アダルトチルドレンの心理カウンセリングのポイント

アダルトチルドレンにとって心理カウンセリングは、人間への信頼感と自立心を育む機会です。

カウンセリングをしている男性と女性のシルエット

 

心理カウンセリングによるアダルトチルドレンの克服には、「子ども時代のトラウマの克服」「人間との距離感の再認識」など、いくつかの重要なポイントがあります。

アダルトチルドレンは先天的な遺伝や病気ではなく、あくまで「生まれた後の人間関係で身に付けた心理」です。

親もアダルトチルドレンも私たち心理カウンセラーも同じ1人の人間です。

よって、アダルトチルドレンの克服は、あくまで「クライアントと心理カウンセラーの人間同士の信頼関係のなかで始まる…」ものだと思っています。

薬物療法などと違い、アダルトチルドレンの克服に心理カウンセリングが有効だと言われる理由がここにあります。

この記事は、当社メンタル心理そらくものアダルトチルドレンとの心理カウンセリングでの重要なポイントについて解説しています。

アダルトチルドレンの特徴を理解する。

アダルトチルドレンとの心理カウンセリングを進めていくためには、クライアントと心理カウンセラーの人間同士の信頼関係が重要な基礎となります。

そのために、心理カウンセラーはアダルトチルドレンの特徴を十分に理解しカウンセリングを進めていきます。

アダルトチルドレンは、「自分の存在を否定的に感じやすい」「人間関係に苦手意識を感じやすい」「不安や警戒心を感じやすい」という特徴があります。

これらアダルトチルドレンの特徴を理解したうえで、お互いの信頼関係を築くことが、心理カウンセリングによるアダルトチルドレン克服の第一歩となります。

 

アダルトチルドレンは自分で治す!

アダルトチルドレンを克服するためには、子ども時代、親や家族との関係で身に付けた「自分自身の偏った考え方や感じ方白黒思考」の改善が必要となります。

このように、アダルトチルドレンの心理カウンセリングは、アダルトチルドレンの原因を理解したうえで自分自身の内面に関心を向けていきます。

だからこそ、「苦しんでいる自分を自分自身で助けたい!」=「アダルトチルドレンを自分で治す!」という自立心が、アダルトチルドレン克服の何よりの原動力となります。

ただ、アダルトチルドレンは人に依存しがちであることも熟知しております。

依存傾向は、アダルトチルドレンの恋愛傾向のひとつでもあります。

よって、心理カウンセリングの場において、アダルトチルドレンが心理カウンセラーに依存しがちになることは、とても自然なことです。

なので、あなたが心理カウンセラーに依存する危険性=転位の危険性を避け、心理カウンセラーとの距離感を保ち、あなたの心の安全と心の成長を第一に優先するため、当社では、プライバシーポリシー(守秘義務)&コンプライアンス(当社既定)を定め遵守しています。

心理カウンセラーと安全距離を保ち、信頼関係に基づく心理カウンセラーの協力のもと、誰も巻き込まず、誰にも邪魔されず、あなたの心の自助&自立を育む機会が、当社メンタル心理そらくものアダルトチルドレン克服のための心理カウンセリングです。

 

対話のみではなく、豊富な心理療法が必要。

アダルトチルドレンの心理カウンセリングというと、対面に向かい合い対話のみを重ねる形式を思い浮かべます。

ですが、アダルトチルドレンは、「人間に対する苦手意識を感じやすい」「人間に対する不安や警戒心を感じやすい」という特徴があります。

よって、正面に心理カウンセラーが見える状態では、自分の気持ちを表現しずらくなってしまいます

そこで、当社メンタル心理そらくもは、NLP心理学エリクソン催眠療法(ヒプノセラピー)インナーチャイルドセラピー(退行催眠)EFT(感情解放テクニック)など、豊富な心理療法を用いています。

ただ対話をかさねるだけではなく、イラストなども用いたわかりやすい心理カウンセリングと、体感と納得でじっくりと改善していく心理セラピーの二部構成で、誰も巻き込まず、誰にも邪魔されず、「アダルトチルドレンを自分で治す!」というアダルトチルドレンの克服をお手伝いしていきます。

 

アダルトチルドレン克服の流れ

当社メンタル心理そらくもでは、アダルトチルドレンの克服をお手伝いするため、前半と後半の二部構成で進めていきます。

前半の心理カウンセリングでは、アダルトチルドレンのタイプ診断を行いながら、アダルトチルドレンが抱える問題への理解を深めつつ、アダルトチルドレンの原因=子ども時代から傷ついたままのインナーチャイルドを見つけていきます。

そして、後半の心理セラピーは、前半の心理カウンセリングで見つけた、アダルトチルドレンの原因=子ども時代から傷ついたままのインナーチャイルドインナーチャイルドセラピーによってじっくりと癒していきます。

 

心理カウンセリングと心理セラピー

アダルトチルドレンの克服を目的に、心理カウンセリングや心理セラピーを行っていくためには、そもそも「心理とは何か?」を熟知したうえで進めていく必要があります。

心理とは、例えば、「大きなカミナリの音を聞いてとても驚いた…」など、「どのような状況でどのような感情を感じるか?」の個性です。

そして、アダルトチルドレンの特徴のひとつに「人間への苦手意識」があります。

ですので、アダルトチルドレンは、「人間が怒っている様子を見るととても不安になってしまう…」という心理=人間の言動に対してネガティブ感情を敏感に感じやすい心理を持ち合わせている場合が殆どです。

このように、心理とは何か?を熟したうえで、心理カウンセリングと心理セラピーの二部構成で進めることで、アダルトチルドレンの原因=子ども時代から傷ついたままのインナーチャイルドを確実に見つけ確実に癒していきます。

 

人の心のしくみを理解する。

心理カウンセリングは、「ああすればいい…こうすればいい…」といった押しつけや人生相談を行うものではなく、人間の心のしくみを理解するところから始まります。

傷ついたインナーチャイルドを癒す…」という表現ひとつをとっても抽象的でわかりずらいため、人間の心のしくみを理解して、頭でも心でも納得した状態でアダルトチルドレンの克服を進めていきます。

 

まず心理学的に言う「癒し」とは「共感」のこと言い、誰かにわかってもらえた嬉しさ&誰かをわかってあげられた嬉しさを、心理学では「癒し」=「共感」といいます。

そして、人間の心は意識と無意識のふたつがあり、人形2つを両手に持って遊べば1人でも楽しむことができるように、人間は自分同志で共感する=自分同志で癒しあうことができます。

つまり、自分同志で共感する=自分で自分を癒すことができる=傷ついたインナーチャイルドを大人の自分が癒すことで、自分自身によるアダルトチルドレンの克服が叶っていきます。

 

人間への警戒心を配慮し工夫する。

アダルトチルドレンは、「人間への警戒心」を感じやすいという特徴があります。

そして、ついつい忘れがちなのは、心理カウンセラーも1人の人間だということです。

ですので、アダルトチルドレンは、目の前の心理カウンセラーに対しても警戒心を感じてくださる方が自然なのです。

なので、「カウンセリングだから…」と頭ではわかっていても、気持ちは心理カウンセラーへの警戒心を感じてしまい、「話したいことが話しずらくなってしまう…うまく話せない…」ということが起きかねません。

ですので、当社メンタル心理そらくもの心理カウンセリングは、ホワイトボードイラストを描いたりすることで、無理に話をしなくても、うまく話せなくても、カウンセリングが円滑に進むように工夫をしております。

 

ネガティブ感情を安全に解放する。

アダルトチルドレンは、怒り、不安、悲しみ、寂しさといったネガティブ感情を、子ども時代から心に我慢し抱え続けている…とも言えます。

そこで、やみくもに、ネガティブ感情を刺激してしまうと、「ネガティブ感情を吐き出して楽になりたい期待」と「ネガティブ感情を吐き出すことへの恐れ」が激しく葛藤してしまい、かえってとても苦しい状態になってしまう危険があります。

当社メンタル心理そらくもは「ネガティブ感情の解放」を熟知している心の専門家です。

ですので、あなた1人では難しかった「ネガティブ感情の解放」を安全にエスコートしていきます。

 

インナーチャイルドセラピー

心理カウンセリングによって、アダルトチルドレンの原因=子ども時代から傷ついたままのインナーチャイルドを見つけたら、インナーチャイルドセラピーよって癒していきます。

ただ、アダルトチルドレンは、たくさんのネガティブ感情を子ども時代から抱え続けている場合があります。

ですので、ネガティブ感情を解放し心を癒そうとしても、自分の気持ちを自分の言葉でうまく表現できない場合があります。

そのときは、心理カウンセラーでありインナーチャイルドセラピストでもある、私=寺井が常に傍らでサポートさせて頂き、あなたのインナーチャイルドの訴えを、あなたに代わって言葉にしてサポートしていきます。

また、インナーチャイルドセラピーでネガティブ感情を解放する前には、インナーチャイルドカウンセリングにて十分に事前準備を行います。

このように、あなたと私=寺井の二人のチームワークで、心がほっと温かくなる感覚を実感したり、自然と涙が流れたり、アダルトチルドレンの原因=子ども時代から傷ついたままの感情=傷ついたままのインナーチャイルドを体感と納得でじっくりと癒し、アダルトチルドレンの症状をスッキリと癒していく作業が、インナーチャイルドセラピーです。

 

アダルトチルドレンの克服をアフターフォロー

アダルトチルドレンの克服は、短時間で一気に解決するものではなく、春の雪解けのように、だんだんと進んでいきます。

また、アダルトチルドレンの克服には、「アダルトチルドレンを自分で治す!」という自立心がなによりの原動力です。

よって、心理カウンセリングとインナーチャイルドセラピーによって始まったアダルトチルドレンの終息=インナーチャイルドの癒しを、セルフセラピーとして帰宅後も続けていくことが大切です。

当社メンタル心理そらくもでは、帰宅後、あなたお1人でセルフセラピーとして継続できるように工夫しています。

セルフセラピーやアダルトチルドレン克服の過程については、電話とメールで無料でアフターフォローを行っていますので、帰宅後もみなさん安心して自由に取り組み、アダルトチルドレンを克服してくださっています。

そうすることで、何度も来訪しなくても、帰宅後も、アダルトチルドレンの終息=インナーチャイルドの癒しが自然と進行するように工夫しています。

 

アダルトチルドレンを克服した心理カウンセラー

私=寺井啓二は、アダルトチルドレンを克服した心理カウンセラーです。

アダルトチルドレン克服の専門家である私=寺井啓二も、かつては自分自身がアダルトチルドレンでした。

だからといって、虐待や育児放棄などの家庭で育ったわけではなく、周囲からは幸せそうな家族だと言われておりました。

なので、私は幸せな家庭で育ったアダルトチルドレンでした。

そして、今ではアダルトチルドレンを克服し、アダルトチルドレン克服体験を世の中に役立てたいと願っています。

いつの日か、誰も巻き込まず、誰にも邪魔されず、「アダルトチルドレンを自分で治す!」という願いのもと、アダルトチルドレン克服のお手伝いをさせて頂けると嬉しいです。