少女が元気をなくしたワケ!重要なのは少女がどう感じてしまったか?

“少女”は、小学校4年生。

ある日突然元気がなくなり、心配したお母様から相談を頂きました。

“少女”の心はどんな誤解をしてしまったのでしょうか?

お子さんとの心理カウンセリングレポートです。

少女の心の誤解が見えました。そして誤解は解けました。

“少女”は小学校4年生です。

自分の気持ちを言葉で表すのはまだまだ難しいです。

この時期の心は必死で“劣等感”と戦っています。

自分と友達を比べてさまざまな“違い”を必死で受け入れています。

さまざまな“違い”を個性として受け入れているんですね。

その中で、“少女”の心は、何をどう感じてしまったのでしょうか?

“少女”は、私に教えてくれました。

“私は、もうすぐ死んでしまうので、お母さんと一緒にいたい。”

“でも、もうすぐお別れするかも知れないのでお母さんと一緒にいても楽しくない。”

私は、ほっとしました。

“少女”が、一生懸命に自分の気持ちを伝えようとしてくれたからです。

そして、“少女”の心が、誤解してしまったことはこうでした。

ある日、小学校で健康診断(定期な検診)がありました。

クラスごと、一列になってお医者さんに聴診器で検診してもらったそうです。

そして、“少女”の番がきてお医者さんが聴診器をあてると。

お医者さんが尋ねたそうです。

“どこか、苦しいところはない?”

“少女”は、“苦しいところはありません”と素直に答えました。

すると、しばらく聴診器で様子を伺ってからお医者さんは言いました。

“おかしいな?本当に苦しくないの?苦しくなったらすぐに病院に行ってね。”

“少女”は、どこか悪いのかな?とすごく不安になりました。

でもお医者さんに聞けなかったそうです。

検診が終わると、“どうして?長かったの?大丈夫?”と周りの友達に色々聞かれたそうです。

そして、不安と恥ずかしさで、体が熱くなったのを覚えているそうです。

その時、“少女”は、“きっとどこかが、すごく悪いんだ!”と思い込んでしまったのですね。

そして、そのことを誰にも話せず、心にしまい込んでしまったんですね。

いつしか、“私は、病気なんだ!死んでしまうかも!”と思いを強くしたようです。

“少女”の心の誤解を解くことができました。

カウンセリングを通じて、“誤解であったこと”“誤解して当然だったこと” “誤解して辛い思いをしたこと”“誤解は解けたこと”を時間をかけて“少女”の心に届く言葉で語りかけていきました。

そして、“少女”はゆっくりと確実に納得してくれました。

“少女”は元気を取り戻してくれました。

本当に良かったです。

真実は重要じゃない!重要なのは少女がどう感じてしまったか?

“お医者さんが、本当にそんなこと言ったのか?”は 重要ではありません。

真実は全く違うかもしれませんね。

重要なのは真実じゃなくて、“少女”がどう感じてしまったか?だと思います。

真実でなくても、“少女”が感じてしまった気持ちを肯定することが重要です。

“少女”自身、抵抗があって言えなかったのですからわかってあげるのが重要です。

大人の言動は、子供にとても影響力があります。

親・先生・お医者さんなどの言動はなおさらです。

私も親として、感じることの多かった話です。

子供はショックを受けて、理解できない気持ちを感じると、 心にしまい込んで自分のせいにしてしまうことが多いんです。

重要なのは、少女中心のストーリだと思います。

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。