イライラは病気じゃない!

イライラは病気じゃない。なにかのサイン。

イライラについて解説をしている記事のアイキャッチ画像

 

イライラは病気ではありません。

イライラするは確かに嫌ですが、イライラはダメなものではありません。

なので、イライラを解消する方法を誤り、やみくもにイライラを抑えようとするとかえって膨らんでしまいます。

この記事は、イライラするときの心理状態を心理学に沿って解説しています。

広告


イライラは病気じゃなく、状況が変化したサイン。

イライラするのは病気ではなく、なにかを知らせるサインのようなものです。

イライラという感情にも役割があって、なんらかの出来事などイライラする原因があるものです。

 

イライラは不満のサインであることを説明しているイラスト

 

電車やバスの遅れにイライラする。

赤信号にイライラする。

友達の行動や発言にイライラする。

 

日常生活を送っていると、イライラすることがたくさんあります。

周囲の状況が自分の思い通りにいかないとき、ついついイライラを感じてしまいます。

 

ちょっとしたことでイライラが募ると病気ではないか?と不安になります。

ですが、振り返ってみると、ほとんどの場合、しっかりとした原因があるものです。

 

とくに、あるときまで心地よくいい感じで過ごしていたところ、

突然、邪魔をされてしまったりすると、人はイライラを感じます。

 

なので、イライラは病気どころかむしろ健全な感情なのです。

 

イライラするのは悪くない。

さて、私は心理の専門家ですのでこんな風にも捉えます。

 

それは、

「思い通りにいかないとき、人の心はイライラを感じるようにできている。

ということです。

 

イライラするのは悪くないイメージを説明しているイラスト

 

うらをかえせば、思い通りにいっていないことを認識するサインとして、自分の心にイライラが生まれてきます。

 

人前で何かを発表するときや大事な試験の前などは、緊張し、イライラや不安を感じる方が自然です。

なので、イライラは病気ではなく、何も悪いことでもなく、人間としてとても自然な心の働きだということです。

 

イライラするときは警戒を感じている。

先ほどもご説明差し上げた通り、人は、周囲の状況が望ましくない状況だとイライラを感じます。

そして、周囲の状況にたいして警戒心を働かせ敏感に注意を振り向けるようになります。

つまりイライラしているということは、周囲の状況に対して警戒とストレスを感じているということです。

 

それでは、もし逆に、イライラをまったく感じなくなってしまったら、どうなってしまうのでしょうか?

おそらく、周囲の状況の変化にまったく気づけなくなり、不注意によって事故や大けがをしたり、場合によっては生命の危険にも及びかねません。

 

不注意な状況を説明しているイラスト

 

歩きスマホや、ながらスマホのように、街中など周囲に人がたくさんいる状況や、自動車の運転など危険が潜む状況下にあっても、周りの状況に警戒できず注意を振り向けられず、一点に集中しすぎると、自分にとっても周囲にとっても大きな危険となりかねません。

 

なので、イライラするときは警戒を感じて眠れなかったり落ち着かず、ストレスを感じて嫌なものではありますが、この心の働きは防衛機制とも言い周囲から身の安全を守っている。というサインでもあるわけです。

 

良薬は口に苦し、という諺があります。

良く効く薬ほど、口に入れると苦くて嫌な味がするもの。という意味です。

 

イライラは確かに嫌な感覚を感じますが、周囲を警戒し自分の身の安全を守るために重要な役割を担っています。

なので、イライラは病気ではなく、警戒心が敏感に働きすぎている。とも言えます。

 

ただ、人の心は、過去の体験に基づいて気持ちが揺れ動くものです。

もし、自分でも不思議なくらいにイライラを感じるのでしたら、それは病気ではなく、あるとき抱え込んだイライラがストレスとして今も心に残っている。ということなのかもしれません。

 

自分はイライラしやすい性格だ!と思い込んでいても、じつは、ずっとイライラを抑え続けているためにストレスが溜まり、心が敏感に反応してしまう場合があります。

 

なにかの病気ではないか?と感じるくらいの大きなイライラや敏感なイライラを感じる方は、以下の記事をチェックしてみましょう。

 

アダルトチルドレンチェックをしてみませんか?

アダルトチルドレンの詳細な解説、当社監修のチェックリストによるアダルトチルドレンチェックが行えます。

チェックリストのイラスト

広告


この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。

2017年9月8日 | カテゴリー : 心理のコトいろいろ | 投稿者 : sorakumo

©2012-メンタル心理そらくも
-- 18時30分--