で、安定していて、温かさのある環境で、無条件に愛される

引用元:「見捨てられ不安」と「恐れ」を手放すには。幼少期トラウマの背景と影響を理解してラクに生きていこう

ピエロタイプをはじめ、アダルトチルドレンの原因となる「機能不全家族」とは、上記の「根本的な願い」が満たされない家庭であり、子どもが「トラウマ」を負いやすい家庭と言えます。

なお、「ピエロタイプが生まれる原因となる機能不全家族の特徴」は、主に以下の「具体例」があげられます。

POINT

  • 父親が「母親に対してモラハラ・DV」を繰り返している
  • 父親が「家庭に不在がち・子育てに無関心」である
  • 母親が「父親に対してモラハラ・ヒステリー」を繰り返している
  • 母親が「家事・育児のストレス」で「精神的余裕」がない
  • 両親が「喧嘩・言い争い・暴言・暴力」を繰り返している
  • 両親が「無関心・浮気・無視・陰口」を繰り返している
  • 両親が「暴言・暴力・放置」など「問題ある育児」を繰り返している

そして、子どもが「トラウマ」によって抱える「負の感情」のひとつに「見捨てられ不安」があります。

「見捨てられ不安」とは、「愛情不足」の子どもが感じる「強い孤独感」であり、身の危険を感じている「強い危機感」のあらわれでもあります。

また、「見捨てられ不安」とは「何としても見捨てられないようにするための強い不安」とも言えますし、「見捨てられること・孤独になることを何としても避けようとする強い警戒心」とも言えます。

ですので、人は「見捨てられ不安」を感じると「強い精神的ストレス」に襲われるため居てもたってもいられなくなり、「見捨てられ不安」を和らげるために、衝動的にさまざまな「防御行動」をとるという特徴があります。

【見捨てられ不安とは?】見捨てられること、自分から人が離れてしまうことに強い不安を感じます。見捨てられたくない相手は、恋愛相手、友人、親、職場の人間などで、人から嫌われたくないため、様々な防衛行動を起こします。

引用元:【見捨てられ不安克服】愛着障害、恋愛依存と見捨てられ不安の治し方。

ですので、親子・家族・友達・恋愛・夫婦・仕事など人間関係において、「ピエロタイプの女性」が「喧嘩や不和などネガティブな雰囲気」を感じると居てもたってもいられなくなり、率先して「ムードメーカー(おどけ役)となって、その場の空気を和ませたくなる」という点は、自らの「見捨てられ不安」を和らげるための「防御行動」と考えることができます。

反対に言えば、「ピエロタイプの女性」の明るい振る舞いの内面には、「子どもの頃に味わった殺伐とした雰囲気や冷めた雰囲気をもう二度と味わいたくない!」という切実な願いが隠れていると言えます。

以上のことから、「ピエロタイプの女性」が「両親との関係性」から身に付ける「恋愛思考パターン」とは、以下のように考えられます。

POINT

  • 「父親と母親のような『殺伐した恋愛関係』には絶対にしたくない!」
  • 「父親と母親のような『冷めた恋愛関係』には絶対にしたくない!」

このように、「ピエロタイプの女性」は、子どもの頃に身近に感じていた「殺伐とした両親の関係性」や「冷め切った両親の関係性」によって負った「トラウマ(見捨てられ不安)」の「防御行動」により、大人になって、「恋人との喧嘩や不和を極端に恐れる」という「恋愛思考パターン」を身に付けていくと考えられています。

 

アダルトチルドレン:ピエロ(おどけ役)が生まれる原因

アダルトチルドレン_ピエロタイプの原因を表すイラスト

ピエロタイプが生まれる原因は、「機能不全家族」で育ったことにより、子どもの頃に「トラウマ(心の傷)」を負ったことが根本的な原因です。

なお、「ピエロタイプが生まれる原因となる機能不全家族の特徴」は、主に以下の「具体例」があげられます。

POINT

  • 父親が「母親に対してモラハラ・DV」を繰り返している
  • 父親が「家庭に不在がち・子育てに無関心」である
  • 母親が「父親に対してモラハラ・ヒステリー」を繰り返している
  • 母親が「家事・育児のストレス」で「精神的余裕」がない
  • 両親が「喧嘩・言い争い・暴言・暴力」を繰り返している
  • 両親が「無関心・浮気・無視・陰口」を繰り返している
  • 両親が「暴言・暴力・放置」など「問題ある育児」を繰り返している

また、子どもが「トラウマ」によって抱える「負の感情」のひとつに「見捨てられ不安」があります。

ピエロタイプは、「殺伐とした家庭の雰囲気」や「冷め切った家庭の雰囲気」に対して「見捨てられ不安」を感じやすいため、「両親の喧嘩や不和」を見ると「見捨てられ不安」を感じて居てもたってもいられなくなり、「家族のストレスや緊張を和らげよう」と自ら進んで家族の「おどけ役」を担うようになると考えられています。

そして、家族への「おどけ役」を繰り返しているうちに「無意識の思考パターン(習慣)」として「潜在意識」に根付き、大人になっても「おどけ役」を繰り返していると考えられます。

以上のことから、「ピエロタイプが生まれる原因」として、以下のような「流れ」が考えられます。

POINT

  1. 愛情不足」により「見捨てられ不安」を感じる
  2. 見捨てられ不安」を和らげるために「おどけ役」となる
  3. おどけ役」を担うことで「自分の存在価値」を感じる
  4. 自分の存在価値」を感じるために「おどけ役」を続ける

続きは、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

 

「アダルトチルドレンタイプ」それぞれの「恋愛思考パターン」

アダルトチルドレンタイプを表すイラスト

アダルトチルドレンが、子どもの頃に身に付けた「機能不全家族での役割」を、アメリカの心理療法家「ウェイン・クリッツバーグ」は「アダルトチルドレンタイプ」としてまとめました。

そして、「ピエロタイプ(おどけ役)」とは、「ウェイン・クリッツバーグ」がまとめた「アダルトチルドレンタイプ(機能不全家族での役割)」のひとつにあたります。

なお、「ピエロタイプ(おどけ役)」以外の「アダルトチルドレンタイプ」それぞれの「恋愛思考パターン」については、以下の記事で詳しく解説しています。

 

まとめ

さいごに、本記事の重要ポイントをまとめます。

アダルトチルドレン:ピエロ(おどけ役)の女性の恋愛思考パターン」としては、以下の点があげられます。

  • POINT恋愛関係の築き方を「愛着スタイル(恋愛思考パターン)」と言う
  • ピエロタイプの女性は「母親との関係性」から、自分は幸せになれないと感じる
  • ピエロタイプの女性は「父親との関係性」から、男性への警戒感を持つ
  • ピエロタイプの女性は「両親との関係性」から、恋人との喧嘩や不和を極端に恐れる

また、本記事に関する関連記事を以下に紹介します。

是非、あわせてお読みください。

なお、本記事に関する関連情報は、以下のページでもまとめていますのであわせて紹介します。

以上、「アダルトチルドレン(AC)ピエロ(おどけ役)の『女性』の恋愛思考パターン」という記事でした。

この記事を書いた人

心理カウンセラーの紹介

心理カウンセラー寺井啓二の写真とメッセージ

はじめまして「メンタル心理そらくも 代表:寺井啓二」です。うつ、アダルトチルドレンを克服した経験を持つ心理カウンセラーです。自らの克服経験を世の中に役立てたいと考えています。

代表:寺井啓二の紹介

カウンセリングルーム紹介

メンタル心理そらくものカウンセリングルームの紹介イメージ

カウンセリングなどを行う「メンタル心理そらくものカウンセリングルーム」です。中学生、高校生、成人男性、成人女性、ご年配の方まで、静岡県内をはじめ、首都圏、関西、九州、東北など、全国から多くの方に来訪頂いています。

カウンセリングルームの紹介

 

ご利用者さまの「評判・クチコミ」

メンタル心理そらくもに対する評判・クチコミのイメージ

当社メンタル心理そらくもに対する「ご利用者さまの『評判・クチコミ』」です。「グーグルマップの評価・クチコミ」をそのまま引用しています。

ご利用者さまの「評判・クチコミ」