アダルトチルドレン:プラケーター(慰め役)とは?「特徴・恋愛傾向・原因・克服方法」を徹底解説

アダルトチルドレン_プラケータータイプのイメージ

POINTアダルトチルドレン:プラケーターは「慰め役」と呼ばれ、子どもでありながら、気落ちした家族を優しく慰める「家族のカウンセラー役」で、「小さなカウンセラー」とも呼ばれます。

心理カウンセラーの寺井です。

アダルトチルドレン」とは、「機能不全家族」で育ったことにより、子どもの頃に身に付けた「家庭での役割」が習慣化して性格として根付いてしまい、大人になって生きづらさを感じている人を意味する言葉です。

また、アメリカの心理療法家「ウェイン・クリッツバーグ」は、アダルトチルドレンが、子どもの頃に身に付けた「機能不全家族での役割」を「アダルトチルドレンタイプ」としてまとめました。

そして、「アダルトチルドレン:プラケーター(慰め役)」とは、「ウェイン・クリッツバーグ」がまとめた「アダルトチルドレンタイプ(機能不全家族での役割)」のひとつにあたります。

なお、本サイトにおける「アダルトチルドレンタイプ」は、以下の「7つ」を使用しています。

また、プラケーターは「慰め役」と呼ばれ、「落ち込んでいる家族」や「悩んでいる家族」を慰める存在で、まるで「カウンセラー」のように「聞き役」に徹する優しい存在を意味します。

そのため、プラケーターは「小さなカウンセラー」とも呼ばれ、子どもでありながら、気落ちした家族を優しく慰める「家族のカウンセラー役」をといった存在です。

この記事は、アダルトチルドレン:プラケーター(慰め役)について解説しています。

アダルトチルドレン:プラケーター(慰め役)とは?

アダルトチルドレン_プラケータータイプとは何か?を表すイラスト

「プラケーター」という言葉は「慰める人」「なだめ役」を意味する言葉であり、「アダルトチルドレン:プラケーター」は「慰め役」とも呼ばれ、「機能不全家族」のなかで「暗い表情の家族」の存在にいち早く気づき、家族の気持ちに寄り添い、家族を慰める優しい子どもを指します。

このように、プラケーターは「落ち込んでいる家族」や「悩んでいる家族」を慰める存在で、まるで「カウンセラー」のように「聞き役」に徹する優しい存在を意味します。

そのため、プラケーターは「小さなカウンセラー」とも呼ばれ、子どもでありながら、気落ちした家族を優しく慰める「家族のカウンセラー役」といった存在です。

アダルトチルドレン(AC)のプラケーターとは、機能不全家族の他のメンバーの暗い表情をいち早く察して、何よりも他人を優先し、いつもいつも慰めケアするカウンセラーのような子どもです。

引用元:アダルトチルドレン:プラケーターとは?特徴や原因、人間関係を解説

プラケーターのように、家族を支える役割を担う「アダルトチルドレンタイプ」として「イネイブラー(支え役)」と「ケアテイカー(世話役)」がありますが、「イネイブラー(支え役)」は「家事・育児」など「行動面」で家族を支えるのに対して、「プラケーター(慰め役)」は「愚痴を聞く・慰める」など「感情面」で家族を支えるという傾向があります。

また、「ケアテイカー(世話役)」は「感謝されたい・褒められたい」など「見返りを求める」のに対して、「プラケーター(慰め役)」は「見返りを求めない」という傾向があります。

プラケーターは「男性」でも「女性」でも存在し、「両親」に限らず「兄弟姉妹」も含めた「家族の慰め役」を担いますが、その中でも、プラケーターは「気落ちした『母親』の愚痴を聞き、自信のなさそうな『母親』を優しく慰める『娘』」という立ち位置である場合が多いという傾向があります。

ですので、プラケーターは「男性」より「女性」の方が多く、「消極的で優しい性格の女性」である場合が多いと考えられています。

 

アダルトチルドレン:プラケーター(慰め役)の「心理的な特徴」

アダルトチルドレン_プラケータータイプの心理的な特徴は家族を慰めることであることを表すイラスト

プラケーターは、子どもの頃から「家族の表情」に常に気を配ってきたため、大人になっても「他者の気持ちを察する能力が非常に高い」という点が最大の特徴です。

反対に言えば、プラケーターは「他者の感情の影響を受けやすいぶんだけ、他者の感情に振り回されやすい」と言えますし、「他者の感情に振り回されやすいぶんだけ、自分のことが後回しになりやすい」とも言えます。

なお、「プラケーターの心理的な特徴」は、主に以下の「5つ」があげられます。

POINT

  1. 共感力が高い
  2. 問題行動を起こさない
  3. 問題の根本解決が図れない
  4. 同情を感じやすい
  5. ストレスを溜め込みやすい

続きは、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

 

アダルトチルドレン:プラケーター(慰め役)の「人間関係の特徴」

アダルトチルドレン_プラケータータイプの人間関係で直面する問題の特徴を表しているイラスト

プラケーターは、子どもの頃から「家族をなだめ慰める」という「役割」をこなしてきたため、大人になっても「相手に献身的に寄り添う」という点が最大の特徴です。

反対に言えば、プラケーターは「相手に献身的に寄り添うぶんだけ、自分のことが後回しになりやすい」あるいは「相手に献身的に寄り添うぶんだけ、相手に利用されやすい」と言えますし、「相手に献身的に寄り添うぶんだけ、相手に感謝・信頼されやすい」とも言えます。

なお、「プラケーターの人間関係の特徴」は、主に以下の「5つ」があげられます。

POINT

  1. 共依存になりやすい
  2. 自分の人生を楽しめない
  3. 職場での人間関係が希薄になる
  4. 仕事においても献身的に寄り添う
  5. 親子役割逆転になりやすい

続きは、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

 

アダルトチルドレン:プラケーター(慰め役)の「恋愛傾向」

アダルトチルドレン_プラケータータイプの恋愛傾向を表すイラスト

プラケーターの「恋愛思考パターン(愛着スタイル)」は、子どもの頃の「両親との関係性」が大きく影響しています。

また、プラケーターは子どもの頃から「機能不全家族における『慰め役』」として「暗い表情の家族」の存在にいち早く気づき、家族の気持ちに寄り添い、家族を慰めてきました。

ですので、プラケーターは「機能不全家族で育った影響」により、大人になって、「他者のネガティブ感情(寂しさ・悲しさ・不安・怒り・落ち込みなど)を敏感に感じとる」という特徴があり、「恋愛関係」においても「恋人のネガティブ感情の影響を受けやすく、恋人のネガティブ感情に振り回されやすい」という傾向があります。

よって、プラケーターは大人になってからの「恋愛関係」においても、子どもの頃と同じように「恋人の慰め役」になりやすいという傾向があります。

なお、プラケーターは「男性」より「女性」の方が多いと考えられていることから、本記事では「プラケーターの『女性』の恋愛傾向」を「軸」に解説していきます。

また、「プラケーターの恋愛傾向」は、主に以下の「7つ」があげられます。

POINT

  1. 恋人の「慰め役」になりやすい
  2. 対等な恋愛関係」が築けない
  3. ダメ男との「共依存恋愛」になりやすい
  4. ダメ男との「出会い」と「別れ」を繰り返す
  5. 同情」を「愛情」だと勘違いされやすい
  6. 恋愛」や「結婚」が遅れてしまう
  7. 親代わり恋愛」になりやすい

続きは、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

 

アダルトチルドレン:プラケーター(慰め役)の「恋愛思考パターン」

アダルトチルドレン_プラケータータイプの恋愛思考パターンを表すイラスト

アダルトチルドレンに限らず、恋愛をはじめとする「人間関係の築き方」には、人それぞれの特徴があります。

なお、恋愛をはじめ「親子・家族・友人・夫婦・職場」などの「人間関係の築き方」の人それぞれの特徴を、心理学では「愛着スタイル」と言い、とくに「恋愛関係の築き方の特徴」は「恋愛思考パターン」とも呼ばれ、子どもの頃の「両親との関係性」が大きく影響していると考えられています。

「愛着スタイル」とは、恋愛を含む人間関係において、人とどんな結びつきを持ちたいのか、どのような関係が心地よく感じるのかを表す傾向を指します。…(中略)…この傾向は、幼少期の保護者との関係が大きく影響している。

引用元:愛の心理学―4つの愛着スタイルと愛着障害

以上のことから、プラケーターを始めとする「アダルトチルドレンの恋愛傾向」には、「機能不全家族」で育った影響が密接に関わっていると言えます。

とくに、プラケーターは「気落ちした『母親』を優しく慰める『娘』」という場合が多く、子どもの頃から母親に寄り添い、母親を慰めることが多かったため、大人になって「消極的で優しい性格の女性」になる場合が多いです。

そのため「プラケーターの女性」は、恋愛において「ダメ男」いわゆる「ダメンズ」と呼ばれる「男性」に優しく尽くしてしまうなど、知らず知らずのうちに、さまざまな問題に巻き込まれてしまうという点が特徴的と言えます。

そして、恋愛において、プラケーターがさまざまな問題に巻き込まれてしまう根本原因には、子どもの頃に「機能不全家族で育った影響」が密接に関わっており、子どもの頃の「両親との関係性」が大きく影響していると考えられています。

なお、プラケーターは「男性」より「女性」の方が多いと考えられていることから、本記事では「プラケーターの『女性』の恋愛思考パターン」を「軸」に解説していきます。

また、「プラケーターの『女性』の恋愛思考パターン」は、主に以下の「具体例」があげられます。

POINT

  • 母親との関係性の影響
    「気落ちした母親を慰めてきた」という「母親との関係性」から、大人になって、困っている人を慰めることで愛されようとする
  • 両親の関係性の影響
    「ダメな父親」と「ダメな父親に懸命に尽くす母親」という「両親の関係性」から、大人になって、ダメな男性に尽くすことで愛されようとする
  • 父親との関係性の影響
    「ダメな父親なりに優しい一面を示してくれた」という「父親との関係性」から、父親のような男性に愛されようとする

続きは、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

 

アダルトチルドレン:プラケーター(慰め役)が生まれる原因

アダルトチルドレン_プラケータータイプの原因を表すイラスト

プラケーターが生まれる原因は、「機能不全家族」で育ったことにより、子どもの頃に「トラウマ(心の傷)」を負ったことが根本的な原因です。

なお、「プラケーターが生まれる原因となる機能不全家族の特徴」は、主に以下の「具体例」があげられます。

POINT

  • 父親が頼りない
  • 母親がイライラしていることが多い
  • 母親が落ち込んでいることが多い
  • 父親・母親の夫婦仲が穏やかではないことが多い
  • 兄弟姉妹が揉めていることが多い
  • 兄弟姉妹が落ち込んでいることが多い

また、子どもが「トラウマ」によって抱える「負の感情」のひとつに「見捨てられ不安」があります。

プラケーターは、「家族が落ち込んでいる様子」や「家族が揉めている様子」に対して「見捨てられ不安」を感じやすいため、「気落ちしている家族」や「イライラしている家族」を見ると「見捨てられ不安」を感じて居てもたってもいられなくなり、親・家族への「慰め役」を担うようになったと考えられています。

そして、親・家族への「慰め役」を繰り返しているうちに「無意識の思考パターン(習慣)」として「潜在意識」に根付き、大人になっても「慰め役」を繰り返していると考えられます。

以上のことから、「プラケーターが生まれる原因」として、以下のような「流れ」が考えられます。

POINT

  1. 愛情不足」により「見捨てられ不安」を感じる
  2. 見捨てられ不安」を和らげるために「慰め役」となる
  3. 慰め役」を担うことで「自分の存在価値」を感じる
  4. 自分の存在価値」を感じるために「慰め役」を続ける

続きは、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

[ads]

プラケーター(慰め役)を克服する「重要ポイント」

アダルトチルドレン_プラケーター(慰め役)を克服するために必要な考え方を表すイメージ

プラケータータイプ(慰め役)を始めとする「アダルトチルドレンの克服方法」は、「アダルトチルドレン(AC)概念」の生みの親である「クラウディア・ブラック」により「アダルトチルドレンを克服する手順(ステップ)」がしっかりと確立されています。

反対に言えば、「クラウディア・ブラック」が示した「アダルトチルドレン克服の手順(ステップ)」遵守しない限り、根本的な「アダルトチルドレンの克服」は難しく、一時的には症状が落ち着いたとしても、しばらくして「慰め役」の症状が再現する場合が多いと言えます。

なお、「アダルトチルドレンの根本的な克服に重要なポイント」としては、主に以下の「2つ」があげられます。

POINT

  1. 「クラウディア・ブラック」が示した「アダルトチルドレン、回復の4ステップ」を遵守する
  2. アダルトチルドレンの克服に必要な「心理学・心理療法」を習得した「協力者」を得る

それでは、以下に詳しく解説していきます。

 

アダルトチルドレン「回復の4ステップ」

そもそも「アダルトチルドレン(AC概念)」は、1970年代、アメリカのアルコール依存症の治療現場から広がり始めた考え方で、1980年代になると、さまざまな専門家たちが「アダルトチルドレンの原因」や「アダルトチルドレンの克服方法」について研究を行い始めました。

そのなかでも、アメリカのソーシャルワーカー・社会心理学博士「クラウディア・ブラック」は、「子どもを生きればおとなになれる―「インナーアダルト」の育て方」という著書の中で、「アダルトチルドレンからの回復プロセス」として、次の「4つのステップ」を示しました。

アダルトチルドレン(AC)概念の生みの親であるクラウディア・ブラックは、ACの回復プロセスを次のような4段階で説明しています。

  • ステップ1=過去の喪失を探る
  • ステップ2=過去と現在をつなげる
  • ステップ3=取りこんだ信念に挑む
  • ステップ4=新しいスキルを学ぶ

引用元:アダルトチルドレン--回復の4ステップ

また、「クラウディア・ブラック」が示した「アダルトチルドレン、回復の4ステップ」を「具体化」すると、以下のようになります。

POINT

  • ステップ1=過去の喪失を探る
    機能不全家族で育った影響で負った「幼少期のトラウマ(インナーチャイルド)」の存在に気づき、「幼少期のトラウマ(インナーチャイルド)」を癒す
  • ステップ2=過去と現在をつなげる
    機能不全家族で育った影響で身に付けた「『慰め役』の思考パターン(人生脚本)」が、現在の自分にどのような影響を与えているか?を理解する
  • ステップ3=取りこんだ信念に挑む
    インナーチャイルドセラピー(退行催眠)を用いて、「『慰め役』の思考パターン(人生脚本)」を「『生きやすい』思考パターン」へと書き換える
  • ステップ4=新しいスキルを学ぶ
    子どもの頃に学べなかった「人間関係の方法」「感情の扱い方」「自分を大切にする方法」を学ぶ

このように、「アダルトチルドレンからの回復プロセス」は、「アダルトチルドレン(AC)概念」の生みの親である「クラウディア・ブラック」によってしっかりと確立されています。

以上のことから、アダルトチルドレンの克服は、「クラウディア・ブラック」が示した「アダルトチルドレン、回復の4ステップ」を遵守したうえで進めていく必要があると言えます。

 

なお、「クラウディア・ブラック」が示した「アダルトチルドレン、回復の4ステップ」については、以下の記事で詳しく解説していますので、必要な方は参考にしてください。

 

アダルトチルドレンの克服に必要な「心理学・心理療法」

「アダルトチルドレン、回復の4ステップ」を示した「クラウディア・ブラック」は、「ステップ1=過去の喪失を探る」のなかで、「アダルトチルドレン克服の基本方針」について以下のように述べています。

ステップ1=過去の喪失を探る:過去を繰り返し語ることで、子ども時代の家族の中にあった問題や、自分の中での喪失に気づき、かかえていた感情を解放する。これは親を責めることとは違い、あくまで自分自身のための作業。自助グループや治療の場を活用する、信頼できる相手に話を聞いてもらうなど、安全で自分を受け入れてもらえる場で行なうことが必要。

引用元:アダルトチルドレンーー回復の4ステップ

なお、「クラウディア・ブラック」が示した「アダルトチルドレン克服に基本方針」を「具体化」すると、以下のようになります。

POINT

  • 過去を振り返り、過去を語ることで、子ども時代の家族の問題や、子ども時代に負った「トラウマ(心の傷)」の存在に気づく必要がある
  • 子ども時代に負った「トラウマ(心の傷)」を癒す必要がある
  • 子ども時代に負った「トラウマ(心の傷)を癒す作業」は、「心理カウンセリング」や「自助グループ」など、信頼できる相手や安全に自分を受け入れてもらえる場所で行う必要がある

以上のことから、「アダルトチルドレンの克服に必要な要件」は、以下のようになります。

POINT

  • 辛く苦しい過去であっても一度は振り返り、子ども時代の家族の問題や、子ども時代に負った「トラウマ(心の傷)」に向き合う必要がある
  • 子ども時代に負った「トラウマ(心の傷)」を癒さない限り、アダルトチルドレンの克服はできない
  • これらの作業は、心理カウンセラーを始めとする「信頼できる相手の協力」や、カウンセリングルームを始めとする「安全に自分を受け入れてもらえる場所」で取り組む必要がある
  • 反対に言えば、アダルトチルドレンの克服は、家族を巻き込まず、家族に邪魔されず行う必要がある

とはいえ、「子ども時代の家族との記憶」や「子ども時代のトラウマ体験」は、「なかなか思い出しづらい『遠い昔の記憶』」であるのと同時に、「できれば思い出したくない『傷ついた記憶』」でもあります。

ですので、心理カウンセラーの技量が低いことが原因で、アダルトチルドレンの克服がうまく行かなくなってしまう場合も考えられます。

以上のことから、当社メンタル心理そらくもとしては、アダルトチルドレンを克服するためには、以下の「心理学・心理療法」を習得していることが望ましいと考えています。

POINT

  1. NLPカウンセリング
  2. 来談者中心療法
  3. 家族療法
  4. ゲシュタルト療法
  5. エリクソン催眠療法(ヒプノセラピー)
  6. インナーチャイルドセラピー(退行催眠)
  7. EFT(感情解放テクニック)

なお、「当社メンタル心理そらくもが考える、アダルトチルドレンを克服するために必要な『心理学・心理療法』」については以下のページに詳しく解説していますので、必要な方は参考にしてください。

 

プラケーター(慰め役)を克服する「具体的な方法」

アダルトチルドレン_プラケータータイプを克服する具体的な方法を表すイラスト

プラケーターは、「機能不全家族」で育った影響で「トラウマ(心の傷)」を負い、「トラウマ」の「防御行動」として「慰め役」を担うようになり、親・家族への「慰め役」を繰り返しているうちに「無意識の思考パターン(習慣)」として「潜在意識」に根付いていったと考えられています。

以上のことから、「プラケーターの原因」は、大きく分けて以下の「2つ」があります。

POINT

  • 感情面の原因…「幼少期のトラウマ
  • 思考面の原因…「無意識の思考パターン

よって、「プラケーターの克服」は、以下の「2つの取り組み」が必要となります。

POINT

  • 感情面のケア…「幼少期のトラウマ」を癒す
  • 思考面のケア…「無意識の思考パターン」を書き換える

このように、プラケーターを始めとする「アダルトチルドレンの克服」は、「感情面」と「思考面」の「両方の取り組み」が必要です。

反対に言えば、どちらか「片方の取り組み」だけでは、一時的には症状が落ち着いたとしても、しばらくして「慰め役」の症状が再現する可能性が高いと言えます。

 

アダルトチルドレンの克服がうまく行かない理由

また、「ゲシュタルト心理学」や「交流分析」によると、「幼少期のトラウマを癒す作業」や「無意識の思考パターンを書き換える作業」は、子どもの頃の感情に「感情移入」できればできるほど効果が高いと考えられています。

とはいえ、「子どもの頃のトラウマ体験」や「子どもの頃の家族との記憶」は、「できれば思い出したくない『傷ついた記憶』」であるのと同時に、「なかなか思い出しづらい『遠い昔の記憶』」でもあります。

ですので、心理カウンセラーが視界に入ってしまうと集中しきれず、「アダルトチルドレンの克服」はうまく行かなくなってしまう場合が多いです。

よって、目を開けた状態で行う「対話型のカウンセリング」のみでは、「アダルトチルドレンの克服」がうまく行かない場合があると言えます。

 

インナーチャイルドセラピー(退行催眠)が有効な理由

このように、目を開けた状態で行う「対話型のカウンセリング」のみだと、心理カウンセラーが視界に入ってしまい、子どもの頃の感情に「感情移入」できず、「アダルトチルドレンの克服」がうまく行かない場合が多いです。

ですが、目を閉じた状態で行う「インナーチャイルドセラピー(退行催眠)」であれば、心理カウンセラーが視界に入らず、子どもの頃の感情に「感情移入」しやすくなり、「アダルトチルドレンの克服」が進めやすくなります。

よって、「インナーチャイルドセラピー(退行催眠)」は「アダルトチルドレンの克服」に非常に有効であると言えます。

 

以上のことから、「プラケーターの克服」は、以下の手順で行っていきます。

POINT

  1. プラケーター(慰め役)の原因を理解する
  2. インナーチャイルドセラピーを用いて「幼少期のトラウマ(インナーチャイルド)」を癒す
  3. インナーチャイルドセラピーを用いて「無意識の思考パターン(人生脚本)」を書き換える

続きは、以下の記事でさらに詳しく解説しています。

 

まとめ

さいごに、本記事の重要ポイントをまとめます。

  • POINTプラケーターとは、「慰め役」という意味で「小さなカウンセラー」とも言われる
  • プラケーター心理的特徴は、「相手の気持ち」に寄り添う「共感力」が高い反面、「同情」しやすい点
  • プラケーターの人間関係は、「周囲を仲裁をする・他者の気持ちに寄り添う」反面、「共依存」になりやすい
  • プラケーターの恋愛は、子どもの頃と同じように「恋人の慰め役」になりやすいという傾向がある
  • プラケーターの恋愛思考パターンは、子どもの頃の「両親との関係性」が大きく影響している
  • プラケーター、ケアテイカー、イネイブラーは、それぞれ違った特徴がある
  • プラケーターが生まれる原因は、「幼少期のトラウマ」と「無意識の思考パターン」の2つがある
  • プラケーターの克服は、「クラウディア・ブラック」が示した「アダルトチルドレン、回復の4ステップ」を遵守する
  • プラケーターの克服は、アダルトチルドレンの克服に必要な「心理学・心理療法」を習得した「協力者」が必要
  • プラケーターの克服は、「感情面」と「思考面」の「両方の取り組み」が必要
  • プラケーターの克服は、「対話型のカウンセリング」のみでは上手くいかない場合がある
  • プラケーターの克服は、「インナーチャイルドセラピー(退行催眠)」が非常に有効

なお、本記事に関する関連情報は、以下のページにまとめていますのであわせて紹介します。

以上、「アダルトチルドレン:プラケーター(慰め役)とは?『特徴・恋愛傾向・原因・克服方法』を徹底解説」という記事でした。

この記事を書いた人
寺井 啓二

「うつ、アダルトチルドレンの克服経験」を持つ「心理カウンセラー・心理セラピスト」。
自らの克服経験を世の中のために役立てたいと考え、2013年に「メンタル心理そらくも」を設立、代表を務める。
10年以上のカウンセリング臨床実績があり、「アダルトチルドレン、インナーチャイルド、うつ病、パニック障害、人間関係の生きづらさ、親子関係の悩み(毒親)、子育ての悩み、恋愛・結婚の悩み、中学生・高校生の悩み」などの相談を得意としている。

◆カウンセリング実績
・臨床実績:過去2000回以上
・男女比:男性40%、女性60%
・年齢層:中学生から60歳代
・来訪元:静岡県内、愛知など東海圏
     東京、神奈川など首都圏
     大阪、兵庫など関西圏
     海外在住の方

◆保有資格
・上級心理カウンセラー
・メンタル心理カウンセラー
・うつ病アドバイザー
・チャイルドカウンセラー
・家族療法カウンセラー
・セルフ・アクセプタンスカウンセラー
・EFT-Japan Level 1
・EFT-Japan プラクティショナー

寺井 啓二をフォローする
アダルトチルドレン
シェアする
寺井 啓二をフォローする
タイトルとURLをコピーしました