アダルトチルドレン:プラケータータイプ(慰め役)の特徴

2019年6月8日

アダルトチルドレン_プラケータータイプのイメージ

 

POINTアダルトチルドレン:プラケータータイプ(慰め役)の最大の特徴は、聞き役に徹する穏やかな優しさです。

 

心理カウンセラーの寺井啓二です。

機能不全家族で育ったアダルトチルドレンは、家族の崩壊を避けるため、さまざまな役割を演じて家族を繋ぎとめようとします。

その中でも、アダルトチルドレン:プラケータータイプの特徴は、「慰め役」「聞き役」に徹する優しさで、「小さなカウンセラー」とも言われます。

この記事は、「ケアテイカーやイネイブラーとの違い」「プラケーターの恋愛傾向」「克服方法」など、アダルトチルドレン:プラケータータイプの特徴について説明しています。

プラケーター(慰め役)とは?

プラケーターとは「慰め役」という意味で、子どもでありながら、親、特に自信のなさそうな母親の愚痴を聞き慰める役割という意味が込められています。

アダルトチルドレン:プラケータータイプ(以後プラケーターに省略)の印象は、傷ついた人を優しく慰める存在で、カウンセラーのように聞き役に回る優しい存在です。

そのため、プラケーターは「小さなカウンセラー」とも呼ばれ、子どもでありながら、自信なさそうに過ごす母親を優しく慰める「母親のカウンセラー役」といった存在です。

 

アダルトチルドレン:プラケータータイプの特徴

アダルトチルドレン_プラケータータイプの特徴を表すイラスト

 

アダルトチルドレンは、プラケータータイプ(慰め役)のほかに、ヒーロー(英雄)スケープゴート(身代り役)ロストワン(いない子)ピエロ(おどけ役)ケアテイカー(世話役)イネイブラー(支え役)など、さまざまなアダルトチルドレンタイプにわかれ、子どもが両親や家族を支えることで、機能不全家族の崩壊を繋ぎ止めます。

とくにアダルトチルドレン:プラケータータイプは、自信のなさそうな人、困っている人を放っておけない優しい一面が最大の特徴です。

 

特徴①プラケーターは女性に多い

アダルトチルドレン:プラケータータイプの最大の特徴は「母親を慰め続ける女の子」という点であり、女性に多いタイプであることです。

ただ、「父親を慰め続ける女の子」「母親を慰め続ける男の子」もプラケーターとしては存在します。

ですが、心理カウンセリングの現場では、「プラケーターには、父親を慰め続ける男の子は少ない…」と捉えているところも特徴のひとつです。

つまり、プラケーターの特徴は「女性に多く男性に少ないタイプである…」という点です。

 

特徴②人に信頼される

プラケーターは、機能不全家族に育ったことで、自信のない母親を慰め続けてきたため、大人になってからも、自信のなさそうな人、困っている人を見ると放っておけないところが特徴です。

よって、周りの人たちが感じるプラケーターの印象は、「優しい人」「話を聞いてくれる人」「相談に乗ってくれる人」など、信頼できる存在に映る場合があります。

このように、「日常の人間関係において信頼される存在である…」という点も、プラケーターの特徴です。

 

特徴③共依存関係に陥りやすい

ですが、プラケーターは、相手を心配しすぎてしまう一面があるため、家族、職場、友人、恋愛などの人間関係において、共依存関係に陥りやすいところが特徴です。

また、大人になっても母親を心配し続けている一面もあり、母親を心配するあまり、母娘の共依存の関係に陥ってしまう場合があります。

このように、プラケーターの特徴は「優しい反面、自分を犠牲にしてまで相手に同情しすぎてしまう…」という点です。

 

特徴④世代間連鎖しやすい

また、プラケーターの特徴として世代間連鎖をしやすいという点があります。

これは、プラケーターが慰める母親自身も、かつて、子ども時代はプラケーターであった場合が多いからです。

このことから、心理カウンセリングの現場では、プラケーターの母親もまたプラケータであり、そのまた母親もプラケーターであり、脈々と世代間連鎖をしていると捉えます。

このように、プラケーターは、ほかのアダルトチルドレンタイプに比べて、子どもへと目立ったトラウマを与えにくいため、両親への愛情深さと同情も相まって、親から子へ、子から孫へと世代間連鎖をしやすいという特徴があります。

 

さて、プラケーターを含む、アダルトチルドレンの特徴については、以下の「アダルトチルドレン症状チェックリスト」でチェックできますので参考にしてください。

また、プラケーターをはじめ、アダルトチルドレンを生み出す家族を機能不全家族と呼びます。

以下に、「機能不全家族のチェックリスト」も合わせて紹介します。

 

 

プラケーターと「ケアテイカー」「イネイブラー」の関係

プラケーターとケアテイカーとイネイブラーの違いを表すイメージ

 

アダルトチルドレンのタイプの中で、プラケーターは、ときどき、ケアテイカータイプ(世話役)の中のひとつとされる場合があり、書籍によっては、「ケアテイカー(世話役)は、プラケーター(慰め役)とイネイブラー(支え役)のふたつに分かれる」と捉える場合があります。

アダルトチルドレンのタイプの捉え方は、人それぞれであり「こうじゃなければいけない!」というものはありません。

ただ、最近の心理カウンセリングの現場では、ケアテイカー(世話役)も、プラケーター(慰め役)も、イネイブラー(支え役)も、「似て非なるもの」と捉え、それぞれ個別に分けて考え、さらにきめ細やかに取り組んでいくことが主流です。

 

ケアテイカー(世話役)との違い

アダルトチルドレン:ケアテイカータイプは、世話役という呼び名の通り、積極的に周囲の人をお世話していくため、場合によっては、「ありがた迷惑…」「余計なお世話…」「おせっかい…」「過干渉…」などの印象を周囲に与えます。

これに対しプラケーターは、慰め役という呼び名の通り、「じっと耐えるかのように、相手のわがままをすべて受け止めている…」など、消極的な印象を周囲に与えます。

このように、ケアテイカーとプラケーターの違いは、「積極的な印象であるか?」「消極的な印象であるか?」という点です。

アダルトチルドレン:ケアテイカータイプの特徴」ついては、以下の記事に詳しくまとめていますので参考にしてください。

 

 

イネイブラー(支え役)との違い

アダルトチルドレン:イネイブラータイプは、支え役という呼び名の通り、あらゆるサポートを惜しまないといった印象で、ときには、一心不乱に活発に立ち回り、相手を行動面で支えようとします。

それに対しプラケーターは、イネイブラーのように誰かのために立ち回るのではなく、慰め役の呼び名の通り、そっと傍らにあって「聞き役」に徹することで、相手を心理面で支えようとします。

このように、イネーブラーとプラケーターの違いは、相手を「行動面で支えようとするか?」「心理面で支えようとするか?」という点です。

アダルトチルドレン:イネイブラータイプの特徴」については、以下の記事に詳しくまとめていますので参考にしてください。

 

 

また、以下の記事は、「アダルトチルドレンのタイプ診断」を行うことができますので、アダルトチルドレンのタイプに興味をお持ちの方は参考にしてください。

 

 

プラケータータイプの恋愛傾向

アダルトチルドレン_プラケータータイプの恋愛傾向を表すイラスト

 

アダルトチルドレン:プラケータータイプの恋愛傾向は、自分を犠牲にして相手に尽くすことに喜びを感じがちなところです。

よって、アダルトチルドレン:プラケータータイプの恋愛傾向は、「偏ったアンバランスな関係になりやすい」という点が最大の特徴です。

 

傾向①愛情と同情の区別がつきづらい

プラケーターは、母親の愛情に似た無条件の優しさを多くの人に向けますので、周囲から憧れや好意を多く寄せられます。

ですが、プラケーターは相手に対して愛情ではなく、同情による慰めの気持ちを抱いている場合が多いため、相手の気持ちとかみ合いづらく、恋愛関係では親密な関係が築きづらい傾向にあります。

 

傾向②回避依存に陥りやすい

プラケーターは、自己犠牲になることを好むので、一方的に尽くすことに喜びを感じます。

よって、相手から感謝や愛情を寄せられたり、対等な恋愛関係を望まれると、自分の存在意義に不安を感じたり、幸せになることが怖く感じてしまい、恋愛関係を回避してしまいがちです。

このように、プラケーターの恋愛は、相手との対等な関係ではなく、偏った関係を望む傾向にあるため、幸せになることが怖くなり、回避依存に陥りがちです。

 

傾向③親子のような恋愛関係=共依存に陥りがち

プラケーターの自己犠牲は、一見、深い愛情のように感じられますが、実際は、献身的に尽くすことの見返りとして、親のように甘えさせてもらいたい、親のように依存をさせてもらいたい、つまり、親代わり恋愛を求めている場合があります。

とくに、プラケーターの女性が醸し出す、この健気さやはかなさや、放っておけない危なっかしさみたいな印象は、親子ほど年齢が離れている年上の男性にとっては、とても魅力的に感じます。

なので、プラケーターに対して、まるで娘を可愛がるように接してしまうと、プラケーターとの心理的距離が一気に近くなり、親代わりに依存されてしまう場合があります。

それでも、プラケーターとの偏った恋愛関係を続けてしまうと、最悪の場合、共依存関係に陥ってしまう場合があります。

 

傾向④近すぎる親子関係になりがち…

このように、プラケーターは相手との対等な関係で愛情を育むことより、一方的に同情を注ぎ、献身的に尽くしたい側面があるため、同年代との恋愛関係より、親子ほど年齢の離れたアンバランスな恋愛関係になりがちです。

また、母子家庭の男の子がプラケーターになると、母親をずっと心配し続けたり、父子家庭の女の子がプラケーターになると、父親をずっと心配し続けたり、稀にプラケーターは、マザコンファザコンといった、近すぎる親子関係を築いてしまう場合があります。

 

傾向⑤恋愛や結婚が遅れてしまいがち…

このように、アダルトチルドレン:プラケータータイプは、自分の幸せより父母の幸せを優先しがちであったり、対等な関係より偏った関係を好みがちであるため、自分が幸せになることを回避してしまい、結果、結婚恋愛や結婚や出産など、人生の進展が遅れてしまう場合があります。

 

傾向⑥プラケーターは、自分と似た、おっとりとした相手とうまくいく

ある意味、プラケータータイプは、「恋愛における自己主張が苦手」という特徴があります。

なので、グイグイと引っ張ってくれる相手だと当初はかみ合いますが、プラケーターの自己主張が薄い分、相手はプラケータに対して不安や不満を感じてしまい、恋愛関係がうまくいかない場合が多いです。

ですが、プラケーターようにおっとりとした相手と巡り合うことができると、お互い、特に会話がなくても一緒にいるだけで心地よい恋愛関係を築くことができます。

そうすることで、「○○に行きたい!」「○○を食べたい!」など、デートや食事など対して、苦手な自己主張をしなくても安心して恋愛関係が育めるようになります。

このように、プラケーターは自分と似たような相手=プラケーターのようなおっとりとした相手と巡り合うと、「似たもの夫婦」と呼ばれるように、素晴らしい夫婦関係や恋愛関係を築くことができます。

 

また、「アダルトチルドレンの恋愛傾向」については、以下の記事にも詳しく説明していますので紹介します。

 

 

プラケータータイプの克服

アダルトチルドレン_プラケータータイプの克服イメージ

 

アダルトチルドレン:プラケータータイプは、「みんなが辛い想いをしているのに、自分だけ楽をするわけにはいかない…」という捉え方をする特徴があります。

なので、アダルトチルドレン:プラケータータイプの克服は、「自分だけではなく…みんな一緒に…」という雰囲気の中で解きほぐしていく必要があります。

 

プラケータータイプのインナーチャイルド

さて、日常においては、困っている人を見ると放っておけず、自分のことより相手を優先してくれるプラケーターさんは、周囲や家族からは、「頼りがいのある相談役」として、とても頼りにされているのかもしれません。

でも本当は、プラケーターさんは頼りがいのある強い人なのではなく、内面は「どうしよう…どうしよう…」と不安が溢れそうなのかもしれません。

プラケーターさんの「優しい聞き役」という仮面の内側には、ほんとうは怖くて、不安で助けを求めている子ども時代の自分=インナーチャイルドが助けを求め続けているのかもしれません。

 

みんなが笑顔になるまでじっと寄り添ってあげなきゃ!

 

このように、自分のことは後回しにし、母親をはじめ、周りの家族を心配し慰め続けてくれている子ども時代の自分のイメージ=プラケーター(慰め役)のインナーチャイルドを見つけてあげることが、プラケータータイプのアダルトチルドレンの克服の第1ステップとなります。

 

今までお疲れさま…これからは弱音を吐いてもOKだよ…

私自身も、かつてはアダルトチルドレン:プラケータータイプの個性を感じていたことがありました。

父親も母親も共働きであり、兄弟も多かったため、母親は仕事と家事に忙しく、ときどき、疲れ果てて眠りに落ちていました。

そんな頑張っている母親を見ると…

 

母が頑張っているんだから、自分も頑張らなきゃいけない!

自分だけ弱音を吐いてはいけない!

 

このように、母親をとても心配していましたし、そのぶん、母親に迷惑を掛けたくなくて、寂しさや不安などの弱音をぐっと心に我慢をしていました。

でも、弱音を我慢し続けることは、ストレスを増やし続けることになりますので、弱音を我慢し続けた結果、私はうつ病を抱えることになってしまいました。

そして、今は大人になって、自分の力で生きていけるようになったので、「母親を見守る役目」は終わりにしようと感じられるようになりました。

 

なので、プラケータータイプのアダルトチルドレンの克服の第二ステップは…

 

今までは、弱音を我慢することで母親を支えてくれてありがとう…

これからは、弱音を我慢せず吐き出して心軽やかに生きたほうが母親も安心すると思うよ…

 

このように、子ども時代の自分が弱音を抱えていたことを認め、今まで、弱音を我慢することで母親を支えてくれたインナーチャイルドを労り、「これからは、弱音を吐いてもOKだよ…」と、どんな自分であっても、自分自身で認めていこうとする自立心が大切になります。

 

自分を幸せにすることで親も幸せな気分にしていく…

ただ、弱音を吐きだすことは、とても抵抗を感じることですので、目をあけて心理カウンセラーを目の前にすると、恥ずかしさが強く働き、弱音を吐きだせなくなってしまいます。

そこで、催眠療法(ヒプノセラピー)を用い、目を閉じることで恥ずかしさが和らぎ、少しづつ、心に溜め込んだ弱音を吐きだしていきます。

このように、催眠療法(ヒプノセラピー)の雰囲気を活用し、ゆったりとした雰囲気の中で、子ども時代の自分の気持ちを大人の立場で理解し、心理的な自立を果たす作業を、インナーチャイルドセラピーと呼びます。

 

プラケータータイプのインナーチャイルドを癒すイメージ

 

当社メンタル心理そらくものインナーチャイルドセラピーは、自分のインナーチャイルドのみではなく、父親や母親のインナーチャイルドにも関心を振り向けていきます。

そうすることで、自分が自分の気持ちを我慢せず素直に表現することで、自分自身を幸せにすることができ、そんな幸せな自分を見た両親も幸せな気分になっていくことに、理屈ではなく体感で納得を深めていきます。

 

このように、アダルトチルドレン:プラケータータイプの克服のポイントは、以下の4点に気づき納得を深めることです。

 

POINT

  1. 親より先に幸せになることは「親を裏切る」ことではない
  2. 自分が弱音を我慢していると、周りの人はかえって不安を感じる
  3. 人は弱音を吐くことで、初めて「相手の信頼」を得ることができる
  4. 自分が幸せに生きている姿を親に見せることで、親を安心させようとすることを「自立」と言う

 

このように、正直に弱音を吐くことで自分も楽になり、正直に弱音を吐くことができている姿を見せることで周りの人も安心していく、親を巻き込まず、親に邪魔されず、弱音を吐くことで自分も家族も幸せになっていく生き方を、理屈ではなく体感で実感し習得していく機会が、当社メンタル心理そらくもの心理カウンセリングです。

以下に、当社メンタル心理そらくもが考える「アダルトチルドレンの心理カウンセリングのポイント」と「アダルトチルドレンの回復過程」に関する記事を紹介します。

 

 

さいごに

さいごに、アダルトチルドレン:プラケータータイプの特徴について重要ポイントをまとめます。

 

  • POINTプラケーターとは、慰め役という意味で「小さなカウンセラー」とも言われる
  • プラケーターは女性に多く、聞き役に徹するため信頼を得やすいが、反面、共依存に陥りやすい
  • プラケーターの母親もプラケーターである可能性が高い
  • プラケーター、ケアテイカー、イネイブラーは、それぞれ違った特徴がある
  • プラケーターの恋愛傾向は、共依存回避依存など、対等な関係より偏った関係になりやすい
  • プラケーターの克服とは、自分の弱音を認め、自分を幸せにし、自分の幸せな姿を親に見せることで、親を幸せな気分していくこと

 

また、私自身もかつてはアダルトチルドレンであり、今ではアダルトチルドレン(ac)を克服した心理カウンセラーです。

いつの日か、アダルトチルドレン克服のお手伝いをさせて頂けますと幸いに思います。

最後に、あわせて読んで頂きたいおすすめの記事として、私自信の「アダルトチルドレン克服体験談」を紹介します。

 

 

以上、「アダルトチルドレン:プラケータ-タイプの特徴」という記事でした。