うつ(鬱病)克服:厄介な相手は手玉に取る!心理療法で“うつ”をマネージメント!

一体何が目的なの?私は、うつ(鬱病)に疑問を感じてました。
 
理解できない相手が迷惑ばかり掛けてきた時、黙ってますか?
 
厄介な相手ですが、相手を知ってやりくりしようと考えました。
 
相手を知り己を知れば百戦危うからず。と孫子が言っている通り、うつ(鬱病)=【私のなかのなにかを発信している私】のことをいろいろ知って、私と私が平和的に共存したいものだなと考えたわけですね。
 
心理学は心の言葉を翻訳する辞典のようなものです。
 
心理学と心理療法を学び“おぉ!これなら何とかなる!”と期待が持てました。
 
うつ(鬱病)は、厄介なことをするけど、これを学べば対応できると確信しました。
 
理解できない言動を繰り返す新入社員を部下を使いこなす、課長さんの様です。
 
私は、ますます心の動きに興味持ち、自分の心を分析しました。
 
→“な〜んか、良くわからんけど、さっきから不安だな?息苦しいな。”→“これを、漠然とした不安とかいうのかな?”→ →“お医者さんに相談したら、不安障害って命名されるんだろうなぁ。”→“さてと、何で不安なんだ?何か大事なことを忘れてしまってるのかな?”→→“特にないよな?なるほど、また心の動きが間違ってるんだなぁ。”→→“ちょっと待てよ。この不安な感じ、いつかどこかで感じたような!?”→→“そうだ!仕事で失敗した時のあの感じだ!” →“でも、何で今感じるんだろう?ちょっと心理学で調べてみよう。”→→“へ〜!こういうことってあるんだ。そうか、この方法を試してみよう!”
 
そして、勝手にわいてくる“不安、無気力、焦燥感、自己嫌悪”に囚われなくなり、 今必要な感情と、今必要ない感情に識別できるようになりました。
 
“また、わいて来たね。でも囚われないよ。”
 
“その感情は、今はもう必要ないんだ。”
 
“でも、いろいろ注意したくて知らせてくれたんだよね。”
 
“ありがとう。もう大丈夫だから、次からはわいてこなくてもいいよ。”
 
こうして、うつ(鬱病)の症状=【私のなかのなにかを発信している私】とのあいだのマネージメント=平和的な共存ができるようになりました。

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2015年12月20日 | カテゴリー : うつ(鬱病)いろいろ | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 16時05分--