アダルトチルドレン:ロストワンタイプ(いない子)関連のまとめ記事

2019年10月4日アダルトチルドレン, アダルトチルドレンの特徴, アダルトチルドレンタイプ, ロストワン(いない子)

アダルトチルドレン_ロストワンタイプのイメージ

POINTアダルトチルドレン:ロストワンタイプは、いない子の呼び名の通り、豊かな感受性と独創性=自我をひた隠しにします。

心理カウンセラーの寺井です。

アダルトチルドレンとは、決して障害や病気といった問題ではなく、子ども時代、機能不全家族を生き抜く過程で身に付けた性格上の癖のようなものです。

その中でも、アダルトチルドレン:ロストワンタイプは、「いない子」の呼び名の通り、内側に豊かな感受性と独創性を感じながらも、その自らの自我を外側には一切出さず、ひた隠しにすることで自分の身を守っています。

この記事は、「周囲の人たちが感じるロストワンタイプの特徴」「ロストワンタイプの内面の性格」「ロストワンタイプが生まれる原因」「ロストワンタイプが抱える症状と問題」「恋愛傾向」「克服方法」など、アダルトチルドレン:ロストワンタイプの関連記事をまとめています。

ロストワン(いない子)とは?

ロストワンとは「いない子」や「迷子」という意味で、気がつくと集団から離れて1人で過ごしていたり、気がつくと親が存在を忘れてしまっていたり、家族、学校、職場など、集団の中での存在感が薄いという意味が込められています。

アダルトチルドレン:ロストワンタイプ(以後ロストワンタイプに省略)は、自分の我儘で家族に迷惑を掛けたくないと願う余り、子どもでありながら、子どもらしい我儘などをほとんど言わず、「存在感が薄い」「なにを考えているかわからない」「おとなしい」「無口」「ボーっとした子」などの印象に映ります。

よって、ロストワンとは、自分の意見を主張することより、親や兄弟の意見に従うことを優先し、自我を抑え込み、自分の我儘を減らすことによって家族の負担を減らし、機能不全家族を支えようとする存在です。

書籍によっては、「ロストチャイルド」と呼ぶ場合もあります。

 

周囲の人たちが感じる、ロストワンタイプの特徴

アダルトチルドレン_ロストワンタイプの特徴を表すイラスト

アダルトチルドレンタイプのなかで、ロストワンタイプ以外は、思考や行動に際立った特徴が見受けられるのですが、ロストワンタイプは、自分の特徴をひた隠しにすることが最大の特徴です。

よって、家族など、周囲の人たちから見ると、ロストワンタイプの特徴は非常にわかりずらいものです。

家族など、周囲の人たちが感じるロストワンタイプの特徴は、以下の点があげられます。

POINT

  1. 存在感が薄いと感じる
  2. 話すことや自己主張が苦手と感じる
  3. 空想が好き、集団が苦手で一人でいることが多い
  4. 長男&長女=第一子ではない
  5. 実年齢より若く見える

 

ロストワンタイプの性格

アダルトチルドレン_ロストワンタイプの性格を表すイラスト

ロストワンタイプの性格は、決して生まれながらの「冷たい性格」や「暗い性格」ではありません。

むしろ、内面には豊かな感受性を持ちながらも、懸命に隠し続けている外面の姿が、ロストワンタイプの性格として映っています。

このように、ロストワンタイプは内面的な性格をひた隠しにする特徴があるため、家族や周囲の人間からは、その性格が非常にわかりづらく感じます。

ロストワンタイプが内面で感じる心理的な個性=ロストワンタイプの性格は、以下の点があげられます。

POINT

  1. 空気を読む力に優れている
  2. 話すことを苦手に感じる
  3. 我儘を言うのが怖い、まじめ我慢強い
  4. 芸術や職人芸など、こだわりと根気を必要とする1人作業を好む
  5. 冷たい性格だと感じる
  6. 曲がったことが嫌い、人と違っていると感じる

 

ロストワンタイプが生まれる原因

アダルトチルドレン_ロストワンタイプが生まれる原因を表すイラスト

ロストワンタイプが生まれる原因は、生まれ育った家庭環境にあります。

ロストワンタイプは、「子ども時代、自己主張や感情表現を育ての親に抑え込まれたり否定された経験」を持つ場合が多く、このような家族環境を生き抜くために、「子ども時代、自分の主張や感情を隠さなければならなかった…」という点が、ロストワンタイプが生まれる原因のひとつです。

これが、「ロストワンタイプはテンションが低いと感じる原因」でもあります。

 

ですが、ロストワンタイプとは、根っからの暗い性格ではなく、生まれ落ちた家庭環境を生き抜くために、「自分の主張や感情を隠すことで身を守ろうとする性格上の癖」という意味です。

ロストワンタイプが生まれる原因=機能不全家族の特徴は、以下の点があげられます。

POINT

  1. ネグレクトの家庭
  2. 過干渉&過保護の親
  3. 兄弟姉妹を差別する親
  4. 拡大家族
▼続きはこちら▼

ロストワンタイプが生まれる原因

広告

ロストワンタイプが抱える症状と問題

ロストワンタイプが抱える症状と問題を表しているイラスト

アダルトチルドレン:ロストワンタイプの最大の特徴は、「話すこと=言葉による感情表現が苦手」「集団で過ごすより一人でのびのびと過ごすことを望む」の2点と言えます。

ですので、例えば、芸術家や職人さんのように、誰にも邪魔されることなく、ひとつのことに、自分が納得を感じるまで集中して黙々と取り組む作業においては、抜群の才能を発揮する場合があります。

ですが、家族、学校、職場、地域などの組織の中に押し込められてしまうと、集団の中での人間関係の窮屈さとロストワンタイプの性格とのアンマッチが原因で、様々な問題を抱えてしまう場合があります。

ロストワンタイプが抱える症状や問題は、以下の点があげられます。

POINT

  1. 家族、学校、職場、地域など、集団が苦痛
  2. 不登校、引きこもり、転職が多い
  3. 孤独感を抱えやすく、孤立しやすい
  4. 離人感を感じやすい
  5. 疎外感を感じやすい

 

ロストワンタイプの恋愛傾向

アダルトチルドレン_ロストワンタイプの恋愛傾向を表すイラスト

アダルトチルドレン:ロストワンタイプは、「協調性がない」「社会不適合者」「よくわからない人」「変わり者」「つまらない人」「ボーっとした人」などなど、ロストワンタイプの内面を知らない人たちには、散々な酷い誤解をされてしまう場合があります。

ですが、ロストワンタイプの性格は、もともと、「自分1人で自由にしていたい人」という意味合いが大きいのです。

よって、ロストワンタイプの恋愛傾向は、「干渉、詮索、指図、束縛、依存されることを嫌い、対等で自由な自立した恋愛関係を望む傾向にある…」という点が最大の特徴です。

ロストワンタイプの恋愛傾向は、以下の点があげられます。

POINT

  1. 時間を掛けて感情を表現することを望む
  2. 共依存より自立共存を望む
  3. 一途な恋愛を望む
  4. 否定しない相手を望む
▼続きはこちら▼

ロストワンタイプの恋愛傾向

 

ロストワンタイプの克服

アダルトチルドレン_ロストワンタイプの克服イメージ

アダルトチルドレン:ロストワンタイプは、「どうせ、自分のことなんてわかってもらえない…」と、自分の本当の気持ちを心の奥底に封印してしまっている場合があります。

また、ロストワンタイプは、「文章や会話といった感情表現に苦手意識を感じやすい代わりに、イメージを使った感情表現を得意とする…」という特徴があります。

なので、ロストワンタイプの克服は、このようなロストワンタイプの特徴を理解したうえで、「対話に加え、ホワイトボードなども活用し、言葉とイメージを併用した心理カウンセリング」という雰囲気の中で解きほぐしていく必要があります。

ロストワンタイプの克服は、以下の流れで進めていきます。

POINT

  1. 信頼を育み防衛機制を和らげる
  2. 対話に加え、イメージも活用した心理カウンセリングを行う
  3. ロストワンタイプのインナーチャイルドを認識する
  4. 変わっている」とは「独創的で貴重」であることに気づく
  5. 自分の個性を自分で認め心理的自立を果たす
▼続きはこちら▼

ロストワンタイプの克服

広告

まとめ

さいごに、アダルトチルドレン:ロストワンタイプ(いない子)について重要ポイントをまとめます。

  • POINTロストワンとは、いない子いう意味で「ロストチャイルド」ともいわれる
  • 周囲の人たちが感じるロストワンタイプの特徴は、集団から離れ、一人でいることが多く感じる点
  • ロストワンタイプの性格は、集団より一人が好き人と話すより一人で空想していたいと感じる
  • ロストワンタイプが生まれる原因は、ネグレクト、過干渉&過保護など、機能不全家族で育った影響
  • ロストワンタイプが抱える問題は、「不登校」「引きこもり」「転職を繰り返す」など、人間の集団に対する苦手意識が特徴的
  • ロストワンタイプの恋愛傾向は、対等で自由な自立した恋愛関係を望む
  • ロストワンタイプの克服は、自分の気持ちを責任をもってゆっくりと感じ認めること

以上、「アダルトチルドレン:ロストワンタイプ(いない子)関連のまとめ記事」でした。

▼おすすめのまとめ記事▼

アダルトチルドレンタイプの解説