憂鬱(ゆううつ)な母さんへの手紙。6時間の独り言を傾聴する!

“母さん”は、60代の女性。“母さん”は、いつも独り事を言い続けています。
 
そして、ときどきひどく不安になったり、ひどく怒ったりします。
 
何かを思い出すと、ワケもなくそうなってしまうようです。

いくらしゃべっても、いくら食べても、心の穴が埋められない。

“母さん”は、私の実の母ではありません。
 
“母さん”は、私の友人の母親です。
 
“母さん”は、いつも独り事を言っています。
 
そして、よく食べて、よくごまかします。
 
私は、ある日、“母さん”をお茶に誘いました。
 
カフェで、“母さん”の独り事を傾聴しました。
 
大体、1時間位の話を何度も繰り返していました。
 
時間にして、6時間くらいでしょうか?
 
じっくりと傾聴して、あることに気づきました。
 
それは、“母さん”が独り事を言いながら、ときどきひどく不安になったり、ひどく怒ったりすることです。
 
独り事が、ある話題になると、感情があふれてくるようでした。
 
それは、話の内容に反応した、心の誤解の現れです。
 
感情があふれてくるのは、独り事が次の話題になった時です。
 
“息子さんの話になった時、ひどく悲しくなる。”
 
“お嫁さんの話になった時、ひどく不安になる。”
 
“近所の人の話になった時、ひどく怒り出す。”
 
“叱られた話になった時、ひどく無口になる。”
 
それは、“母さん”の心には穴があり、ある話題になると“心の穴”がうずくんです。
 
“心の穴”がうずくと、感情があふれてくて、とても落ち着かなくなります。
 
だから、しゃべったり、食べたりして、“心の穴”を埋めようとするんだろう。
 
私は、なぜ?そうなるかも、どうしたらいいかも気づきました。
 
でも、“母さん”は、人の話を聞くのが大嫌いです。
 
私の言葉に耳を傾けてくれません。
 
なので、別の手段で私の言葉を届けようと思ったのです。
 
それは、手紙です。
 
“母さん”は、手紙を大事にする人だったからです。
 
幸い、“母さん”とは充分なラポールが築けていたので、 言葉ではなく、文字で伝えようと考えたのです。

心の誤解を解く!“母さん”への手紙、感じ方、考え方の修正の提案。

手紙の内容を、一部掲載します。
 
6時間の傾聴で、感じた“母さん”の心の誤解に気づいてほしかったんです。
 
この手紙を読んでくれたあと、“母さん”は、気づき泣いてくれました。
 
そして、独り事を言いながらも、相手の話に耳を傾けるようになり笑顔が増えました。
 
〜母さんへ〜
 
「なぜ?母さんは、よく言い訳し、よくごまかし、よく息子さんのことを考えると悲しくなり、よく近所の人の悪口を言い、よく自分の事を小心者だと言い、よくお嫁さんのことを怖がり、よくおしゃべりをし、よくつまみ食いをするのか?」
 
なぜでしょう?分かりますか?
 
私なりの考えと解釈を伝えたくてペンをとりますね。
 
母さんは、こんな時の自分が好きですか?
 
きっと、好きではないでしょう。
 
では、なぜ?自分が好きになれないことをしてしまうのでしょうか?
 
それは、今の母さんが過去の母さんを責めていて、いまだに許し認めていないからだと思います。
 
「よく言い訳し、よくごまかす」のは、「今の母さんが、約束を破ってしまった過去の母さんを許していないから」だと思うんです。
 
いいじゃないですか、
 
「まぁ、ついついやっちゃったね。しょうがないね。」と言って、許し認めてあげたら良いと思います。
 
「よく息子さんの事を考えると悲しくなる」のは、「今の母さんが、息子の病に早く気づけなかった過去の母さんを許していないから」だと思うんです。
 
いいじゃないですか、
 
「充分自分を責めたし、息子は元気だし、私も元気で、まぁいいか。」と言って、許し認めてあげたら良いと思います。
 
−−−中略−−−
 
最後になぜ?「よくおしゃべりをし、よくつまみ食いをするのか?」
 
それは、「今の母さんが、過去の母さんを責める度に、心の穴がうずくから」
 
心の穴がうずくと、そこに不安が生まれ、ついつい穴を埋めたくなるのでしょう。
 
心の穴をとりあえず埋めるのに便利なものがあります。
 
それは、しゃべりすぎること、食べること、食べないこと、はしゃぎすぎること、お酒を飲むこと、暴力、たばこ、薬、麻薬などなど。
 
でも、これらは便利で魅力的ですが、心の穴は決してふさげません。
 
ではどうしましょう?
 
それは、未だに責めている自分を許していたわることです。
 
なのになぜ?今の母さんは過去の母さんを責め続けるのでしょうか?
 
それは、母さんが、誠実だからだと思います。
 
母さんは、誠実過ぎて、自分で自分を許せないんじゃないでしょうか?
 
誠実は、美点ですが、過ぎれば重いものになります。
 
大事なのは、良くも悪くも自分を許し認めることだと思います。
 
こんな考えが母さんの心に根付けば、幸せで一杯になると思います。

この記事を読んでくださったあなたに
是非、続けて読んでほしい関連記事です。

ココロの資料館 目次

良かったら「いいね」「シェア」お願いします。